エクセル フリガナ 関数。 エクセルで ふりがな が表示されないときの対処法|ふりがな機能と関数

エクセルで ふりがな が表示されないときの対処法|ふりがな機能と関数

エクセル フリガナ 関数

エクセル(Excel)でふりがなを入力したいと思ったらPHONETIC(フォネティック)関数が使えると便利です。 この関数を使ってフリガナ入力をした事はありますか?氏名や住所などを感じで記入して、その後フリガナにするというのは、二度手間になってしまいます。 関数を活用して一発で変換出来たら楽になるので、覚えておきたいエクセルの関数ですよね。 使用場面で言えば、• 氏名や住所のフリガナを入力したい• 住所の郵便番号を表示したい と言った時に使えます。 名簿入力やリストの作成時に役立ちますよね。 2つ目の使用方法はちょっと特殊な使い方になりますね。 どの様に入力しているかなどが大切にはなります。 この便利な【PHONETIC】関数ですが、すべてのデータで使用出来る訳ではありません。 反応しない物もあったりする訳です。 PHONETIC(フォネティック)関数の記入方法と使用法 『=PHONETIC(参照)』• 引数の部分に指定した文字のフリガナを表示します。 結果の文字は、『全角カタカナ』で表示されます。 漢字のフリガナについては、入力した時の文字で表示されます• 参照の部分が数字の時は何も表示しません。 【ASC アスキー 関数】と組み合わせて半角に出来ます PHONETIC関数はExcelに入力した文字をカタカナに変換して表示する関数になります。 ですので、漢字を変換する場合もどの様に入力しているかがポイントになります。 例えば『関数』という感じを『かんすう』と打って変換したか、『せきかず』と打って変換したかによって結果が変わる訳ですね。 入力した時の内容を分かっておかないと、違う文字で表示される可能性もありますので注意してください。 PHONETICで多様なパターンでフリガナを作ってみよう! では、『PHONETIC』を使って、フリガナの変換など、いろいろなパターンの変換をしてみましょう!エクセルに入力している内容に注意すれば、郵便番号も表せたり、他の関数と組み合わせて半角文字で表示も可能です。 A列に書いた名前のフリガナを表示します。 1.ふりがな部分のセルに関数を『=PHONETIC 』と書き込みます。 2.あとはフリガナを表示させる文字を選びましょう。 氏名の所を選択しておきます。 3.関数を確定させるとふりがなが表示されましたね。 今回は『イザワ』と出て来ているのが分かると思います。 ここまでが基本的な使い方ですね。 では、オートフィルをして1つ下の名前のふりがなも出してみましょう。 今度は『イサワ』と出てきていますね。 これば入力する時に『いさわ』と入力して変換をしているからです。 さらにその下のフリガナを確認するとこちらは『ナガレカワ』ですね。 『ルカワ』とも読めますが、入力した文字が『ナガレカワ』だったので、そちらが出ていますね。 どの様に入力したのか気を付けないとミスをする事も出て来るので気を付けて下さいね。 1.郵便番号の部分に『=PHONETIC(』と書き込みましょう! 2.引数には住所部分を選んで指定をしておきます。 3.これで決定してみると、郵便番号が出て来ましたね。 便利ですね。 この時に注意しないといけない事があります。 氏名の時と同じように、住所をどの様に書いていたかによって変わる訳です。 オートフィルで下の所も埋めて見ると・・・ 2つ目は住所のフリガナが出てきていますね。 これは、1つ目の住所は『162-0022』と書いて変換して出来上がった住所で、2つ目はそのまま文字を入力して変換した住所になります。 という事で、『PHONETIC』を使って住所から郵便番号を出す時には、住所自体を郵便番号で入力しておく必要があります。 もしも2つ目の様に文字列で入力してしまっている物の郵便番号を出す時には、エクセルの別の機能の『郵便番号変換』というツールを入れないといけません。 こちらはまた別途紹介をします。 これらを半角にしたい時にはどうしましょう?正解は、以前にExcelで紹介した『ASC(アスキー)』を使います フリガナを半角に変えてみましょう! 1.ふりがなの関数の所をダブルクリックして、編集出来るモードにします。 2.【ASC】を書き込んで関数を編集します。 『=ASC PHONETIC(B4) 』になっていると正解となります。 3.出て来た内容を確認してください。 半角で表示されているのが分かりますね。 郵便番号などの部分も同じように変えられます。 試してみて下さいね。 Excelでフリガナの入力をするには?PHONETIC関数の活用|【まとめ】 名簿の様な文字を入力したExcel(エクセル)の表で、ふりがなを表示したい時に使える『PHONETIC』の記入法、使用法について紹介しました。 注意点がいくつかありましたが、簡単にフリガナを出せるのがいいですね。 注意点をまとめると• フリガナは全角カタカナで表示される• 入力した時の文字が表示される• 郵便番号を変換している文字は、郵便番号で表される• 『ASC』の中に入れれば、半角で表示も可能 といった所になりますよ。 Excelでは名簿の様なデータを扱う事が多いと思われます。 関数を使って入力が楽に出来る事はデータを扱う上では必要になってきますよね。 Excelの中でも覚えておきたい機能になります。 書き方は難しくないと思いますので、どんどん活用をして行きましょう!.

次の

エクセルでふりがなを別のセルに表示するPHONETIC関数

エクセル フリガナ 関数

Excelでふりがなを表示させたい Excelで顧客名簿などをつくるとき、名前の漢字の横列にふりがなを表示しますよね。 あのふりがなを、 PHONETIC関数を利用すれば簡単に表示することができます。 知っていれば、とても便利なこの関数。 使い方もすごく簡単です。 また、別の列でなくてもよいのであれば、漢字名の上に小さくふりがなをふることができます。 PHONETIC関数は引数に指定した範囲の文字列のフリガナを求めます。 このフリガナとは、文字入力をしたデータを表示します。 例えば、山藤(さんとう)と入力するのに、(やまふじ)と入力して山藤と変換した場合、フリガナは【やまふじ】と表示されてしまうので要注意です。 PHONETIC関数の使い方 今回は、例として初歩出版という会社の顧客名簿を作成します。 題名を入力します。 (初歩出版顧客名簿) 項目名を入れます。 今回はNO. 、顧客名、郵便番号、住所1、住所2、電話番号です。 表をアレンジします 題名はフォントサイズを大きくし、太字にします。 項目名は、中央揃えにし、セルを黄色で塗りつぶします。 表全体に罫線を引きます(格子)。 連番と名前を入力し、郵便番号を入れます。 住所1、住所2、電話番号を入れます。 フリガナを入れる列を挿入します。 C列で右クリックし、挿入をクリック 6. 新しく挿入されたC列に項目名として[フリガナ]と入力します。 あとから、顧客の名前がわかりにくいので、フリガナの欄を設けることにしました。 そんな時は、いちいち入力するのではなくて、PHONETIC関数を使います。 関数を入れるセルをクリックし、数式バーの左にあるfx(関数の挿入)ボタンをクリックします。 表示された[関数の挿入]ダイアログボックスでPHONETIC関数を設定します。 [関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。 引数の範囲の欄にカーソルが表示されていることを確認し、最初の顧客の名前のB5セルをクリック。 Excel2016での操作画面 9. OKボタンをクリック。 すると、C列にカタカナで顧客名が表示されました。 C列とD列の境界線で、左右の両方向の矢印になったら、Wクリックをし、全ての文字が見られるようにしましょう。 フリガナ(ルビ)を漢字名の上にふるには 1. フリガナをふるセルを範囲選択します 2.

次の

ExcelのPHONETIC関数でふりがなを表示する方法 [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル フリガナ 関数

PHONETIC 関数とは・・・? PHONETIC 関数とは、タイトルのとおり、 漢字にフリガナをつける関数です。 動画で見たい方はこちら! 関数を活用する際には以下のように入力します。 上手くフリガナが表示されない場合の処理 エクセルでは、セルに入力したときの読み情報をそのまま記憶しています。 漢字にフリガナをつける PHONETIC関数 ですが、 言い換えれば、 セル入力時の読み情報を返す関数でもあります。 この特性により、PHONETIC関数はしばしば上手く機能しないことがあります。 今回は上手く機能しない2つのケースの対処法についてご紹介します。 読み方が特殊なんだけれど・・・ 例えば、梅津幸子(ウメヅユキコ)さんという方が、ご自分の名前を入力する際に、 予測変換の個数を考えて、「ユキコ」と入力して変換せずに、「サチコ」と入力して変換した場合、 PHONETIC関数は、『ウメヅサチコ』という値を返します。 その中の 『ふりがなの編集』を編集していただくと、セルの読み情報を編集することができます。 PHONETIC 関数を入力したのに そのままの漢字が表示される・・・ もう1つのよくあるケースは、 PHONETIC 関数を入力したのに、漢字のフリガナが表示されない・漢字が返ってくる場合です。 この場合、セルに読み情報が記録されていないため、PHONETIC 関数が上手く機能しません。 このような場合は 『マクロ』を活用します。 マクロとは、 エクセルに標準装備されている、 複数の手順を記憶して、自動的に実行させる機能のことを言います。 詳細はまた別の記事で取り上げますので、 今回はマクロを用いたフリガナの付け方だけをご紹介します。 【 STEP 0 】 エクセルのタブに『開発』タブが表示されていない方は、まず『開発』タブを追加することから始めてください。 タブを追加するには、エクセルの『ファイル』タブの中の『オプション』メニューを開いていただき、『リボンのユーザー設定』より『開発』タブを追加してください。 【 STEP 1 】 『開発』タブの中の『Visual Basic』の項目を選択していただくと、VBAを入力する画面が立ち上がります。 『挿入』メニューより『標準モジュール』を選択します。 Sub フリガナをふる Selection. SetPhonetic End Sub 入力ができましたら、左上にある『上書き保存』ボタンをおしてください。 【 STEP 3 】 いつものエクセルの画面に戻ります。 フリガナをふりたい漢字の文字列を範囲選択し、 『開発』タブ内の『マクロ』をクリックします。 先程作成したマクロを選択したまま『実行』ボタンをおすと 自動的にフリガナが振られます。 フリガナ(読み情報)が入力されたことによって、PHONETIC関数が上手く機能するようになりました! 3. 上手くフリガナが表示されないときにも、 少し工夫を加えれば活用できますので是非ご活用ください。

次の