そう か せんべい。 media.oversixty.com.au: 一斗缶入り 訳ありお煎餅 [草加せんべい] (割れ カケ 偏り等) 2.1kg [訳あり]: 食品・飲料・お酒

草加煎餅

そう か せんべい

「一期一会」という言葉は茶道に由来し、幕末の大老、井伊直弼が書いた『茶湯一会集』に茶会の心得として記されています。 これには元となる言葉があり、それは千利休の高弟、山上宗二が述べた「一期一度」とされています。 この二つの言葉が意味するところは、今、目の前にいる客との茶会は二度と巡ってこない出逢いと考え、万事に誠意を尽くし、真剣な想いで相手に対すべきである、と。 これは まさにその通りで、過去は戻らず、明日に逢おうと想っても明日が来るとは限りません。 すべての出逢いや、今、ともに過ごす時は一生に一度きりなのです。 このような茶会の心得は、人と人とが心を通わせあう贈り物選びにも相通じます。 このたびの贈る機会を一生に一度の出逢いと思い、先様方に喜びと感動をお届けしたいと真心をこめて、その選択に想いを巡らせる。 このような心尽くしこそが、いつまでも良き縁を支えてくれることでしょう。 長岡京 小倉山荘では創業以来『小倉百人一首』の贈答歌を題材とした菓子づくりを通して、皆様の絆結びのお手伝いに努めております。 大切な方を想う皆様の心をわが心として、万事に誠意を尽くしておつくりした菓子を季節の折り目や人生の節目に、一期一会の真心の使者としてお選びください。 長岡京 小倉山荘 主人 山本 雄吉.

次の

草加煎餅

そう か せんべい

今や全国に知られる和菓子の一大ブランド、草加せんべい ルーツについては諸説ありますが、最も親しまれているのは「おせんさん」のエピソードです。 草加が日光街道の宿場町として栄えた頃、おせんさんという女性が街道で旅人相手の茶屋で団子を売っていましたが、この団子はたまに売れ残ってしまうこともありました。 団子は日持ちがしません。 おせんさんはこの団子を捨ててしまうのはもったいないと悩んでいました。 ある日茶屋の前を通りかかったお侍さんに「団子を平につぶして天日で乾かし、焼き餅として売る」というアイデアをもらいました。 おせんさんが早速焼き餅を作って売り出したところ、たちまち評判となりその焼き餅は街道の名物になったという話が語り継がれています。 草加の観光マップなどで紹介されるこのお話は、実は昭和時代に作られた物語です。 では本当の歴史はどんなものだったのでしょうか。 草加せんべいの歴史 草加は昔から米どころと言われ、多くの米がとれたことから、農家の人たちは余った米を保存するために団子状にした米を乾かしたものを保存食として作っていました。 江戸時代になり、草加宿ができると、茶屋や物売りが軒を並べるようになりました。 このころから保存食だった煎餅も店で売られるようになり、広まっていったと考えられています。 当初は生地に塩を練りこんだものでしたが、醤油が普及し始めた幕末から、焼いたせんべいに醤油が塗られるようになりました。 明治後半になると煎餅屋が増えていきますが、当時はお煎餅屋としてではなく、雑貨などの商売の片手間に行われていました。 大正時代以降、煎餅の認知度は高くなります。 そのきっかけは当時川越で行われた特別大演習で、「煎餅」が埼玉の名産品として天皇に献上されたことにあります。 これが「天皇家が召し上がったおいしい草加の煎餅=草加せんべい」として名称が広がっていきました。 このころから煎餅づくりは地場産業として発達していきました。 昭和に入っても順調だった煎餅産業は、太平洋戦争の激化から配給物資の統制により材料の米が手に入らず、煎餅屋は次々に廃業。 警察の厳しいヤミ米取締の中、どうにか材料の米を手に入れて製造を続けた業者もいましたが、煎餅産業にとって受難の時代がしばらく続きました。 しかしこの時危険を冒してまでも技術の伝承を途切れさせなかったことが後に幸いしました。 昭和30年代コメの統制解除や高度経済成長の波に乗って、駅やデパートでの即売会などで「草加せんべい」の知名度は飛躍的に上がりました。 しかし「草加せんべい」の知名度が上がるにつれ、草加以外の煎餅屋の製品や、異なる製法によるものに草加せんべいの名称を使う業者が全国で横行し、その結果「草加せんべい」は全国的な知名度を得たものの、類似品や模倣品によって信頼が低下してしまいました。 こうした状況を打開し、正真正銘の「草加せんべい」ブランドの復権と確立に向けて、市と煎餅業者が一致団結し、「本場の本物」の認定に続き、「地域団体商標」を登録しました。 本場の本物とは? その地域で伝統的に培われた「本場」の製法とその地域の材料を使った「本物」の味を作り続ける加工食品に対し、農林水産省が管轄する(財)食品産業センターが認定する地域食品ブランド表示基準により、平成18年2月に草加せんべい他6品目が第1号として認定されました。 草加せんべいの基準は次のとおり(認定当時)。 製造地:草加・八潮・川口・越谷・鳩ケ谷で製造• 材料:関東近県で収穫された良質のうるち米• 製造:最低10年の経験を持つ職人が製造を管理• 焼き方:押し瓦での型焼き又は押し瓦方式を取り入れた堅焼き 注:鳩ヶ谷市は平成23年10月11日に川口市と合併しています。 認定商品には信頼の証である「本場の本物」マークが表示できます。 本場の本物について詳しくは下記リンクよりご覧ください。 (外部サイトにリンクします) ブランド確立に向けて 「本場の本物」認定と「地域団体商標」登録を受け、平成18年に草加せんべい振興協議会と市では、草加せんべいのブランド確立に向けた協定を結びました。 また、専門機関が各事業所の工場で製造工程・衛生管理・食品表示などのチェックを行い、品質管理を徹底しています。 そのほか、せんべいの栄養成分の分析や、「本場の本物」普及のための展示会等への参加、さらには、個々の事業所による創意工夫が続けられています。 現在、市内にあるせんべいの製造所や販売所は50軒以上。 製造工程は機械化されつつありますが、昔ながらの天日干しや手焼きも行われています。 各社使用する米の銘柄や使う生地、味付が異なり、自分好みのおせんべいを探してみるのはいかがでしょうか。

次の

店舗案内

そう か せんべい

おせん公園内の「草加せんべい発祥の地碑」 がの。 硬めでぱりっとした食感が人気である。 草加煎餅の発祥についてはの公式では、を団子状にしてから乾燥させ保存食としていたものを、江戸時代に草加宿で販売したのが発祥としている。 また、にのにあったで売り出したの売れ残りを「おせんさん」という人物が団子を平たく伸ばして、それを焼いて売り出したとする俗説もある。 地理的条件と広まり [ ] 草加は、どころであり、の名産地である、現在のからも近く()、はの草加宿のとして、多数の往来があった。 にはも食したことから「が召し上がった美味しい草加の煎餅=草加せんべい」とされ、のともなり、広く「煎餅」として知られるようになった。 後になると、この名を使用した業者が草加市在住以外の日本全国で使用が横行したため、を登録することとなった。 においても、内には煎餅の所や所は60軒以上存在している。 (平成12年)には、の「21世紀に残したい・埼玉ふるさと自慢100選」に選出された。 脚注 [ ] [].

次の