キンプリ koi wazurai 歌詞。 キンプリの歌詞koi

King & Princeの歌詞一覧リスト

キンプリ koi wazurai 歌詞

カテゴリ• はじめに 『koi-wazurai』とは2019年8月13日にネット上で公開された楽曲です。 同年8月28日に4th Single としてリリースされました。 また映画 「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」 主題歌 ともなっており多くの人たちの間で話題沸騰のナンバーとなりました。 動画再生回数は公開から2週間で80万を優に超え人気を集めています。 MVの内容はラブレターを上手くかけないメンバー平野紫耀さんを他メンバーが 応援するという物語です。 教室を舞台にラフな私服とオーバーなリアクションはまさにハイスクールミュー ジカルを演出していました。 さらに振付には手話が用いられているというコメントもありましたね。 「運命」という部分でメンバーが披露する振付をお見逃しなく。 それではさっそく気になる歌詞の考察を始めていくことにしましょう。 タイトル『koi-wazurai』とは 『恋煩い』を「koi-wazurai」とローマ字表記しています。 恋愛に関して思い煩うことは誰にでも経験があると思います。 その症状は「はぁ~」とため息をついたり、好きになった相手 のことばかりを考えてしまうというものが挙げられます。 仕事や人間関係においての煩い方と違うのは「悪い面ばかりで はない」という点です。 好きな人のことで悩んでしまう時間も嬉しいという不思議な感 覚が恋煩いの特徴とも言えるでしょう。 冒頭でも記載した平野さんの恋煩いが歌詞の中でどのように表 現されているのかご一緒に見て見ましょう。 彼は恋をしました。 それは運命的なもので二度と訪れない恋だと実感 していたのです。 「キミ」で表現される相手と数えきれない程に、 ロマンチックな妄想を繰り返してきたようです。 恋煩いをしている間、彼は息苦しさと同時に幸せ を噛みしめていたことでしょう。 「This love will last forever」は「この愛は永遠 に続く」という意味です。 彼は本気で目の前の恋がそのような愛に変わって いくことを信じていました。 しかし思いをどのように伝えれば良いのかわかり ません。 MVではラブレターを書いては丸めて捨てていま した。 特別と普通の狭間で ロジカルなHead シニカルなHeart 方程式の答えは何処へ 今日もプライドってベクトルが ミスリードする二人の未来 特別でいたいくせに 普通じゃないと不安で 投げた視線そらすなんて 君らしくない 「ロジカル」とは「論理的」という意味です。 つまり「論理的な頭」もしくは「論理的な思考」を歌詞は 示唆しています。 しかしそれとは異なり「シニカル」とは「冷笑的」です。 つまり「冷笑的な心」もしくは「皮肉的な気持ち」が論理 を覆していく様を表現しています。 上記2つの感情の働きを例証してみましょう。 頭が「僕は彼女を好きだ。 だから告白するべきだ」と考え ても「お前にそんな勇気があるのか?笑」と心が皮肉を述 べるわけです。 自分の中のプライドが二人の未来を理想的な方向からそら してしまうのです。 プライドが邪魔しているうちは告白をするのは難しいのだ と思います。 プライドは時に贅沢でワガママな気持ちを呼び起こします。 特別でいたいのに普通がなくなると不安に感じるのです。 日常生活の安定と特別な人とのスリルの両方を欲するのは 人間の性なのかもしれません。 「Love勝負」と表現されているのは、恋愛における駆け引き を示唆しているのでしょう。 先ほどの歌詞にもあったように彼が「視線を投げかけても」 キミが「かわす」というやり取りからもこれが勝負だと言え ます。 彼にとって彼女は「難攻不落」の城でありなかなか一人では 攻略できません。 ですからMVでメンバーの力を借りて作戦を練っていきます。 最終的に彼はkissして気持ちを埋めようとしたのでしょうか。 なんとも大胆な行動と発想です。 こうした意表を突くアクションで動く女性もいるかもしれま せん。 しかし慎重派で恋愛におけるステップを順当に踏んでいきた いタイプには衝撃が強すぎるかもしれませんね。 筆者の個人的意見としては恋愛は二人の気持ちを確認し合っ て、揃えていくことだと思います。 たまにどちらかが引っ張って、付いてこないようなら待って あげる優しさが必要だと思います。 彼の恋煩いはまだまだ続いていきます。 それでも彼が幸せでいられるのは本気でキミのことが好きで 愛しているからなのでしょう。。 まとめ いかがだったでしょうか。 冷静に突っ込むとあれだけのイケメンが悩む必要あるのか と言ってしまいたくなります(笑) 普通、自分の恋愛に関しては自分でなんとかしたいもので す(筆者だけか 汗) それでもMVにあったように仲間に相談して力を借りるのも 一つの手段かもしれませんね。 メンバーが見せてくれた普段よりもオーバーなアクションや 手話を採用した珍しい振付も斬新でしたね。 今週控えているMステではどんなパフォーマンスが披露され るのでしょうか。 とても楽しみですね。

次の

【キンプリ(King & Prince)】少クラ(ザ少年俱楽部)koi

キンプリ koi wazurai 歌詞

相関図 どちらの味方につけばいい?(神宮寺サイド) 岩橋「嘘でしょ! ?じゃあ、紫耀先輩は本当は風ちゃんのことが好きだけど、昔、親友の彼女を取っちゃったことで親友が自殺しちゃったから、だからもう同じことはできないって、廉先輩に遠慮して身を引いたってこと!? 」(16話で詳しく書いてあるので、読んでない人はへどうぞ) 神宮寺「そういうことになる…」 岩橋「でも紫耀先輩、神宮寺のこと信頼してそのこと話してくれたのに、俺に言っちゃっていいの? 」 神宮寺「いや、俺はあえてその事を舞川先輩に話そうと思ってるんだ」 岩橋「風ちゃん本人に!? 」 神宮寺「だって紫耀先輩は親友が死んでしまった過去をずっと背負って、責任感じて、だから本当の気持ちを封印しようとしてるんだよ!? そんなの見てられないよ俺!もともと俺、紫耀先輩と舞川先輩、すっごくお似合いだと思ってたからさ…」 岩橋「でもそんなことしたら、今度は廉先輩を裏切るってことになっちゃうよ…? 」 神宮寺「そこなんだよ問題は…。 だから玄樹に先に相談してんだろう? 紫耀先輩も廉先輩も大事な仲間だから…」 廉「じゃあ、迷わなくて済んでよかったな」 神宮寺「廉先輩っ!? 」 廉「全部聞いてもーたわ」 廉先輩の隣には、舞川先輩も立っていた。 ガチャ。 平野「たっだいま~。 ん?みんなどーした?」 紫耀先輩が帰ってきて、静まり返ったみんなの空気に身構える。 風「平野…ほんまなん?中学の親友の話…」 紫耀先輩がハッとして、俺に掴みかかる。 平野「ジン!テメェ!言うなって言っただろ! ?」 神宮寺「ごめんなさい! でも俺…後悔していません! だってこんなのフェアじゃないから!紫耀先輩に1人で苦しんで欲しくない! そのためには僕が悪者になったっていいんです!気が済むまで殴ってください! 」 紫耀先輩が乱暴に掴んだ胸ぐらの手を離す。 風「平野、じゃあ、桃ちゃんとは…?」 平野「…元カノってのは本当。 でも今は何もない」 風「じゃあ、名古屋に帰ったのは何だったん? 」 舞川先輩は表情を変えずに一つ一つ質問していく。 紫耀先輩は、苦しそうにしぶしぶ答える。 平野「その日は…親友の命日だった。 墓参りに行ったんだ」 もし最初から知っていたなら…(風サイド) そんな…。 だから、あの時どうして名古屋に帰るのか「言いたくない」って言ったんや。 平野にとっては、絶対にえぐられたくない傷だったから。 私はてっきり拒絶されたんだと思った。 元カノとヨリを戻したんだと思った。 もし、 もし、そうじゃないって知ってたら私は… あの時本当のことを知ってたら…? 廉と付き合ってなかった…? 隣に立っていた廉が、ぎゅっと手を握ってきた。 だけど、私はその手をするりと抜いた。 風「ごめん…っ!」 そう言って、自分の部屋へと駆け込んだ。 今更そんなこと知らされたって遅いよ。 もう遅いよ…! 図書館壁ドン(風サイド) 河合先生「平野ー!お前、英語の小テストやばいぞ!? 休校中の授業もかなり遅れとってるしな。 次の期末テストまでにちょっと勉強しとけ」 平野「はーい」 河合「大体お前は返事だけだからなぁ。 ちょっと平野の勉強みてやれ! 」 風「ええっ!? 」 廉「俺が教えますよ! 」 廉が慌てて立ち上がる。 河合「でも英語だったらやっぱり舞川だろう?」 廉「つーか、補習なら、ふみふみ、自分でやれよ! 教師の仕事なんだから!」 河合「俺はテストの問題作らにゃいかんから忙しいんだ! 生徒同士で助け合え!」 廉「それ職務放棄やし! 」 平野「ふみふみ、俺大丈夫だから! 」 河合「お前に断る権利はない! いいな、舞川? 」 風「はい…」 放課後、平野とふたりで教室に残り、机を合わせて勉強することになってしまった。 かなり気まずい…。 さっきから説明している私も、聞いている平野も、多分上の空で全然内容なんて頭に入ってない。 ふと沈黙になる。 平野「…昨日、ジンが言ってたことだけど、さ…」 やっぱり来たかぁ~その話…! 平野「全部、忘れてほしい」 …ちょっと拍子抜けした。 「俺本当はお前のこと好きなんだ」とか言われるかと思って、正直身構えていたから。 でも「忘れてほしい」って、ジンくんの言ってたこと、否定はしないんだね。 それって、やっぱり、平野は私のことを思ってくれているって解釈していいの…? 一応河合先生から出された範囲の勉強が終わり、職員室に報告に行く。 河合「お!ご苦労ご苦労! じゃあ頼まれついでに、ちょっとこの資料を図書館に返してきてくれ! 」 平野「ええぇ~~! ふみふみ、人をコキ使いすぎじゃない~? 」 河合「まあまあ固いこと言うな! 」 平野「全くふみふみは人使い荒いよなぁ」 図書館で、本を片付けながら、平野はまだブツブツ文句言ってる。 風「そんな適当に入れてたら後で先生に怒られるよ? 」 平野は本の入れ方が雑で、ところどころ本が飛び出している。 平野「大丈夫、大丈夫…っ!! 」 バラバラバラ! 上の段から本が数冊落っこちてきた。 平野「痛ってぇ~~! 」 風「平野大丈夫!? 」 平野「舞川こそ大丈夫だったか?」 平野は私を庇って、本棚に壁ドン状態になっていた。 ものすごく顔が近い。 欲しいと思っていたその人が、あと数センチ手を伸ばせば手の届く距離にいる。 この手を伸ばせば… きっとこの人を、手に入れることができる…。 風「平野、私…」 是が非でも手に入れたい(廉サイド) 河合「お疲れお疲れ~! 」 ちょうど部活も終わる頃に、ふみふみが部活に顔を出しにやって来た。 廉「テスト近いからって部活にも顔を出さないで、生徒の補習も生徒にやらせて、職務怠慢やぞ! 」 河合「なんだ永瀬、さっきから俺に当たり強いな?」 岩橋「廉先輩、風ちゃんと付き合ってるんですよ? なのに先生が紫耀先輩と2人っきりにするように指示したから」 廉「玄樹! 余計なこと言うなや! (怒)」 河合「ほえ~!? 前らそうなの!? 三角関係!? 青春じゃん!うっひょー! 甘酸っぱいねぇ~! …あ、やべ、じゃあ俺もっと永瀬に怒られちゃうわ」 廉「は!? なんやねん!? 」 なんかすっげえ嫌な予感! いてもたってもいらなくなって、部活の片付けもそこそこに図書室に走った。 俺、何をそんなに焦ってるんやろう。 今まで恋愛に熱くなることなんてなかった。 風ちゃんが紫耀に気持ちがあることはわかっていた。 だけど、紫耀が元カノとヨリを戻したことで、俺を選んでくれたということも。 だけど、その前提が崩れてしまった。 しかも紫耀も風ちゃんのことを好きだということもわかってしまった。 やっばすぎんだろぉ~~っ!! この状況!! 今2人っきりにさせるのは危険すぎる。 どちらかが自分の気持ちに正直になってしまったら…。 風ちゃんが俺の手を振り払ったその意味は…考えないようにしていた。 もし、そうだとしても、諦められないんだ。 絶対に譲りたくない。 こんなにも俺を走らせているのは…それは君なんだ。 俺はプライドも何もかも捨てて、それを阻止したかった。 どんなにかっこわるくても、是が非でも手に入れたい。 そう思えた人やから。 廉「ぬぉ~~っ! 紫耀に取られるぅ~~~っ(ダッシュ)!! ガラガラガラ! 物音がして中を覗くと、紫耀が風ちゃんに覆い被さる様に壁ドンしていた。 だけど、周りに散乱した数冊の本を見て、状況はすぐに理解できた。 多分上から本が落ちてきて、とっさに紫耀が風ちゃんをかばっただけや。 それなのに2人は、時が止まったようにそのまま間近で見つめ合ったまま動かない。 おいおいおいおいー! これはちょっとヤバイ雰囲気なんじゃないか…! ? こういうハプニングからのキスシーン、よく少女漫画であるやつやって前に海人が言うとったぞ! 風「平野、私…」 風ちゃんが意を決したように口を開く。 目は潤んでいる。 やばいやばいやばい! 「私、本当は平野のことが好き」のパターンやぁ~~!! とっさに部屋の中に飛び込もうとした、その瞬間… 風「私、廉の事が大切なの」 え…? うわぁ…、俺、最低やん。 大好きな人のこと、疑ってたんやん…。 風「私、廉のことが大切なの」 平野の目をまっすぐに見て言う。 もう遅いよ、平野。 風「廉は、私が一番辛い時にずっと支えていてくれた人なの。 そして廉も私のことを必要としてくれてる」 もう後戻りはできない。 風「廉のこと裏切れない」 それはまるで自分への決意表明みたいに。 風「これからも、廉と付き合っていく」 これでいいんだよね? 平野「うん」 平野は小さく頷いてから 「やっぱ舞川は舞川だな! そういうところ」 と言って笑った。 そういうところが(平野サイド) 風「平野、私…」 その後に続く言葉を期待したのか、警戒したのかわからない。 だけど、舞川が口にしたのは、俺が想像した言葉とは違った。 風「私、廉のことが大切なの。 裏切れない。 これからも廉と付き合っていく」 平野「やっぱ舞川は舞川だな! そういうところ」好きになったんだ。 今では、メンバーに「同じ部屋に泊まれ!」と言われお互いに「ありえない~!」と言うくらいですから・・・(笑)(セカンドコンサートMCでのエピソード) しょうれんが辿ってきた軌跡について、まとめました!

次の

King & Prince koi

キンプリ koi wazurai 歌詞

映画「かぐや様は告らせたい」の主題歌 赤坂アカ原作漫画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(通称:かぐや様)は、アニメ化され、漫画と共に大ヒットをしている。 そして、2019年9月に実写映画化が公開される。 物語は、将来を期待されているエリート達が通う私立・秀知院学園。 平野紫耀演じる白銀 御行は、生徒会長を務めている。 そして橋本環奈が演じるヒロイン・四宮かぐやは、文武両道で大財閥の娘であり生徒会副会長を務めている。 2人は、お互いのことを意識しており惹かれ合っている存在なのだが、「告白をすると負け」という高いプライドを持っている為進展しないまま…。 いつしか2人の間では「いかにして相手に告白させるか?」を考えるばかりとなってく。 物語の恋の駆け引きの様子が描かれているので、物語と照らし合わせながら聴くといいだろう。 たとえ何万回、キミと出逢えたとしても、同じ人に恋をするというメッセージが込められている。 恋をしたけど、素直になれない自分がいることが分かる。 あなたに恋をしていると、毎日が彩りある「Beautiful days」=美しい日であることを指している。 つまり、ピュアな恋心が表現されているのだ。 恋は、数学のように答えがきっちりと決まっていないという難しさというものが表現されている。 「どちらに告白させるか?」という駆け引きをするあまり、2人のプライドが邪魔してしまい、2人の恋の未来がどんどん遠ざかっていることも分かる。 お互いの気持ちに気づかないけれど、好きだからこそいつも顔を合わせているから、分かる表情・態度の変化が描かれている。 その恋愛の駆け引きゲームは、中々勝負がつかないことが描かれている。 例え、近づいたと感じても、すぐに遠く離れて行ってしまうようだ。 解けない愛が、ある日突然解けるかもしれないから、毎日顔を合わせて恋愛駆け引きゲームをしていく。 そして、恋をしている時の一番楽しい時期であるピュアな青春だということが分かる。 これは、恋をしたときに感じる胸のトキメキが表現されているのだ。 青春時代に恋した人、全ての人が感じることができる「ピュア」な感情ではないだろうか? また、「運命的な恋煩い」には、両想いの2人が、互いの気持ちを知らないために駆け引きをしている様子が描かれているようだ。 この歌詞は、大人世代の人が聴いても胸キュンすることができる歌詞だろう。

次の