視聴 率 ドラマ。 2020年春ドラマ 視聴率一覧表【2020年4月~】視聴率ランキング&グラフ推移

Audience Rating TV > 視聴率 > 2013年04〜06月

視聴 率 ドラマ

幼い頃に砂浜で時間を巻き戻せる時計を拾ったヘジャ(ハン・ジミン)。 だが時間を戻すとその分自分の時間は人より早く流れると気づき、時計は封印していた。 25歳になったヘジャはアナウンサーを目指すも厳しい現実を前に挫折気味。 ある日、記者志望生のジュナ(ナム・ジュヒョク)と出会う。 アル中の父を抱え祖母と暮らしてきたジュナは一見完璧ながら、心に傷を抱え周囲に壁を作って生きてきたのだった。 感情をそのままに出すヘジャに好奇心を抱くジュナ。 そしてヘジャもジュナに惹かれていく。 そんな中、ヘジャの父(アン・ネサン)が突然交通事故で亡くなってしまう。 父を救うため時間を戻す決意をするヘジャだが、時間を戻しても交通事故を防ぐことができず泣き濡れる。 心配したジュナは事情を知らないながら、それでも諦めるなと励ます。 その結果、ヘジャは数十回も時間を戻し、何度も苦戦するうちに遂に父親を助けることに成功する。 テギョングループ代表チョン・ウソク チャン・スンジョ との離婚後も元姑の誕生日会に出席しなければならなかったり、ゆっくりと食事をする暇もない窮屈な時間を過ごしていた。 一方、就活生のキム・ジニョク パク・ボゴム はスヒョンとは対照的に自由で平凡な日々を送っていた。 そんなある日、卒業前の貧乏旅行でキューバに来ていたジニョクはスヒョンと運命的な出会いをする。 美しい夕日を見ながら楽しい時間を過ごした二人。 その後、ジニョクはスヒョンが社長を務めるトンファホテルへの就職が決まり、二人は新入歓迎会の場で驚きの再会を果たす…。 その場に居合わせた王の側近イ・ギュ(キム・サンギョン)はハソンの芸をやめさせようとするが、仮面をとったハソンの姿を見て息を呑む。 ハソンは王に瓜二つの顔立ちをしていたのだ。 イ・ギュはハソンに王の影武者をさせるため、宮廷に連れてくる。 宮中に渦巻く陰謀から、一度は宮廷を逃げ出すハソンだが、庶民がふみにじられる現実を知り、次第に本当の王になって世界を変えたいと願うようになる。 一方、王妃のソウン(イ・セヨン)は冷酷な王から距離をおいていたが、ある日突然優しくなった王に戸惑いつつも、次第に惹かれていく。 ホテルの社長チャン・マンウォル IU は、21年前のある日ホテルに泥棒に入った男の息子で、現在は超エリートホテリアーとして世界を飛び回っているク・チャンソン ヨ・ジング をホテルの支配人として雇用することに。 幽霊を怖がり、身勝手なマンウォルが苦手なチャンソンは、あらゆる手で支配人としての仕事を断ろうとする。 しかし、マンウォルの社長としての姿勢や夜になれば豪華で品格のあるホテルデルーナを見て、支配人としてマンウォルの下で働くことにするが…。 konest. html? 父の友人から刑務所の医療スタッフのアルバイトを勧められ、刑務所で働くことに。 ある日急患の受刑者が発生するが、シヨンは判断に戸惑う。 そこにある受刑者が現れ適格にアドバイスする。 シヨンを助けたのは元医師のヨハン(チソン)だった。 ヨハンはある事情から10秒以内に患者の状態を把握することができ「ドクター10秒」と呼ばれ一目置かれる天才医師だったが、担当していた末期がん患者を尊厳死させたことから殺人罪で服役していたのだった。 高慢な態度のヨハンに反発するシヨンだったが、患者の容体が急変、ヨハンはシヨンを叱咤し患者を託す。 ヨハンの指示で患者の命を救ったシヨンは再び医師としての道を歩み始めることに。 その後、シヨンは父が理事長を務めていたハンセ病院ペインクリニック科のレジデントとなる。 そこに最年少教授として現れたのはあのときのヨハンだった。 服役した過去を持つヨハンを採用することに病院の意見は割れるが、シヨンはヨハンの下で医師として成長していく。 一方かつての事件でヨハンを起訴した検事のソッキ(イ・ギュヒョン)はヨハンが復職したことを知り、危険な医師として警戒していた。 甥を養うために熱血スタントマンとして一生懸命働く毎日。 しかし甥のフンは、叔父であるダルゴンが自分のせいでアクション映画監督という夢を諦めたことが気にかかっており、参加費用がかかるからとモロッコで開催されるテコンドー大会に参加するのをためらう。 そんな甥の姿に落ち込むダルゴン。 それでも予定通り大会に参加することになり、フン含むテコンドー示範団は飛行機へ搭乗、会場となるモロッコへと向かう。 そんな中、飛行機墜落事故が発生。 その飛行機こそがまさに、甥のフンを含むテコンドー示範団が乗っていたモロッコ行きの飛行機だったのだ。 イヌクから逃れるため形成外科医のジョンウォン(チ・ヒョヌ)の病院を訪ね、顔を変えてくれるよう懇願する。 一度は手術を拒否するジョンウォンだったが、事故で長年昏睡状態だった最愛の妻ハギョン(パク・ハンビョル)が亡くなり、自責の念からマリの手術を決意する。 ジョンウォンは事情を抱えたマリを心配し自分の家にしばらく滞在させることに。 亡き妻と瓜二つのマリに戸惑いつつも次第に惹かれていくジョンウォン。 一方マリもジョンウォンとの生活に安らぎを感じるが、姿を消したマリの行方をイヌクが執拗に追っており…。 ある夜、交通事故に巻き込まれた妊婦を救うため緊急手術を行うが、事故を起こした張本人であるテガングループ常務のジェファン(パク・ウンソク)から目をつけられ、病院を追われてしまう。 それから3年後、麻薬所持で逮捕されたジェファンは刑務所への移送中に交通事故に遭う。 そこに現れたのはイジェだった—。 復讐のためイジェは壮大な計画を胸にジェファンが収監される西ソウル刑務所の医師=ドクター・プリズナーの座を狙う。 一方、精神科医のソグム(クォン・ナラ)は刑務所に収監された後に行方不明となった弟を探すため、奉仕医師として西ソウル刑務所にやってくる。 そこでイジェと弟がかつて刑務所内で出会っていた過去を知り…。 ここでは上流階級の顧客だけを担当するVIPチームが活躍していた。 次長として働くジョンソン(チャン・ナラ)は仕事も充実し、チーム長を務める夫のソンジュン(イ・サンユン)とも満ち足りた生活を送っていた。 そんなある日ジョンソンの元に「VIPチームに夫の女がいる」というメールが届く。 ソンジュンの潔白を信じたいジョンソンだったが、夫の動向を調べるうちに、同期で親友のヒョナ(イ・チョンア)、ワーキングママのミナ(クァク・ソニョン)、そして契約社員から抜擢されたユリ(ピョ・イェジン)など、VIP チーム内に疑わしい女性の存在がちらつく。 VIPチームの女性たちはそれぞれにある事情を抱えていた。 そしてソンジュンもまた妻には明かせない大きな秘密があるのだった。 一方その頃、経営陣の間ではVIPチームを利用して次期後継者の座を狙う動きがあり…。 ヒョクはミュージカル女優の(チャン・ナラ)が出演する公演を観覧することでアリバイを作るが、それにより、ヒョクとサニーの熱愛説が浮上。 ユラとヒョクの関係を好ましく思わない太后カン氏(シン・ウンギョン)は、これを利用してサニーを皇后として迎え入れる。 一方、ヒョクの事故を目撃したことで命を狙われたワンシク は、ヒョクに復讐するため容姿を変え、ウビン(チェ・ジニョク)として皇室の警護員に。 やがて、自身がヒョクや太后カン氏に利用されたことに失望したサニーは、太皇太后チョ氏(パク・ウォンスク)の謎の死を機に、皇室に隠された真実を自らの手で暴くことを決意する。 そんなある日、ヒョヌが白血病を発症してしまう。 ジヨンはヒョヌの実の父親である元夫ジェウクと検査を受けるも適合せず、ドナーを探してもなかなか見つからない。 しかし、ジヨンはすでに離婚後再婚し、ジェウクも新しい家庭を持っている。 それでも我が子を助けたい一心で、ミノの了承とジェウクの再婚相手ナギョンの条件をのみ、2人は子どもを作ることに。 10年の時が流れ、ジヨンはアナウンサーを辞め、ヒョヌとミノとソウルを離れて静かに暮らしていた。 そこへ、かつて一緒に働いていたテレビ局のチョンPDがジヨンを訪ねてきて…。 bs11. 行き倒れていたヘイルをヨンジュン神父(チョン・ドンファン)が助け、ヘイルは神に仕える道に進む。 それから数年後、ヘイルは司祭となるが、過去のトラウマから怒りをコントロールできずにいた。 そんな中事業家のチョルボム(コ・ジュン)の子分たちがたびたびヨンジュン神父の聖堂に現れるようになる。 実はチョルボムは強制的に土地を売却させる元ヤクザだった。 心配するヘイルだったが、神父は真相を語らずに言葉を濁す。 だがその後、神父が遺体となって発見されてしまう。 警察は自殺として処理するがヘイルは現場の状況から他殺を確信する。 検事のキョンソン(イ・ハニ)は上からの指示で事件をもみ消そうとするが、尊敬していたヨンジュン神父の死に直面し、心が晴れない。 その後、神父が信者への セクハラや横領容疑で警察の取り調べを受けていたという偽のニュースが報道さ れる。 クダム警察署強力班のデヨン(キム・ソンギュン)も取り調べを行った事実がないことから事件に疑念を抱くように。 その後、ヘイルはヨンジュン神父の部屋を整理し、残された日記から神父が区 長、警察署長、国会議員、インチキ宗教の教祖、チョルボムらがグルとなっている組織と戦おうとしていた事実を知る。 ある日突然父が亡くなったという知らせを受け、葬儀場に兄妹が会する。 だが借金を繰り返す次男ジンサン(オ・ジホ)、異性関係でたびたびトラブルを起こす次女ファサン(イ・シヨン)らとひょんなことから言い争いになり、結局プンサンは一人で父を弔うことに。 その後も独立できずに同居することになった弟妹のせいで家計は常に苦しく、妻のブンシル(シン・ドンミ)との言い争いが絶えない。 問題だらけの弟妹の尻拭いに追われるなか、唯一、信頼していた長女ジョンサン(チョン・ヘビン)までが不倫をしていたと知ったプンサンは、ひどく失望する。 挙句の果てに、家庭を顧みず弟妹を最優先にするプンサンに愛想を尽かした妻が娘を連れて家を出ていってしまう。 そんな中プンサンは自分が病に侵されていることを知り……。 bs11. 大学病院の医師ジュンサン(チョン・ジュノ)と妻のソジン(ヨム・ジョンア)の間には二人の娘がいる。 ある日、ジュンサンの先輩医師スチャン(ユ・ソンジェ)の息子ヨンジェ(ソン・ゴニ)が名門大学に合格したことを知るソジン。 娘のイェソ(キム・ヘユン)をソウル大学医学部に入れたいソジンは、ヨンジェの母親ミョンジュ(キム・ジョンナン)に合格のための秘訣を聞き出す。 それは入試コーディネーターと呼ばれる人間を高額で雇ったという話だった。 その数日後、ミョンジュは雪の降る深夜に銃で自殺を図る。 残されたタブレットには、息子ヨンジェの復讐のメッセージが残されていた…。 asiadramatictv. グミの夫ジュノ役は「もう一度ハッピーエンディング」のキム・サグォン。 そしてグミの夫との結婚を狙う同級生サンミ役は「カッコウの巣」でみせた悪女役で高評価を得た。 サンミの弟でありながらもサンミのせいで苦しむグミに好意を寄せるサンウォン役に「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」で第9皇子ワン・ウォンを演じたユン・ソヌが演じる。 泥沼の4人の関係がどんなエンディングを迎えるのか期待が高まる。 kstyle. ksn? 長女のカン・ミソン(ユソン)は、嫁いでいてマザコンの旦那&姑、幼稚園に通園している娘と暮らしながら仕事もしている多忙なワーキングママ。 次女のカン・ミリ(キム・ソヨン)は、3人姉妹の中で、1番頭が良くて、高学歴なうえ、レベルの高い仕事をしてて、お給料も良い高給取り。 三女のカン・ミへ(キム・ハギョン)は、本を読むことが大好きで、趣味が高じて有能な新人の小説家だったが、現在はニートで就活中!多忙なお母さんのクッパのお店を手伝っている。 そんな性格が違う3姉妹&母ソンジャの女4人の日々は、まるで戦いのような毎日で..。 女性特有の嫉妬&愛憎が、渦巻いているのです。 この4人の母&娘のドラマを経由して〜現代を生き抜いている世の母親&娘達に贈る労いと慰めの物語です。 無期懲役の判決が下り、ヨンフンは幼い娘ドランを、ともに施設で育ち自分を兄のように慕うドンチョル(イ・ドゥイル)に預けることにする。 27年後、ヨンフンは模範囚として出所するが、ドランとは関わらずに生きようと名前を変えて大手食品会社「ボム&フード」経営者一族の家で運転手として働き始める。 一方、明るくまじめに育ったドラン(ユイ)は、検事になるため法科大学院入学を目指していた。 しかし、唯一ドランをかわいがっていたドンチョルが交通事故で亡くなり、さらに養母ソ・ヤンジャ(イム・イェジン)から実の子どもではないと家を追い出されてしまう。 苦しい生活の中、思わぬ出会いから「ボム&フード」で働くことになったドランは、会長の長男デリュク(イ・ジャンウ)と急接近。 そして運転手として働いていたヨンフンとばったり出会ってしまう。 wowow.

次の

【最新韓流】2019年韓国ドラマ視聴率ランキングTOP20!おすすめの人気作品はコレだ!(2020年2月12日)|BIGLOBEニュース

視聴 率 ドラマ

2 10. 2 7. 1 7. 9 6. 6 7. 3 6. 1 6. 1 6. 9 6. 9 6. 2 8. 0 8. 6 8. 4 7. 3 6. 7 6. 4 6. 3 5. 0 5. 0 5. 7 5. 9 4. 2 3. 5 2. 5 2. 6 1. 8 1. 7 1. 5 1. 4 1. 6 20. 6 20. 6 11. 5 11. 4 11. 0 9. 0 8. 3 7. 2 7. 4 6. 2 5. 2 5. 8 5. 6 5. 9 7. 3 4. 1 4. 1 2. 1 2. 3 2. 3 1. 1 1. 0 2. 6 1. 4 7. 7 5. 5 1. 6 0. 8 0. 7 6. 2 5. 1 5. 3 3. 6 3. 8 2. 8 3. 2 2. 9 2. 8 2. 2 9. 0 8. 3 7. 1 7. 1 7. 0 7. 9 7. 8 8. 8 7. 7 6.

次の

【最新韓流】2019年韓国ドラマ視聴率ランキングTOP20!おすすめの人気作品はコレだ!(2020年2月12日)|BIGLOBEニュース

視聴 率 ドラマ

順位 タイトル 年度 視聴率 1 2000年 47. 1% 2 2003年 46. 3% 3 2004年 41. 5% 4 2006年 40. 2% 5 2010年 38. 6% 6 2000年 37. 3% 7 2000年 36. 9% 8 2013年 35. 8% 9 2012年 35. 7% 10 2005年 35. 5% 11 2007年 35. 4% 12 2009年 35. 4% 13 2018年 34. 8% 14 2005年 34. 3% 15 2003年 33. 9% 16 2002年 33. 7% 17 2003年 33. 7% 18 2010年 33. 4% 19 2012年 33. 2% 20 2000年 32. 7% 21 2014年 32. 6% 22 2001年 32. 6% 23 2006年 32. 5% 24 たった一人の私の味方(全106話) 2019年 32. 3% 25 2002年 32. 0% 26 2004年 31. 9% 27 2009年 31. 9% 28 2009年 31. 8% 29 2015年 31. 7% 30 2010年 31. 7% 31 2005年 31. 1% 32 2006年 30. 9% 33 2007年 30. 9% 韓国ドラマの2000年からの平均視聴率の順位です。 メディアの多様化により、少し古いドラマが上位を占めていますが、2013年「いとしのソヨン(全50話)」や2012年「棚ぼたのあなた(58話)」なども上位に入るなど、質の高いドラマも増えています。 視聴率会社により数字が違う事もありますので、ドラマを観る参考までにご利用ください。

次の