パパ ダ キスシ ゼロン。 【平昌五輪】アイスダンス、またも衣装はだける画像 ガブリエラ・パパダキス

Kisna(2005)#201 : 日本で唯一のボリウッド情報誌:Namaste Bollywood《インド映画》

パパ ダ キスシ ゼロン

のシゼロン 基本情報 生年月日 1994-11-12 (25歳) 代表国 出生地 186 cm 、、 選手情報 元コーチ パスカル・デニス カトリーヌ・パパダキス ロマン・アグノエル マリー=フランス・デュブレイユ サミュエル・シュイナード 元振付師 アレイン・グリュッタードリア ダイアナ・リバス カトリーヌ・パパダキス 所属クラブ Auvergne Clermont 練習拠点 元練習拠点 週間練習時間 30 開始 2003 2 ,2018—19 1 2014—15,2017—18 1 2014—15,2015—16,2017—18,2018—19,2019—20 サイト ISU パーソナルベストスコア 合計スコア 226. 61 WR リズムダンス 90. 03 WR 2019 GP NHK杯 136. 58 WR 2019 GP NHK杯 国内競技会成績・アイスダンス 優勝 2015-2020 9歳から10歳の頃にかけて、コーチでもあるパパダキスの母のカトリーヌの勧めでチームを結成した。 2009-2010シーズンににデビューした。 2012-2013シーズン、に移籍しのチームに加わった。 では2大会連続で金メダルを獲得。 フランスのカップルでは初めてのこととなる。 続くでは銀メダルを獲得、フランスのカップルでは初めてのメダル獲得となった。 ではSD2位。 FDに向けての練習中にパパダキスが足首を負傷し、テーピングをして挑んだFDでは演技の中断があったものの、銀メダルを獲得した。 2013-2014シーズン、シニアクラスに移行。 初めてのシニアの大会ので優勝。 で5位、で7位。 では初の表彰台を優勝で飾った。 でも優勝し、に進出。 そこでは銅メダルを獲得した。 ではSDで初の70点台を出し1位、FDでも自己ベストを更新し初優勝。 前年の15位から大きくジャンプアップした。 ではSD4位スタート、FDでは大きく自己ベストを更新し逆転優勝。 フランスのカップルとしては7年ぶりに世界選手権の頂点に立った。 20歳での優勝は1975年の以来40年ぶりのことである。 2015-2016シーズン、8月の下旬の練習中にパパダキスが転倒しを起こした。 大事を取ってとの出場を辞退した。 フランス選手権では連覇を果たした。 ではSD2位から逆転優勝した。 では、SD・FDすべてのエレメンツでレベル4を獲得。 FDの歴代最高得点を更新し、連覇を果たした。 2016-2017シーズン、で優勝。 2017-2018シーズン、からISU公認の大会4連勝、いずれも連勝するたびにFDと総合の歴代最高得点を更新するという快挙であった。 2年ぶりの優勝を飾った。 2018-2019シーズン、からの始動予定だったが、現地10月31日の練習中に転倒し腰を負傷したためNHK杯を棄権。 からの始動となり、連覇を狙っていたは絶望的となったが、それでもフランス国際以降のISU公認の大会3連勝を3種目での歴代最高得点更新連発で決めた。 その後のはフランスチームのアイスダンスメンバーとして出場したがRDのツイヅルで自らふらついたのが響いて連続の3種目歴代最高得点更新こそ止まったが、FDと総合得点で歴代最高得点を更新。 アイスダンス部門のトップとなった。 2019-2020シーズンは前年度に続いてから始動し、RDで歴代最高得点を記録したがFDは思ったより得点が伸び切れなかったものの優勝だけは確保した。 その後のはRDでアイスダンス初の90点台を記録するなど3種目歴代最高得点更新しての圧勝で2年ぶりにの舞台に立った。 しかし、GPファイナル本番はRDがミッドラインステップでパパダキスがスタンブルしたのとツイヅルでの緩い回転が響いたどころかFDも得点が伸びず、から続いたISU公認大会での1つ以上の種目歴代最高得点更新が途絶えたが2年ぶりの優勝を果たした。 05ポイント差と逆転されてもおかしくない位置に立ってしまう。 78 2 131. 50 2 220. 28 2019年12月5日-8日 () 1 83. 83 1 136. 02 1 219. 85 2019年11月22日-24日 () 1 90. 03 1 136. 58 1 226. 61 2019年11月1日-3日 () 1 88. 69 1 133. 55 1 222. 24 2018-2019 シーズン 開催日 大会名 RD FD 結果 2019年4月11日-13日 () 1 87. 31 1 135. 82 1 223. 13 (部門成績のもの) 2019年3月20日-24日 () 1 88. 42 1 134. 23 1 222. 65 2019年1月21日-27日 () 1 84. 79 1 133. 19 1 217. 98 2018年11月23日-25日 () 1 84. 13 1 132. 65 1 216. 78 2017-2018 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2017年3月27日-4月2日 () 1 83. 73 1 123. 47 1 207. 20 2018年2月9日-25日 () 2 81. 93 1 123. 35 2 205. 28 2018年1月15日-21日 () 1 81. 29 1 121. 87 1 203. 16 2017年12月14日-18日 () 1 79. 01 1 123. 10 1 202. 11 2017年12月7日-10日 () 1 82. 07 1 120. 09 1 202. 16 2017年11月17日-19日 () 1 81. 40 1 120. 58 1 201. 98 2017年11月3日-5日 () 1 81. 10 1 119. 33 1 200. 43 2017年10月6日-8日 () 1 78. 09 1 110. 16 1 188. 25 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2017年3月27日-4月2日 () 2 76. 89 1 119. 15 2 196. 04 2017年1月25日-29日 () 3 75. 48 1 114. 19 1 189. 67 2016年12月15日-17日 () 1 82. 03 1 120. 60 1 202. 63 2016年12月8日-11日 () 3 77. 86 2 114. 95 2 192. 81 2016年11月25日-27日 () 2 75. 60 2 111. 06 2 186. 66 2016年11月11日-13日 () 1 78. 26 1 115. 24 1 193. 50 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2016年3月26日-4月3日 () 1 76. 29 1 118. 17 1 194. 46 2016年1月25日-31日 () 2 70. 74 1 111. 97 1 182. 71 2015年12月17日-19日 () 1 73. 60 1 110. 30 1 183. 90 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2015年4月16日-19日 () 3 70. 86 1 111. 06 6 団体 2015年3月23日-29日 () 4 71. 94 1 112. 34 1 184. 28 2015年1月26日-2月1日 () 1 71. 06 1 108. 91 1 179. 97 2014年12月18日-21日 (ムジェーヴ) 1 71. 40 1 109. 83 1 181. 23 2014年12月11日-14日 () 5 61. 48 3 100. 91 3 162. 39 2014年11月21日-23日 () 1 64. 06 1 102. 60 1 166. 66 2014年11月7日-9日 () 2 62. 12 1 98. 00 1 160. 12 2014年10月14日-17日 () 1 59. 74 1 90. 46 1 150. 20 2013-2014 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2014年3月24日-30日 () 15 55. 11 13 86. 38 13 141. 49 2014年1月13日-19日 () 15 53. 33 14 78. 24 15 131. 57 2013年12月12日-15日 (ヴォジャニー) 2 61. 79 2 92. 45 2 154. 24 2013年12月5日-8日 () 4 53. 08 4 81. 52 4 134. 60 2013年11月22日-24日 () 8 44. 49 7 79. 78 7 124. 27 2013年11月15日-17日 () 5 58. 10 5 85. 16 5 143. 26 2013年10月23日-27日 () 1 60. 05 1 87. 88 1 147. 93 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2013年2月25日-3月3日 () 2 61. 58 3 81. 68 2 143. 26 2013年2月15日-17日 フランスジュニアフィギュアスケート選手権() 1 54. 35 1 90. 26 1 144. 61 2013年1月11日-13日 ジュニアクラス() 1 61. 62 1 82. 71 1 144. 33 2012年12月13日-16日 () 1 63. 90 1 90. 88 1 154. 78 2012年12月6日-9日 () 2 54. 79 2 84. 42 2 139. 21 2012年11月2日-4日 ジュニアクラス() 2 58. 36 1 87. 00 2 145. 36 2012年9月12日-16日 () 1 59. 19 1 82. 89 1 142. 08 2012年8月22日-26日 () 2 52. 25 1 78. 88 1 131. 13 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2012年2月27日-3月4日 () 4 58. 09 5 80. 61 5 138. 70 2012年1月6日-8日 ジュニアクラス() 1 50. 77 1 82. 29 1 133. 06 2011年10月12日-16日 () 5 49. 89 3 72. 90 4 122. 79 2011年9月14日-18日 () 3 52. 13 5 68. 69 4 120. 82 2010-2011 シーズン 開催日 大会名 予選 SD FD 結果 2011年2月28日-3月6日 () 1 74. 27 15 43. 97 9 71. 59 12 115. 56 2011年1月28日-30日 ジュニアクラス() - 2 53. 59 1 82. 76 1 136. 35 2010年11月19日-21日 ジュニアクラス() - 2 52. 14 1 71. 05 1 123. 19 2010年9月15日-18日 () - 3 49. 93 5 65. 21 3 115. 14 2010年8月25日-28日 () - 4 43. 89 2 63. 30 4 107. 29 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 CD OD FD 結果 2010年3月7日-14日 () 28 23. 61 20 39. 67 - 22 2010年1月29日-31日 ジュニアクラス() 2 26. 55 1 46. 75 1 70. 61 1 143. 91 2009年11月27日-29日 ジュニアクラス() 4 26. 46 2 44. 50 3 65. 43 3 136. 39 2009年9月2日-6日 () 15 15. 33 11 39. 27 12 58. 65 15 113. Yahoo! ニュース 2018年2月19日. 2018年2月19日閲覧。 オープン参加でジュニアクラスとして出場。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• などしてくださる()。

次の

『パパとムスメの7日間』: テレビ番組を斬る!

パパ ダ キスシ ゼロン

ティラキタのDVD商品を見る Kisna 06. キャサリンは一旦ロンドンへ送られるものの、年頃の金髪碧眼娘となってインドへと戻る。 ところが、キスナは村娘 ラクシュミー(イーシャー・シャルワーニー)と結婚することに。 時は1947年。 インド・パーキスターンの セパレーション(分離独立)寸前。 ラクシュミーの父とキスナの兄ら過激な村人が英国人に恨みを晴らすべくキャサリンの父親を殺害。 脅えたキャサリンをキスナがデリーへと送り届けることになるが・・・。 (c)Mukta Arts, 2005. Revie-U 50th Filmfare Awardsのオープニングで、地上10mはあろうかというクレーンに吊られた新人女優が空中舞踊を披露! その幽玄なパフォーマンスに胸を打たれた。 彼女の名は イーシャー・シャルワーニー! 「Married with Dance of God! 」と称された彼女は、オーストラリア人の作曲家を父に、ダンサーであるインド人の母親を持ついわゆるハーフ。 7歳から素養をはじめ、バレエ、ヨガ、カタック、マーシャル・アーツなどを習得、10代のうちに世界22カ国で公演。 ロープを使った空中舞踊は、彼女の持ち芸だそうだ。 そんな彼女を見出したのは、女優発掘で定評のある。 かのをはじめ、 、 をスターに押し上げたヒットメーカーで、 「Pardes (他国)」(1997)でデビューしたマヒマーなど先のふたりにあやかってMのイニシャルを芸名に選んだほど。 もっとも、スバーシュは をトップスターに押し上げた 「 (リズム)」(1999)の勢いに乗って、飛ぶ鳥を落とす勢いでデビューした N の初共演作 「 (思い出の数々)」(2001)を大公開し、メガヒットを目論んだものの、これが見事にフロップ。 すっかり<思い出>の彼方へ。 これはひとえに、(ソング・ディレクターが主体となる)ミュージカル作りには名高いものの、演出センスとなるとこれが案外つたなく、つまりは作品として破綻していたということ。 その後、自作は控え、プロデュース業に専念するかに見えたが、その彼が再起を賭けて取り組んだのが本作なのであった。 そんなこともあってか、イーシャーの芸名はM以外で選ばれたようだ(<シャルワーニー>は、伯母さんの命名だとか)。 「Hum Aapke Hain…Koun! (私はあなたの何?)」(1994)を抜いてボリウッド映画最大のヒット作となった 「 (暴動)」(2001)と英国統治物 「」Lagaan(2001)以降、時代物がぽつぽつと作られるようになったが、本作のプロットは、まさにこの2作品を足して2で割ったようなもの。 ところが、冒頭は現代シーン。 それも英国の老婦人がインドを訪れ、なにやら回想を始める……つまりは 「タイタニック」(1997=米)の構成。 これは 「初恋のきた道」(1999=中・米)、 がヒロインを務めた 「The Hero」(2003)にも見られるスタイル。 (c)Mukta Arts, 2005. ヒロイン、キャサリンを演じるのが、英国のTV女優 アントニア・バーナス。 サーリーも似合って、なかなかに愛らしい。 肝心のイーシャーはというと、これがあまり…。 その上、ロープを使った得意の空中舞踊や空中ヨーガをはじめ(ハーフだけに?)セミヌードの行水シーンさえ披露するものの、どうにも影が薄いのだ。 これはもともとのファースト・ヒロインが英国人という設定が決まっていて、インド人妻役のセカンド・ヒロインを新人で、というキャスティングがなされていたのだろう。 そこへ、空中舞踊までこなす大物?のイーシャーが掛かってしまったので、あわててヨーガのシーンなどを追加したのではないか?? もっとも、 「 (ドアを閉めとけ!)」(2006)でもそうであったが、ボリウッド女優としてはかなり地味(ふたりのゲスト女優を挟んで、フォース・ヒロインの立ち位置?)。 芝居がまだまだ、ということもあるが、豪州人とインド人のミックスだけに黒髪の洋顔がマイナス要因か。 空中技ばかりが強烈で、大したダンス・ナンバルも用意してもらえなかったのも痛い(彼女の舞踊がバレエが主体になっているのか、直線的な動きを見せる)。 そんなこともあってか、大物スターとの共演依頼が殺到!ということもなく、先の「DBR」が 、その他にアナウンスされている2本は スニール・シェッティー、 トゥシャール・カプールといった具合。 舞踊を武器にアイシュのようなトップスターとなる日が来るだろうか?? 本作自体の出来はと言うと、さすがにスバーシュ渾身の作だけあって、演出のほつれは低く、彼のフィルモグラフィでも上出来の部類(強いて言えば、焼打されて燃え上がるキャサリンの屋敷がチープなミニチュアだったことが氣になる程度)。 ヒッチコックを氣取っての顔見せシーンも以前は物語を分断するもの構わず登場したり、果てはフィルミーソングを歌い出す始末だったが、今回はそれを控え、エンディング・クレジットとしてシルエットを見せるにとどめている。 母の言いつけを受け、キャサリンを送る道中、サードゥーに化けたり、クリシュナを厚く信奉する一家に逗留したり、ムスリムに扮したり、果てはクリスチャンを装うなど、神々に祝福された逃亡劇は、同じく逃亡中にスィクに助けられた 「Bunty Aur Babli (バンティとバブリー)」(2005)を思い起こさせる。 (c)Mukta Arts, 2005. スシューをフィーチャルした、 「」(2002)のマードゥリーを思い起こさせるカタック・ナンバル 「 chilman uthegi nahin」は、「Devdas」の イスマイェル・ダルバールに発注。 振付も 「 dola re dola」で Filmfare Awards、 Zee Cine Awards、 IIFA振付賞に輝く サロージ・カーンを奢られている。 英国調 「 my wish come true」から 「 hum hai iss pal yahan」など A・R・ラフマーンによるナンバルは、かの「Taal」に通じる壮麗なセットが見物(ただし、アントニアがデジタル合成で踊り出すところは、「Yaadein」でリティクがデジタル分裂したり、カリーナーと共に宇宙にまで飛んでしまう悪い思い出がフラッシュバックしてしまう)。 ところで、「 my wish 〜」でうっすらと奏でられるメロディーは主演 「 (君の名は)」(2003)のお清めナンバル 「 man basiyaa」(音楽監督: ヒメーシュ・レーシャミヤー)! ラフマーンは今でこそインドの現代音楽を代表する大家であるが、 「Roja」(1992=タミル)の頃は平氣でブルガリアン・ヴォイスをそのまま挟み込んでいたものだ。 これもちょっとしたお遊びなのか、ヒメーシュの方が借用していたのか?? 洗練されたラフマーンの作とは思えないドメスティック・ナンバル 「 hum hai iss pal yahan」の、なんとも垢抜けない雰囲氣も心地よい。 プレス発表会の小ステージでのマイクを持った ウディット・ナラヤンは、ラフマーン自らの演奏による<のど自慢大会>にしか見えないのも微笑ましい。 このナンバルは、ボリウッドのミュージック・レビューでも「これはダルバールの曲ではなくて、ラフマーンの」とわざわざ書かれているほど。 サポーティングは、村の長老バイロー・スィン役に故。 「 (標的)」(2004)に続き、雄姿を見られるのが嬉しい。 彼は本作が遺作となったのが惜しまれる。 キスナの兄シャンカルには、「Lagaan」、「Dum」、 「Ab Tak Chhappan(今まで56人)」(2004)などの裏切り専門役者の ヤシュパル・シャルマー。 その功績?が認められたのか、本作では兄弟愛を滲ませるシーンもあって胸を熱くさせられる。 キャサリンに入れ込む領主の息子ラグーラージ役が 「 (もし起きたら何が起きるか)」(2006)に米国大使館員役でチラリと出演している ラジャト・カプール。 口髭に眼帯がチープな怪しさを醸し出す。 キャサリンに目をかける使用人頭に 「」(2006)の シヴァジー・サータム。 ラクシュミーの父ダーダー・グル役が 「」 Hum Dil De Chuke Sanam(1999)を引き継ぐ音楽師匠の ヴィクラム・ゴーカレー。 逃亡中のキスナとキャサリンを助けるのが、 「(浅黄色に染めよ)」(2006)の オーム・プリー。 いつになくバカボン・パパの雰囲氣が強く漂い、見ているだけで可笑しい。 逃亡中のキスナとキャサリンを助けるルクマニー役が、 「 (アショーカ王)」(2001)の リシター・バット。 クリシュナ神を讚えるホーリー・ナンバル 「 woh kisna hai (彼がキスナだ)」ではイーシャーが霞む艶っぽい舞踊を見せるがカットバックで編集されているため彼女を堪能できないのが残念である。 (c)Mukta Arts, 2005. *追記 2011,02,01 >イーシャー・シャルワーニー 本人も女優にさほど執着しないのか、その後の出演作は5本程度。 しかも最後の出演は、確信犯的キャスティングが為された東京国際映画祭上映作 「Luck by Chance」チャンスをつかめ!(2009)。 なにしろ、有名女優の娘で演技は下手な上、撮影そのものより相手役の方に興味津々という、ぱっと消えそうな新人女優役。 ただし、サーカス・ナンバル 「 baawre」で得意の空中舞踊を披露。 >アントニア・バーナス その後は、もっぱら英TVに出演。 サスペンス 「Slaughter」(2009=米)が未公開DVD 「豚小屋」の邦題で2010年2月に発売。 例によってアルバトロスだけに内容と乖離した邦題・ジャケットでエロティック・ホラーとしてパッケージされている。 > 硬質な存在感がかえってイメージを限定するのか、はたまたアイシュとリンクしてしまったやっかみからか、不遇が続いたゼロ年代後半。 久々のヒーロー物 「Prince」(2010)はまずまずの出来ながら、続く 監督作の2部作 「Rakta Charitra」(2010)がフロップ。 依然、メガヒットとは縁が遠い状況にあるが、プライベートでは2010年10月29日、ベンガルール(旧バンガロール)を抱くカルナータカ州知事の娘プリヤンカー・アルヴァと挙式。 しかし、プロデュース作 「Bombay to Bangkok」(2008)、 「Paying Guests」(2009)含めてすべてフロップ。 フィルモグラフィも手痛く停滞。 >ラジャト・カプール 本作での出世頭となるラジャト。 本作で初の大役を務める一方、インディーズ監督として 主演 「Raghu Romeo(ラグー・ロミオ)」(2003)が National Film Awards ヒンディー映画賞受賞。 小粒映画の秀作 「(脳味噌揚げ)」(2007)のスマッシュヒットで勢い付き、 「Krazzy 4」(2008)などでメジャー作品にも進出。 小粒映画のトップ・リーダー的存在となり、アート系 「Siddharth」(2009)で アジア・パシフィック・スクリーン・アワード主演男優賞受賞。 >A・R・ラフマーン リリカルで安定したスタイルから「アルバム」としても聴きやすい仕上がり。 「」(2008=英)など先鋭的な楽曲とは異なり、中庸かつ伝統音楽を継承した曲作りが心地よい。 クラブ系サウンドに疲れ、ひと息入れたい時にどうぞ。 アッチャー・ソングス aham brahmani スクヴィンダール・スィン アルカー・ヤーグニク chilman uthegi nahin ハリハラン アルカー・ヤーグニク アイーシャー・I・ダルバール S・シャイジャー M・サラマット カイラーシュ・ケール ラーケーシュ・パンディット ga tu aisi dhun mein ga ハリハラン アルカー・ヤーグニク アイーシャー・I・ダルバール S・シャイジャー M・サラマット カイラーシュ・ケール hum hain iss pal yahan ウディット・ナラヤン マドゥーシュリー kahe ujadi mori neend ウスタッド・ラシード・ハーン kisna A・R・ラフマーン my wish comes true スニター・サラティー tu itni pagli kyun hai ウディット・ナラヤン アルカー・ヤーグニク イスマイェル・ダルバール woh kisina hai スクヴィンダール・スィン イスマイェル・ダルバール アイェーシャー・I・ダルバール wohi din aa gaya スクヴィンダール・スィン イスマイェル・ダルバール アイーシャー・I・ダルバール.

次の

【平昌五輪】アイスダンス、またも衣装はだける画像 ガブリエラ・パパダキス

パパ ダ キスシ ゼロン

EXPO2018のバトルステージでは、最終回「GEEDの証」に第17話「キングの奇跡! 変えるぜ!運命!」の要素を組み込み、アレンジした流れで登場している。 ジードとの対決の最中(この時点ではまだレイオニクスモード)にゼロが乱入し、やや形勢が不利に。 そこでベリアルが繰り出したのは、リク以前に作り出した「にせベリアルの失敗作」達。 それぞれがソリッドバーニング、アクロスマッシャー、マグニフィセントの姿を取り、目を赤く輝かせた「ジードの兄弟」を手勢として差し向け、心の隙をついてジードを洗脳することに成功、ゼロビヨンドと戦わせた。 そして、自らもその力を利用してアトロシアス化し、キメラベロス時の焼き直しの如くジードを完全に自陣に取り込もうとする。 自身はそのままジードと正面激突に突入するも、最後は最終回同様の流れでレッキングバーストを受けてアークベリアル諸共消滅した。 【余談】• TVシリーズにおいてウルトラマン体系のラスボスは『』の以来。 アトロシアス自体はウルトラマンではない扱いだが、正真正銘のウルトラマンだった存在という意味では初となる。 坂本監督曰く『』の、『』の、『』のと、異形だったり大きかったりする敵が続いたのでその変化球としてアトロシアスのデザインを決めたそうな。 乙一氏曰く、当初は氏リスペクトで『』という名前にするはずだったらしい。 なんとまだ本編に登場していない時期にの商品化・販売が 決定が発表されている。 参考出品されただけのゼロビヨンドや、発表すらされていないベリアルの通常形態も差し置いてにも関わらず、である。 ギガバトルナイザーを使わず、素手の状態でゼロ、ジード、父を圧倒したことから、「 地力だけで戦った方が強いのでは」と言われることも。 ペダニウムゼットン・エボルヴって名称は何処情報? 公式サイトどころか検索しても、ここしかヒットしないけど -- 名無しさん 2017-12-23 10:02:10• 荒らしによる無断削除コメントを復元 -- 名無しさん 2017-12-23 13:15:49• もう修正されてるけど、エボルドの誤字。 ウルトラマンフュージョンファイトのミッションで名前が出てるよ -- 名無しさん 2017-12-23 15:23:54• 強いとは思うが、映像を見てる限りではそこまでのパワーアップではない気がする。 なにせ元々のベリアルが超強いため、かえって上がり幅が分からない。 -- 名無しさん 2017-12-23 15:31:34• 悪のチートラマンとなるか・・・? -- 名無しさん 2017-12-23 19:27:08• メガマスター圧倒したのは流石だけど、もうちょい強くしてもよかったような? -- 名無しさん 2017-12-23 19:30:59• アトロスヘルクローは圧倒的に強かった。 格ゲーでいうとこの技振っとけば勝てる的な -- 名無しさん 2017-12-23 19:46:05• 描写の問題か、ギンガS~オーブのラスボスと比べると絶望感が小さいというか・・・ -- 名無しさん 2017-12-23 21:19:33• 味方側が万全の対策を敷いてそれに抑え込まれた印象。 強いことは強いんだが。 -- 名無しさん 2017-12-23 21:38:09• 強さの描写はゼロビヨンドとロイメガ同時相手でも圧倒とかで良かったかもな -- 名無しさん 2017-12-23 22:38:14• デザインも坂本監督の意図通り新世代ラスボスたちとはイメージが違うけど、登場時点で想定より弱体化している状態から始まった珍しいラスボス。 -- 名無しさん 2017-12-24 03:05:29• デザインはホント完璧なまでにカッコ良すぎる -- 名無しさん 2017-12-24 03:20:24• 今までのベリアルが劇場版でウルトラの星を滅ぼしたり、アークベリアル化で星を破壊できそうなビーム吐いたり、ウルティメイトフォースゼロを全滅させたりしてたから、ゼロ撃破くらいしか目立った戦果が無かったのが痛いよなぁ。 -- 名無しさん 2017-12-24 05:53:44• 伏井出先生が人質取るまではゼロビヨンドとも一進一退だったよね… -- 名無しさん 2017-12-24 08:02:54• ゼロビヨンドは対ルギエル特効?のギンガが入ってるし、エンペラ星人の対光の国特効も光の国以外のウルトラマンで軽減出来るだろうしゼロとベリアルの純粋なスペック勝負になってたんじゃないか -- 名無しさん 2017-12-24 09:29:20• 実はダークネスファイブが戦死していて、すべてを終わらせるためにエンペラ星人 一人だけ生き残った宇宙人 、ダークルギエル 悲しみや過ちが起きないようすべての命の時間を停止 の力を使ったのでは?という説も。 -- 名無しさん 2017-12-24 11:27:29• 本編の回想見る限りだとクライシスインパクト計画時はまだダークネスファイブも一緒だったっぽいからなぁ…死んだ可能性はあるかも -- 名無しさん 2017-12-24 12:10:37• ウルトラ兄弟達との死闘でダークネスファイブは死んでそうだな -- 名無しさん 2017-12-24 15:02:57• 分解酵素撃たれた後も、あまり弱体化したようには見えなかったけど、あれはキングの力をもう吸収できなくしてパワーアップを頭打ちにしたって事なのかな -- 名無しさん 2017-12-27 18:35:03• 素で十分強いけどキングの力への欲も強かったんだと思う、M78ワールド出身だし -- 名無しさん 2017-12-27 19:19:26• 小学生用の雑誌ではアトロスバースト はビルを吹き飛ばす程強力な最強光線と出てたが、実際はゼガンを吹き飛ばした。 -- 名無しさん 2017-12-29 11:52:10• まあ今さらビルを吹き飛ばされてもなあ -- 名無しさん 2017-12-29 17:14:21• 最終話での折れた橋を叩き付ける凶器攻撃が案の定「本家に当たるはずのベリアル様なのにサンダーブレスターっぽいバトルスタイル」と大反響だったなあ……w -- 名無しさん 2017-12-30 16:10:20• 設定だけすごくて描写負けしてるラスボス -- 名無しさん 2018-01-01 01:12:35• シャドームーンと並んで便利なボスだからまた出て来そう。 特にヒーローショー -- 名無しさん 2018-01-04 12:45:09• 16話で既に通常ベリアルの一撃でゼロビヨンドを(親子泥んこ遊びの間)ダウンさせてたし、そんなに強くなったようには見えなかったなぁ -- 名無しさん 2018-02-21 01:34:52• 変身して即座にゼロビヨンドと一進一退の攻防、続けてジードとの戦い、休み無しでウルトラの父と一晩戦い、間髪入れずに分身したジードからフルボッコ…そりゃリクも「もう疲れたよね」と言いたくなるわ(半分はリクのせいだけど) -- 名無しさん 2018-02-26 20:45:32• 「過去」の強大な悪の皇帝、遥か「未来」に生まれた邪悪な漆黒の巨人、そして「現在」の世界で猛威を振るう最強の黒い巨人の力を併せ持つ存在 -- 名無しさん 2018-02-26 21:51:41• 共通点も多いしこの面子 -- 名無しさん 2018-02-26 22:18:16• 一応大筋で決着はついたが、ベリアルだしなぁ……カプセルかなんかに魂だけで乗り移ってまた何かやりそうな気がする。 -- 名無しさん 2018-03-01 17:10:10• 一応ザギさんと違ってウルトラ戦士相手には勝利してるし しかもどちらも最強形態 、普通に歴代ラスボストップクラスだと思うんだけどなあ。 まあ最終話予告の時点で勝ちが見えてたのがいけなかったような気も…… -- 名無しさん 2018-03-25 11:08:13• フクイデの罪状がまた一つ増えたな。 「余裕で圧倒している状態なのに、無駄に人質とかとったせいで陛下の強さが解りにくくなる」。 -- 名無しさん 2018-03-25 11:18:38• v9Zbs mk -- 名無しさん 2018-05-15 05:49:34• ひよっこどもの力を借りたゼロに対してジジーどもの力を借りたベリアル -- 名無しさん 2018-05-15 05:51:04• 『ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE』の解説でジード最終決戦見直して「マグニフィセントとロイヤルメガマスターのTV版ジード最強2形態と押し合いになって、一方的に2人とも押し返してる」事に気がついた……。 流石に5vs. 1では分が悪かったけど、3人くらいまでならまだジードを何とか返り討ちにできてたかもしれないんじゃ……。 -- 名無しさん 2018-05-16 01:42:49• ここに来てギガバトが無い方が強くなった陛下 -- 名無しさん 2018-10-01 18:54:05• 超全集にウルトラマンキングのエネルギーを取り込んだ結果、宇宙最強の存在であるアトロシアスになったとあるし、この項目間違ってるね。 完全体になるのにジードを取り込む必要があるってのも根拠のない記述だし -- 名無しさん 2018-10-07 05:44:52• ウルトラ一族の一般的な親子喧嘩も壮絶そう -- 名無しさん 2019-01-18 21:02:25• 単純な強さではNo. 1かな?キングを無力化できたのもデカイけど、キングが宇宙と融合するのも作戦通りかな?だとしたらヤバ過ぎ… -- 名無しさん 2019-10-14 21:04:32• デザイナーの人のTwitterにて、アトロシアスはジードの没デザインをアレンジしたものと明かされた。 -- 名無しさん 2020-03-07 15:01:15.

次の