三井住友カード ゴールド 審査。 三井住友VISAカードの審査時間はどれくらい?結果の確認方法は?

三井住友カードのWeb申込からカード発行までの流れ

三井住友カード ゴールド 審査

初めてクレジットカードを利用する方、もしくはすでにクレジットカードを持っている方でも、いつかはゴールドカードを手にしてみたいと思うものではないでしょうか。 ゴールドカードの魅力 ・空港ラウンジなどハイステータスな特典が利用できる ・スタンダードカードより多くの特典が利用できる ・スタンダードカードより優先されるサービスが多く、優越感を得られる ・保険や補償の金額が高く、より安心感がある 上記のような機能面も魅力ですが、ゴールドカードは単に「持っているだけでもカッコいい」ものなので、誰しもがあこがれる存在です。 ゴールドカードもいろいろありますが、おすすめなのが三井住友カード ゴールドです。 三井住友カード ゴールドがおすすめできる理由 ・Visaカードを日本で最初に発行したのが三井住友カード。 信頼できるカード会社である。 ・旅行保険などの付帯サービスが充実している 三井住友カード ゴールド(旧三井住友ゴールドカード)は三井住友カードのプロパーカード。 さらに上位のプラチナカードを狙える可能性も。 三井住友カード ゴールドは国内で発行されているゴールドカードの中でも最も信頼性が高く、ステータスの高いクレジットカードです。 カードデザインは男性でも女性でも違和感なく持てるデザイン。 金色のカードフェイスは三井住友カードのゴールドカードとしてのステータスを感じさせるのにも十分です。 海外の人が見ても「カッコいい!」と思うのではないでしょうか。 もちろん付帯している特典もゴールドカードとして十分満足できる内容です。 VisaまたはMasterCardがついているので、世界中で利用しやすいカードというのも魅力です。 しかし、一般的にゴールドカードは年会費が高めです。 「高い年会費を払ってまでゴールドカードにこだわる必要があるのか・・・」と思う方も多いでしょう。 他にもっと高額な年会費のゴールドカードもあるので、決して「高い!」というほどではありませんが、一般のクレジットカードが年会費無料のものも多いというのを踏まえると、決して安くはありません。 しかも、その方法は意外と簡単です。 WEB明細書とは 紙の明細書ではなく、パソコンや携帯電話で明細を確認するというものです。 現在この方法は主流ともいえますので、クレジットカードを利用している方であればすでに利用している方も多いでしょう。 WEB明細書であれば、パソコンで明細をファイルとして保存でき、管理もしやすいといったメリットがあります。 このWEB明細書の利用を申し込むことによって翌年度の年会費が1,000円割引になります。 マイ・ペイすリボとは ゴールドカードの場合のマイ・ペイすリボは「1万円以上1万円単位で毎月の支払額を利用者が決めることができる」というものです。 マイ・ペイすリボはいわゆる「リボ払い」で、一括払いをしないという前提のものです。 マイ・ペイすリボの利用を申し込むことによって翌年度の年会費が半額になります。 「利息の負担がかかるから、リボ払いにはしたくない」という方も多いかもしれません。 しかし、マイ・ペイすリボは設定によっては一括払いにできる方法があります。 マイ・ペイすリボで一括払いにする方法 利用枠=マイ・ペイすリボ支払い上限に設定する この方法で、マイ・ペイすリボを一括払いにすることができます。 例えば利用枠が100万円ということなら、マイ・ペイすリボ支払い上限も100万円に設定します。 こうすることによって、10万円利用しても、20万円利用しても自動的に一括で支払われるようになります。 WEB明細書は便利なサービスですし、マイ・ペイすリボコースも実質一括払いやリボ払いなど利用者が選択できる内容です。 「年会費が安い=審査も甘い」と考えてしまうかもしれませんが、残念ながらそういったことではありません。 30歳以上という入会資格から、「年齢が高い=年収が高い、それなりに勤続年数がある」。 ある程度はそういう意味に捉えてよいでしょう。 年収や勤続年数などの条件は明確にしていませんが、年収500万円以上、勤続年数5年以上が審査クリアの理想といえるかもしれません。 また利用枠は最低で50万円と高額です。 一般的に新規でクレジットカードに申し込んでいきなり50万円の利用枠が与えられるのは、それなりに属性の高い方でしょう。 他のカードでも利用枠を「個別の設定」としているものは多いですが、50万円以下になるケースは十分に考えられます。 そういったことから、三井住友カード ゴールドの審査基準が厳しいということが推測できるのです。 三井住友カード ゴールドを手にする最も確実な方法 三井住友カード ゴールドは他のゴールドカードと比較して優れた点が多いですが、審査のハードルが高そうなのがネックです。 そこで、より確実に三井住友カード ゴールドを手にすることができる方法を説明します。 ちょっと話が逸れますが、有名一流大学などで、幼稚園から大学までエスカレーター式に進学できる場合があります。 三井住友カードはそういった方法で、ゴールドカードなどにランクアップできるのです。 三井住友カード デビュープラスは18歳〜25歳限定のクレジットカードです。 親権者の同意が必要ですが、未成年でも利用ができます。 若い年齢が対象のいわゆるスタンダードのクレジットカードでです。 「初めてクレジットカードを利用する」という方でも十分審査通過できる可能性があり、年齢条件さえ合えば多くの方が実際に利用できるでしょう。 三井住友カード デビュープラスは利用条件が25歳までですが、26歳以降最初のカード更新時になると自動的に「三井住友カード プライムゴールド」にランクアップします。 三井住友カード プライムゴールドは20歳〜29歳限定のクレジットカードです。 「プライム」ゴールドカードということで、ゴールドカードと何が違うかというと、年会費が安い(WEB明細書+マイ・ペイすリボコース利用で1,500円+税)ということ。 それ以外の特典内容などはほぼゴールドカードと同じ。 空港ラウンジの利用や付帯保険などの条件も同等です。 しいて欠点を上げるとすると、29歳までしか利用できないという点です。 ここまでの流れでだいたい予想がつくかもしれませんが、三井住友カード プライムゴールドを利用していて30歳になれば、最初のカード更新時に自動的にゴールドカードにランクアップします。 そういった注意点はどのクレジットカード利用においても同様なので、特別なことではありません。 もし、18歳〜25歳でクレジットカードを検討している方であれば、将来的にステータスの高い三井住友カード ゴールドをゲットするという意味でも三井住友カード デビュープラスがおすすめです。 三井住友カードが扱う最高ランクのクレジットカードが「三井住友カード プラチナ」です。 国内発行のクレジットカード全体でも最高ランクと言ってもいいでしょう。 残念ながら三井住友カード プラチナは三井住友カード ゴールドを利用していたとしても自動的にランクアップするというものではありません。 しかし最高ランクである三井住友カード プラチナに新規で申し込みをして審査に通過するかというと、その厳しさは三井住友カード ゴールドの比ではありません。 多くの方が簡単に審査を通過してしまったら「プラチナ」の価値が下がってしまうでしょう。 三井住友カード プラチナの審査を通過できる最も可能性が高い方法が三井住友カード ゴールドで利用実績を積んで、ランクアップの申請をするという方法です。 つまり、今、若い方が比較的気軽に作れる三井住友カード デビュープラスに申し込むことで、エスカレーター式に三井住友カード ゴールドを持つことでき、最終的には三井住友カード プラチナまでたどり着ける可能性があるということです。 クレジットカードのスタンダードカードは種類も多く、それぞれに個性があり特長が異なります。 年会費も安いので比較的気軽に作れてしまいますが、「将来的にランクアップできるかどうか」というのものクレジットカード選びの際のポイントにしてみるのも良いかもしれません。

次の

三井住友カードゴールドの審査は甘くない

三井住友カード ゴールド 審査

ところが、近年は、入会基準を従来のヤングゴールドカードの基準、すなわち対象年齢を25歳や20歳以上に引き下げ、年収基準を明記しないゴールドカードが増えています。 それでは、年齢階層別の平均収入はどのくらいなのでしょうか。 国税庁が公表する平成28年の「」の統計によると、 20〜24歳の平均年収は258万円(男性275万円、女性241万円) 25〜29歳の平均年収は351万円(男性383万円、女性309万円) 30〜34歳の平均年収は403万円(男性457万円、女性315万円) 35〜39歳の平均年収は433万円(男性512万円、女性300万円) 40〜44歳の平均年収は460万円(男性563万円、女性302万円) 45〜49歳の平均年収は494万円(男性633万円、女性299万円) となっています。 こうしてみると、そもそも「満30歳以上、年収500万円以上」という入会基準も、35〜39歳男性の平均年収程度にすぎないことが分かります。 さて、ゴールドカードの利用枠ですが、2017年11月現在、三井住友カード ゴールドならびに三井住友カード プライムゴールドは「50万〜200万円」(新規入会時)、JCBゴールドは「50万〜300万円」と明記されており、いずれのカードも与信枠にかなりの幅をもたせています。 これは、 年収があまり高くない方でも「ゴールド会員として受け入れますよ」という カード会社からのメッセージであると見て取れます。 近年の空港ラウンジサービス拡大競争にみられるように、ゴールド会員向けサービスを充実させていくためにも、ゴールド会員数を伸ばし、 ゴールドカード年会費による収入拡大を図りたいというカード会社の思惑があるようです。 この端的な例がJCBカードです。 株式会社ジェーシービーは、2003年4月、同社のヤングゴールドカード「JCBネクサス」の新規会員募集を停止し、2003年5月より、「JCBゴールド」の入会申込資格を旧来の「年齢30歳以上、年収500万円以上で、勤続年数5年以上」から、旧「ネクサス」の基準である「年齢20歳以上で安定継続収入のある方」に落としています。 その方が、業務合理化が進むと同時に、20代のヤングエグゼクティブからも通常のゴールド年会費収入が得られるというわけです。 このように、ゴールド会員数を伸ばしたいというカード発行会社の戦略上、現在、ゴールドカードの入会審査基準は明らかに低くなっています。 ただし、実際の審査では、年収以上に重要視される、以下のポイントがあります。 1.勤続年数(安定収入) まず、 年収よりも、 勤続年数(安定収入の有無)が重要視されます。 勤務年数1年未満の方が、ゴールドカードの入会審査にパスすることは、以下のケース除き、まず不可能です。 年会費2,000円クラスの格安ゴールドカード(、、など):審査基準は一般カードと同程度。 「見込み年収200万円以上ローン残高なし」の新社会人の方であれば、勤続年数1年未満であっても、審査通過の可能はかなり高いです。 銀行系ヤングゴールドカード(や、など):審査基準は一般カードよりもやや高めですが、信用ある大手企業に入社した新社会人や新卒公務員の方ならば、勤続年数1年未満であっても、審査通過の可能性は十分にあります。 銀行系ゴールドカード:「勤続年数(自営の場合は営業年数)5年以上、年収500万円以上」が目安。 ただし、外資系であるやの場合、年収400万円以上の安定収入が見込める方ならば、勤続年数5年未満であっても、審査通過は十分可能なようです。 2.クレジットヒストリー クレジットカードを利用すると、支払開始後の「利用残高」(多いのは不利)、「返済状況」(債務支払い延滞の有無)、「入金状況(過去24カ月分)」などの 「クレジットヒストリー」が、クレジットカード会社から 株 シー・アイ・シー(クレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関)に提出され、記録されます。 「クレジットヒストリー」は、クレジットカードの入会審査の際に、必ず参照される重要な項目となっています。 債務残高が多い、 債務支払いの延滞がある、過去24カ月の入金状況に問題がある、 過去6カ月以内のカード申込が多数、といったクレジットヒストリーがある場合は、 かなり致命的なマイナス要因になります。 逆に、クレジットカードを支払いを滞ることなく、毎月コンスタントに使い続けることで積み上げられた、 優良なクレジットヒストリーは、クレジットカード入会審査ならびに「更新判定」において有利に働きます。 とくに、クレジットカード発行元には、会員のカード利用明細や支払い状況の詳細が記録として残ります。 一般カードの場合、新規入会時の与信枠は20〜30万円ですが、優良なクレジットヒストリーを積んでいくと、その会員の年収や利用状況(金額や毎月の返済額)に応じて、通常1年後には、与信枠はアップし始めます。 順調にいけば、5年も経てば、与信枠100万円超にまでアップします。 与信枠100万円超となると、すでにゴールドカードの与信枠に相当します。 新規入会審査では厳しい銀行系ゴールドカード(三井住友カードやDCカードなど)であっても、それだけの与信枠を設定しているカード会員がゴールドカードへの切り替え(ランクアップ)を申請する場合ならば、年収400万円もあれば、ほぼ確実に審査通過すると思われます。 ただし、他社借入ローン残高がある場合は難しくなりますが。 3.年収と利用可能枠 「年収」は、あくまでも自己申告であり、クレジットカード会社にとっては、裏付けを取ることが困難な属性です。 とはいっても、クレジットカード会社は、申込人の「年齢」、「勤務先の事業規模」、「勤続年数」および「勤務形態」などから、大体の年収を推定することができます。 したがって、申告年収が低い場合、ゴールドカードへの新規入会がかなったとしても、新規入会時のカード利用可能枠は、当然低く設定されます。 新規入会したゴールドカードの与信枠が、長年つきあってきた一般カードの与信枠よりも小さいということも当然起こります。 年収300万円未満の方で、ゴールドカードを持ちたい!という方は、をご覧ください。

次の

【年会費も格安】20代なら超お得に「三井住友カード プライムゴールド」が持てますよ

三井住友カード ゴールド 審査

初めてクレジットカードを利用する方、もしくはすでにクレジットカードを持っている方でも、いつかはゴールドカードを手にしてみたいと思うものではないでしょうか。 ゴールドカードの魅力 ・空港ラウンジなどハイステータスな特典が利用できる ・スタンダードカードより多くの特典が利用できる ・スタンダードカードより優先されるサービスが多く、優越感を得られる ・保険や補償の金額が高く、より安心感がある 上記のような機能面も魅力ですが、ゴールドカードは単に「持っているだけでもカッコいい」ものなので、誰しもがあこがれる存在です。 ゴールドカードもいろいろありますが、おすすめなのが三井住友カード ゴールドです。 三井住友カード ゴールドがおすすめできる理由 ・Visaカードを日本で最初に発行したのが三井住友カード。 信頼できるカード会社である。 ・旅行保険などの付帯サービスが充実している 三井住友カード ゴールド(旧三井住友ゴールドカード)は三井住友カードのプロパーカード。 さらに上位のプラチナカードを狙える可能性も。 三井住友カード ゴールドは国内で発行されているゴールドカードの中でも最も信頼性が高く、ステータスの高いクレジットカードです。 カードデザインは男性でも女性でも違和感なく持てるデザイン。 金色のカードフェイスは三井住友カードのゴールドカードとしてのステータスを感じさせるのにも十分です。 海外の人が見ても「カッコいい!」と思うのではないでしょうか。 もちろん付帯している特典もゴールドカードとして十分満足できる内容です。 VisaまたはMasterCardがついているので、世界中で利用しやすいカードというのも魅力です。 しかし、一般的にゴールドカードは年会費が高めです。 「高い年会費を払ってまでゴールドカードにこだわる必要があるのか・・・」と思う方も多いでしょう。 他にもっと高額な年会費のゴールドカードもあるので、決して「高い!」というほどではありませんが、一般のクレジットカードが年会費無料のものも多いというのを踏まえると、決して安くはありません。 しかも、その方法は意外と簡単です。 WEB明細書とは 紙の明細書ではなく、パソコンや携帯電話で明細を確認するというものです。 現在この方法は主流ともいえますので、クレジットカードを利用している方であればすでに利用している方も多いでしょう。 WEB明細書であれば、パソコンで明細をファイルとして保存でき、管理もしやすいといったメリットがあります。 このWEB明細書の利用を申し込むことによって翌年度の年会費が1,000円割引になります。 マイ・ペイすリボとは ゴールドカードの場合のマイ・ペイすリボは「1万円以上1万円単位で毎月の支払額を利用者が決めることができる」というものです。 マイ・ペイすリボはいわゆる「リボ払い」で、一括払いをしないという前提のものです。 マイ・ペイすリボの利用を申し込むことによって翌年度の年会費が半額になります。 「利息の負担がかかるから、リボ払いにはしたくない」という方も多いかもしれません。 しかし、マイ・ペイすリボは設定によっては一括払いにできる方法があります。 マイ・ペイすリボで一括払いにする方法 利用枠=マイ・ペイすリボ支払い上限に設定する この方法で、マイ・ペイすリボを一括払いにすることができます。 例えば利用枠が100万円ということなら、マイ・ペイすリボ支払い上限も100万円に設定します。 こうすることによって、10万円利用しても、20万円利用しても自動的に一括で支払われるようになります。 WEB明細書は便利なサービスですし、マイ・ペイすリボコースも実質一括払いやリボ払いなど利用者が選択できる内容です。 「年会費が安い=審査も甘い」と考えてしまうかもしれませんが、残念ながらそういったことではありません。 30歳以上という入会資格から、「年齢が高い=年収が高い、それなりに勤続年数がある」。 ある程度はそういう意味に捉えてよいでしょう。 年収や勤続年数などの条件は明確にしていませんが、年収500万円以上、勤続年数5年以上が審査クリアの理想といえるかもしれません。 また利用枠は最低で50万円と高額です。 一般的に新規でクレジットカードに申し込んでいきなり50万円の利用枠が与えられるのは、それなりに属性の高い方でしょう。 他のカードでも利用枠を「個別の設定」としているものは多いですが、50万円以下になるケースは十分に考えられます。 そういったことから、三井住友カード ゴールドの審査基準が厳しいということが推測できるのです。 三井住友カード ゴールドを手にする最も確実な方法 三井住友カード ゴールドは他のゴールドカードと比較して優れた点が多いですが、審査のハードルが高そうなのがネックです。 そこで、より確実に三井住友カード ゴールドを手にすることができる方法を説明します。 ちょっと話が逸れますが、有名一流大学などで、幼稚園から大学までエスカレーター式に進学できる場合があります。 三井住友カードはそういった方法で、ゴールドカードなどにランクアップできるのです。 三井住友カード デビュープラスは18歳〜25歳限定のクレジットカードです。 親権者の同意が必要ですが、未成年でも利用ができます。 若い年齢が対象のいわゆるスタンダードのクレジットカードでです。 「初めてクレジットカードを利用する」という方でも十分審査通過できる可能性があり、年齢条件さえ合えば多くの方が実際に利用できるでしょう。 三井住友カード デビュープラスは利用条件が25歳までですが、26歳以降最初のカード更新時になると自動的に「三井住友カード プライムゴールド」にランクアップします。 三井住友カード プライムゴールドは20歳〜29歳限定のクレジットカードです。 「プライム」ゴールドカードということで、ゴールドカードと何が違うかというと、年会費が安い(WEB明細書+マイ・ペイすリボコース利用で1,500円+税)ということ。 それ以外の特典内容などはほぼゴールドカードと同じ。 空港ラウンジの利用や付帯保険などの条件も同等です。 しいて欠点を上げるとすると、29歳までしか利用できないという点です。 ここまでの流れでだいたい予想がつくかもしれませんが、三井住友カード プライムゴールドを利用していて30歳になれば、最初のカード更新時に自動的にゴールドカードにランクアップします。 そういった注意点はどのクレジットカード利用においても同様なので、特別なことではありません。 もし、18歳〜25歳でクレジットカードを検討している方であれば、将来的にステータスの高い三井住友カード ゴールドをゲットするという意味でも三井住友カード デビュープラスがおすすめです。 三井住友カードが扱う最高ランクのクレジットカードが「三井住友カード プラチナ」です。 国内発行のクレジットカード全体でも最高ランクと言ってもいいでしょう。 残念ながら三井住友カード プラチナは三井住友カード ゴールドを利用していたとしても自動的にランクアップするというものではありません。 しかし最高ランクである三井住友カード プラチナに新規で申し込みをして審査に通過するかというと、その厳しさは三井住友カード ゴールドの比ではありません。 多くの方が簡単に審査を通過してしまったら「プラチナ」の価値が下がってしまうでしょう。 三井住友カード プラチナの審査を通過できる最も可能性が高い方法が三井住友カード ゴールドで利用実績を積んで、ランクアップの申請をするという方法です。 つまり、今、若い方が比較的気軽に作れる三井住友カード デビュープラスに申し込むことで、エスカレーター式に三井住友カード ゴールドを持つことでき、最終的には三井住友カード プラチナまでたどり着ける可能性があるということです。 クレジットカードのスタンダードカードは種類も多く、それぞれに個性があり特長が異なります。 年会費も安いので比較的気軽に作れてしまいますが、「将来的にランクアップできるかどうか」というのものクレジットカード選びの際のポイントにしてみるのも良いかもしれません。

次の