柿 の むき か た。 柿のきれいな皮のむき方【詳しい方法と見栄えよく盛るコツ】柿料理の切り方手順

柿の切り方と、皮のむき方を再考

柿 の むき か た

コメント 庄内柿が美味しい季節になりました。 柿の基本的なむき方をご紹介します。 いろんなむき方がありますが、今回は4等分にしてから皮をむく方法です。 柿は一般に果頂部(果実の先)や果皮に近い部分が甘く、果芯部やヘタに近い部分ほど甘味が薄くなるとともに、渋味が残ることがあります。 したがって、かきの皮を剥くときはあまり厚く剥かず、切り分ける場合は果芯部(ヘタに近い所)を取るようにします。 柔らかくなった庄内柿は、ヘタを切り取りスプーンで食べたり、そのまま凍らせてシャーベットにしてもおいしく食べられます。 庄内柿はもともとは種なしの渋柿ですが、焼酎や炭酸ガスで渋を抜くと甘ーい種なし柿になります 用意するもの• まな板• 器(ボウル) 作り方 庄内を代表する秋の果実『庄内柿』は、果実が甘く、適度の歯ごたえ、種がないのがうれしい。 平核無 ひたたねなし 「種なし柿」としてよく出回っている品種で「庄内柿」や「おけさ柿」とも呼ばれます。 柔らかくなったかきは、ヘタを切り取りスプーンで食べたり、そのまま凍らせてシャーベットにしてもおいしく食べられます。 シャーベットにすることで日本の秋の味から洋のデザートに 平核無 ひたたねなし 「種なし柿」としてよく出回っている品種で「庄内柿」や「おけさ柿」とも呼ばれます。 鶴岡市羽黒町松ヶ岡地区は庄内柿発祥の地です。 明治5年(1872年)に旧庄内藩士3000名が刀を鍬にかえて開墾した土地です。 明治5年から今日まで幾多の困難をのりこえ、開墾事業を大きく進展させてまいりました。 もともとは渋柿ですが、焼酎や炭酸ガスで渋を抜くと甘ーい種なし柿になります。

次の

カキノキ

柿 の むき か た

ヘタの色はなるべく緑が残っているものを選ぶ事。 2.果実の外見をみる しっかりと全体に濃いオレンジ色に色づいているもの、形がいびつで無く整っているものを選びます。 艶に関しては、品種や状態によって一概には言えません。 白く粉を吹いたようになっているものはブルームと言い、ブドウなどでも見られるように完熟した果実によく見られる自然現象なので、付いていた方が良い物もあります。 3.手に持って見て ずっしりと重みを感じるもの、柔らかすぎないものを選びます。 鹿児島県紫尾(しび)温泉などでは温泉に一晩浸して脱渋された柿を「あおし柿」と呼ばれています。 アルコール脱渋 柿のヘタの部分を焼酎など30~40%のアルコールにつけ、ビニールの中に入れ約1週間程密封しておきます。 ドライアイスを用いて炭酸ガスを発生させる方法が通常よく使われているようです。 これには炭酸ガス法やアルコール法など色々あります。 でも、この工程が終わった後も柿は過呼吸状態が続き、エチレンガスを出しながらどんどん柔らかくなっていってるんです。 なので、普通に買ってそのまま置いておくと2~3日で柔らかくなってしまう事が多いんです。 柿をシャキシャキした食感のまま保存するには、柿のヘタにポイントがあります。 柿はこのヘタの部分で呼吸し、ここから水分が蒸発していきます。 保存する時に、ティッシュや化粧品のコットンなどをヘタの大きさに合わせてたたみ、水を含ませて柿のヘタの部分にあてて、そのヘタの部分を下にした状態、ヘタが湿らせたティッシュに乗っている状態で袋などに入れて冷蔵庫に入れておきます。 これで2週間から3週間はシャキシャキした状態のまま保存する事が出来ますよ。 シャキシャキした状態の物は冷凍してもそうならず、中途半端な食感になってしまうのでお勧めしません。 冷凍する場合は大きく3通りの方法があります。 1.柿を丸のまま冷凍する これは文字通り、丸ごと冷凍庫に放り込んで凍らせる方法です。 皮もヘタも付いたまま凍らせ、食べる時は半解凍して、ヘタが付いている上の部分を蓋の様に少し切って、スプーンなどですくって食べます。 また、凍らせてから沸騰している熱湯の中にさっと転がしてすぐにあげ、皮を湯剥きし、ヘタを切り落とした状態で冷凍保存する方法もあります。 2.柿を食べるサイズに串切りなどにして冷凍する 解凍して食べやすいように、生の状態で皮を剥き、串切りなどにして種も取り除いた状態でラップを敷いたバットなどに重ならないように並べて冷凍します。 凍ってから密封容器などに入れて冷凍保存します。 この方法だと、ちょっとずつ食べたい分だけ取り出しやすくなります。 また、種も取ってあるので、そのままスムージーなどに使う事も出来ます。 3.柿をピューレにして冷凍する 柿を皮を剥き、種も取り除いてミキサーにかけ、ピューレ状にして冷凍する方法です。 ポイントは、ジップロックなどの密封袋を使う場合はなるべくかさばらないように、平たく板状にした状態で凍らせる事。 また、製氷皿などを使ってキューブ状に凍らせて保存する事も出来ます。

次の

柿のむき方 4等分してから剥く|味の農園

柿 の むき か た

食べ物辞典:柿 日本の秋を代表する果物として古くから親しまれてきた柿。 甘味は強めですが、トロピカルフルーツ類とはちょっと違った、日本らしい風味を楽しめる果物の一つと言えるかもしれません。 弥生時代以前から私達の先祖は柿を食べていたと考えられていますし、今でも「柿が赤くなれば、医者が青くなる」なんて言い伝えも残っていますよね。 現在でもビタミンCとカロテノイドが補給できる果物として注目され、昔の方が医者いらずと呼んだ理由ではないかとも考えられています。 そんな柿の歴史や栄養効果について詳しくご紹介します。 柿 カキ のプロフイール 柿とは 柿は日本の秋の味覚・秋の風物詩と言える果物で、秋の季語としても使われています。 庭木としても柿が植えられているお宅もありますし、それを盗む近所の子供が盗んで叱られるシーンなどもお馴染みですね。 童話『さるかに合戦』でもキーとなる果物ですし、「桃栗三年柿八年」という諺 ことわざ や「隣の客はよく柿喰う客だ」という早口言葉があったりと、食用だけではなく文化的な面でも様々なシーンで登場する果物の一つと言える存在。 果物としてだけではなく、秋になると柿の実をかたどった和菓子なども流通しますしね。 日本の文化や風習にも密着した、伝統的な食材の一つと言えるのではないでしょうか。 また、 柿は昔から「柿が赤くなれば、医者が青くなる」とも言われ、嗜好品としてだけではなく栄養豊富な果物としても親しまれてきた存在でもあります。 近年はスーパーフードやスーパーフルーツとして話題の食材に目が行きがちですが、旬の時期には昔から親しまれてきた柿を取り入れてみても良いのではないでしょうか。 懐かしいような優しい甘さは、食べるとホッコリとした気分になれますよ。 甘柿はそのまま食べることが多いですが、サラダや和え物などおかずレシピにも活用することが出来ます。 柔らかくなりすぎたものはシャーベットにしてシャリシャリ食感で食べるのも美味しいですね、 植物として柿 柿の木 はツツジ目カキノキ科に分類されています。 柿には1000以上もの品種があると言われています。 柿は英語ではPersimmon パーシモン と言いますが、アメリカでは単にPersimmonと言った場合は先住民族であるアルゴンキン族が食べていたアメリカガキもしくはそれを干し柿にしたものの方がポピュラー。 柿の品種は 熟すと完全に甘くなる甘柿・ 熟しても渋みがやや残る不完全甘柿・ 熟しても果肉が固いうちは渋みが残る渋柿の3つに大きく分けられます。 渋柿と言われると生では食べずに干し柿に加工する用……という印象がありますが、 青果としても炭酸ガスなどで渋抜きを行ったもの さわし柿 が出荷されています。 平核無 ひらたねなし 柿や四ツ溝柿などがこちらに当たります。 甘柿の品種としては富有柿・次郎柿・御所柿などが代表的で、不完全甘柿では禅寺丸柿や筆柿などが知られています。 品種によって旬が異なるため、 柿全体が流通する期間は7~3月と長めですが出荷・流通量が最も多いのは10~11月頃。 スポンサードリンク 柿の歴史 第三紀層や縄文時代の遺跡などからも発掘されているため、柿は日本原産の果物として紹介されることもありますが、大陸 中国 から縄文~弥生時代に伝わったという考えが有力です。 藤原京の遺跡からは柿の種子が、平城宮跡で出土した木簡には柿の値段が記されたものもあるようです。 これらのことから柿は奈良時代に存在していた事は間違いないと考えられています。 日本で食べられている果物の中では古い部類に入り、歴史ある果物の一つと言えますね。 ただし 日本に伝来した当初の柿は渋柿で、干し柿にして食べるほうが一般的だったと考えられています。 中国では6世紀に記された『斉民要術』で干し柿の作り方・渋抜き法などが紹介されていますし、日本でも平安時代には干し柿が作られていたことが分かっています、また 927年に記された『延喜式』では干し柿・熟柿 じゅくし を祭礼時供え物や、天皇の菓子として使っていた事も記されています。 これが元となり各地で甘柿の栽培・品種改良が行われたと考えられています。 16世紀には日本からポルトガル人がヨーロッパへと甘柿を持ち帰り、後にアメリカへと伝えられていきます。 中国の一部地域でも甘柿は存在していますが当時は知られておらず、 渋みがなくそのまま食べられる柿は日本固有種と考えられたことで「kaki」という日本名で学名登録されたそう。 ちなみに戦国時代には織田信長がルイス・フロイスに干し柿を贈った・大垣城を攻めていた徳川家康に美濃の住職が干し柿を献上して喜ばれた、などの逸話も残っています。 当時は渋抜きをしなくても食べられる柿もあったのでしょうが、日持ちの良い干し柿の出番も多かったのではないでしょうか。 江戸時代になると不完全甘柿・甘柿系の品種が各地で作られるようになり、江戸末期には200以上もの品種が栽培されていたそう。 ちなみに柿は種子島からポルトガル人によって16世紀頃にヨーロッパへも伝わっており、19世紀にはカリフォルニアと南ヨーロッパで栽培も行われるようになっています。 柿の栄養成分・効果について 栄養成分含有量の参考元:日本食品標準成分表2015年版(七訂) 柿は果物類でも栄養価が高い部類と称され、 中でもビタミンC含有が際立って多くなっています。 生の柿100gあたりのカロリーは60kcal、大きいものでなければ1つすべて食べても100kcal程度となります。 柿の効果効能、その根拠・理由とは? 二日酔い対策に 柿には タンニン系ポリフェノールの一種で、渋味の元ともなっているシブオールという成分が含まれています。 渋味のない甘柿には無いように思われがちですが、甘柿のシブオール タンニン は熟すと全て消えてしまうという訳ではありません。 熟すうちにシブオールが不溶性に変化したことで口の中で溶けなくなる=渋みを感じなくなっているだけ。 柿の渋み成分である シブオール タンニン はアルコールの吸収を阻害する働きや、ビタミンCの働きと相乗して血中のアルコール分解・排出を促進する働きが期待されています。 そのほか柿に含まれているアルコールデヒドロゲナーゼという酵素も同様にアルコール分解を助けると考えられていますし、アルコールによる利尿作用に伴って失われやすいカリウムの補充にも役立つでしょう。 これらのことから柿は悪酔いの予防・二日酔い緩和に効果が期待でき、 二日酔いの妙薬とも言われているそうです。 ビタミンC補給・抗酸化に 柿はビタミンCが多い果物で、 甘柿100gあたりのビタミンC含有量は70mg。 ビタミンCは活性酸素による酸化を抑えてくれる、抗酸化ビタミンの一つ。 ビタミンCはストレス・紫外線・タバコやお酒のほかに有酸素運動やPCやスマホの使用でも消費されると言われており、現代人にとっては消費が激しいビタミンの一つとも言える存在。 摂取推奨量は1日100㎎とされていますが、生活習慣や環境によってはそれ以上の摂取が必要であるとも言われています。 渋み成分とされるシブオールもタンニンの一種であり抗酸化作用が期待できますから、合わせて体の酸化を防ぐ手助けをしてくれるでしょう。 過剰に活性酸素が増加してしまうと体内の脂質・タンパク質・DNAなどに悪影響を及ぼし、体の持つ様々な機能を低下させたり、老化を促進するリスクファクターとなることが指摘されています。 免疫力アップ・風邪予防に ビタミンCは抗酸化作用によって免疫力の低下を予防してくれるだけではなく、 自らが病原菌を攻撃する・抗ウイルス作用を持つインターフェロンの分泌促進作用を持つなど免疫機能に関わる働きを持つ可能性が報告されているビタミンでもあります。 鼻や喉などの呼吸器系粘膜が強化されることで、ウィルスの侵入を防いで風邪などの感染症予防に効果が期待できるでしょう。 間接的な部分で言えばビタミンCもコラーゲン生成促進によるウイルス侵入抑制・腸内フローラ改善による免疫力向上に繋がる可能性がありますから、昔の人が「柿が赤くなると医者が青くなる」「医者いらず」と言っていたのも納得ですね。 ストレス対策のサポートにも 柿に豊富に含まれている ビタミンCは、ストレスに負けない健やかな体を保つためにも必要なビタミンです。 人の体はストレス下にあると、その状況に対応するためコルチゾールなどの副腎皮質ホルモン 抗ストレスホルモン を分泌してストレス状況から自分自身を守れるようにコンディションを整えます。 別名「抗ストレスホルモン」とも呼ばれる副腎皮質ホルモンは生成や分泌の際にビタミンCを消費するため、ストレス下にあると消費が激しくなることも分かっています。 ビタミンCが不足すると抗ストレスホルモンの分泌が低下する=ストレスに対しての反応が取れにくくなってしまうため、ビタミンCの適切な補給はストレス耐性を高めることに繋がると考えられています。 不足なく補うことで目の疲れの緩和・視界をクリアにするなどの働きが期待できますし、ビタミンA不足は網膜の光に対する反応を鈍化させてしまうことも分かっています。 抗酸化・血流トラブル予防 柿はミネラルの中ではカリウムを比較的多く含んでいます。 カリウムは塩辛い食事などで多く摂りすぎたナトリウムの排出を促す働きがあり、結果として高血圧の予防や緩和に役立つ栄養素です。 甘柿100gあたりのカリウム含有量は170mg 渋抜き柿の場合は200mg となっており野菜類などと比較した場合はさほど多く感じないかもしれませんが、同グラムで比較した場合はの約1. 5倍となります。 食事で不足しがちな分をデザートとして食べたり、血圧が気になる方はお菓子の代わりに柿を食べえるようにすると良いでしょう。 これら抗酸化成分が摂取できることから、 柿は過酸化脂質が血管に付着・蓄積して起こる動脈硬化の予防にも役立つのではないかと期待されています。 ビタミンCも抗酸化作用の他、コラーゲン生成を促すことで血管を丈夫に保ってくれる働きもありますから、心筋梗塞や脳梗塞などの発症リスク低減にも役立ってくれるでしょう。 Sponsored Link 整腸・むくみ予防 柿100gあたりの食物繊維量は1. 6gと、同グラムで比較するとの2倍以上。 渋抜き柿であれば100gあたり2. 8g うち水溶性0. 3g と、青果類トップクラスに含まれるほどの食物繊維を摂取することが出来ます。 加えて柿には便を柔らかくする・乳酸菌のエサになり腸内フローラのバランスを整えるなどの働きがあるビタミンCも豊富に含まれていますし、タンニンは収斂作用で腸を引き締めるので下痢の緩和にも効果が期待できます。 お腹の調子を整えるのにも役立ってくれそうですね。 そのほか 柿は果物の中では比較的多くカリウムを含んでいますので、味の濃い食事をした後などのナトリウム過多によるむくみの軽減にも役立ってくれるでしょう。 お酒を飲んだ翌朝などのむくみ・身体の重さ だるさ 軽減に効果が期待できます。 ただし生の柿は体を冷やす作用がありますので、冷え性気味の方・血行が悪い方は食べ過ぎに注意が必要です。 アンチエイジング・美肌保持に 柿にはビタミンCやカロテノイドなど、抗酸化作用を持つ成分が多く含まれています。 特に 柿に豊富なビタミンCは抗酸化作用によって肌細胞のダメージを軽減してくれること加えて、 コラーゲン生成促進作用も認められています。 メラニン色素の生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを阻害してシミを予防したり、メラニン色素還元による美白にも役立つと考えられることから、美肌作りにも欠かせないビタミンとしてサプリメントなどの形でも女性を中心に人気がある栄養素の一つですね。 鉄分吸収阻害などで悪い印象を持たれがちなタンニンも、収斂作用で肌 毛穴 を引き締めたり、メラニン生成を抑制するなどの働きが報告されていますよ。 果物類トップクラスのビタミンCに加えてこれらの成分を含んでいる 柿は美白・美肌作り・アンチエイジングなど美容面でも注目されています。 強いて言えばビタミンEの含有量が低めですので、ビタミンEを多く含むナッツ類やなどと組み合わせるとより効果的でしょう。 干し柿について 日本の元祖ドライフルーツとも言われるの干し柿。 生柿を干し柿にすると甘みが増すだけではなく、栄養成分も濃縮されより栄養補給源して優れた存在になるとして注目されています。 柿は食物繊維 特に水溶性食物繊維 が豊富だと紹介されることがありますが、生柿の水溶性食物繊維量は実はさほど多くありません。 100gあたりの水溶性食物繊維量が生柿0. 2gに対し、干し柿1. 3gとかなり多くなりますから、便秘の解消や腸内環境を整えたい場合は干し柿の方が向いていると言えるでしょう。 しかし 干し柿にすることで水分が抜けて栄養価が凝縮される分、100gあたりのカロリーも276kcalと高くなります。 同グラムで比較すると生で柿を食べた場合の4倍以上にもなりますし、 糖質の含有率も生柿は全体の16%程度であるのに対し、干し柿は70%以上と非常に多くなります。 そのほか ビタミンCの大半が失われてしまうという側面もありますので「干し柿のほうが良い」と一概には言えません。 カロテノイドを摂りたいなどの目的がある場合でも、嗜好品として美味しく頂く場合でも、食べ過ぎには注意するようにしてください。 目的別、柿のおすすめ食べ合わせ 柿の選び方・食べ方・注意点 柿は体を冷やす食べ物とされており、食べ過ぎると体の冷えや下痢などを起こす可能性があります。 「柿を食べると流産をおこす」という言葉があるのも体を冷やすことに対する警告のようなもの。 また タンニンを含んでいるため鉄分吸収を阻害してしまう可能性もあります。 1日1~2個程度の摂取では問題ないと言われていますが、貧血気味の方や鉄剤を飲んでいる方は食べるタイミングに注意しましょう。 渋柿は乾燥させて干し柿にする…というイメージが強いですが、ご家庭で干し柿を作るのは結構大変。 美味しい柿の選び方・保存方法 柿を選ぶ時は、果皮が鮮やかなオレンジ色をしており艶が良いものを選ぶようにします。 ヘタ付近までしっかりと均一に色付いているもの・軸が果実の真ん中にあるものを選ぶようにすると味が均一で美味しいと言われています。 みずみずしく手に持った時にずっしりと重さのあるものを選ぶようにし、柔らかすぎるものや大きなキズ・変色が見られるものは避けるようにします。 また 鮮度を見分けるには、果皮だけではなくヘタを見るようにするのがポイント。 ヘタが緑色で四枚揃っており、 果実との間に隙間なくピッタリとくっついているものを選びましょう。 柿は常温でも収穫後10日以上は保存できると言われている、日持ちがする果物。 と言っても常温で置いておくと追熟が進んでしまい、ドロリとした柔らかい食感へと変化してきます。 このため歯ごたえを残した状態で保存したい場合は冷蔵庫 野菜室 に入れておくのがお勧め。 ヘタの部分が乾かないように湿らせたキッチンペーパーを付け、ラップで一個ずつ包んで冷蔵庫に入れると一ヶ月近く保存することができます。 柿の葉の活用方法について 柿の葉寿司や下記の葉茶として利用されている 柿の葉はビタミンB1・B2・C・Kの含有量が多く、特にビタミンCに関しては果実部分の約15倍と言われています。 柿の葉に含まれるビタミンCは「プロビタミンC」と呼ばれる熱に強く壊れにくいものなので柿の葉茶からでもビタミンCが補給できます。 また、柿の葉に含まれるポリフェノールの一種の「アストラガリン」という成分は、抗アレルギー作用があることから、最近は花粉症の予防として注目されています。 花粉が飛ぶ前から柿の葉茶を飲んでいると花粉症が緩和・改善されると言われています。 お茶にしてのむほか入浴剤としても古くから利用されており、柿葉湯はかゆみ・湿疹などの皮膚トラブル軽減に用いられています。 こうした効能については伝統的な経験則に基いた部分が多い・データが不足しているという指摘もありますが、お婆ちゃんの知恵袋の一つとして試してみても良いのでは? 【参考元】•

次の