炭治郎 優しいシーン。 鬼滅の刃の炭治郎が優しいと思えません。

鬼滅の刃の炭治郎が優しいと思えません。

炭治郎 優しいシーン

優しい雨にうたれているような感覚 少しも痛くない 苦しくもない ただ、あたたかい…… こんなにも穏やかな死がくるなんて これは、アニメ『鬼滅の刃』16話で、主人公の敵である鬼のうちの一人が、死に際に残したセリフである。 わたしはこのセリフを聞いて確信した。 『鬼滅の刃』がこれほどまで世の中に受け入れられている理由、それは、主人公である竈門炭治郎が、 あまりにも優しすぎるからなのだ。 炭治郎はとにかく優しい。 聖人と言っても差し支えないと思う。 とにかく慈悲深いのだ。 まず、家族に優しい。 妹の禰豆子をめちゃくちゃ褒める。 禰豆子が初めて籠に入れた時の炭治郎のセリフはこうだ。 えらいえらい いい子だ 禰豆子 凄いぞ 籠に入れただけでべた褒めである。 こんな兄と一緒にいられたら、禰豆子はきっと自己肯定感の高い女性に育つに違いない。 そして、仲間にも優しい。 炭治郎には善逸と伊之助という二人の仲間がいる。 当然二人ともに優しいのだが、炭治郎の優しさが顕著なのが伊之助だ。 伊之助は山で猪に育てられたため、これまで人間の優しさに触れることがなかった。 炭治郎のことも、仲間というよりライバルだと思っていて、どちらかというと敵視している。 そんな伊之助が、優しさが服を着て歩いているような聖人、炭治郎に関わるとどうなるのか。 ほわほわするのである。 鬼との戦いの途中、炭治郎が伊之助にお礼を言うシーンがある。 ありがとう 伊之助も一緒に来ると言ってくれて心強かった 山の中からきた捩れたような…… 禍々しい匂いに俺は少し体が竦んだんだ ありがとう 自分の気持ちを隠すことなくストレートに表現する炭治郎。 これほど優しい言葉をかけられたことがなかった伊之助は、人に感謝され心が温かくなる気持ちを理解できず、それを「ほわほわ」と表現するのだ。 さらにその後、炭治郎にこんな言葉をかけられる。 伊之助!!一緒に戦おう 一緒に考えよう この鬼を倒すために 力を合わせよう この一言で伊之助は、炭治郎が自分にできた初めての仲間であることに気付く。 その時の伊之助のセリフはこうだ。 てめェェ!! これ以上俺をホワホワさすんじゃねぇ!! 炭治郎の優しさがどれほど大きなものであるかがよくわかるセリフである。 炭治郎が優しいのは家族や仲間だけではない。 自分にも優しいのだ。 ある鬼と骨折した状態で戦い、苦戦する炭治郎は、こんなセリフで自分を鼓舞する。 頑張れ 炭治郎頑張れ!! 俺は今までよくやってきた!!俺はできる奴だ!! そして今日も!!これからも!!折れていても!! 俺が挫けることは絶対に無い!! ピンチになった時に、「俺は今までよくやってきた!俺はできる奴だ!」と自分を肯定する炭治郎。 周りの人を愛するように、自分のことも愛しているのだ。 モーニング娘。 の楽曲に「I WISH」という傑作があるが、歌詞に次のような一節がある。 誰よりも私が 私を知ってるから 誰よりも信じてあげなくちゃ! これこそまさに、炭治郎そのものである。 自分にも優しい炭治郎は、誰よりも炭治郎のことを信じているのだ。 家族にも仲間にも自分にも、そして冒頭のセリフのように敵である鬼にも優しい炭治郎は、当然あらゆる人に愛される。 女の子は当たり前のように全員炭治郎にメロメロだし(鈍感な炭治郎はだいたい気付いていないが)、女の子だけでなく出会う人みんな炭治郎の虜になってしまう。 わたしは炭治郎から人に優しくすることの大切さを学び、炭治郎のように誰からも愛される人間になりたいと思ったのだった。 炭治郎のセリフの中で、わたしがいちばん好きなのがこれだ。 俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった。 骨折の痛みに耐えられたのは自分が長男だから、という謎理論を突然展開する炭治郎に思わず笑ってしまったのだけど、このセリフを聞いて、わたしも炭治郎みたいになれるかもしれない、と思った。 だってわたしも長男だから。

次の

わたしは炭治郎になりたい。|nao

炭治郎 優しいシーン

下記クリックで好きな項目に移動• 『鬼滅の刃』原作での炭治郎・カナヲの関係 はじめて会話をするシーン 引用元:『鬼滅の刃』単行本より 那田蜘蛛山で戦った後、炭治郎たちはリハビリのために「蝶屋敷」で訓練をします。 ここで炭治郎は、はじめてカナヲと会話をしました。 きっかけは炭治郎の応援 カナヲは優秀な隊士ですが、 自分で意思決定することができず感情も表に出さない性格です。 というのも、幼い頃に虐待された経験から考えることを放棄してしまったのです。 そのため、指示されていないことはコイントスで決定。 炭治郎に話しかけられた時も、会話をするかどうかコイントスで決めていました。 その様子を見た 炭治郎は、カナヲが心のままに生きられるように励まします。 「頑張れ!人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!」と真っすぐな言葉で応援してくれたのです。 その後で自分の行動に「!?」となるあたり、もうカナヲちゃんは本当に可愛い。 自分意思でアオイ・なほを助ける 音柱・宇髄天元は、吉原を調査するために女性隊士を連れて行こうとします。 その時、宇髄天元に無理やり連れ去られそうになったのは、 アオイとなほ(カナヲと同じく胡蝶しのぶの継子)でした。 アオイは助けを求めますが、カナヲは動くことができません。 そもそも宇髄天元は上官であり柱の1人。 鬼殺隊の一員として、助けることはできないのですが… この時、カナヲは 炭治郎の「心のままに」という言葉を思い出します。 引用元:『鬼滅の刃』単行本より そして カナヲは目をぎゅっと閉じたまま、アオイの手となほの服を掴んだのです。

次の

猗窩座(あかざ)のかわいそうな過去と死亡シーン【本当は優しい】│DreamRiverPRESS|ドリプレ

炭治郎 優しいシーン

優しい雨にうたれているような感覚 少しも痛くない 苦しくもない ただ、あたたかい…… こんなにも穏やかな死がくるなんて これは、アニメ『鬼滅の刃』16話で、主人公の敵である鬼のうちの一人が、死に際に残したセリフである。 わたしはこのセリフを聞いて確信した。 『鬼滅の刃』がこれほどまで世の中に受け入れられている理由、それは、主人公である竈門炭治郎が、 あまりにも優しすぎるからなのだ。 炭治郎はとにかく優しい。 聖人と言っても差し支えないと思う。 とにかく慈悲深いのだ。 まず、家族に優しい。 妹の禰豆子をめちゃくちゃ褒める。 禰豆子が初めて籠に入れた時の炭治郎のセリフはこうだ。 えらいえらい いい子だ 禰豆子 凄いぞ 籠に入れただけでべた褒めである。 こんな兄と一緒にいられたら、禰豆子はきっと自己肯定感の高い女性に育つに違いない。 そして、仲間にも優しい。 炭治郎には善逸と伊之助という二人の仲間がいる。 当然二人ともに優しいのだが、炭治郎の優しさが顕著なのが伊之助だ。 伊之助は山で猪に育てられたため、これまで人間の優しさに触れることがなかった。 炭治郎のことも、仲間というよりライバルだと思っていて、どちらかというと敵視している。 そんな伊之助が、優しさが服を着て歩いているような聖人、炭治郎に関わるとどうなるのか。 ほわほわするのである。 鬼との戦いの途中、炭治郎が伊之助にお礼を言うシーンがある。 ありがとう 伊之助も一緒に来ると言ってくれて心強かった 山の中からきた捩れたような…… 禍々しい匂いに俺は少し体が竦んだんだ ありがとう 自分の気持ちを隠すことなくストレートに表現する炭治郎。 これほど優しい言葉をかけられたことがなかった伊之助は、人に感謝され心が温かくなる気持ちを理解できず、それを「ほわほわ」と表現するのだ。 さらにその後、炭治郎にこんな言葉をかけられる。 伊之助!!一緒に戦おう 一緒に考えよう この鬼を倒すために 力を合わせよう この一言で伊之助は、炭治郎が自分にできた初めての仲間であることに気付く。 その時の伊之助のセリフはこうだ。 てめェェ!! これ以上俺をホワホワさすんじゃねぇ!! 炭治郎の優しさがどれほど大きなものであるかがよくわかるセリフである。 炭治郎が優しいのは家族や仲間だけではない。 自分にも優しいのだ。 ある鬼と骨折した状態で戦い、苦戦する炭治郎は、こんなセリフで自分を鼓舞する。 頑張れ 炭治郎頑張れ!! 俺は今までよくやってきた!!俺はできる奴だ!! そして今日も!!これからも!!折れていても!! 俺が挫けることは絶対に無い!! ピンチになった時に、「俺は今までよくやってきた!俺はできる奴だ!」と自分を肯定する炭治郎。 周りの人を愛するように、自分のことも愛しているのだ。 モーニング娘。 の楽曲に「I WISH」という傑作があるが、歌詞に次のような一節がある。 誰よりも私が 私を知ってるから 誰よりも信じてあげなくちゃ! これこそまさに、炭治郎そのものである。 自分にも優しい炭治郎は、誰よりも炭治郎のことを信じているのだ。 家族にも仲間にも自分にも、そして冒頭のセリフのように敵である鬼にも優しい炭治郎は、当然あらゆる人に愛される。 女の子は当たり前のように全員炭治郎にメロメロだし(鈍感な炭治郎はだいたい気付いていないが)、女の子だけでなく出会う人みんな炭治郎の虜になってしまう。 わたしは炭治郎から人に優しくすることの大切さを学び、炭治郎のように誰からも愛される人間になりたいと思ったのだった。 炭治郎のセリフの中で、わたしがいちばん好きなのがこれだ。 俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった。 骨折の痛みに耐えられたのは自分が長男だから、という謎理論を突然展開する炭治郎に思わず笑ってしまったのだけど、このセリフを聞いて、わたしも炭治郎みたいになれるかもしれない、と思った。 だってわたしも長男だから。

次の