マスク 洗う 方法。 布マスクの汚れの落とし方は?3つの洗濯方法を解説

布マスクの汚れの落とし方は?3つの洗濯方法を解説

マスク 洗う 方法

・塩素系漂白剤を使った洗い方• 台所用手袋をはめる。 桶に塩素系漂白剤を入れる。 水1Lに対して15mlくらいが目安。 桶の中にマスクを入れて10分ひたす。 10分経ったら、飛び散らないようにゆっくり、桶の中の水を流す。 桶に水道水をためて、マスクの漂白剤をすすぐ。 漂白剤がしっかり落ちるように、もう1回水道水をためて、マスクをすすぐ。 洗い終わったら、タオルに挟んでたたいて水気を取る。 乾かし方は、乾燥機を使わずに、 陰干しで自然に乾燥させることが推奨されています。 形を整えた後、洗濯ばさみで挟んで乾かしてください。 ちなみに、マスクは洗濯によって縮むことがありますが、品質に影響はないということです。 布マスクを洗う頻度は? 厚生労働省と経済産業省は、布製マスクを使うには、 1日1回洗うことを勧めています。 口元に触れるものなので、布マスクを洗う頻度を守って、清潔に保ちたいものです。 ただし、汚れたら、その都度洗うようにしてくださいね。 ちなみに、洗濯する際は、複数のマスクを一緒に洗わずに、必ず、1枚ずつ手洗いするようにしてください。 布マスクの洗濯は洗濯機ではなく手洗いがおすすめ 布マスクは、毎日洗う必要があるので、少し面倒ですよね。 そのため、洗濯機でそのまま洗っているという方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、布マスクを洗うには、衣類と一緒に洗濯機に入れるのではく、 1枚1枚手洗いすることをおすすめします。 そうすることによって、生地の劣化や型崩れなどを防ぎ、より長く使うことができますよ! 布マスクの洗い方を動画でおさらい 先ほどご紹介した布マスクの洗い方に関する動画はこちら。 とてもわかりやすいので、ぜひ一度ご覧ください。

次の

布マスクはどのくらいの頻度で洗うべき? 安全な取り扱い方を解説

マスク 洗う 方法

使い捨ての不織布マスクの洗い方 用意するものをご紹介します。 液体の中性洗剤 中性洗剤ってよく聞くけど、いったい何? と思われている方も多いと思います。 中性洗剤とはその名の通り、酸性でもアルカリ性でもなくその中間、つまり両者の良いところを持つ洗剤のことです。 その良いところというのが、手肌や素材を傷めることなく汚れを落とせることなんです。 繰り返し使いたい不織布マスクを洗うのにもってこいなんですね! 洗濯で衣服の素材をダメージから守るときに使う身近な洗剤ですから、普段からご家庭でお持ちではないでしょうか。 「」や「」といったおしゃれ着洗剤が中性洗剤として有名ですね。 食器用の中性洗剤では、「」や「」が代表的です。 塩素系漂白剤 ほかの漂白剤とどう違うのか疑問に思われるかもしれません。 塩素系漂白剤の特徴は、非常に強い洗浄力と殺菌力です。 用意するものの一つ目でご紹介した中性洗剤は、実は洗浄力がそこまで高くありません。 表面についたほこり汚れや皮脂汚れを落とすために中性洗剤を用いますが、 それだけではウイルスは死にませんので、塩素系漂白剤も併せて使うことをおすすめします。 商品名では「」が有名ですね。 ジップロックなどのチャック付ポリ袋 これがあるととっても便利です! 洗剤と漂白剤でマスクを手洗いするときは、します。 洗面器やバケツで洗うと、その後に使用するときウイルスが残っていないか心配ですが ジップロックを使えば、一度使って捨ててしまえます! また、 密閉して洗うことが出来るので飛沫が飛び散らずに衛生的です! では、実際の洗い方を見ていきましょう。 使い捨ての不織布マスク洗浄方法 不織布マスクの洗い方は以下の通りです。 液体の中性洗剤を用意する• 使用量の目安にしたがって水に溶かし、マスクを10分ひたす• 水道水ですすぎ、マスクの水気をきる• 塩素系漂白剤を用意する• 塩素系漂白剤15mlを水1Lに溶かして、マスクを10分ひたす• 水道水でよくすすぐ• 清潔なタオルに挟んで水分を吸いとる• 形を整えて、風通しのいい場所で陰干しする 最初に中性洗剤で大まかな汚れを取り除き、 その後、塩素系漂白剤で消毒・殺菌する流れですね。 強くこすると不織布の繊維が傷んでしまうので、やさしく押し洗いするようにいてください。 スポンサードリンク 使い捨てマスクは何回まで洗って大丈夫? 頑張って手洗いした不織布マスク、何回まで洗って使えるのか気になりますよね。 花王の公式情報によれば、なんと10回くらいは洗っても大丈夫なんだそうです。 手洗いで丁寧に洗えば繰り返し使えるなんて助かりますね。 不織布マスクは洗濯して使い回せる!! 洗濯のポイントは「手洗いで優しく洗う」こと。 洗剤は除菌作用のあるものを使うのがおすすめ。 洗濯後は、つるして乾燥させれば10回は使えるようです。 あのアベノマスクでも有効。 不織布マスクの繊維が壊れて浸水してきてしまうとのこと。 不職布のマスク10回は洗って使えるっていう記事を読みましたけど、自分の実験結果的には7回目の手洗いで浸水の恐怖を感じるマスクになったので、人それぞれですね、と思います。 あと、接客業であまりにしわしわなマスクはお客様から見て嫌だろうなーと思うので考えちゃいます。 手洗いは面倒で、 正直続かなそう…と思ってしまいますよね。 熱湯・煮沸 殺菌・消毒と聞いてまずイメージするのは、熱湯をかける 熱湯消毒と、沸騰したお湯で煮る 煮沸(しゃふつ)消毒です。 熱湯消毒はお湯をかけるだけですから、ポットでお湯を沸かしてしまえば簡単にできそうですよね。 ただ、滅菌・殺菌を目的とした場合、お湯をかけるだけだとちょっと心もとないです。 そんな時は煮沸消毒の方が効果が上がります。 煮沸の仕方は簡単です。 手順は以下の通り。 鍋にお湯を沸かす• 沸騰したらマスクを入れる• 中火で10分煮る• マスクを取り出し、清潔なタオルで水分を吸う• 形を整えて、風通しのいい場所で陰干しする を入れるとさらに効果的で、 マスクの臭いや黄ばみを落とすことができます! 重曹を使うときは、必ず水から入れましょう。 分量は、1Lの水に対して大さじ一杯が目安です。 アルコールスプレー 現在ではなかなか手に入りにくいかもしれませんが、家にがある場合はとても簡単にマスクの除菌ができます。 このときのポイントは2つあります。 一つ目は表と裏の両側にシュッシュッと吹きかけることと、 二つ目はしっかり乾かしてから使用することです。 マスクを使用する前の晩に、シュッシュッとしておくと楽ちんですね! 3. ハイター漬け置き 15mlを1Lの水に溶かしてマスクを入れて、10分浸します。 衣類の洗濯用や、キッチン用、お風呂の洗浄用など色々とありますが、身につけるものですので衣類用を使うと良いです。 15mlは、付属のカップの半分より少し多めくらいの分量。 漬け置き後、よく洗い流して陰干しします。 まとめ 今回は使い捨ての不織布マスクを洗って再利用する方法についてご紹介しました。 色々とご紹介しましたが、これらの方法はあくまで不織布マスクが入手困難な緊急時のみにしましょう。 使い捨てマスクの原則は、一度使用したら捨てる、です。 不織布マスクの繊維は洗うと傷ついてしまい、 機能はどうしても低下してしまいます。 けれども新型コロナウイルスは感染しても自覚症状がないと言われていますから、 咳エチケットとしてマスクを使うことは有効です。 また、口元を乾燥から守ることで予防や免疫力を上げる効果が期待できます。 手持ちのマスクの数を心配するよりも、マスクを手洗いして、この困難を乗り越えていきましょうね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事を読んだ人にはコチラの記事も人気です• 最近の投稿• 2020-06-28• 2020-06-27• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-23• 2020-06-20• 2020-06-19• 人気記事ランキング TOP10• アーカイブ• カテゴリー• 181•

次の

「布マスクの正しい洗い方」をマスター!夏に向け正しい洗濯&保管法

マスク 洗う 方法

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、世界中で感染予防に必要なマスク不足が深刻な問題になっている今、どうしてもマスクが手に入らない 非常時に、 一時的に洗って使い回す(再利用する)方も多くいるのでは? とはいえ、 ファンデーションや 口紅、 リップの汚れが残ったマスクは正直使いたくない!ですよね~? そんなお悩みに、 「どこの家庭にもあるもの」を使ってメイク汚れも 「簡単に」落とす方法があるんです! (あくまで個人の体験談です。 マスクの再利用をすすめるものではありません。 ご参考までにご利用ください。 ) 他にも使い捨てマスクの再利用などについて記事を書いています。 よろしければどうぞ。 デリケートな素材のため、いくつかの注意点があるので知っておきましょう。 こすり洗いするとかなり使い心地の悪いマスクになる 繊維が薄いので、こすり洗い(もみ洗い)してしまうと、繊維が傷ついて、 「効果が激減」してしまうんです。 また、ちょっとこすり洗いしただけで、乾いた後にマスクの表面にうっすら繊維が浮き出し見た目も悪くなったり。 さらに困ったことに、マスクの内側に浮き出した細い繊維が、マスクをした際に 鼻や口の周りに触れ、マスクの中がとっても かゆくなり最悪です。 こうなってしまうと、非常に 着け心地が悪いので 要注意! 洗う場合は必ず「 扱いは優しく」「 ソフトタッチ」で洗うことを心がけましょう。 再利用の回数は「1回」でやめよう そして、再利用の回数は 「1回」が前提です。 3回以上の使用は、 感染予防できる効果が薄くなりますので、再利用はやめて潔くゴミ箱に捨てましょう。 使い捨てマスクを洗う前に準備するものと洗剤の選び方 時短のために、ドライヤーで乾かしたくなりますが、 自然乾燥の方が、 繊維を傷つけないためおすすめです。 自然乾燥をしても翌朝にはしっかり乾いていますので、よっぽどの理由がない限りは、洗ったマスクを干して洗濯終了です。 春は 花粉が飛んでいる季節でもありますので、 室内干しが無難です。 使い捨てマスクの「化粧汚れ」がどうしても落ちない場合 ファンデーションや口紅の種類によって、洗濯用洗剤だけでは メイク汚れがどうしても落ちない場合もあります。 そういったしつこいメイク汚れの場合は、 オイル・リキッドタイプのメイク落とし+中性洗剤 の 「ダブル洗浄」が効果を発揮するんです。 ただし、先ほどよりも 手間と時間がかかります。 が、かなり落ちますので、時間があれが おすすめの洗い方です。 「メイク落とし」を汚れに「直接」つけて汚れを浮かせる.

次の