カッテージ チーズ ケーキ。 カッテージチーズのパウンドケーキの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

カッテージチーズのベイクドケーキ

カッテージ チーズ ケーキ

ダイエット向きのチーズはカッテージチーズ チーズはカロリーが高く、食べると太る食材と思われがちです。 たしかに馴染みのあるスライスチーズや6Pチーズは、100gあたりのカロリーが約340カロリーと高カロリーな食材となります。 ですが、数あるチーズの中で低カロリー・低脂質のチーズが、実は1つだけあるんです。 それは 『カッテージチーズ』 はじめて名前を聞いたという方も多いかもですが、 カッテージチーズはチーズの中でもカロリーが低く、ダイエット中の方でも気軽に食べられるチーズです。 離乳食で使われることもあり、栄養バランスが優れている食材でもあります。 もしあなたがダイエット中でも食べられるチーズを探しているのであれば、カッテージチーズを選びましょう。 カロリーの低さ、脂質の低さがダントツNo1 カッテージチーズは、チーズの中で 「カロリーの低さ」「脂質の低さ」がダントツでNo1となります。 具体的な数値を見ると分かりやすいと思うので、各チーズの栄養成分を見てみましょう。 種類 カロリー Kcal たんぱく質 g 脂肪 g 炭水化物 g 食塩相当量 g カッテージ 105 13. 3 4. 5 1. 9 1. 0 カマンベール 310 19. 1 24. 7 0. 9 2. 0 バルメザン 475 44. 0 30. 8 1. 9 3. 8 プロセス 339 22. 7 26. 0 1. 3 2. 8 モッツアレラ 248 18. 0 20. 0 1. 5 — クリーム 346 8. 2 33. 0 2. 03 0. 7 ブルー 349 18. 8 29. 0 1. 0 3. 8 ゴーダ 380 25. 8 29. 0 1. 4 2. 0 エメンタール 429 27. 3 33. 6 1. 6 1. 3 コンテ 399 29. 2 31. 3 — 0. 8 マスカルポーネ 434 4. 9 44. 0 4. 5 — 上記の栄養成分比較から分かるように、 カッテージチーズは他のチーズと比べてカロリーの低さ、脂質の低さが飛び抜けています。 カッテージチーズは脱脂乳を原料に作られるチーズ カッテージチーズは、 生乳から乳脂肪分を取りのぞいた脱脂乳を原料に作られるチーズです。 カロリーが他のチーズと比べて低いのは、 脂肪分が取り除かれた脱脂乳を原料としているからです。 一般的なチーズは生乳 しぼったままの牛の乳 が原料で、乳脂肪分が3. 0%以上含まれていています。 チーズは生乳を固めて水分をぬき、発酵・熟成させたものなので、乳脂肪分の高さがカロリーに影響します。 カッテージチーズは原料に脱脂乳を使用していることから、他のチーズと比べるとカロリーが低く、また栄養バランスが優れています。 カロリーや食塩分が低く、カラダを作る栄養素「たんぱく質」が豊富という理由から、離乳食の人気食材でもあります。 種類は「つぶタイプ」と「うらごし」、「パニール」の3種類 カッテージチーズは「つぶタイプ」と「うらごし」、「パニール」の3種類があります。 つぶタイプ つぶという名前から想像できるように、ポロポロとした粒状のタイプになります。 食べ方はサラダのトッピングとして、またパンにのせて食べることが多いですね。 スーパーのチーズ売り場で購入できます。 実際にカッテージチーズを作ってみた 「自宅で本当にカンタンに作れるのかどうか?」実際に試してみました。 ちなみに電子レンジを使ってもOKです。 電子レンジの場合、耐熱ボウルに牛乳を入れ500Wで5~6分温めます。 温めた牛乳に酢を入れてかき混ぜます。 しばらくすると下記の写真のように、豆腐のような固形物とすこし黄色がかかった水分に分離していきます。 20分くらい置いた後、ザルにキッチンペーパーを敷いて、固形物をこし取ります。 牛乳と酢でできたカッテージチーズがこちらになります。 牛乳500mlを使って約125gのカッテージチーズを作ることができました。 思っていたより、たくさん量が作れたのでびっくりしました。 作るのにかかった時間は「調理時間が約10分・固まるまで待つ時間が約20分」の 合計30分です。 本当に自宅でカンタンに作ることができました。 牛乳と酢の2つしか使っていないので、 味はプレーンになります。 ノンオイルのドレッシングなどで少し味付けして食べると美味しく食べれます。 賞味期限は2~3日 自宅でカッテージチーズを作った時の保存方法は「 冷蔵」になります。 雑菌の繁殖を防ぐため、保存容器は消毒した密閉容器やタッパーを使用しましょう。 賞味期限は2~3日となります。 ちなみに冷凍保存はオススメしません。 なぜなら、冷凍するとチーズ自体が変質してしまって食感や風味が変わってしまうからです。 賞味期限は短いですが、かならず冷蔵で保存しましょう。 食べる時の注意点 ダイエット中でも食べられるカッテージチーズ。 他のチーズと比べてカロリーは低いとはいえ、食べる時の注意点があります。 ここからはカッテージチーズを食べる時に注意したい内容についてお伝えしていきます。 量を食べすぎない 量の食べすぎには注意しましょう。 なぜならカロリーは低いとはいえ、量をたくさん食べてしまうと、結果として高カロリーな食事になってしまうからです。 またチーズは比較的、塩分が高い食べ物なので、 食べすぎるとむくみの原因にもなります。 量を食べすぎない食べ方としてオススメなのは、チーズ単体で食べるのではなく、サラダと一緒に食べるなど、何かと一緒に食べる食べ方です。 野菜と一緒に食べれば血糖値の上昇を緩やかにできます。 また、Lカルニチンを多く含む赤身肉や、コエンザイムQ10を多く含む青魚 イワシやサバなど と一緒に食べることで 脂肪燃焼の手助けをしてくれます。 他のチーズと比べるとカロリーは低いとはいえ、食べる量には注意しましょう。 食べ合わせの食材にも意識を向ける カッテージチーズと食べ合わせる食材のカロリーにも意識を向けましょう。 理由は食べ合わせる食材が自分が思っているより高カロリーな場合があり、食事全体でハイカロリーな食事となるケースがあるからです。 たとえばサンドイッチの具材として、またケーキの材料にカッテージチーズを使うメニューがあります。 チーズのカロリーは低くても、使っている素材の糖質や脂質が高いため、結果的にハイカロリーな食事となってしまいます。 「サンドイッチの場合は低糖質のパンを利用する」「ケーキ材料に使用する場合、砂糖は使わず甘味料を使う」など、一緒に食べる食材のカロリーにも意識を向けましょう。 まとめ カッテージチーズは脱脂乳を原料に作られているため、低カロリー・低脂質で、ダイエット中でも気軽に食べられるチーズです。 カッテージチーズはスーパーのチーズ売り場で購入できますが、自宅でもカンタンに作ることができます。 作り方は「牛乳と酢で作る方法」と「牛乳とレモン汁で作る方法」の2つあります。 もしあなたが「スーパーで買うのはちょっと高い、、、」と思ったなら、冷蔵庫にある牛乳とお酢を使って実際に作ってみましょう。 30分もあれば自宅でカンタンに作ることができます。 食べ方はサラダと一緒に食べたり、ディップソースとして利用するのがオススメです。 ただカロリーが低いからといって、量の食べすぎには注意しましょう。 また食べ合わせの食材のカロリーにも注意しましょう。

次の

はちの巣ケーキ|栗原はるみのミルクのある生活|雪印メグミルク株式会社

カッテージ チーズ ケーキ

・牛乳 500 ml ・お酢 or レモン汁 大さじ1杯(15 ml 自宅で簡単にできるカッテージチーズは、 牛乳を酸と熱で凝固させて作ります。 つまり、材料は牛乳と酸(お酢 or レモン汁)だけです。 材料はシンプルですが、 牛乳の種類やお酢かレモン汁どちらをチョイスするかによって仕上がりが違ってきます。 牛乳を選ぶ まずは、牛乳です。 一言に牛乳といっても様々な種類があります。 生乳100%かどうか、乳脂肪分やその他成分の調整をしているかなどによって種類は分かれます。 カッテージチーズを作る上で重要なのが 乳脂肪分です。 まず、 乳脂肪分が少ないと出来るカッテージチーズの量は少なくなります。 これは牛乳に含まれる固形分の量が減るためです。 例えば、同じ500mlの牛乳でも、成分無調整の牛乳では100gのカッテージチーズができるのに対し、低脂肪牛乳(乳脂肪分1. また、チーズ中の脂肪分が少なくなるので、 味わいはよりさっぱりと、食感はよりボソボソとした硬めの印象になります。 お酢かレモン汁かを選ぶ カッテージチーズの出来は、牛乳に入れる 酸の種類によっても違ってきます。 ここでは、最も身近なお酢(穀物酢のようなクセのないお酢)かレモン汁のチョイスに絞って比較します。 具体的には以下のような違いがあります。 お酢 より硬くしまった生地に仕上がる。 お酢の風味はほぼ感じない。 レモン汁 より滑らかな生地に仕上がる。 レモンの風味が残る。 このように、どちらを選ぶかで生地の質感や風味に違いがでてきます。 ただし、牛乳、酸ともにどちらが適しているということはなく、好みや食べ方によって選ぶと良いでしょう。 カッテージチーズの作り方 1.鍋に入れた牛乳を弱火でゆっくりと沸騰手前まで温める。 ここで重要なのは 火加減と 温度です。 まず、 火加減が強すぎると鍋底でミルクが焦げてしまい、焦げがチーズに混ざってしまいます。 そして、最も重要なのが 牛乳を何度まで加熱するかです。 温度が低すぎるとミルクは固まりません。 また、高すぎてもチーズの質感が硬くなります。 つまり、どの温度で酸を加えるかによって生地の質感が大きく変わってくるんです。 2.レモン汁orお酢を入れ、軽く全体をかき混ぜ放置する。 牛乳が適温になったら火を止め、お酢かレモン汁を入れ、全体が均一になる程度に軽くかき混ぜます。 ここでは、混ぜすぎないこと、そして、 一度混ぜたら固まるまで触れずに放置することがコツです。 3.スプーンやすくいザルのようなもので固まり具合をチェックする。 3分程度放置したら固まり具合をチェックしてみましょう。 もし固まりが悪かったら弱火でミルクを温めてあげると凝固が促進されます。 凝乳と水分が完全に分離されると、見た目で明らかにわかります。 写真のように凝乳と緑がかった濁りのある液体に分かれます。 この液体は ホエイと呼ばれ、牛乳に含まれていた水分のほか 「ホエイたんぱく質」「糖質(乳糖)」「ミネラル」「ビタミン」などが含まれています。 栄養分も豊富なので捨てずにカレーやスープなどに使うのもおすすめです。 ただし、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする方は、その原因である乳糖がたくさん入っていますので摂取量に気をつけましょう。 4.凝乳と水分(ホエイ)が分離したら、ガーゼやキッチンペーパーを敷いたザルに移す。 5.軽く絞って水分をさらに抜く 濾した凝乳をさらに絞ります。 しっかり絞ればより硬めの質感になり、 絞るのを少なくすると水分を含んだ柔らかい質感になります。 しかし、質感の大部分はこの前段階までで決まっています。 6.保存容器に移しフォークでそぼろ状にほぐして、冷蔵庫へ。 作り方のコツのまとめ 以上、自宅で簡単に作るカッテージチーズの作り方をご紹介しました。 最後にこれまでの内容の整理として、押さえておきたい作り方のコツを下記にまとめます。 ・牛乳は乳脂肪分が多いほど、出来上がる量は多くクリーミーな味や食感になる ・ミルクに加える酸は、お酢は硬め、レモン汁は柔らかめの質感に仕上がる ・牛乳は焦げないように弱い火力でゆっくり加熱 ・牛乳の温度によってチーズの仕上がりの硬さが決まる。 ・酸を入れたら固まるまであまりいじらない このように、 カッテージチーズの仕上がり具合は、牛乳の乳脂肪分、牛乳の加熱温度、添加する酸の種類によって違ってきます。 下の写真はそれぞれ違う条件で作ったカッテージチーズです。 見比べると明らかに質感が違うのがわかります。 以上のように、作り方によってカッテージチーズの仕上がりは変わってきます。 あなたもぜひ何度か挑戦して自分好みの作り方を見つけてみてください。 また、カッテージチーズについてもっと知りたいあなたはこちらの記事も参照ください。

次の

カッテージチーズのベイクドケーキ

カッテージ チーズ ケーキ

雪印北海道バター 198• ネオソフト 44• 雪印北海道バター(10gに切れてる) 84• ネオソフト コクのあるバター風味 24• 雪印北海道バター 食塩不使用 94• ソフト&バター 1• SNOW ROYAL コクと香りの 雪印北海道バター 18• ガーリック&バター(ミニカップ) 2• バター仕立てのマーガリン 15• ミルキー ソフト 2• ミルキー ソフト キャラメル味(製造終了品) 0• ミルキー ソフト いちご味 1• バターのような マーガリン 45• ケーキ用マーガリン 52• ラード(チューブタイプ) 10• ショートニング(チューブタイプ) 12• チーズ 1108• スライスチーズ(7枚入り) 96• 雪印北海道100 カマンベールチーズ 94• 雪印北海道100 カマンベールチーズ 切れてるタイプ 6個入り) 13• とろけるスライス(7枚入り) 90• こんがり焼ける とろけるスライス(7枚入り) 24• チェダースライス(7枚入り) 40• スモーク香る スライス 9• 6Pチーズ 75• 雪印北海道100 さけるチーズ プレーン 96• 雪印北海道100 さけるチーズ スモーク味 2• 雪印北海道100 さけるチーズ とうがらし味 4• 雪印北海道100 さけるチーズ ローストガーリック味 1• 6Pチーズ コクとうまみ 2• 6Pチーズ カマンベール入り 0• 6Pチーズ スモーク味 4• 切れてるチーズ 37• 切れてるチーズ カマンベール入り 1• 雪印北海道100 チーズ 12• 雪印北海道100 芳醇ゴーダ クラッシュ 35• 雪印北海道100 チェダー クラッシュ 13• クリームチーズ 116• 雪印北海道100 クリームチーズ 45• 雪印北海道100 マスカルポーネ 66• ベビーチーズ 20• アーモンド入りベビーチーズ 1• スパイシーサラミ ベビーチーズ 1• 雪印北海道100 カッテージチーズ 64• 雪印北海道100 カッテージチーズ うらごしタイプ 27• 毎日骨太 チーズキャッチ 3• くちどけスモークチーズ(製造終了品) 2• 雪印北海道100 とろけるチーズクッキング用 32• 雪印北海道100 とろけるモッツァレラ 35• とろけるナチュラルチーズ クッキング用 7• とろけるナチュラルチーズ ピザ用 23• とろけるナチュラルチーズ 使いきりタイプ 0• 粉チーズ マイルド 48• 雪印北海道100 粉チーズ芳醇 131• 雪印北海道100 チーズフォンデュ 5• チーズのための 玄米クラッカー 1• 1才からのチーズ 5• 練乳・スキムミルク・その他 248 イベント・シーンから選ぶ• 栗原はるみのミルクのある生活 368• さけるチーズ おつまみタイム 7• さけるチーズ おやつタイム 2• さけるチーズ ごはんタイム 8• 絶妙チーズ イタリアンレシピ 4• 絶妙チーズ 和食レシピ 4• 雪印北海道100 アレンジレシピ with Friends 31• 雪印北海道100 アレンジレシピ with Family 30• 雪印北海道100 アレンジレシピ with Couple 29• 春のレシピ 100• 夏のレシピ 148• 秋のレシピ 126• 冬のレシピ 171• 通年 1099• みんな大好き!チーズケーキ 41• 女子会にぴったり 50• パーティー向け 101• さわやかでクリーミー、水切りヨーグルト 63• 和食 98• カッテージチーズ風を作ってみよう 5• ミルクで減塩!乳和食 18• シニア向け 健康維持レシピ 30• カルシウムたっぷり(230mg以上)で骨太に 75• 早い!おいしい!簡単レシピ 155• ご当地グルメ 9• 行楽弁当もって、出かけよう 26• 毎日のお弁当に 16• お子さまと一緒に。 キッズクッキング 48• 朝食 121• ランチ 234• 焼きチーズ 46• 夜食 22• アウトドア 18• 冷たい麺 14• Let's ベジピザ 8• 栗原はるみ 水切りヨーグルト 毎日のおかず 5• 栗原はるみ ヨーグルト 毎日のおかず 11• 栗原はるみ ヨーグルト パン 6• 栗原はるみ ヨーグルト デザート 9• 栗原はるみ ヨーグルト ケーキスコーン 6• 栗原はるみ ヨーグルト おもてなし 3• レシピ動画 41• 栗原はるみのクリームチーズ 0• 栗原はるみのケーキ用マーガリンレシピ 0• チーズクラブ チーズプラトー 30• ヨーグルトで健康レシピ 29• 春夏秋冬の「恵」 12• 「恵」の味 14• スポーツキッズの骨太メニュー 4• 骨太なカルシウム強化メニュー 37• 6Pチーズ 13• 雪印北海道バター 食塩不使用 バターレシピ 15• イースター 19• 11月11日は「チーズの日」 95• ボジョレー 105• お鍋のレシピ 28• クリスマス 186• お正月 70• バレンタイン 126• ホワイトデー 22• ひなまつり 78• スライスチーズを使ったレシピ 27• とろけるスライスを使ったレシピ 24• こんがり焼ける とろけるスライスを使ったレシピ 21• チェダースライスを使ったレシピ 25• スモーク香るスライスを使ったレシピ 7.

次の