ママスタ もも。 「可愛いランタンタイ…」by ももたくママ

“ピンクの妖精・レディーモモ”がブランコに乗って店内を縦横無尽に暴れまくる!? 名古屋発・前代未聞のラーメン居酒屋「ももまる」が渋谷に上陸!

ママスタ もも

岡山市 創業・起業セミナー 女性限定創業セミナー開催! 岡山市 創業・企業セミナー<女性限定創業セミナー>新しいビジネスのつくりかたが開催されました。 会場は満員!当初予定していた定員を上回る申し込みがあり、急遽定員数を増やされたとのこと。 起業している女性、これから起業を考えている女性たちが参加し、ビジネスの作り方や続けるための視点、クラウドファンディングについて学びました。 ゲストのお二人を囲んでのパネルディスカッションでは、参加者からの質疑応答も交えながら、アットホームな雰囲気の中でビジネスやプライベートなど様々なお話を伺いました。 専門学校の職員として勤務後、2012年9月に飲食事業や不動産事業を行う「株式会社minitts」を設立。 1日100食限定をコンセプトに、 美味しいものを手軽な値段で食べられるお店「佰食屋」を開業。 テレビや雑誌などのメディアで多数紹介される。 ランチ営業のみ、完売次第営業終了という飲食店の常識を覆す経営手法で、飲食店でのワークライフバランスとフードロスゼロを実現。 5歳長女・ 3歳長男の2児の母で、3歳長男は脳性麻痺で現在も自宅で1日3回のリハビリを続けている。 2015年よりReadyforに参画。 マーケティング責任者として、広告運用等のWebマーケティングから、プロジェクト組成までのサポート窓口立ち上げ・公開終了後のサポート拡充などを実現。 2017年8月、地方創生事業部を設立。 現在は、自治体・金融機関・地域事業者との連携を進め、クラウドファンディングを用いた地域創生のモデルを作るべく、全国各地を駆け回る。。

次の

岡山市 創業・起業セミナー 女性限定創業セミナー開催!

ママスタ もも

岡山市 創業・起業セミナー 女性限定創業セミナー開催! 岡山市 創業・企業セミナー<女性限定創業セミナー>新しいビジネスのつくりかたが開催されました。 会場は満員!当初予定していた定員を上回る申し込みがあり、急遽定員数を増やされたとのこと。 起業している女性、これから起業を考えている女性たちが参加し、ビジネスの作り方や続けるための視点、クラウドファンディングについて学びました。 ゲストのお二人を囲んでのパネルディスカッションでは、参加者からの質疑応答も交えながら、アットホームな雰囲気の中でビジネスやプライベートなど様々なお話を伺いました。 専門学校の職員として勤務後、2012年9月に飲食事業や不動産事業を行う「株式会社minitts」を設立。 1日100食限定をコンセプトに、 美味しいものを手軽な値段で食べられるお店「佰食屋」を開業。 テレビや雑誌などのメディアで多数紹介される。 ランチ営業のみ、完売次第営業終了という飲食店の常識を覆す経営手法で、飲食店でのワークライフバランスとフードロスゼロを実現。 5歳長女・ 3歳長男の2児の母で、3歳長男は脳性麻痺で現在も自宅で1日3回のリハビリを続けている。 2015年よりReadyforに参画。 マーケティング責任者として、広告運用等のWebマーケティングから、プロジェクト組成までのサポート窓口立ち上げ・公開終了後のサポート拡充などを実現。 2017年8月、地方創生事業部を設立。 現在は、自治体・金融機関・地域事業者との連携を進め、クラウドファンディングを用いた地域創生のモデルを作るべく、全国各地を駆け回る。。

次の

ママ友とのお付き合い 大切なのは距離感です!-ももスタ

ママスタ もも

岡山市 創業・起業セミナー 女性限定創業セミナー開催! 岡山市 創業・企業セミナー<女性限定創業セミナー>新しいビジネスのつくりかたが開催されました。 会場は満員!当初予定していた定員を上回る申し込みがあり、急遽定員数を増やされたとのこと。 起業している女性、これから起業を考えている女性たちが参加し、ビジネスの作り方や続けるための視点、クラウドファンディングについて学びました。 ゲストのお二人を囲んでのパネルディスカッションでは、参加者からの質疑応答も交えながら、アットホームな雰囲気の中でビジネスやプライベートなど様々なお話を伺いました。 専門学校の職員として勤務後、2012年9月に飲食事業や不動産事業を行う「株式会社minitts」を設立。 1日100食限定をコンセプトに、 美味しいものを手軽な値段で食べられるお店「佰食屋」を開業。 テレビや雑誌などのメディアで多数紹介される。 ランチ営業のみ、完売次第営業終了という飲食店の常識を覆す経営手法で、飲食店でのワークライフバランスとフードロスゼロを実現。 5歳長女・ 3歳長男の2児の母で、3歳長男は脳性麻痺で現在も自宅で1日3回のリハビリを続けている。 2015年よりReadyforに参画。 マーケティング責任者として、広告運用等のWebマーケティングから、プロジェクト組成までのサポート窓口立ち上げ・公開終了後のサポート拡充などを実現。 2017年8月、地方創生事業部を設立。 現在は、自治体・金融機関・地域事業者との連携を進め、クラウドファンディングを用いた地域創生のモデルを作るべく、全国各地を駆け回る。。

次の