マホイップ ミルキィソルト。 【剣盾ダブル構築】ホイドリキッス〈デコレーション/マホイップ/〉

【ソードシールド】マホイップの新たな見た目が解禁!リボンアメざいく・スターアメざいくの見た目【ポケモン剣盾】

マホイップ ミルキィソルト

今回の解説はマホイップです。 基本データ No. 869 分類 クリーム 英語名 Alcremie タイプ フェアリー H65 A60 B75 C110 D121 S64 高さ 0. 3m 重さ 0. ミルキィルビー しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで あまずっぱい フレーバーに なった。 ミルキィまっちゃ しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで こうばしい フレーバーに なった。 ミルキィミント しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで さわやかな フレーバーに なった。 ミルキィレモン しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで すっぱい フレーバーに なった。 ミルキィソルト しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで しょっぱい フレーバーに なった。 ルビーミックス しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで おとくな フレーバーに なった。 キャラメ しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで にがみある フレーバーに なった。 トリプ しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで ふくざつな フレーバーに なった。 キョックス むげんに あふれだす クリームの からだは うける しょうげきが つよいほど かたく かたまるのだ。 シールド ミルキィバニラ てから うみだす クリームは マホイップが しあわせなとき あまみと コクが ふかまる。 ミルキィルビー クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが あまずっぱく なった。 ミルキィまっちゃ クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが こうばしく なった。 ミルキィミント クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが さわやかに なった。 ミルキィレモン クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが すっぱく なった。 ミルキィソルト クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが しょっぱく なった。 ルビーミックス クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが おトクに なった。 キャラメ クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーに にがみが ました。 トリプ クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが ふくざつに なった。 キョックス 1ぱつ 10まん の クリームの ミサイルを らんしゃ。 と あたまが クラするぞ。 全身がふわふわとしたの様になっており、色鮮やかなアメざいくが髪飾りや尻尾のような形で付いている。 身体からを出すことができ、その味はマホイップが幸せを感じるほどに深みが増していく。 このクリームでデコレーションしたスイーツはとても美味しく、マホイップを仲間にすることはパティシエの憧れらしい。 敵に襲われたときには、甘い匂いのクリームを投げることで相手の気をそらしたり、視界を奪ったりして逃げる。 このとき出すクリームには強力な鎮質が含まれていて、口に含んだ相手は戦意を喪失してしまう。 その姿には数多くのバリエーションが存在。 彼女らが出すクリームの風味もそれぞれの姿で異なる。 頭の飾りとなる「アメざいく」や、カラーリングで判別する事が可能。 進化の際にクリームを作る細胞がゆらぎを受けることにより、甘酸っぱさや苦味、香ばしさなどの風味が生まれるという。 体色には「ミルキィバニラ」「ミルキィまっちゃ」など個別の名前があり、それぞれ図鑑の説明も異なっている。 色違いは、ソフトを思わせる灰色のクリーム。 ゲームのマホイップ 進化方法 なんと、アメざいくをマホミルに持たせた上でプレイヤー自身が回転することで進化する。 一応アメざいくの説明文にヒントが書いてあるが、これだけで分かった人は恐らく少ないのではないだろうか。 この回転の仕方によって、マホイップがどのクリームに進化するか変わる。 ただし色違いについては1種類の姿しかない。 種類一覧 ミルキィバニラ 色 白に近い薄ピンク色 方向 右 長さ 短い 時間 昼 ミルキィまっちゃ 色 薄い緑色 方向 右 長さ 短い 時間 夜 キャラメ 色 真ん中部分がキャラメル 方向 右 長さ 長い 時間 昼 ミルキィレモン 色 真ん中部分がレモン色 方向 右 長さ 長い 時間 夜 ミルキィルビー 色 ミルキィバニラよりもピンクが強い 方向 左 長さ 短い 時間 昼 ミルキィソルト 色 ほんのり青みがかった白色 方向 左 長さ 短い 時間 夜 ルビーミックス 色 ミルキィバニラが基調だが局所的に色が濃い 方向 左 長さ 長い 時間 昼 ミルキィミント 色 薄い水 方向 左 長さ 長い 時間 夜 トリプ 色 上がピンク、真ん中が黄色、下が水色になる 方向 両方 長さ とても長い 時間 夕 頭の飾り 進化させる前にマホミルに持たせた「アメざいく」がそのまま適用される。 「いちご(赤)」「ベリー(青)」「ハート(ピンク)」「よつば(緑)」「おはな(オレンジ)」の全5種類。 色違いを含めるなら全50種にも及ぶ。 これ以外の姿はのタイプ違いと同じく派生種扱いになっており、図鑑説明文も味のことしか記載されない。 ハシノマ原っぱ• の湖 キョックス クリーム・マホイップがキョックスした姿。 正式名称は『マホイップ キョックスのすがた 』。 キョックスした事で、小さなクリームから豪華なウェディングケーキへと姿が大きく変化し、元の0. 3mから30mという約100倍の超巨大化を果たしている。 体から溢れ出しているクリームは、受ける衝撃が強ければ強いほど固くなっていくという ダイラタンシー効果と思われる 性質を持っており、物理攻撃に対して圧倒的な防御力を誇る。 また、各部に追加されたアメざいくのデコレーションもダイヤモンド並みの強度を会得しており、生半可な攻撃では傷一つ付けることができない。 戦闘では、周囲に向かってクリームでできた高カロリーのミサイルを打ち出して攻撃する。 このクリームに触れたは幸せな気分となり体中にエネルギーがみなぎるが、同時にひどい錯乱状態に陥ってしまう。 このマホイップの放つフェアリータイプのわざは『キョエン 巨大団円 』に変化する。 ダメージを与え、味方全員のHPを回復する。 対戦のマホイップ 能力 とくこう・とくぼうが特に高い。 物理防御もそれなりに持っている。 数字の上ではの劣化だが、役割が違うため意識する必要はない。 特性 「スイートベール」は自分や味方のは『ねむり』状態にならない。 は「アロマベール」。 自分と味方へのメンタル攻撃技『アンコール』『いちゃもん』『かいふくふうじ』『かなしばり』『ちょうはつ』『メロメロ』を無効化する。 さらにとけるやめいそうなどの積み技と高速再生技を持つため、対処に手間取ると要塞化してしまう。 専用技のデコレーションを利用したコンボも強力で、特にダブルではアタッカーを安全に大幅強化することが可能。 対策方法 素の物理耐久は低く、特殊耐久も極端に高いわけではない。 何度も積まれる前ならば高威力の不一致抜群や一致等倍技でも押し切れることが少なくない。 攻撃性能は他の特殊寄りフェアリーと比べてひかえめで定数ダメージも持たないため、相手を削る性能には欠ける。 ちょうはつは効かないがこだわりトリックは有効。 メガネ以外ならばほぼ機能停止させることが可能。 数は少なくタイプ相性で不利なことも多いが、かたやぶりならばちょうはつも通る。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

期間限定マックスレイドバトル

マホイップ ミルキィソルト

今回の解説はマホイップです。 基本データ No. 869 分類 クリーム 英語名 Alcremie タイプ フェアリー H65 A60 B75 C110 D121 S64 高さ 0. 3m 重さ 0. ミルキィルビー しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで あまずっぱい フレーバーに なった。 ミルキィまっちゃ しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで こうばしい フレーバーに なった。 ミルキィミント しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで さわやかな フレーバーに なった。 ミルキィレモン しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで すっぱい フレーバーに なった。 ミルキィソルト しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで しょっぱい フレーバーに なった。 ルビーミックス しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで おとくな フレーバーに なった。 キャラメ しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで にがみある フレーバーに なった。 トリプ しんかの しゅんかん からだの さいぼうが ゆれうごく ことで ふくざつな フレーバーに なった。 キョックス むげんに あふれだす クリームの からだは うける しょうげきが つよいほど かたく かたまるのだ。 シールド ミルキィバニラ てから うみだす クリームは マホイップが しあわせなとき あまみと コクが ふかまる。 ミルキィルビー クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが あまずっぱく なった。 ミルキィまっちゃ クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが こうばしく なった。 ミルキィミント クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが さわやかに なった。 ミルキィレモン クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが すっぱく なった。 ミルキィソルト クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが しょっぱく なった。 ルビーミックス クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが おトクに なった。 キャラメ クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーに にがみが ました。 トリプ クリームを つくる さいぼうが しんかのときに ゆらぎを うけて フレーバーが ふくざつに なった。 キョックス 1ぱつ 10まん の クリームの ミサイルを らんしゃ。 と あたまが クラするぞ。 全身がふわふわとしたの様になっており、色鮮やかなアメざいくが髪飾りや尻尾のような形で付いている。 身体からを出すことができ、その味はマホイップが幸せを感じるほどに深みが増していく。 このクリームでデコレーションしたスイーツはとても美味しく、マホイップを仲間にすることはパティシエの憧れらしい。 敵に襲われたときには、甘い匂いのクリームを投げることで相手の気をそらしたり、視界を奪ったりして逃げる。 このとき出すクリームには強力な鎮質が含まれていて、口に含んだ相手は戦意を喪失してしまう。 その姿には数多くのバリエーションが存在。 彼女らが出すクリームの風味もそれぞれの姿で異なる。 頭の飾りとなる「アメざいく」や、カラーリングで判別する事が可能。 進化の際にクリームを作る細胞がゆらぎを受けることにより、甘酸っぱさや苦味、香ばしさなどの風味が生まれるという。 体色には「ミルキィバニラ」「ミルキィまっちゃ」など個別の名前があり、それぞれ図鑑の説明も異なっている。 色違いは、ソフトを思わせる灰色のクリーム。 ゲームのマホイップ 進化方法 なんと、アメざいくをマホミルに持たせた上でプレイヤー自身が回転することで進化する。 一応アメざいくの説明文にヒントが書いてあるが、これだけで分かった人は恐らく少ないのではないだろうか。 この回転の仕方によって、マホイップがどのクリームに進化するか変わる。 ただし色違いについては1種類の姿しかない。 種類一覧 ミルキィバニラ 色 白に近い薄ピンク色 方向 右 長さ 短い 時間 昼 ミルキィまっちゃ 色 薄い緑色 方向 右 長さ 短い 時間 夜 キャラメ 色 真ん中部分がキャラメル 方向 右 長さ 長い 時間 昼 ミルキィレモン 色 真ん中部分がレモン色 方向 右 長さ 長い 時間 夜 ミルキィルビー 色 ミルキィバニラよりもピンクが強い 方向 左 長さ 短い 時間 昼 ミルキィソルト 色 ほんのり青みがかった白色 方向 左 長さ 短い 時間 夜 ルビーミックス 色 ミルキィバニラが基調だが局所的に色が濃い 方向 左 長さ 長い 時間 昼 ミルキィミント 色 薄い水 方向 左 長さ 長い 時間 夜 トリプ 色 上がピンク、真ん中が黄色、下が水色になる 方向 両方 長さ とても長い 時間 夕 頭の飾り 進化させる前にマホミルに持たせた「アメざいく」がそのまま適用される。 「いちご(赤)」「ベリー(青)」「ハート(ピンク)」「よつば(緑)」「おはな(オレンジ)」の全5種類。 色違いを含めるなら全50種にも及ぶ。 これ以外の姿はのタイプ違いと同じく派生種扱いになっており、図鑑説明文も味のことしか記載されない。 ハシノマ原っぱ• の湖 キョックス クリーム・マホイップがキョックスした姿。 正式名称は『マホイップ キョックスのすがた 』。 キョックスした事で、小さなクリームから豪華なウェディングケーキへと姿が大きく変化し、元の0. 3mから30mという約100倍の超巨大化を果たしている。 体から溢れ出しているクリームは、受ける衝撃が強ければ強いほど固くなっていくという ダイラタンシー効果と思われる 性質を持っており、物理攻撃に対して圧倒的な防御力を誇る。 また、各部に追加されたアメざいくのデコレーションもダイヤモンド並みの強度を会得しており、生半可な攻撃では傷一つ付けることができない。 戦闘では、周囲に向かってクリームでできた高カロリーのミサイルを打ち出して攻撃する。 このクリームに触れたは幸せな気分となり体中にエネルギーがみなぎるが、同時にひどい錯乱状態に陥ってしまう。 このマホイップの放つフェアリータイプのわざは『キョエン 巨大団円 』に変化する。 ダメージを与え、味方全員のHPを回復する。 対戦のマホイップ 能力 とくこう・とくぼうが特に高い。 物理防御もそれなりに持っている。 数字の上ではの劣化だが、役割が違うため意識する必要はない。 特性 「スイートベール」は自分や味方のは『ねむり』状態にならない。 は「アロマベール」。 自分と味方へのメンタル攻撃技『アンコール』『いちゃもん』『かいふくふうじ』『かなしばり』『ちょうはつ』『メロメロ』を無効化する。 さらにとけるやめいそうなどの積み技と高速再生技を持つため、対処に手間取ると要塞化してしまう。 専用技のデコレーションを利用したコンボも強力で、特にダブルではアタッカーを安全に大幅強化することが可能。 対策方法 素の物理耐久は低く、特殊耐久も極端に高いわけではない。 何度も積まれる前ならば高威力の不一致抜群や一致等倍技でも押し切れることが少なくない。 攻撃性能は他の特殊寄りフェアリーと比べてひかえめで定数ダメージも持たないため、相手を削る性能には欠ける。 ちょうはつは効かないがこだわりトリックは有効。 メガネ以外ならばほぼ機能停止させることが可能。 数は少なくタイプ相性で不利なことも多いが、かたやぶりならばちょうはつも通る。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ソードシールド】マホイップの見た目一覧!全63種類+色違いを画像付きで紹介【ポケモン剣盾】

マホイップ ミルキィソルト

マホイップ マホイップ 可愛いですね。 キャンプで もちょもちょ歩いてる姿にノックアウトされる人々が続発していますが、自分もその一人です。 そんなマホイップ、デコレーションという恐ろしく強そうな技を使うことが出来ます。 ・対象1匹の攻撃と特攻を2段階上げる ・まもる貫通 ・マジックミラー貫通 ・みがわりには効かない 「や、やめろ…!俺はデコられたくない…!(守る!)」 マホイップ「🍀^o^🍀 守る貫通 」モチョ・・・モチョ・・・ 「うわあああああ AC2段階上昇 」 こんな光景が簡単に想像出来ますね。 ゾンビ映画か? まあとにかく マホイップが可愛過ぎて辛抱たまらんという感じになったので、マホイップ入りの構築を作ることに決めました。 マホイップで飾り付けをするはずがマホイップそのものが飾りになってしまうとは…。 ・バンギラス、カットロトム、東トリトドンなど緑色のポケモンが多いので、 マホイップを抹茶味にして完成! こうして改めてパーティ見るとバンギにそこまで強くない気もするけど、実際100戦ほどやって6回しか相手はバンギを出してこなかったし、対バンギ入りは5勝1敗なのでバンギラスに強いパーティになってるっぽい。 ポケモンは難しいな…。 初手にマホイップがトゲキッスにデコレーション。 デコレーションを受けたトゲキッスがダイジェットで一瞬で相手を制圧する。 強運ピントレンズのおかげで火力が1. 5倍になるので、デコレーションと合わせると最大で3倍の火力が出せる。 相手のダイマックスポケモンすらワンパン可能。 自然と地震無効のポケモンがドリュウズの隣にいる形になるのが美しいと思う。 しかしなぜみんなトゲキッスじゃなくてマホイップを集中して狙ってくるんだろうな…。 【トゲキッスが倒れた場合】 ダイジェットをしていればマホイップのSが上昇しているはず。 そのため先制でドリュウズにデコレーションを撃つことが出来るのだ! 第二のエースとして暴れることが出来るぞ。 なおここで地震をするとマホイップが沈む。 【この選出をしない時】 ・他の専用選出が優先されそうな時 ・ガラルヒヒダルマみたいなダイマックスしたトゲキッスより速くてワンパンで葬むってきそうなやつがいる時 ・ジュラルドンがいる時 フェアリー2匹の並びなので、鋼タイプがいると出しづらい…と見せかけて、マホイップはドリュウズのダイスチルまで耐える上、トゲキッスがダイバーンで燃やせるので案外大丈夫。 逆に言うとダイバーンで燃やせない鋼タイプがいる場合はこの選出は良くないかも。 具体的にはジュラルドンかな 単体ならどうにかなるけどジュラルドンの隣のポケモンも同時に処理するのはこの選出だと厳しそう。 ホイドリバンギの語呂の良さが最高だったので本当は記事タイトルをこっちにしたかったんだけど、あまりにもトゲキッスが強過ぎたのでホイドリキッスになったという裏事情がある どうでもいい。 ドリュウズが守って安全にデコレーション。 次のターンにマホイップ交換バンギラス出しでACS2倍のドリュウズがその場を制圧する! ドリュウズへのマークが甘い相手にはとことん刺さる…んだけど、今どきドリュウズへの対策が甘いパーティはほとんどないので言うほどこの選出はしなかったり。 威嚇で頑張ってドリュウズを対策するぞ!って相手には刺さる。 猫をどっちに撃ってくるかとか対ドータクンの乱数とか色々運が絡むので、初詣に行って運を向上させるのがおすすめ。 簡単に動画でまとめたので余裕があったら見てほしい。 どっちがダイマックスしても強い。 相手が袋叩きをしてきそうな場合もこれ。 当初はスカーフを持って無理やり上からデコレーションをしていたものの、パーティからドラパルトが抜けた影響でスカーフを外してみたら なんということでしょう、呪いから解放されたかのような活躍っぷりでした。 モグリューの方が強くない?と配信で散々言われたけどモグリューよりは活躍したので安心してほしい。 特性の話 スイートベール 最初はアロマベール 挑発・アンコールなどのメンタル攻撃無効 を使っていたけど、誰もマホイップに挑発を撃ってこないし、仮に撃たれてもデコレーションが失敗する=相手も行動1回ちょうはつに使ってるなのでそこまで痛くないし、味方も補助技使いがあんまりいない、とまるでメリットがなかったのでまあなんか役に立つやろ…とスイートベールを採用。 するとなんということでしょう。 バンドリが暴れウォーグルがダイジェットをしていた時代も今は昔、いつの間にか バタフリーとラフレシアがねむりごなを撒き、トゲキッスとカバルドンがあくびをする、そんな環境が始まってしまいました。 その上シーズン2ではバタフリーがキョダイコワクで状態異常をまき散らしてくるかもしれない? うーん、マホイップの時代来てるな!! 持ち物の話 リリバのみ リリバの実を持つことでドリュウズのダイスチル アイヘ変換 まで確定耐えが出来る。 技の話 デコレーション他 ・デコレーション 味方を傷つけず、持ち物枠を圧迫しない弱点保険。 ここをちゃんと考えないと「それ保険で良くない?」となりがち。 ピントレンズキッスは保険キッスの1. 5倍強いので、まあ良いのではと言ったところ。 負けが確定した時はヤケクソ気味に相手を飾り付けるマホイップを見ることが出来る。 ・マジカルシャイン 範囲打点なので、まあ、一応必要…。 バンギラスもドラパルトも保険が発動するとかいう悲しい現実があるのでこの2匹には撃たない方が良い。 ・マジカルフレイム 味方で守ってマジカルフレイムでCを下げる、みたいな動きを一応した。 ナットレイを焼ける!と見せかけて3割ぐらいしか入らなかったという悲しい事件が起きた。 ・アロマセラピー 一応鬼火が乱れ飛ぶ環境なので…。 強いかな?と思ったけどマホイップがなぜか相手からものすごく狙われるのでこれをする暇が全然なかった。 バンドリでアロマセラピーってのは強そうなんだけど、マホイップでやるかは考えた方が良いかなあ。 手助けとか守るを入れるのもありかな? スカーフの時はマジックルームを使ってたけど、保険を無効に出来たりして面白かったです。 雑感 デコレーションの「連発可能」という効果が意外とエグい。 このせいで相手はマホイップを放置し辛いので、デコだけしてすぐ撤退、みたいなことが多かった。 ギミックパーツとしては最高の働き。 ちなみに一応ダイマックス飴を10個上げたんだけど、1回もダイマックスすることはなかった。 ちなみに一番好きなのはベリー飴細工のミルキィソルトです。 5%耐え。 強運ピントレンズトゲキッス、あまりにも強い。 これは2回に1回攻撃が急所に当たる状態。 5倍になる こだわりメガネやこだわりハチマキはダイマックスをすると無効になるけど、ピントレンズによる急所は1. 5倍になる。 火力が1. 5倍になったダイマックス技は、強い そりゃそうだ。 デコレーション込みならなんと3倍になる。 2倍より3倍! ・壁構築に強い オーロンゲで壁を貼って隣のポケモンでうにゃうにゃするという構築に対して圧倒的に強い。 急所は壁を貫通するので、壁貼りに勤しむオーロンゲくんを横目に隣のポケモンに急所連打! 最後に残ったオーロンゲを殴って勝ち、みたいな試合が非常に多かった。 オーロンゲが壁を貼り、ウインディがバークアウトをし、マホイップがデコーレションをして、ダイジェット急所でウインディ突破、みたいな試合はもうなんかすごくアレだった。 ・ダイアースに強い ダイアースによるDアップにも対応。 けど、ダイマックストゲキッスは耐久が2倍になった上でダイジェットでSを上げる。 単純に攻撃出来る回数が多いんですよね。 攻撃回数が多ければ多いほど急所に当たる回数は増えていくし、急所に当たって倒してしまえば相手は反撃出来ないのでその分キッスは長生きして、また攻撃して、急所に当てる。 さらに ・持ち物が競合しない 保険をバンギに持たせられる ・トリックで奪われても痛くない ・急所に当てる度に観客が沸くので楽しい というメリットも存在。 いやー本当に強かった強運ピントキッス。 配信してみたら急所に当てすぎてコメント欄引いてたからね なぜかこっち側も急所多かったけど。 それ以外の要素については ・かえんほうしゃ ダイバーンで鋼タイプを焼ける。 ナットレイをこれで焼かないと勝てない ・このゆびとまれ 対叩きに。 ダイマックスした後はダイウォールになるので便利 こんな感じだろうか。 バンギラスやウォーグルは減少してるのに、ドリュウズの数は全く減ってないところがすごい。 倍速で動いて、ダイアースとスチルで固くなって、そのまま無双する。 デコレーションはいうほど受けなかったけどそもそもそんなことしなくても強いからなドリュウズは…。 タスキを持ってるのでとりあえずで選出されがち。 とりあえずで選出されたのに一番活躍するのがドリュウズだったりするから困る。 地震しか地面技がないのだけど2匹浮いてるので特に不自由はなかったかな。 岩技がないと増えてきたリザードンやバタフリーに負けてしまうので、今のドリュウズは岩技切れないんじゃないかなーと思う。 ダイマックスすると大変強く、ダイマックスしない時は砂起こし要員みたいな感じになりがちだったポケモン。 が、バンギラスが真価を発揮するのは対トリパ。 味方の地震で保険を起動して無理やりトリル始動要員をぶっとばす動きがあまりにも強く、 バンギラスの被弾の半分以上は味方のドリュウズの地震だったのでは?という疑惑があるほど。 なんて暴力的なデコレーションだ。 けどこれもキッスに保険の枠を割かなかったから出来ること。 すごいぞピントレンズキッス! かわらわりの枠は正直微妙。 ダイナックルして隣のドリュウズのAをあげる動きは当然強かったのだけど…。 龍舞入れたり地震入れたりしてみたんだけどね、うーん、まあジュラルドンに対して打点になるのでかわらわりで良いかなあ。 鬼火が強力で、ドリュウズやドサイドン、ナットレイなんかにとりあえず撃っておくとバンギラスの弱点保険と合わせて良い感じになる。 水ロトムとの最大の違いはVS水ロトム。 水ロトムに強いポケモンはバンドリと相性が良いのだ! 型破りドリュウズはマホイップトゲキッス選出が出来るけど、すなかきドリュウズはダイジェットしたトゲキッスで抜けない。 というわけで相手がバンドリの時は草ロトムを初手に選出することが結構あった。 鬼火強いです。 (逆鱗で的確に攻撃してくるウオノラゴンには勝てなかった) トリルをされてもドサイドンより先に動けるので最悪トリルをされても大丈夫!という安心感がある。 ちなみに一緒に入ってるコータスのソラビで粉砕される ダメじゃん このトリトドンが真価を発揮するのは対ドサイではなく、 とける詰め。 今の環境でBアップしたら強いんじゃね?と思って使ってみたらまあ強い強い。 相手のポケモンが物理しかいなくなった辺りで溶けだせばそれだけで勝利がほぼ確定しちゃうという凄さ。 バンドリの天敵である鉄壁6積みボディプレスアーマーガアなんかにも勝てる。 こうして思うともっととける詰めを意識して耐久に振っても良かったかな?という気もするけど、ジュラルドンやドサイドンに対しての大地の火力が下がるのはまずいで結局こういう感じになるのかなあ。 戦績 マホイップトゲキッス選出の強さを理解するまでは勝ったり負けたりで3桁をウロウロする程度だった。 うおおおソードシールド初の2桁ランク! 惚れ込んだマホイップでここまで来れてとても嬉しい。 フォロワーに 「『ざわさんがいいねしました』の通知と共にマホイップの画像がTLに次々流れてくる…」と言われながら構築を組んだかいがありましたね…。 まとめ 6匹全員何かしらの活躍をしてくれました。 デコ急所で相手のダイマックスをワンパン突破するのがとても楽しい構築です。 いや、異常なほどに急所出たなしかし…。 レンタルパーティとして使えますので、マホイップ可愛いし使ってみたい!って人とか、強運ピントレンズキッスで気持ちよくなりたい!って人におすすめです。 ビギナー級とモンボ級だとマホイップは殆ど狙われなかったのでこれはあれですね 世界樹で熟練のボウケンシャーが初めて出会ったアホロートルを真っ先に殺しにかかる思考ですね….

次の