高井戸 イート。 高井戸の孤独のグルメ・ステーキ・杉並区が話題

【魅惑グルメ】イートは杉並区高井戸の絶品レストラン! 孤独のグルメにも登場「アレがうまい」 | バズプラスニュース

高井戸 イート

・料理の正式名称がアレ しかしながら、多くの客が注文している、もうひとつの料理がある。 それが「アレ」である。 アレとは、常連だけが知っている「アレをお願いね!」というものではなく、料理の正式名称がアレ。 ・トロトロの濃厚で芳醇なチーズ おそらく、他の洋食レストランではあまり見かけない、まさにここだけで食べられる人気メニューと言っても間違いない。 ジューシーな牛ヒレ肉を香ばしく焼いてステーキに仕上げ、そこにトロトロの濃厚で芳醇なチーズをステーキが見えないくらいドッサリと重ねる。 ・ダブルのコク! そさらにそこへデミグラスソース的な旨味ソースをたっぷりと注ぎ、ステーキとチーズによくからめて食す。 まずはソースの強い酸味とコクが訪れたのち、すぐさま牛ひれステーキの旨味が味覚を包む。 そして最後にチーズの薫りと食感が、後追いのコクを生む。 ダブルのコク! 描かれるコクのグラデーションがたまらない、それがアレなのだ。 ・まさに「うおォン!」 ランチタイムはアレにライスとサラダとコーヒーがついてくる。 そうなれば、やることはひとつ。 たっぷりとソースを纏わせたチーズと牛ひれステーキをライスにのせ、一緒に食べるのだ。 言葉にできない旨さ、言葉にすれば、まさに「うおォン!」。 ・3つを必ず食べておきたい この店を訪れるならば、タンステーキ、ミートパトラ、そしてこのアレの3つを必ず食べておきたい。 よって2~3人で訪れることを強く推奨するが、混雑している事もあるので、時間に余裕があるときに訪れたい。

次の

孤独のグルメ シーズン8 / 杉並区高井戸のタンステーキ / イート(EAT) | ガジェット通信 GetNews

高井戸 イート

おそらく私のような人間が殺到し、 店が通常運転できなくなったから、、と推測していた。 それが、食べログの口コミで「12月に再開した」との一報が入っていた。 高井戸駅を降り、小走りすること700m、 時間はお昼近かったが、階段に行列はない。 しかも、以前あった休みの張り紙もない。 いける! 店に入ると満席。 待っている先客は1人。 あとから連れが来て、2人待ちとなったが。 しばらく待って、1人の私はカウンターに案内される。 昨日予習した時点ではランナーらしくチキンステーキにしようと思っていたのだが、 手渡されたメニューの一番人気!の欄にあった「ア・レ」に急遽変更。 牛ヒレ肉ステーキにチーズをのせ、たっぷりソースで仕上げ たものだ。 これに、 チャーチャースープ、プチサラダ、ライス(ORパン)、のみものがつく。 最初に出たのはスープとサラダ。 サラダには特性ドレッシング。 ニンジン色。 普段はドレッシングをかけない私だが、五郎さんにあやかりかける。 おおおお、確かにうまい。 野菜に合う。 そして由来は忘れたがチャーチャースープ。 これもよい。 いや、サラダよりいい。 こんな小皿でなく、もっと飲みたい。 食べたい。 優しい味のスープ。 目の前がキッチン。 あとからあとから料理が作られ、運ばれる。 凄い手際の良さ。 注文から完成までいくらもない。 私が頼んだア・レもあっという間に出てきた。 案外小さい。 ライスも併せてきた。 大盛に代えてもらおうと思ったが、別料金というので止めた。 「通常より500円お安くしているので、ごめんなさい」 とひとことあった。 夜よりお得なのだ。 ナイフを入れる。 牛ひれ肉のステーキがすっきり切れる。 ソースたっぷり。 ・・・美味しいが、想像していた味とは違った。 チーズがよく絡んでいる。 ライスと交互にいただく。 あっという間になくなる。 ソースがもったいないが、もう無理。 こういう時はパンが良かった、と思う。 皿が空になるころを見計らって、キッチンからマスターと思しき人が、 ドリンクはどうされますか?と聞いてくる。 コーヒーと紅茶、温かいのと冷たいのがあります。 と言われ、冷たい紅茶と答える。 「アイスティひとつ!」と大きな声。 店には女性二人。 年配の方と若い方。 キッチンにはマスターと、若い男性。 きびきび働いてる。 お会計。 2100円、現金のみ。 しっかり払って、トイレを借りて、 店の中に2人ほど座って待っているのを確認して、 外に出ました。 今年から店休日を増やしたようだ。 水、木は休み。

次の

地図 : イート (EAT)

高井戸 イート

タンステーキ 2000円 肉の美味しさを表現する際に「柔らかい」「とろける」などと表現をすることがあるが、その双方を同時に感じさせてくれる、まさに究極のタンステーキを食べることができる。 ・駅から徒歩10分ほどで到着 そんなタンステーキが食べられるのは、洋食レストラン「イート」 東京都杉並区高井戸西3-7-10。 富士見ヶ丘駅と高井戸駅の中間にあり、どちらの駅からも徒歩10分ほどで到着する場所に位置する。 ・厨房を客席から見ることができる 住宅街にあり、お店は2階にあるので階段をのぼって店内に入ると、昭和的な喫茶店ともいえるし、木のぬくもりを感じられるロッジのようでもあるし、老舗の洋食店のようでもある。 どうであれ、広々としていて居心地が良い。 厨房も広く、客席から見ることができるのも楽しげだ。 ・杉並区高井戸のタンステーキとミートパトラ ここの名物はタンステーキ、ミートパトラ、そしてアレである。 アレとは、牛ヒレ肉ステーキにチーズをたっぷりと乗せ、濃厚ソースで仕上げたもの。 これも絶品なのだが、その美味しさは別の機会にご紹介したい。 ・値段以上の驚くべきタンステーキ 今回はタンステーキを注文。 ランチタイムのタンステーキはひと切れだが、グランドメニューのタンステーキは二切れを食べることができるため、今回は二切れの単品を注文。 価格は2000円だが、その値段以上の驚くべきタンステーキが目の前にやってきた。 ・旨味たっぷりのキノコ入りソース 焼肉屋でも、ここまで極厚なタンを目にするのは稀。 豪快に高級タンをしっかりと焼き、ステーキとして仕上げたあと、サラサラとしていながら旨味たっぷりのキノコ入りソースをかけて完成だ。 ・丸くカットして仕上げられた人参 二枚も極厚なタンが皿に盛られており、そのタンを支えるように特製スパゲティが添えられている。 かわいらしく丸くカットして仕上げられた人参もデザインのアクセントとして目の保養を楽しませてくれる。 ・崩壊していく肉の雪崩 ナイフを単に入れれば、スゥーッと沈みつつも、タン特有の弾力も感じさせる。 それを口に運べば、柔らかいだけでなくタンの食感がしっかりと生かされ、旨味が溢れるとともに崩壊していく肉の雪崩が味覚にセンセーションを呼ぶ。 ・タンから溢れたエキスも堪能 いやはや、こんなにもタンの美味しさを引き出すことに成功しているとは、シェフの腕前に敬意を表したくなるほどだった。 そしてなにより、添えられたスパゲティをソースにからめて食べれば、ソース優らの旨味だけでなく、タンから溢れたエキスも堪能できる。 いやはや、完全に大満足。 完全に幸せ。

次の