アニオタ 診断。 アニメ汚染度チェック!

アニメ汚染度チェック!

アニオタ 診断

アニオタとしてはもう少し日常生活にアニメを取り込んで欲しいですね。 大変結構です。 ただし、しいて弱点を言えば器用貧乏と言ったところでしょうか。 個性を出す為には好きなアニメ監督の作品をとことん追求してみるなど、工夫が必要です。 その知識量の豊富さから、プチ評論家と自称してもいいでしょう。 この調子でますますアニメに関する見識を高めてください。 アニメ業界のことが分からない新規のアニメファンには、やさしく教導してやってください。 ただし、驕りは禁物です。 本当の事情通になるには現場に行くしかありません。 あくまでもユーザーとしてのアニメオタクとして、という前置詞が入ります。 尤も、既にその筋のプロという方には釈迦に説法ですね。 それ自体はごく一般的ではありますが、情報の偏りと量の少なさに若干の不安が残ります。 もう少し注意の対象を広げるなど、工夫の余地があります。 それゆえに、昨今の「萌え」「アキバ文化」「腐女子」「同人」ばかりがもてはやされる風潮にとことん嫌気が差し、憎悪すら感じていることでしょう。 素晴らしいことです。 貴方のような真面目なアニメオタクがこれからのわが国に最も必要とされるアニメオタクです。 ただ、その強い意志を何らかの行動や形に昇華させてみてはどうでしょう。 貴方一人でも、「萌え」撲滅の為にできる事は沢山あるはずです。 尤も、既にやっているという方には釈迦に説法ですね。 同志として是非管理人のブログを訪問してください。 ただ、貴方の考えからはアニメに対する確固とした意思や情熱というものを感じません。 それ自体は問題ないですが、時として刹那的な誘惑や偏った考え方に影響され、自分の意思を簡単に曲げるようなことになるかもしれません。 それが良いのか悪いのか分かりませんが、受動的な一般ユーザーとして生きるならば問題はないかもしれませんね。 そして古典的で名作と呼ばれるアニメ作品に重きを置く伝統的アニメオタクです。 個々の作品に対する強い思い入れが伺えます。 新しいアニメ作品やブームにも敏感で、従来の古典的な作品とのバランスが取れていますね。 今までかなりの数のアニメ作品をご覧になったのではないでしょうか。 ただ、少し付け加えればもう少しマニアックなアニメオタクへ深化する可能性を秘めています。 貴方のようなアニメオタクがこれからの日本のアニメ界には必要です。 そんな貴方にはこちらのブログがオススメです日本一保守的なアニメオタクのブログ『アニオタ保守本流』 まあ懐古厨なのは否定しないし出来ない… さんのアニオタランクは全国で 503万4965 位です。 さんに贈る言葉: ミネバを頼む、強い子に育ててくれ… さんのラッキーアイテム 石川内閣官房長官の緊急記者会見 なぜ石川官房長官の緊急記者会見…? こんな感じでした.

次の

キモいオタクの特徴7つ|アニメが好きなアニオタがキモオタな理由とは?

アニオタ 診断

また、「言葉の定義は時代によって変わるのだから、今ではあらゆるものに対してメアリー・スーと呼ぶのは正しい」などとして メアリー・スー認定の正当性を主張する人間もいるが、これは論点がズレている。 例えば他人を「」とか「」呼ばわりしている人がいるとしよう。 定義はそれぞれの項目を呼んでほしいが それらを侮蔑を込めて 勝手に認定すれば、定義が正しかろうが 周囲からの「他人を蔑称で呼ぶ人」というそしりは免れないだろう。 本当に正当でありたいなら、安易なメアリー・スー呼ばわりはかえって発言の信頼を失うことになるので、 「言葉は乱暴だが真意をくみ取ってほしい」と他人に甘えるのではなく、最初から言葉を選んで発言した方がいいだろう。 原作者のお気に入りが行き過ぎた、あるいは原作者の価値観に基づいて「このキャラ(性別・年齢世代等々)はこうあるべき」というフォーマットを押し付けるキャラ。 要は 「舞台裏の作者の意図として規範を示しているキャラ」のこと。 特にメアリー・スーで指す場合元ネタのメアリー・スーの設定から「(大人側の考える大人に都合の良い)理想のティーン世代のステロタイプキャラ」を指している場合が多い。 公式作品において登場するキャラに、 「作者の思想を代弁している」「スタッフのお気に入りで展開上贔屓されている」「新作から出た新キャラなのに活躍しすぎ」など なんらかの理由をつけて使う。 発言者によって意味合いが千差万別であるため特定の定義はない。 こうした「メアリー・スーパロディの敵キャラ」の特徴は、以下のようなものが挙げられる。 神に与えられたチート、たまたま発現した超能力など、「自分のものではない凄い力」を持っている。 年齢は若者。 「1000歳以上」などの設定でも、外見と思考は若者。 主人公を見下したりヒロインにちょっかいを出す、レベル上げと称して無害な魔物を虐殺する、 正義の名の元に味方や非武装の市民を殺す、異能を犯罪に悪用するなど、読者のヘイトや嘲笑を集める行動をする。 とてつもないマヌケで、思考が幼稚。 特に、「チートを持つ自分は神に選ばれた主人公だ」などの根拠のない万能感に満ちている。 力に精神を汚染されていたり、黒幕に洗脳されていいように利用されていることも。 行動が極端。 感情的で行き当たりばったりか、柔軟性がない教条主義者。 深く考えることをせず、説得は通じないが挑発や策には簡単に乗る。 こんな愚物なのに社会からは力だけで「選ばれし存在」とされ、周囲に称えられたり異性にモテる。 作中で精神的に成長せず、いいところのないまま最後は無残に死ぬ。 読者に「ざまあ」される.

次の

オタク度診断テスト

アニオタ 診断

オタクキモいと感じさせる気持ち悪いオタクの特徴2つ目は「ウエストポーチなどの服装がダサい」と言うことです。 オタクはファッションセンスがなくファッションにも興味がありません。 そのためとてつもなくダサいファッションになります。 ですが、オタクは基本ファッショに興味がないので外に出れる程度で良いと考えます。 そして、オタクのファッションの特徴は小中学生が好んで着るようなデザインTシャツやパーカーなどです。 オタクファッションのイメージは、テレビでオタクを再現するときに使われるリュックサックにシャツインしたバンダナ姿だと思いますが、リアルのオタクたちはデニムにメガネ夏はTシャツ冬はパーカーと言った服装です。 アニメオタクの特徴と言えば、アニメグッズを集め保管することです。 アニメオタクはアニメ公式から発売されるTシャツやDVDもしくはブルーレイディスク、キーホルダー、缶バッチなどを所持しています。 また、アニメオタクがなぜきもいと言われるのかと言いますと、堂々とアニメグッズを身に付けることです。 なぜアニメグッズを身に付ける必要があるのかと疑問になる方がいるかもしれませんが、オタクたちの自己主張のようなものです。 アニメグッズを身に付けることで、このアニメが好きだとかファンですといった自己アピールです。 自己アピールをすることで実際に効果があり、自己アピールの結果オタク友達ができたりすることもあります。 アニメ中心の生活と言うのは、現在アニメオタクたちがハマるアニメと言うのは深夜帯に放送しています。 深夜帯のアニメを見るために生活リズムを深夜帯にして昼夜逆転の生活をおくっています。 その結果、定職に就かずニート生活をしている方やフリーターで何気なく過ごしている方などいます。 また、学生の場合は学校に行かず昼夜逆転生活で過ごしています。 常人には考えられないことですが、アニメにはまり込んでしまうアニメオタクに多いのが好きなアニメの登場人物に恋をしてしまい、アニメキャラクターを嫁と主張します。 また、近年では法律上正式な結婚ではありませんが、婚姻届を出し結婚することができます。 実際に婚姻届けを出し好きなアニメキャラクターと結婚生活を送っている方も存在します。 そして、アニメキャラクターと結婚式を挙げた男性もいます。 アニメオタクの行動は常人には理解できない行為ですが、アニメオタクにとってアニメが全てでありアニメが生きる希望となっているのです。 そして、アニメキャラクターを好きになるのは人同士が恋する感覚と同じようなことなのです。 身だしなみを整えた次はファッションです。 キモいオタクの方はイメージが多いですが、意外と普通のファッションをするとスタイルが良かったり、他の人では似合わないファッションが似合うこともあります。 ダサいファッションを抜け出すにはファッション詳しい人にコーディネートしてもらったり、コーディネートしてくれる人がいない場合はお店の人におすすめのコーディネートを作ってもらったりファッション雑誌を参考にするなどしてみてください。 そして、ファッションは色々試さなければあなた自身に似合うファッションと言うのは見つかりません。 コーディネートに自信がない方や苦手な方は挫折してしまう方もいますが、オタクを脱却するには必要な努力となっています。 オタクをやめれないのは、何かしら個人の考えがあるからだと思いますが、オタクを離れると何が良いことがあり、何が自分にとって悪いことなのか客観視することで答えが見えてくるはずです。 オタクをやめたいと勢いでオタクグッズを捨ててしまったりすると後々後悔が残ってしまいますので、まずは自分がどうなりたいか、自分尾目標に向かうためにはどうオタクの趣味が必要なのか、オタクの趣味は今の自分のにとってどんな存在なのかなど色々と考察してみましょう。 オタクの趣味関して気持ちが残っている状態で無理には慣れると反動でまたオタクの世界にはまってしまいます。 オタクの趣味を脱却するには気持ちと行動を1つにするのが1番です。 衝動的に動くのはNGです。

次の