企業型dc 退職。 企業型DC加入者資格喪失時(退職時等)の選択肢

転職・退職などで移換される方

企業型dc 退職

平成28年12月以前に退職した専業主婦の方は、確定拠出年金から脱退できることがある 、 平成28年12月以前に退職した専業主婦の方は、確定拠出年金から脱退できることがあります。 以下のすべての要件を満たす場合のみ、確定拠出年金から脱退できて、脱退一時金が受け取れます。 60歳未満であること 2. 障害給付金の受給者ではないこと 3. 脱退できない場合、個人型確定拠出年金の運用指図者になります。 わたしは加入期間が5年半でしたので、脱退できずに運用指図者になりました。 脱退できるなら、脱退したほうがいいかも 多くの方は脱退できないと思いますが、もし脱退の要件を満たしているのならば、脱退したほうがいいかと思います。 理由は、運用指図者になると口座を維持するために手数料がかかり、資産が年々目減りしていくからです。 平成29年1月以降に退職した専業主婦の方は、全員運用指図者になる 平成29年1月以降に退職して専業主婦になった方は、全員が個人型確定拠出年金の運用指図者になります。 以下のすべての要件を満たす場合のみ、確定拠出年金から脱退できて脱退一時金が受け取れるのですが、専業主婦は国民年金保険の第3号被保険者なので1番の要件を満たすことができないからです。 国民年金の第1号被保険者のうち、国民年金保険料の全額免除または一部免除、もしくは納付猶予を受けている方 2. 障害給付金の受給者ではないこと 3. 企業型確定拠出年金で掛け金を拠出していた期間が3年以下、もしくは企業型確定拠出年金の資産額が25万円以下 個人型確定拠出年金の運用指図者とは? 上で説明したとおり、企業型確定拠出年金に加入していて退職した専業主婦の方は、ほとんどが個人型確定拠出年金の運用指図者になります。 運用指図者とは、掛け金は拠出できずに「運用を指図する」だけの方こと。 なお、確定拠出年金は60歳になるまで資産を引き出すことはできません。 掛金を拠出するとは、掛金を払うという意味。 毎月決められた額を積み立てていくので、先取り貯金や積立投資みたいなものと考えていただくとわかりやすいです。 個人型確定拠出年金の運用指図者になったら、どうすればいいの? 運用指図者ができることには、次の2つがあります。 運用指図者として、企業型確定拠出年金のときの資産を運用する 2. 個人型確定拠出年金の加入者に変更して、新たに掛金を拠出する 専業主婦の方は、基本的には 1番の「運用指図者として、企業型確定拠出年金のときの資産を運用」するほうがおすすめです。 1番をえらぶ場合、「企業型確定拠出年金のときの資産を投資信託などで運用したほうがいいか?元本保証型の商品のほうがいいのか?」については、こちらの記事で書いています。

次の

企業型DC転職・退職時のお手続きご案内サイト:三菱UFJ信託銀行

企業型dc 退職

<計算式>• 140万円という金額は、 年金の9ヶ月分以上に相当するわけです。 こうして考えると、けっこうな金額ですよね。 公的年金等所得に関するものにかかってくる、所得税、住民税、介護保険料、国民保険後期高齢者保険料の金額も、 所得額が増えれば増えるほど増えていきます。 年金所得者も会社員と同様、余計な税金を納めたくないのであれば、課税対象となる所得を減らす努力をする必要があるのです。 年金所得者のための節税対策4選 公的年金に関しては、基本的に決まった金額を受け取ることになるため、 節税のしようがないというのが実際のところです。 したがって、年金所得者のための節税対策でポイントになるのは、会社からの退職手当や、会社で加入している企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)を 「どう受け取るか」です。 以下ではこのポイントを中心に、4つの節税対策を紹介していきます。 退職金は基本的に「一時受取」を選ぼう 退職金には「一時受取」と「年金受取」という2つの受取方法があります。 このうち年金受取は退職金を2%程度の利回りで運用してくれる点に大きなメリットがあります。 しかし税負担の観点から考えると、 一時受取で受け取るほうがお得になります。 というのも年金受取を選ぶと、公的年金等所得が増えます。 すると一時受取のときにもかかってくる所得税と住民税に加え、介護保険料、国民保険後期高齢者保険料も増額されるため、一時受取のときよりも 最終的な手取りが減ってしまうのです。 確かに一時受取の場合、定年退職後1年目で負担する税額は跳ね上がります。 しかし 長い目で見ると、そちらの方が得をする可能性が高いのです。 「一時受取+年金受取」で退職金の手取りを増やす 退職金は基本的に一時受取がお得です。 しかし退職金の金額が退職所得控除を大幅にオーバーする場合は、 一時受取と年金受取を組み合わせたほうが退職金の手取りが増えることがあります。 というのも、公的年金等所得には 控除制度があるからです。 例えば平成17年分から令和元年分までの公的年金等所得の控除は下表の通り定められています。 出典: 退職所得控除に加えて、この控除制度を利用することで、課税対象となる所得を より減らすことができれば、負担する税金も少なくて済むというわけです。 注意したいのは、この場合の公的年金等所得には、年金受取の退職金を受取期間で割った金額だけでなく、 厚生年金などの公的年金の支給額もプラスされているという点です。 そのため、毎年送られてくる「ねんきん定期便」の「見込み額」欄で、 おおよその公的年金の支給額を把握したうえで一時受取だけにするのか、一時受取+年金受取にするのかの判断をするようにしましょう。 企業型DCの受け取りは退職金との兼ね合いに注意! 企業型DCにも、退職金と同様に一時受取と年金受取という2つの受取方法があります。 そのため節税対策も退職金を受け取る際と 同じだと考えてもらってOKです。 しかし、注意するべき点があります。 それは各種控除制度の控除枠は、退職金と企業型DCで 共通しているということです。 ただし、これは退職金と企業型DCそれぞれに2,060万円ずつの控除が設けられているという意味ではなく、 合計で2,060万円という意味です。 これは公的年金等所得に対する控除でも同じ。 そのため、公的年金の支給額+退職金の年金受取額+企業型DCの年金受取額の合計をもとに税金が計算されることになります。 したがって企業DCの受取方法を決める際は、 退職金との兼ね合いをよく考えたうえで、最も控除制度を活用できる方法を選択する必要があります。 病院通いが多い人なら「医療費控除」も使える 定年退職後には、年齢のこともあって病院通いが増える人も多いはず。 もし年間を通じて10万円以上の医療費を使っているのであれば、 「医療費控除」の制度を使うことで節税できる場合があります。 医療費控除とは、支払った医療費が一定額を超える場合に、所得控除が受けられる制度です。 対象になる医療費は自分だけでなく、生計を一つにする配偶者やそのほかの親族のぶんも含められるため、 夫婦で年金生活を送っている場合は制度を利用できる可能性が高くなります。 控除額の計算式は以下の通りです。 <計算式> 実際に支払った医療費の合計額- 1 の金額 - 2 の金額 1 保険金などで補てんされる金額 (例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など (注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。 2 10万円 注 その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額 出典: なお、医療費控除を受けるには 確定申告が必要です。 具体的な方法についてはにてご確認ください。 まとめ 税金を支払うのは国民の義務です。 それは定年退職を迎えた年金所得者も同じです。 定められた金額の税金は支払わなくてはなりません。 しかし、本来払わなくても済む税金まで支払う義務は ありません。 老後の生活不安が大きくなってきている今の時代、必要以上の納税は避け、 蓄えにしておくべきでしょう。 ここで紹介した4つの節税対策は、そのための自衛手段です。 年金所得者自身はもちろんこと、 家族や親戚に年金所得者がいる場合、あるいは これから年金所得者になる人がいる場合は、余計な税金を支払わないで済むように、方法を教えてあげたり、手続きのサポートをしてあげたりしてください。

次の

【中小企業の社長】中小企業の場合どうやって退職金を積み立てたら良いのか?

企業型dc 退職

1転職・退職後のあなたの職業• 別の会社に 転職する• 公務員になる• 専業主婦 夫 になる 2企業型確定拠出年金 DC 制度の有無 *1• 企業型への 移換手続きへ• 制度の有無がご不明の場合は転職先の人事部へお問合せください。 お手続き期間は資格喪失後 6ヵ月以内です 加入者資格喪失日 =退職日の翌日 の翌月から6ヵ月以内にご自身で移換手続きを行わない場合、年金資産は自動的に国民年金基金連合会に移換されてしまいます。 *2 ただし、2018年5月1日以降は以下条件に該当する方は、ご資産がご本人の他の確定拠出年金に移換される場合があります。 他の企業型確定拠出年金(DC)の加入者(であった者)• 個人型確定拠出年金の加入者または運用指図者 このウェブサイトは、三菱UFJ信託銀行株式会社が2019年7月16日時点で信頼できると判断したデータに基づいて作成しておりますが、 その正確性・安全性を保証するものではありません。 従って、表記された制度概要や想定される主なサービス等については、今後変更となる場合があります。 商号等:三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長 登金 第33号 加入している協会の名称:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 宅地建物取引業:届出第6号•

次の