にゃんこ大戦争 狂乱のフィッシュ 攻略。 【にゃんこ大戦争】狂乱のフィッシュ降臨徹底攻略!カバが真のボス?!

[木]狂乱・大狂乱のフィッシュ&トカゲ|ふたりで!にゃんこ大戦争(Switch版) 攻略のナノゲームス

にゃんこ大戦争 狂乱のフィッシュ 攻略

「狂乱のネコフィッシュ」が絶え間なく出てくるけど無課金での倒し方ってどんな感じ? 今回の記事はこんな疑問に答えていきます。 「狂乱ステージ」の一角である 「狂乱のフイッシュ降臨」。 大量に出てくる 「狂乱のネコフイッシュ」と 「メタルな敵」である 「超カバちゃん」が特徴的なステージですがこれをどう攻略していけばよいでしょうか。 強力なガチャキャラがいればごり押しも出来ますがそうでない場合は無課金でクリア出来るのか気になりますよね。 そこで今回は筆者が実際にこのステージをクリアしてきましたので編成メンバーやステージの立ち回り方などを詳細にご紹介していきたいと思います。 運ゲーなのでコンテニューが絡んでくる点はご了承ください 当記事を読んでもらえれば以下の事が得られますのでクリア出来なくて悩んでいる方はさっそく下記から記事を読んでみて下さい。 狂乱のフィッシュ降臨 お魚地獄 超激ムズの概要 「お魚地獄 超激ムズ」の概要を紹介します。 最大の障害は 「超メタルカバちゃん」となりますのでこれをどう倒すかがこのステージの課題。 「メタルな敵」である 「超メタルカバちゃん」の出現数は1体だけですが体力が 8千となっていますので正攻法で勝負するとよほど味方が強くない限り押し込まれます。 そのため 「クリティカル」持ちの味方が必須となりますので必ず連れていくようにしましょう。 また、このステージは戦闘を開始してから16分くらいで 「ブラックマ」が出現して味方を片っ端から潰してきます。 しかし 「にゃんこ砲」を強化していればすぐに処理できますので戦闘が長引くようにであれば常に温存しておくようにしましょう。 実際に使用した編成 実際に使用したキャラとアイテムを解説します。 使用したネコ 使用したネコは以下の通り。 ・狂乱のネコビルダー:レベル14 ・狂乱のネコカベ:レベル20 ・ネコモヒカン:レベル20+10 ・ネコカベ:レベル20+10 ・ムキあしネコ:レベル20+10 ・ニャア少佐:レベル20 ・ネコ島:レベル20+10 ・ネコドラゴン:レベル20+7 ・ネコヴァルキリー・真:レベル20 ・狂乱のネコムート:レベル20 以下から個別に解説していきます。 壁キャラネコ 4体で編成。 敵の火力が高いのでタンクネコ系キャラはレベルをMAXにしておきます。 「ネコカベ」を第三形態にしておくと守りが多少楽になるので進化させておくことをオススメ。 ・ 使用したアイテム 実際に使用したアイテムをご紹介します。 ネコボン 戦闘開始時から 「狂乱のネコフィッシュ」が攻めてきて 「働きネコ」のレベルを上げている暇がありませんのでほぼ必須。 長期戦になりやすいので少しでもお金を貯められるように使用しておくことをオススメします。 スニャイパー 「ワニック」の処理や溜まった 「狂乱のネコフィッシュ」をずらすのに使用。 1カ所に固まった 「狂乱のネコフィッシュ」は破壊力が凄まじいので大型キャラも1発で倒されます。 特に 「超メタルカバちゃん」を処理している時に溜まってしまいやすいので使用して攻撃範囲をばらしておくようにしましょう。 発動しておくべきお宝 基本的に 「日本編」を制覇してから挑むのが王道 だと思ってる なのでお宝は最高の状態を全て集めているのが理想です。 ・九州の男らしさ ・四国のうまいもん ・中国の伝統 ・東海のがめつさ ・甲信越の雪景色 ・関東のカリスマ 参考に筆者のお宝取得状況を下記に記しておきます。 さらに+値の分も可能な限り上げておくと理想的です。 参考までに筆者が実際にパワーアップさせていた項目について下記に記します。 ・にゃんこ砲攻撃力:レベル1 この項目の強化はレベル9までにしておきましょう。 ・にゃんこ砲射程:レベル10 ・にゃんこ砲チャージ:レベル20 ・働きネコ仕事効率:レベル20 ・働きネコお財布:レベル20 ・お城体力:レベル20 ・研究力:レベル20 ・会計力:レベル20 ・勉強力:レベル20+9 ・統率力:レベル20+8 スポンサーリンク まずはワニックの大群を処理 戦闘が始まると 「ワニック」が攻めてきますのでまずはこれを処理していきます。 「スニャイパー」は 「ワニック」に攻撃を当てた後は解除しておきましょう。 城を叩かれてもいいので最速で 「ネコヴァルキリー・真」を生産。 味方が攻撃をしたらタンクネコ系キャラを生産して残りの 「ワニック」達を迎撃していきます。 なるべく壁を生産する数は少なめにして 「狂乱のネコムート」を素早く場に出せるようにしておきましょう。 狂乱フィッシュを片付ける 「ワニック」を一通り処理したら 「狂乱のネコムート」を生産して向かってきた 「狂乱のネコフィッシュ」に攻撃を当てていきます。 このタイミングで当てられないと後が苦しくなってきますので確実に命中させるようにしましょう。 そのため後ろから 「ワニック」が迫っている時はむやみに生産せずしっかりと処理していきます。 「ワニック」にタゲがとられて 「狂乱のネコフィッシュ」に攻撃が当たらないため 「狂乱のネコムート」を場に出した後は 「クリティカル」持ち以外を総生産して 「狂乱のネコフィッシュ」の群れに対抗していきましょう。 後はそのまま城を叩きに行きます。 城まで近づいたら「クリティカル」要員も出しておくとなお良し! 超カバちゃんをなるべく早めに倒す 城を叩いて 「超メタルカバちゃん」が出てきたら運ゲーの始まり。 「ムキあしネコ」と 「ネコドラゴン」以外を全て生産して 「超メタルカバちゃん」に 「クリティカル」を当てに行きます。 後は 「超メタルカバちゃん」が倒れることを祈りましょう。 個人的には 「ニャア少佐」が 「クリティカル」を2回ほど出したらコンテニューしてしまっても良いと思います。 溜まった狂乱フィッシュを処理して城を叩く 運よく 「超メタルカバちゃん」を倒す事が出来たら残りの 「狂乱のネコフィッシュ」を処理して城を叩いていきます。 1カ所に固まっているようなら「スニャイパー」も使用しておきます。 この時点で溜まっている可能性が高いので壁と 「クリティカル」持ちを総動員して 「狂乱のネコムート」を死守しながら迎撃していきましょう。 「狂乱のネコムート」がいなかったり再生産が厳しい場合はコンテニューで体勢を立て直します。 無事に大群を処理できたら後は序盤と同じ要領で残りの敵を倒しながら城を叩くだけです。 上限を超えると敵が出てきた時に対応が遅れるので城を叩いている時は生産をストップさせた方が無難。 「狂乱のネコフィッシュ」が再度出てきたら生産を開始するようにしましょう。 ・「クリティカル」持ちを必ず用意する ・「基本キャラ」はなるべく第三形態にしておく ・運が絡むので場合によってはコンテニューも検討する 運の要素が大部分を占めるステージなので 「クリティカル」を発動させないとクリアはかなり困難です。 無課金だとこの時点で 「クリティカル」を安定して発動できるキャラを入手するのはかなり厳しいため状況によってはコンティニューした方が良いでしょう。 また、 「狂乱祭」の日は以下のステージにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の

狂乱・大狂乱ステージ開催時期/攻略|ふたりで!にゃんこ大戦争(Switch版) 攻略のナノゲームス

にゃんこ大戦争 狂乱のフィッシュ 攻略

「波動」を対策できるキャラを持っていないけど無課金でも簡単な倒し方とかないの・・? 今回の記事はこういった疑問に答えます。 毎月12日に開催される 「狂乱のキモネコ降臨」。 出現する敵が 「狂乱のキモネコ」と雑魚のみのシンプルなステージですがクリアするためにはどのような編成で挑めば良いのでしょうか。 「狂乱のキモネコ」から放たれる 「波動」が厄介で四苦八苦してしまいますよね。 そこで今回は従来の戦法とは違う方法でこのステージをクリアしてきましたので 「狂乱のキモネコ」の倒し方を下記からご紹介していきたいと思います。 当記事を読んでもらえれば以下の事が得られますのでクリア出来なくて悩んでいる方はさっそく下記から記事を読んでみて下さい。 ・ 使用したアイテム 実際に使用したアイテムをご紹介します。 ネコボン 「働きネコ」のレベルを上げている暇があまりないのと味方の数を速く増やしたいので使用はほぼ必須。 数を揃えていかないとジリ貧なのでアイテムの使用も惜しみなく行いましょう。 おすすめのキャラ 編成に加えると攻略が楽になるキャラをご紹介します。 持っていたら加えてみましょう。 ねこタコつぼ 「波動ストッパー」の特性を所持する 「激レアキャラ」。 このキャラが前線にいれば 「ねこタコつぼ」より後ろにいる味方に 「波動攻撃」が行き届かなくなりますので遠距離キャラで一方的に殴る事が可能になります。 敵が少ないのもあっていつもの戦闘と大差がなくなり、楽に勝つことが可能です。 「ねこタツ」に各種 「マタタビ」を使わなければ手に入らないので手軽には手に入りませんが 「波動ストッパー」の特性を持つ味方はかなり少ないので手に入れたら優先的に育成しておきましょう。 発動しておくべきお宝 「日本編」の 「お宝」をコンプリートしておかないと厳しい戦いを強いられます。 最低でも下記の 「お宝」は最高レベルまで取得しておくことをオススメします。 ・九州の男らしさ ・四国のうまいもん ・中国の伝統 ・東海のがめつさ ・甲信越の雪景色 ・関東のカリスマ 「未来編」の 「お宝」は下記のものを集めておくと雑魚敵を 「にゃんこ砲」で処理しやすくなります。 ・未知なる力 ・宇宙エネルギー 参考に筆者のお宝取得状況を下記に記しておきます。 参考までに筆者が実際にパワーアップさせていた項目について下記に記します。 「狂乱のキモネコ」を倒してお金が余ったら 「美脚ネコ」も生産して手数を増やしていきましょう。 事前準備をしっかりしていればこれだけでクリアしていく事が可能です。 にゃんこ砲の使い方 「にゃんこ砲」は 「リッスントゥミー」や 「にょろ」が前線に出てきそうな時に使い、味方が雑魚敵にタゲを取らないように使うとスムーズに攻略していけます。 「リッスントゥミー」はそのまま倒れやすいですが 「にょろ」の場合は 「お宝」や設備レベルによっては生き残るので注意。 狂乱のキモネコ降臨 キモフェス 超激ムズの無課金攻略まとめ 「キモフェス 超激ムズ」を無課金でクリアするポイントは以下の3点です。

次の

狂乱・大狂乱ステージ開催時期/攻略|ふたりで!にゃんこ大戦争(Switch版) 攻略のナノゲームス

にゃんこ大戦争 狂乱のフィッシュ 攻略

この時、壁役は一発で倒れてくれた方が良いので低めのレベルで大丈夫です。 波動ストッパーや強力な波動無効キャラを使って波動対策をしている場合は、コアラッキョがいても壁が有効に機能するので、大狂乱のゴムネコ等の高体力な壁役を用いたキャラ編成となります。 残りは赤い敵(コアラッキョ)に強いニャックスパロウに加えて量産アタッカー二体と大型キャラ二体を加えればステージをクリアすることが出来ます。 大狂乱のネコ島が開幕から出てきますので、ネコボンは必須となります。 大狂乱のフィッシュ降臨 『鬼ヶ島DX 』 の無課金キャラ編成 無課金の場合は壁役の選択肢はそこまで多くないのでネコモヒカン二種とゴムネコ二種にその他の壁役一体を加えた五体編成となります。 残りはムキアシネコやネコキングドラゴン等の遠距離キャラに加えて、狂乱のネコムートとタマとウルルン等の大型キャラで埋めます。 大狂乱のネコ島が開幕から出てきますので、ネコボンは必須となります。 後はコアラッキョの波動攻撃を止めるためのスニャイパーも入れておいた方が良いでしょう。 大狂乱のネコ島 攻撃力が高めで攻撃速度が速く突破力があるので、数体であれば何とか耐える事が出来ます。 しかし、複数体出現する事がある上に無限湧きしてくるので火力が足りないと大狂乱のネコ島が溜まってきて手が付けられない状態に陥るので、キャラの火力が必要になります。 また、稀にクリティカルを出してくる事にも注意しておく必要があります。 コアラッキョ 敵の城を攻撃すると出てくる敵で、必ず超長距離の波動を放ってくる難敵となります。 なので、波動ストッパーあるいは波動無効を持った強力な大型キャラを使う必要があります。 それが無ければ、赤い敵なので、ニャックスパロウを利用してぶっとばす事で波動攻撃をキャンセルする戦略も有効となります。 どちらも無い場合については攻略する事が難しくなり、ねこキャラのレベルを高める必要が出てきます。 ツバメンズ 開幕から長い時間が経過すると集団で出てくる敵であり、ノックバックするとカウンター攻撃を行いノックバック回数も多いので、攻撃力が高くて範囲攻撃が出来る大型キャラを用意した方が良いでしょう。 ワニック 特に注意するべき点はありません。 まず初めに、壁キャラを手動で量産して自分の城が攻撃されないようにします。 ある程度お金が溜まったら量産アタッカーを生産し始めて大狂乱のネコ島を倒せるようにします。 複数体大狂乱のネコ島を倒してお金に余裕が出来たら大型キャラを生産し始めます。 この時、ニャックスパロウがコアラッキョの波動攻撃に耐えられるようにレベルを高めておきます。 城を攻撃してコアラッキョが出てきたら、コアラッキョが倒れるまで前線の様子を見守ります。 コアラッキョが倒れた後は大狂乱のネコ島を処理して城を陥落させれば攻略完了となります。 この時、ニャックスパロウがいない分、ねこキャラのレベルを上げる必要が出てきます。 また、このステージではお金に余裕が出るので、大型キャラは二種類用意する事をお勧めします。 無課金編成は基本的に時間が掛かるので、スピードアップも利用する事をお勧めします。 【にゃんこ大戦争】 大狂乱のフィッシュ降臨『鬼ヶ島DX 』 攻略のまとめ 大狂乱シリーズの七体目となる大狂乱のネコ島をゲットしました! このステージは大狂乱のムキアシネコと同様、大狂乱のネコ島が出てきますが波動攻撃が無いので、その点については比較的楽ですが、コアラッキョが強力な波動攻撃を持っているのでやはり波動対策が重要になってきます。 大狂乱のネコ島は能力のバランスが良くて汎用性が高く、広い場面で使えますので、頑張って大狂乱のネコ島を手に入れましょう!.

次の