イタリア語 ドレミ。 ドレミファソラシ~~♪は何語なのでしょう?

イタリア人ダレッツォが「ドレミ」の音名を作った背景

イタリア語 ドレミ

実はかなりややこしい問題です。 正確にはドレミファソは「階名」であり、CDEFGは「音名」なのです。 もう少し説明すると、ハ長調の曲だとドはCの音ですが、ニ長調の曲だとDの音がドになる。 すなわち調によってドの音が変わる、これが「階名」です。 それに対し、「音名」は何調の曲であってもCはCである、ということです。 ところが日本を含め、音楽教育ではそれをごっちゃにして教えている、という問題があります。 (もちろんドレミを音名として読む「固定ド」という方法もありますが、多くの場合、意識して使い分けているわけではない、というのが現状です。 ) ですから「ドレミファソラシド」という階名は、本当はほぼ世界共通です。 do re mi fa sol la si do イタリア語) do re mi fa so la ti do(英語 ソとシが違う) ut re mi fa sol la ti do(フランス語 ドが違う) 日本語のドレミファソラシドはイタリア語と英語が混ざっているようですね。 (ソは英語、シはイタリア語) さて、更にややこしいのは、フランスやイタリアはこの階名を音名としても使っている、ということです。 音名 ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ ハ 日本語 C D E F G A B C 英語 C D E F G A H C ドイツ語(ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー ツェー) do re mi fa sol la si do イタリア語 ut re mi fa sol la ti do フランス語 ね、ややこしいでしょ。 少なくともドイツと英米ではアルファベットで表します. C[ツェー] D[デー] E[エー] F[エフ] G[ゲー] A[アー] H[ハー] がドイツ語で、 C[スィー] D[ディー] E[イー] F[エフ] G[ジー] A[エー] B[ビー] が英語. 少なくともイタリアとフランスは、音名で表します. Do Re Mi Fa Sol La Si はイタリア語. Ut Re Mi Fa Sol La Si がフランス語. 日本には、各国の表現があらかた入って来ています.

次の

なぜ日本では音階をイタリア語のドレミ~で表すのですか?日本の場合...

イタリア語 ドレミ

【楽語はどうしてイタリア語なの?】 日本語だったら楽なのに。。 音楽用語がイタリア語ばかりになった経緯をご存知ですか? フォルテ、ピアノ、クレッシェンド、カンタービレ。 音楽用語は基本的にイタリア語ですよね。 どうしてイタリア語ばかりなんでしょうか? 今回はそんな楽語にまつわるお話をご紹介。 西洋音楽の長~い歴史の中で、 イタリア語が楽語の主流になっていった理由には、 いくつかの要素が絡みあっています。 【理由2:西洋音楽は教会で発展した】 西洋音楽が確立されていった中世~ルネサンス期、 音楽は主に教会で発展しました。 当然、各地で活躍した作曲家や演奏家の多くは 教会関係の音楽家やその出身者が多かったのです。 そしてトップの教皇庁がローマにあった為、 教会関係ではイタリア語が主流でした。 【理由3:当時はイタリアが音楽の中心地】 そして当時、イタリアは ヨーロッパの音楽の中心地でもありました。 イタリア出身の優れた作曲家や演奏家が、 各国の教会や貴族のもとで活躍し、 最先端のイタリアの音楽が、 イタリアの記譜法と共に広がったのです。 こうしてイタリア語が楽語の標準になっていったのですね。 それにしても、イタリア語の楽語を日本人が聞くと、 何となくとっつきにくいですよね。 でも現地の人たちにとっては 日常的な言葉なんだそうですよ(当たり前か)。 「ここは強く弾く、弱く弾く、歌うように弾く」 という具合に、簡潔で分かりやすくて良かったのだとか。 う~ん、母国語でないといまいちピンときませんよね。 もちろん自国の言葉で表現した作曲家もたくさんいるんです。 ドビュッシーやラヴェルはフランス語、 マーラーなんかはドイツ語で細かい指示が書かれています。 となると、日本語が標準になったらいいのにな~なんて ついつい期待したくなります。 でもイタリア語の楽語を知っていると 意外と旅行で役に立つそうですよ。 フォルテもピアノもちゃんと伝わるのだとか。 ABCはなぜドから始まらないのか?その真相に迫ります! ドイツ音名h(ハー)の謎に迫る!! 楽譜と言えば五線譜?いえいえ、ギターの楽譜には6本線や1本線の楽譜があるんですよ。

次の

ドレミファソラシ~~♪は何語なのでしょう?

イタリア語 ドレミ

イタリア語 それでは、それぞれの国の言葉で、音名を見ていきましょう。 まずは、イタリア語から。 Do Re Mi Fa Sol La Si 幹音と派生音 シャープ、フラットの付いていない音を幹音(かんおん)といい、臨時記号(りんじきごう)や調号(ちょうごう)によって変化させられた音を派生音(はせいおん)といいます。 上の譜例は幹音です。 「幹音は白鍵」と覚えると分かりやすいのですが、Mi を半音高めても(Mi )「白鍵」 のため正確ではありません。 Mi は、派生音です。 イタリア語での派生音は 1) シャープで半音高められると、 diesis(ディエージス)を付ける。 イタリア語の臨時記号の名称は、日本ではあまり用いられていません。 日本では、「ド シャープ」などと、英語を混ぜて使うのが普通になっています。 異名同音について 理論上、Mi を半音高めた音(Mi diesis)と Fa は、違う音として扱われます。 ただし、ピアノの鍵盤などでは同じ音となるために、 異名同音(いめいどうおん)と言います。 同じく、Sol doppio diesis と La も異名同音で、違う音と考えます。

次の