歌詞 高嶺の花子さん。 高嶺の花子さん

back number 高嶺の花子さん 歌詞

歌詞 高嶺の花子さん

「 高嶺の花子さん」は 2013年6月26日にリリースされた「back number」8枚目のシングル曲です。 今作品は7枚目シングル『青い春』から約7か月ぶりのリリースとなりました。 作詞作曲はギター&ボーカルの 清水 依与吏さん。 プロデュースはゆずやSuperflyも手掛けている 蔦谷好位置さん。 そしてMVではファッションモデルの 小谷実由さんが高嶺の花役として出演しています。 近くはない間柄でも分け隔てなく向けてくれる「 笑顔」に心を惹かれているんですね。 もっと近い関係になったら一体どんな素敵な笑顔を見せてくれるんだろう? と想像している様子が伺えます。 それでも隣で目覚める彼女を妄想してしまうんですね。 男子ならではの妄想がストレートに書かれています。 確かに 恋をすると相手のすべてが素敵に見えますよね。 「偶然と夏の魔法」で何とかゲットできないだろうか、と期待しますが、 妄想の一方で現実にも帰ってしまう。 そして「美人の隣には美男がつくものだ」と思い込み、 自分とのギャップに落ち込む僕の様子が想像できますね。 勝手に妄想の中で作り上げたモデル体型の彼氏なら、彼女が背伸びしてキスする姿も見れるし、頭を撫でる時も様になる……。 悔しくも 敗北を感じているようです。 妄想がどんどん進んでいくのが分かりますね。 そして「 夏の魔法」から「 アブラカタブラな力」へと進化しています。 呪文を使ってまでして振り向かせたい美人のようです。 そして妄想に花を咲かせすぎて、 オチまで考えてしまっていますね! 笑 妄想男子の妄想力、おそるべし…。 自分の中で妄想を繰り広げていたら、良くない展開ばかり思い浮かんでしまう少しネガティブな僕の様子が分かります。 「考えてばかりで行動に移せていない」という僕の特徴も出ていますね。 そして最後に 「なるわけないか」というオチでこの曲は締めくくられます。 まさに妄想の曲!ということですね。

次の

「高嶺の花子さん」の意味について、女方面から考えてみた。|芯、あやみとそれなりに愉快な世界たち。

歌詞 高嶺の花子さん

今回はそんな「高嶺の花子さん」の歌詞について 男性目線から考察していきます。 リリースされた時期やアルバムなども紹介するので合わせてみていきましょう! 普段何気なく聴いていた曲でも歌詞の本当の意味を知るとさらに魅力に気づくはずです! 高嶺の花子さんっていつできた曲なの? 今ではback numberの代表曲になった高嶺の花子さんですが、2013年6月に シングルでリリースされた曲です。 ジャケットには清水依与吏さんが写っていて、 ジャケットにメンバーが写るのは高嶺の花子さんが初めてだったそうですよ。 それでは「高嶺の花子さん」歌詞の意味を考察していきます。 高嶺の花子さんに込められた歌詞の意味を考察 「高嶺の花子さん」の歌詞に込められた意味について、Aメロ、Bメロ、サビのそれぞれにタイトルを付けながら見ていきましょう! 高嶺の花子さんの歌詞構成は以下のようになっています。 1番 2番 3番 Aメロ Bメロ サビ Aメロ Bメロ サビ Cメロ サビ 1番サビ 夏の魔法を使いたい 会いたいんだ今すぐその角から 飛び出してきてくれないか 夏の魔物に連れ去られ僕のもとへ 生まれた星のもとが違くたって ぐうせんと夏の魔法とやらの力で 僕のものに なるわけないか 作詞:清水依与吏 ここから1番のサビへと入っていきます。 自分は毎日会いたいと思っているのに、全く自分の所へは見向きもしてくれない彼女。 それならいっそ、 魔物が自分に味方してこっちに連れてきてくれればいいのに。 それほど彼女に惚れ込んでいるんですね。 「生まれた星のもとが違う」って少しオーバーかもしれませんが、自分と彼女は 住む世界が違うほどかけ離れていることを表現したかったのだと思います。 そんな笑顔ができるなんて君はなんて恐ろしい人なんだ 夏の魔法を使ってでもどうにかして君の笑顔を隣でみたい でも理想の彼氏に自分は敵いっこないや アブラカタブラな力で自分の彼女になってくれないかな 震えるほど本気の想いなんだけど、今は妄想するのが自分の精一杯だな 今回は夏に聴きたくなる切ない歌詞について考察してみました。 ミュージックビデオの撮影は台湾で行われており、 夏の雰囲気と街の風景がピッタリな内容になっているのでぜひ一緒にみてみてください。 ここまでお読みいただきありがとうございました。 最後に 今なら 3ヶ月間無料でAmazon Music Unlimitedが利用できるみたいです。

次の

高嶺の花子さん 歌詞「back number」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

歌詞 高嶺の花子さん

ミュージックビデオ - 「 高嶺の花子さん」 たかねのはなこさん は、の8枚目のシングル。 解説 [ ]• 7thシングル「」から約7ヶ月ぶりのリリース。 デビューシングル「」から全てのシングルで、同じデザイン・バンドロゴマークが使われていたが、今作から変更されている。 また、ジャケットには初回盤・通常盤ともにが写っている。 ジャケットにメンバーが写るのは今回が初。 シングルでは、今作が初めての2形態での発売。 初回盤は、「高嶺の花子さん」のMV、オフショット、レコーディング模様を収録したDVD付。 収録曲 [ ]• 全作詞作曲:清水依与吏、編曲:back number(特記除く)• 4thアルバム『』収録 1,3• プロデューサーは。 PVにはが出演。 PVの撮影は台湾で行われた。 バースデー• 君がドアを閉めた後• 高嶺の花子さん instrumental• バースデー instrumental• 君がドアを閉めた後 instrumental 脚注 [ ] []• RIAJ 2017年11月度.

次の