鹿児島 県下 一周 駅伝 2020 メンバー。 部活動

「名門復活へ!」 vol.2 京セラは20位・全日本実業団女子駅伝

鹿児島 県下 一周 駅伝 2020 メンバー

学校にも徐々に活気が出始めてきたように感じます。 ぜひ、ご覧ください。 コロナウイルスについての悲痛な思いが記されていました。 早く普通の日常が帰ってきてくれるといいですね。 ぜひ、ご覧ください。 久しぶりに雛人形を見た隈元さんの様子が目に浮かびます。 ぜひ、ご覧ください。 野球部は新学期が始まり、すぐに全校応援に連れて行ってくれました。 野球部の頑張る姿は学校全体に、感動と刺激を与えてくれました。 また、九州大会出場、NHK旗準優勝とう成績を残しました。 いよいよ、卒業になります。 後輩たちも先輩たちの姿を目に焼き付いているはずです。 また、野球部の頑張りに期待しています。 肝付チームの紹介が「広報かのや」の2月号に掲載されていました。 日々の努力の結果ではないでしょうか。 昨年、本校下を通過した際には生徒全員で応援に行きました。 今年も条件が合えば、応援に行きたいですね。 中原くん頑張ってください。 日頃より道場からは剣道部が活発に活動しているような声がよく聞こえてきます。 今後ますますの活躍を期待しています。 間近に迫った介護実習に向けて頑張っているところです。 たくさんのことを勉強をしてきてください。 当初はコラボ商品として、志布志のぽっぽマルシェや、やごろうの道の駅、指商デパート等で販売し、毎回完売でした。 「SNOW CAKE〜苺丸・緑茶丸〜」と命名し、パッケージから販売ブースのレイアウトまでデザイナーの久保さんのアドバイスの元、生徒主体で進めてきました。 発表会中に試食会も行い、高評価を頂きました。 今回、1月9日から11日まで3日間、「第4回 長州 山口・薩摩 鹿児島の逸品販売会」を福岡市天神の地下街で販売します。 福岡在住の先輩方、興味を持って頂けた方、ぜひ一度足をお運びください。 たくさんのご来店をお待ちしております。 高校選択を振り返り、今を精いっぱい頑張っている姿があらわれています。 卒業時に、後悔なんてあろうものかと思えるくらいの高校生活を送ってください。 先日行われた、戴灯式にて感じたことや両親に対する思いが述べられていました。 看護学科2年生は今、実習中で現場で頑張っていることと思います。 たくさん吸収して帰ってきてください。 予選で2勝し決勝良トーナメントに進出し、決勝戦ではPK戦ながらも勝利し、優勝しました。 新体制となり、日々の練習にも活気が出ていたようにも感じます。 次は年が明けてからの県の新人戦です。 新人戦に向けて、部員全員で頑張ってほしいものです。 お茶パウダーを提供してくださる和香園の社長で本校特進科のOBでもある堀口大輔社長も一緒に参加して頂きました。 用意していた120個の商品もすべて完売でした。 ぜひ、次回の出店の際もみなさまのお越しをお待ちしております。 また、高橋君は、別のコンペでもある、「住宅設計コンペティション」においても、奨励賞を受賞しました。 放課後に学校に残り、一生懸命取り組む姿を見ていましたが、これが成果として表れたのではないでしょうか。 本日の全体集合で、表彰があり、建設工業科3年生を筆頭に、同志を讃える拍手喝采でした。 このようなクラスの雰囲気が朝から温かく感じました。 3年生の大迫さん、深川さんにとっては、最後の指商デパートでした。 次は、お客さんとして行くのでしょうか!? みんな良い笑顔で接客をしていたようにも感じます。 このような経験がメンバーの将来に役立っていきそうですね。 その活動の中のひとつに「ペットボトルキャップ回収」があります。 その活動が評価され、感謝状を頂きました。 普段なかなか関わることのない生徒のために、本日の全体集合時にペットボトルキャップがワクチンに変わるまでの流れを、三原先生に紹介して頂きました。 みんなが普段、何気なく捨てているキャップが世界の子どもたちのために変わると考えると、これかの生徒たちの意識も変わってくるかも知れませんね。 【本校のインターアクト部の活動を少しだけ紹介します。 】 生徒たちが飲んだペットボトルのキャップを学校のごみステーションより回収し、インターアクト部の生徒たちが、汚れたキャップを歯ブラシで汚れを落とし、袋詰めします。 そのキャップを「イオン 都城店」へ持って行き、その場で計量し、係の人から、重量とポリオワクチンが何人分になったかを伝えてもらい、感謝状貰います。 この後イオンは、集まったキャップを引き取り業者へ渡し、引き取り業者はイオンに資金を渡し、その資金をユニセフへ送ります。 ユニセフはアメリカのニューヨークに本部があります。 ユニセフはその資金をもとに、ポリオを撲滅するためのワクチンを作ります。 できたワクチンを航空便で発展途上国へ送り、最終的に子供たちがワクチンを接種します。 ポリオをはとても恐ろしい病気で、世界で5000人近くの幼い子供たちが亡くなっています。 もしワクチンがあれば助かる命です。 本校のインターアクトクラブでは、二酸化炭素の削減、世界の子供たちワクチンを届ける、などのリサイクル活動を学ぶことを目的として、平成21年より活動してきました。 現在イオンへ持っていった重量が1,181キログラムで、ポリオワクチンに換算すると、293. 8人分達成することができました。 約293人の子供の命を救うことができました。 平成21年から学校では、約50万本のペットボトルが消費されました。 年間では約45,000本余りのペットボトルが飲まれています。 これからもキャップを回収して、ワクチンに変える運動を続けていきます。 また、個人戦では、普通科1年柿元仁成くんが優勝しました。 本日、全体集合の時間を使って、剣道部と他の部活動を含めた、表彰式を行いました。 日頃の練習の成果が着実に実を結んでいるようですね。 実際の清掃活動の様子と、保存会のメンバーの方から蒸気機関車の変遷についてお話もして頂きました。 ぜひ、ご覧ください。 夏休みに入り、午後からは毎日のように演奏する生徒たちの姿があり、本番では、笑いあり、涙ありの演奏会だったようにも感じました。 3年生は残すところ、体育大会のみの演奏となりました。 最後まで精一杯演奏しますので、応援お願いします。 今回はデザイン関係の仕事をされている久保さんを講師としてお招きし、スライドを使いながら、説明して頂きました。 これからの商業クラブにとって有益なものとなったのではないでしょうか。 ぜひ、ご覧ください。 また、個別の特集として、3年建設工業科の福重君の記事もありました。 いよいよ、夏の甲子園、鹿児島県予選が始まります。 ぜひ、ご覧ください。 鹿児島県代表として活躍してくれることを期待しています。 高校総体で表彰を行っておりませんでしたので、サッカー部の地区大会優勝の表彰式も合わせて行いました。 高校総体では悔しい結果に終わりましたが、最後の選手権に向けて、精一杯励んでほしいものです。 決勝の相手はは鹿児島城西高校でした。 閉会式では、長元主将(建3)が準優勝の賞状を受け取り、ひとりずつメダルを受け取りましたが、悔しい表情でした。 この悔しさをバネに、最後の夏の大会では悔いなく戦い、尚志館を甲子園に連れて行ってもらいたいです。 今回のこの大会でもやはり、生徒の刺激になったことと思います。 今後の全生徒の活躍を期待しています。 野球部のみなさん、お疲れ様でした。 決勝をかけた対決は樟南高校でした。 決勝の相手は鹿児島城西高校。 もちろん、明日も全校応援で球場に駆けつけます。 がんばれ!野球部!! 全校応援の詳細についてはをご覧ください。 なかなか、対戦する機会のない相手に刺激を受けていたようです。 ぜひ、ご覧ください。 鹿児島県開催ということもあり、全校で野球部応援しました。 しかし、必死に戦っている姿は、生徒とって強く印象に残ったのではないでしょうか。 前回のつつじ祭り同様、200個の販売となりましたが、開始後3時間程度で完売しました。 生徒たちも接客に慣れ始めたのか、楽しそうな表情でコラボ商品を販売していました。 一時は逆転し、このまま波に乗るかと思いましたが、中盤に神村学園の猛攻に遭い、終盤に大量リードされながらも、本塁打を含め、最後まで神村学園に引けを取らない攻撃を見せてくれました。 今回は応援も吹奏楽部と生徒会役員と限られたメンバーでの応援でしたが、熱い戦いに感動していた姿が見られました。 次回の九州大会では、県大会以上の試合を見せてくれるでしょう。 応援よろしくお願いします。 九州大会を懸けた、れいめい戦に2、3年全員で応援に駆けつけました。 次回は4月4日の準決勝、神村学園と対戦します。 応援をよろしくお願いします。 前回の志布志ぽっぽマルシェでは想像以上の売れ行きで、今回は倍の200個の販売となりましたが、開始後2時間もしないうちに完売しました。 生徒もお客さんと触れ合いながら、楽しそうに販売していました。 次回は4月7日(日)志布志ぽっぽマルシェにて9:00より、JR志布志駅前広場にて商業クラブの生徒が販売します。 たくさんのご来場をお待ちしております。 雨の中で走りにくい環境ではあったかもしれませんが、懸命に走っている様子でした。 その姿がきっと、仲間の生徒にも伝わったことでしょう。 100個の限定販売でしたが、開始2時間半ほどで完売しました。 また、次回も商業クラブを中心に参加していきたいと思います。 ご来場、ご購入して頂いた方々、ありがとうございました。 決勝戦も厳しい戦いになりましたが、優勝を手にすることができました。 これからもチーム一丸となりがんばります。 さらに、曽於市大隅町岩川にある「パティスリー クレール」との共同開発で、志布志市の苺とお茶を使った 苺ケーキと緑茶ケーキの販売を行いました。 初めての販売活動で、生徒たちにとって貴重な経験となりました。 12月2日に志布志駅で実施される志布志ぽっぽマルシェでも、苺ケーキと緑茶ケーキの販売を行う予定です。 jp Copyright c 2013 Shoshikan High School. All Rights Reserved.

次の

鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会

鹿児島 県下 一周 駅伝 2020 メンバー

県内12地区の女性ランナーが、早春の霧島路を駆け抜ける「地区対抗女子駅伝競走大会」の第30回記念大会が1月29日に行われ、肝属チームが大会新記録で優勝しました。 冷たい雨が降るなか行われたレースは、午前10時に霧島市の隼人運動場をスタート。 6区間、21.0975キロで争われました。 1区で快走を見せたのは日置。 神村学園のケニアからの留学生カマウ・タビタ選手が、区間記録タイとなる12分38秒でタスキをつなぎます。 続く2区では、 日置、姶良、肝属、鹿児島の激しい先頭争いが繰り広げられました。 この写真のあと、2区中間点を過ぎる所では、日置・肝属・姶良が横一線、そのすぐ後ろに鹿児島がつくという、近年まれにみる激戦。 1号移動車の解説を務めて下さった第一生命グループ女子陸上競技部の満枝まどか選手も「すごい展開、選手同士の意地のぶつかり合いですね。 」とコメント。 そんな中、2区を制したのは17年ぶりの優勝を狙う姶良でした。 しかし、3区の中学生区間では、2位・肝属の原田まりん選手が快走をみせます。 解説の満枝さんが「すごいダイナミックな走りで、見ていて気持ちが良いですね。 日本人とは思えないくらい、素晴らしい走りだと思います。 」とコメントした原田選手は、これまでの記録を7秒縮める9分31秒の区間新記録の走りをみせ、去年連覇を狙いながらも7位に低迷した肝属をトップに押し上げます。 未来の長距離ランナーが活躍を見せるなか、一般選手も力強い走りを見せた今大会。 熊毛チームでは、47歳で初出走となった野竹選手もふるさとのタスキをつなぎました。 レースは最終6区。 独走状態の肝属でしたが、地元・姶良の戸田選手が驚異の追い上げを見せます。

次の

県下一周駅伝曽於チーム〜復活への道〜

鹿児島 県下 一周 駅伝 2020 メンバー

今年もいよいよ駅伝シーズンが到来! 新春の駅伝といえば「全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」ですよね! 全国男子駅伝の最大の特徴は、1、4、5区を「高校生」、2、6区を「中学生」、3、7区を「社会人・大学生」が走る、世代を超えた、たすきリレーだということ! 中高生にとって、オリンピックなど世界で活躍するトップアスリートである郷土の先輩とチームを組み、間近に接する機会はそうそうないですよね? 都道府県対抗駅伝で憧れの選手と接したことでその後の陸上人生が大きく変わっていく・・ 中高生にとっては陸上人生のターニングポイントに また、大学生や実業団選手にとっては自分を育ててくれたふるさとへの恩返しにもなる都道府県駅伝。 今回は、全国都道府県対抗男子駅伝競走大会【鹿児島県】のメンバーについてご紹介していきます。 もくじ• 一般(実業団・大学)の選手は? 【都道府県駅伝男子駅伝2020】鹿児島県選手団のメンバー! 一般(実業団・大学)の選手は3名です。 — さいとうあやみ amikoron1130 名古屋大学大学院を卒業後から市民ランナーとして鹿児島で走り続け、「最強の市民ランナー」と言われる36歳。 1万m 28分43秒29 最速の市民ランナーは彼だろうなぁ。 フルタイムで働き、35歳にして自己ベスト。 決して目立つこともなく、コツコツ競技を続けるところがすごいです。 もうとっくに追いつけなくなっちゃった。 鹿児島城西高校、第一工業大学卒業。 【都道府県駅伝男子駅伝2020】鹿児島県選手団のメンバー! 高校生の選手は? 【都道府県駅伝男子駅伝2020】鹿児島県選手団のメンバー! 高校生の選手は4名です。 78 🥈須山向陽 鹿児島城西 8:47. 08 🥉内山峻一 出水中央 8:47. 23 — 陸トピ rikutopi 鹿児島城西高校 2年生 鹿屋市立田崎中学校出身 【都道府県駅伝男子駅伝2020】鹿児島県選手団のメンバー! 中学生の選手は? 【都道府県駅伝男子駅伝2020】鹿児島県選手団のメンバー! 中学生の選手は3名です。 清藤 悠里 15 和田中 鹿児島市立和田中学校 3年生 市森 歩望 15 出水中 出水市立出水中学校 3年生 玉目 陸 14 出水中 男子3000m A組 玉目 陸くん 出水中2 9:11. まとめ 【都道府県駅伝男子駅伝2020】鹿児島県選手団のメンバーをご紹介しました。 前回の全国男子駅伝、鹿児島県の順位は【6位】 前回は旭化成の市田兄弟の双子の弟さん、市田宏選手が鹿児島県のアンカーを務めました。 ニューイヤー駅伝で旭化成の三連覇も記憶に新しい令和2年、 全国男子駅伝でも強い鹿児島県の走りを見せてほしいですね! 天皇杯全国男子駅伝は1月19日午後0時30分〜NHK総合で生中継されます。 令和初の全国男子駅伝、どんなドラマが生まれるでしょうか?.

次の