ライブ ダム ai。 カラオケDAMの精密採点Aiは精密採点DX

最新機種!LIVE DAM Aiの気になる4つの点!│カラオケステップアップ講座

ライブ ダム ai

そもそもAi感性とは? Ai感性は精密採点Aiから当たらに導入された項目で、総合得点には「Ai感性ボーナス」という項目で影響を与えます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 上の画像では5. 388点が「Ai感性ボーナス」として総合得点に加算されています。 この「Ai感性ボーナス」とその前の点数を足した点数が総合得点(上の画像では91. 573点 となります。 精密採点DX-Gを知っている人ならば「ボーナス点」が「Ai感性ボーナス」に変わったという認識で問題ありません。 これまで精密採点DX-Gでは「音程ボーナス」「表現力ボーナス」「ビブラートボーナス」の3つがありましたが、「Ai感性ボーナス」については1つしかありません。 Ai感性はどのようにして採点している? Ai感性は歌唱中に音程と同じく1画面1画面で採点しているようです。 採点をONにすると音程バーの右下にAi感性の部分が出てきます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 歌唱中画面 このAi感性は中央から右にピンクの光が、左に青の光が歌唱後に伸びていきます。 伸びるタイミングは画面で8割程度歌いきったときです。 ピンクの光は加点、青の光は減点を表しています。 なので最初の段階では0点からのスタートで、曲の中で加点も減点もしているということですね。 事実採点結果画面でもAi感性において加算、減算がされていることが分かります。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 表現力 Ai感性 上の画像では加点がかなり多く、Ai感性は91点の高得点を出しています。 ですが青の光のマイナスの方がピンクのプラスよりも大きく、もしも青が多いとAi感性の点数はガクッと下がってしまいます。 歌唱中はなるべくピンクのプラスを多くして、青のマイナスは極力出さないようにするのがこの項目を攻略するポイントですね。 またこのAi感性は以下の8つの項目を見ているようです。 これらの技術を使用すると高確率でピンクのプラス方向に光が伸びていきます。 回数の多い少ないは曲や歌う人によって変わるとは思いますが、「しゃくり」「こぶし」を多く入れることでAi感性が高得点になることは覚えておきましょう。 Ai感性ボーナスの仕組みに注意! 上の画像ではAi感性には5. 388点という高い数値が出ていました。 これだけ点数の高いボーナスだと、高得点が狙いやすそうに思われるかもしれません。 確かにAi感性ボーナスが5点もらえるなら満点の100点を取るには95点を取れば良いという計算ですからね。 精密採点DX-Gで98点台を取ればボーナス点と合わせて100点になる原理と同じです。 むしろそれよりも簡単といえるでしょう。 ボーナス点の最高は3点台でしたが、Ai感性ボーナスは5点台ですからね。 ですが残念ながら Ai感性ボーナスはそこまで甘いものではなく、Ai感性ボーナスが適用される前の点数に従って、与えられるAiボーナス点が大きく変わります。 以下の表はAiボーナスが表示される前の点数と、Aiボーナスの関係をさまざまな曲で計測したものです。 138 76 4. 911 87 3. 803 86 5. 470 86 3. 746 88 1. 813 98 1. 324 一覧で見てみるとよくわかりますが、Ai感性ボーナス適用前の点数が高くなればなるほど、Ai感性ボーナスの値は低くなるようです。 実際に表の下側の曲はAi感性の点数が上側の曲よりも高いにもかかわらず、Ai感性ボーナスの点数は下がっています。 点数が上がれば上がるほどAi感性ボーナスの点数が下がることが分かりますね。 この性質上、90点や95点を取るのは精密採点DX-Gよりも容易いですが、100点を取るのは精密採点DX-Gよりも数段難しいと考えられます。 精密採点AIでのAi感性の取り方 ~おわりに~ 以上、精密採点AiでのAi感性の点数の取り方でした。 精密採点Aiからの新項目ではありますが、ある程度仕組みが分かってしまえばAi感性で高得点を取るのはそこまで難しくありません。 Ai感性ボーナスはかなり得点配分が高く、とくに80点台の点数ならば5点以上のボーナスが期待できます。 それゆえに今までは80点台がギリギリだったとしても、このAi感性でさらに点数を伸ばし、90点に届く可能性がぐっと高まりました。 普通に歌うだけでも点数が取りやすくなったので、そこは前作の精密採点DX-Gと比較して良い点ですね。 精密採点Aiについては他にもさまざまな項目があり、それについても当サイトで解説しています。 こちらも参考にしてください!.

次の

LIVE DAM Ai(DAM

ライブ ダム ai

そもそもAi感性とは? Ai感性は精密採点Aiから当たらに導入された項目で、総合得点には「Ai感性ボーナス」という項目で影響を与えます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 上の画像では5. 388点が「Ai感性ボーナス」として総合得点に加算されています。 この「Ai感性ボーナス」とその前の点数を足した点数が総合得点(上の画像では91. 573点 となります。 精密採点DX-Gを知っている人ならば「ボーナス点」が「Ai感性ボーナス」に変わったという認識で問題ありません。 これまで精密採点DX-Gでは「音程ボーナス」「表現力ボーナス」「ビブラートボーナス」の3つがありましたが、「Ai感性ボーナス」については1つしかありません。 Ai感性はどのようにして採点している? Ai感性は歌唱中に音程と同じく1画面1画面で採点しているようです。 採点をONにすると音程バーの右下にAi感性の部分が出てきます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 歌唱中画面 このAi感性は中央から右にピンクの光が、左に青の光が歌唱後に伸びていきます。 伸びるタイミングは画面で8割程度歌いきったときです。 ピンクの光は加点、青の光は減点を表しています。 なので最初の段階では0点からのスタートで、曲の中で加点も減点もしているということですね。 事実採点結果画面でもAi感性において加算、減算がされていることが分かります。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 表現力 Ai感性 上の画像では加点がかなり多く、Ai感性は91点の高得点を出しています。 ですが青の光のマイナスの方がピンクのプラスよりも大きく、もしも青が多いとAi感性の点数はガクッと下がってしまいます。 歌唱中はなるべくピンクのプラスを多くして、青のマイナスは極力出さないようにするのがこの項目を攻略するポイントですね。 またこのAi感性は以下の8つの項目を見ているようです。 これらの技術を使用すると高確率でピンクのプラス方向に光が伸びていきます。 回数の多い少ないは曲や歌う人によって変わるとは思いますが、「しゃくり」「こぶし」を多く入れることでAi感性が高得点になることは覚えておきましょう。 Ai感性ボーナスの仕組みに注意! 上の画像ではAi感性には5. 388点という高い数値が出ていました。 これだけ点数の高いボーナスだと、高得点が狙いやすそうに思われるかもしれません。 確かにAi感性ボーナスが5点もらえるなら満点の100点を取るには95点を取れば良いという計算ですからね。 精密採点DX-Gで98点台を取ればボーナス点と合わせて100点になる原理と同じです。 むしろそれよりも簡単といえるでしょう。 ボーナス点の最高は3点台でしたが、Ai感性ボーナスは5点台ですからね。 ですが残念ながら Ai感性ボーナスはそこまで甘いものではなく、Ai感性ボーナスが適用される前の点数に従って、与えられるAiボーナス点が大きく変わります。 以下の表はAiボーナスが表示される前の点数と、Aiボーナスの関係をさまざまな曲で計測したものです。 138 76 4. 911 87 3. 803 86 5. 470 86 3. 746 88 1. 813 98 1. 324 一覧で見てみるとよくわかりますが、Ai感性ボーナス適用前の点数が高くなればなるほど、Ai感性ボーナスの値は低くなるようです。 実際に表の下側の曲はAi感性の点数が上側の曲よりも高いにもかかわらず、Ai感性ボーナスの点数は下がっています。 点数が上がれば上がるほどAi感性ボーナスの点数が下がることが分かりますね。 この性質上、90点や95点を取るのは精密採点DX-Gよりも容易いですが、100点を取るのは精密採点DX-Gよりも数段難しいと考えられます。 精密採点AIでのAi感性の取り方 ~おわりに~ 以上、精密採点AiでのAi感性の点数の取り方でした。 精密採点Aiからの新項目ではありますが、ある程度仕組みが分かってしまえばAi感性で高得点を取るのはそこまで難しくありません。 Ai感性ボーナスはかなり得点配分が高く、とくに80点台の点数ならば5点以上のボーナスが期待できます。 それゆえに今までは80点台がギリギリだったとしても、このAi感性でさらに点数を伸ばし、90点に届く可能性がぐっと高まりました。 普通に歌うだけでも点数が取りやすくなったので、そこは前作の精密採点DX-Gと比較して良い点ですね。 精密採点Aiについては他にもさまざまな項目があり、それについても当サイトで解説しています。 こちらも参考にしてください!.

次の

快活CLUB|LIVE DAM Ai 快活CLUBで続々導入中♪|インフォメーション

ライブ ダム ai

例:「OK、DAM!~」、「キー上げて、DAM!」など これらの呼びかけに応えてくれる声には、声優・冨永みーな、梶裕貴、美容家兼タレント・IKKOの3名を起用。 ランキングや楽曲発売当時の出来事などを紹介します。 出典:LIVE DAMシリーズがフルモデルチェンジ 業界初の音声認識機能を搭載したフラッグシップモデル「LIVE DAM Ai」を10月1日発売() カラオケをしていると、カラオケの本体やデンモクを弄ることが多くなります。 音量の調節やマイク音量の調節、キーの上げ下げやテンポのコントロール、そして演奏停止などですね。 以前までのLIVE DAM Stadiumではわざわざカラオケ機器本体のところまで行ってボタンを押したり、デンモクからリモコンを呼び出して、そこから演奏中止ボタンを押したりと、少し手間に感じたこともあるかと思います。 この機能は、その手間を無くしてくれる機能です。 言葉で言うだけでキーの上げ下げといった設定関連だけでなく、楽曲の予約もしてくれるらしいです。 デンモク以外での設定パターンが増えるので、積極的に利用していきたいところですね。 とはいえ音声認識の精度は気になるところです。 どのくらいの声で反応してくれるのか。 ちゃんと言葉に反応してくれるのか、などを実際に試してみたいですね。 注目点2:採点にもAiを取り入れ、さらに進化! 注目の2つ目はまたもAi関連です。 取り入れているのは採点ゲームです。 以前LIVE DAMからLIVE DAM Stadiumにモデルチェンジがされたときは「精密採点DX」から「精密採点DX-G」へと採点も進化しました。 その後は「精密採点ミリオン」もリリースされていますね。 この採点ゲームの進化が今回もあるようです。 その名も「精密採点Ai」。 公式サイトでは以下のように説明されています。 さらに豪華になった演出がカラオケシーンを盛り上げます。 出典:LIVE DAMシリーズがフルモデルチェンジ 業界初の音声認識機能を搭載したフラッグシップモデル「LIVE DAM Ai」を10月1日発売() 公式サイトに採点結果の画面が掲載されているのですが、これまでの「精密採点DX-G」とはかなり変わっていることが見て取れます。 また、 気になるのは「人の感情を検出する」という部分です。 「精密採点DX-G」では表現力はアクセントなどではなく声の大小で採点していました。 今回の「精密採点Ai」では人の心を揺さぶっているかどうかをAiが判断してくれるそうです。 これまでの採点内容とは大きく変わってくるかもしれませんね。 この採点についても、LIVE DAM Aiがリリースされ次第、色々と調べてみるつもりです! 公式サイトにはそれ以外にもさまざまな採点について触れられています。 興味がある場合はぜひとも目を通してみてくださいね! 注目点3:さらに音質が向上!? DAMシリーズは元々高い音質を売りとしていた機種です。 さまざまな楽器を使用することで、限りなく原曲に近い音を再生していました。 その音質がさらにパワーアップするようです。 公式サイトでは以下のように記載されています。 アーティスト本人になったような気分でコンサート会場の臨場感が体感できます。 有名会場の音響は今後も増える予定です。 出典:LIVE DAMシリーズがフルモデルチェンジ 業界初の音声認識機能を搭載したフラッグシップモデル「LIVE DAM Ai」を10月1日発売() ライブ音源についてはLIVE DAM Stadiumでも実装されていた機能です。 ライブ映像が流れ、ライブ会場のような環境で歌うことができる非常に楽しい機能でした。 個人的にはStadiumのライブサウンドで十分すぎるほどの音質だったのですが、それをさらに進化させるとは驚きです。 果たしてどんな音質をしているのか、今から楽しみです。 もちろんドーム会場で歌ったことなどないのですが、その音を再現するとなると、今まで味わったことのない興奮を味わえるかもしれませんね! 注目点4:本人映像も数を増やして登場! DAM、JOYともに数多くのコンテンツ数を誇る本人映像カラオケ。 DAMはその部分にも改善を加えています。 公式サイトでは以下のように記載されています。 ・業界最多 *4となる約22,000曲の楽曲が本人映像に対応 歌唱ランキング上位曲を中心に、J-POPのミュージックビデオをはじめ、演歌、アニメ、アーティストのライブ映像など幅広いジャンルを網羅。 出典:LIVE DAMシリーズがフルモデルチェンジ 業界初の音声認識機能を搭載したフラッグシップモデル「LIVE DAM Ai」を10月1日発売() 一部だけ抜粋しましたが、業界最多となる2万もの曲が本人映像となるそうです。 ライブでの映像やPVの映像などが一気に増えるということですね。 カラオケで歌っていると、普通の背景よりも本人映像の方が楽しく歌えます。 そういった曲が増えることで、カラオケがより楽しくなりますね! 公式サイトには映像と楽曲について他にもさまざまな情報が掲載されています。 もし気になる場合は公式サイトをチェックですね! LIVE DAM Aiはどこで歌える? 気になる点が盛りだくさんのLIVE DAM Aiですが、 全国のビックエコーにて順次導入中です。 導入されている店舗は以下のページで分かるので、近くのビックエコーに入っていないか探してみましょう。 LIVE DAM Ai導入店舗(BIG ECHO) URL:() LIVE DAM Aiについて ~おわりに~ 以上、「LIVE DAM Ai」の注目点4つでした。 いかがだったでしょうか?採点ゲームで遊んでいる身としては、新しい採点「精密採点Ai」が気になるところです。 またAiを使用したカラオケというのも気になりますね。 最新の技術なので、どのようにカラオケを楽しませてくれるのか、今からワクワクが止まりません。 「LIVE DAM Ai」についてはビックエコーに導入され次第、実際にカラオケ店に足を運んでみる予定です。 どんな機種なのか?音質は?採点は?Aiはどんな感じ?それらを全て確認し、レビューのような記事を書く予定です。

次の