スイカ と メロン 生産 量。 すいか(スイカ・西瓜)の都道府県別生産量(収穫量)/グラフ/地図/一覧表|統計データ・ランキング|家勉キッズ

[すいか/西瓜/スイカ] 農業情報

スイカ と メロン 生産 量

都道府県 収穫量 収穫量割合 出荷量 出荷量割合 作付面積 作付面積割合 10a当たり収量 - 全国 320,600 t - 276,500 t - 9,970 ha - 3,220 kg 1 46,900 t 14. 会員様の登録情報に対するご意見・ご質問に関しては、運営事務局側では回答致しかねますので、会員様に直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。 「すいか」の一般情報に関しては、次に記載の "「すいか」に関する一般情報" をご覧ください。 「すいか(西瓜,スイカ)」 に関する 会員様 の 登録 情報 2020年06月27日現在、[ジャパンクロップス]にご登録いただいている「すいか」を生産する農家(農業従事者)さんの数は 0人で、「すいか」に関連する登録商品は 0件、「すいか」に関連する登録されている農家記事は 0件となっております。 (この数字には、サンプルとして登録された情報が含まれている場合がございます。 ご注意いただきますようお願いいたします。 ) 「すいか(西瓜,スイカ)」 に関する 一般 情報 [ジャパンクロップス]で提供している情報は、総務省統計局等の機関から公表されている情報及び、[ジャパンクロップス]運営事務局の独自の視点・調査から提供している情報の2つから構成されております。 ページの中で出典が記載されていない情報は、当運営事務局の独自の視点から提供された情報となります。 運営事務局では、日本で生産された農作物の「すいか」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も情報を追加していく予定です。 もし、こんな情報もあったらいいな等のご意見や、サイトの記載に誤りを見つけましたら、[ジャパンクロップス]のよりご連絡いただけますと幸いです。 「すいか(西瓜,スイカ)」 を 生産・販売されている 農家様へ [ジャパンクロップス]では、日本で「すいか」を生産・販売されている農家様を募集しております。 当サイトでは、「すいか」に関する商品情報だけでなく、ご自身の情報や、その他の「すいか」の販売促進につながるようなお知らせを無料で登録・発信いただけます。 インターネットをご利用できる環境さえあれば、会員登録を行っていただければお使いになれます。 パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも操作が可能です。 また、海外向けにも情報を発信することができるようになっております。 ご興味の際は、のリンクから新規会員登録を行っていただきますようお願い致します。 または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。 公式フェイスブックページ.

次の

メロン

スイカ と メロン 生産 量

メロン• イチゴ• スイカ この3つの認知度は高いですが… ビジュアル的にガッツリフルーツ系です。 そこで農林水産省でピッタリなQ&Aがございましたのでご紹介します。 野菜と果物の違いとは?農林水産省の見解! こちらに野菜と果物の違いに回答してくれたお役所様 農林水産省 の答えがあります。 質問:野菜と果物の違いを教えてください。 また、すいか、メロンは野菜、果物のどちらですか。 回答:野菜と果物(果実)の分類については、 はっきりした定義はありません。 〜中略〜 生産分野においては、一般的に 次の特性を持つ植物が野菜とされています。 田畑に栽培されること(栽培されていない山菜などは野菜と区別することが多い)• 副食物であること• 加工を前提としないこと(こんにゃくのような加工を前提とするものは野菜としていない。 漬物のように原料形質がはっきり残っているものや家庭における簡易加工は加工に含まない)• 草本性であること しかし、どの定義も確固たるものではありません。 〜中略〜 いちご、メロン、すいかなどは野菜に分類されますが、果実的な利用をすることから 果実的野菜として扱っています。 引用 農林水産省 ん〜。 数字で言われても、よくわからん量です。 青菜のお浸し(小鉢1つ)……1皿分• 野菜サラダ(1皿)……1皿分• カボチャの煮物(1鉢)……1皿分• 生春巻き(1本)……1皿分• 野菜炒めなど大皿料理(1人前)……2皿分• 野菜カレー(1人前)……2皿分 1日5皿を目標に是非今日から実践してみましょう! 参考 お役所様の計算法が皿単位でした…。 火を通せば量が減って食べやすそうですね。 野菜炒めの大皿料理は女性には厳しいかも知れませんが、小鉢や煮物、生春巻きならパクパクと1日で5皿分を達成できる気がします。 日本人に必要な果物の摂取量の目安は? つづいて果物ですがやっぱり多いです…。 果物のある食生活推進全国協議会は毎日の果物の摂取目標量を一日 「果物200g」と決めました。 農林水産省の見解では スイカ・メロン・イチゴは野菜に分類。 食べ方としては果実的野菜• 一般的に野菜と果物は食べ方や売り場、育て方などで区別する• ご飯のおかずになるか 野菜 ならないか 果物 …など• 売り場は野菜コーナーか果物コーナーか…など• 野菜は一度収穫するとその度に種や苗を植えが、果物は樹木が育てばその時期に採れる。 大人の 野菜の摂取量は350g。 果物は200g。 野菜は加熱して量を減らす工夫をして食べるようにしましょう。 結局はスイカ・イチゴ・メロンは、お役所的に分類として『野菜』というという判断ですが、 一般的には『果物』として根付いていますよね。 なので、頭の隅っこに『野菜』として覚えておこう…。 もう『果物』でいいよ…。 と、お菓子をボリボリ食べながら感じました。

次の

株式会社萩原農場

スイカ と メロン 生産 量

小学校の音楽の授業やテレビなどで、聞いたことがあるのではないでしょうか? 最近では夏になると、スーパーの果物コーナーで流れていたりします。 一度聞くとなかなか耳から離れないですよね。 原曲は アメリカの民謡「マクドナルドじいさん」。 同じく「マクドナルドじいさん」を原曲とした童謡に、 「ゆかいな牧場」があります。 原曲「マクドナルドじいさん」の歌詞を訳しているのはこちらの方で、 「スイカの名産地」の歌詞は日本オリジナルのようです。 ちなみに、モデルとなった マクドナルドじいさんはオハイオ州の人で、元々は 「イー・アイ・イー・アイ・オー E-I-E-I-O 」は「He was in Ohio. 彼はオハイオにいた 」とか「in Ohio-i-o オハイオで 」と歌われていたそうですよ! スポンサードリンク 童謡「スイカの名産地」の歌詞に意味はあるの? 独特のメロディーとフレーズが耳に残る「スイカの名産地」。 歌詞は 作詞家の 高田三九三氏によるものです。 歌は3番まであり、 スイカの名産地でとうもろこしの花婿と、小麦の花嫁が恋をして結婚式を挙げる、という内容のようです。 スイカの名産地は「素敵なところ」と歌っていますが、具体的にそこがどこなのかは分かりません。 作詞の高田氏は、欧米の様々な民謡の訳詞を手掛けた方なので、原曲が生まれたアメリカのどこかかもしれないし、日本のどこかかもしれません。 あるいは、歌詞に特別な意味はなく、 「スイカの名産地」という響きと、「イー・アイ・イー・アイ・オー」のメロディーがしっくりくるところから、この歌ができた、とも考えられますね。 この歌が誕生したきっかけがどんなものかは、作詞した本人にしか分かりません。 が、残念なことに高田氏は既に故人であり、 「スイカの名産地」の解釈は聞いた人に委ねられているようですね。

次の