玉川上水 まめ吉。 立川新聞

立川新聞

玉川上水 まめ吉

4月最初の週末。 あっという間に今年のさくらも風に舞いはじめました。 今週末にお花見!という方も多いんじゃないでしょうか。 残り少ないさくらの季節を存分に楽しみましょう! 先日、立川新聞1周年記念パーティーで読者の方から立川の街中以外も記事にしてほしい!というリクエストがあり今回は玉川上水へ取材に行ってきました。 駅前のさくらはちらほらと芽を出していました。 遊歩道沿いは若芽がちらほらと陽に照らされてます。 新緑が気持いいですね。 そんな新緑の玉川上水の遊歩道(右側)を上流へしばらく歩くと白い小さなお店が。 そうそう~ここここ!今日ご案内するのはこちら。 「珈琲豆焙煎工房まめ吉」さん。 先日編集部が参加した地域の集まりに来ていた珈琲屋さん数名とお話しした際にも、「まめ吉」さんのお話をされていたりと、多摩地域では有名なんですね。 小窓からの日差しが心地よい店内。 電球の灯りが白い壁と家具を照らし、どことなく高原のコテージのようです。 店内には柔らかく珈琲の香りが漂います。 立川新聞 あの~立川新聞ですが、取材してもよろしいですか?と尋ねると マスター 「立川新聞にいいねしてますよ。 どうぞ。 いいですよ」と。 暖かいお言葉に感激の編集部。 立川新聞 「あ、ありがとうございます。 」 平日の午後遅い時間だったのでゆっくりお話しさせていただきました。 マスターのお名前は英吉さん。 そう珈琲豆の「まめ」とマスターのお名前「英吉」の縁起の良い「吉」を掛けあわせて「まめ吉」にしたそうです。 立川新聞 それしてもいい場所ですね~ここで珈琲屋さんをはじめたきっかけについて教えていただけますか? 英吉さん そうですね~香りが好きなんですよ。 お酒とか 笑。 お酒はなかなか自分で作れないし… 珈琲は自分の香りが作れるからですかね。 あと、父の影響もあります。 英吉さん 小さいころからここに住んでいて、働きはじめてからは都心で暮らしていたんですよ。 父が他界してしてからですかね。 父のものを整理していると珈琲の道具や焙煎機が出てきたんですよ。 父は珈琲が好きだったんだと改めておもい、香りが好きだったこともあって、それから珈琲屋さんを飲み歩きしましてね。 そこで出会ったのが師匠の珈琲なんです。 その香りに惚れて2年くらい修行してました。 立川新聞 2年もの間修業って結構長いですよね。 英吉さん そうですね。 というのも珈琲豆の香りと味を決める焙煎機を使いこなせないと認めてもらえなかったんですよ。 ようやく認めてもらい長年住んでいた玉川上水のこの家の中庭でお店をはじめたんです。 立川新聞 それがこちらの焙煎機ですか? 英吉さん そうこれが師匠が使っていて完全熱風式の焙煎機なんですよ。 豆の芯までしっかり火が入り、雑味のない豆本来の味わいが出せるんですよ。 そんなまめ吉さんのこだわりの一杯をいただいてみましょう。 その日のおすすめオーガニック珈琲を注文。 瓶から取り出した豆をドリップするときの香り。 ホントいい香りでした。 英吉さんが丁寧に注いでいきます。 外の景色を眺めながら珈琲が落ちるのを待つ時間もいいひと時です。 いい香りです。 見た目も素朴な感じがまたいい雰囲気です。 この器は編集部も取材したH. worksさんで手に入れたんですって。 ゆったり過ごすには最高のパートナーです。 珈琲と一緒にいただくお菓子もこだわっていて、珈琲にあうように作っているそう。 一緒にいただいたスコーンはほのかな甘みで外はサクッと中はしっとりした食感。 チョコレート風味のクッキーはカッチカチなんですがこれがまた珈琲にあうんです。 これからの季節は冷たい珈琲もいいですよね。 牛乳に負けないように香りにこだわって焙煎した豆を使用したカフェオレもお勧めです。 お店の前にある中庭には小さい椅子がふたつ。 英吉さんには双子のお子さんがいて、出来るだけ子供との時間を過ごしたいという想いから、子どもが休みの日の日曜日は休みにしているそうです。 焙煎も子どもがまだ寝ている朝の早い時間に。 そんな子供想いの英吉さんの自家焙煎珈琲豆。 優しい想いが詰まっているんですね。 これから英吉さんがいちばん好きな新緑の季節。 その人に合わせたコーヒーのおいしい入れ方も教えてもらえたり、家でコーヒーを淹れたくなりますよ。 一度訪れてみてはいかがですか? 珈琲豆焙煎工房 まめ吉 住所:東京都立川市砂川町6-36-11 TEL:042-535-1070 営業時間:10:00~18:00 定休日:日曜・祝祭日、第1・3水曜日.

次の

立川喫茶時間 居心地のよいカフェを求めて

玉川上水 まめ吉

まめ吉• 店名 珈琲豆焙煎工房 まめ吉 案内 西武拝島線・多摩モノレール玉川上水駅南口より玉川上水沿いの緑道を西へ、千手橋を過ぎて右手奥にブランコが見えたら右に入る道に入り、すぐ左側、徒歩約13分。 北口からは線路沿いの道を拝島方向へ進み、音大が切れたところの信号のある交差点を左折して西武線を横断し、次の交差点を右折、細かい左折路を3つ過ごして浄水所手前の交差点を左折して細い道に入り突き当たりの右側、徒歩約15分。 住所 立川市砂川町6-36-11 電話 042-535-1070 概要 住宅の庭にご主人が自分で建てたというログハウスがある。 窓寄りには珈琲をいただくカウンター式の小さなテーブルもある。 季節が良ければ、気持ちの良い外のテーブルでもいただける。 蚊取り線香も焚いていただけるので、快適である。 入口正面に、豆がガラス瓶に入れられている。 ブレンドは3種類用意されている。 赤い焙煎機は完全熱風式と称していて、バーナーの熱は伝わらず熱風だけで焙煎するのでふっくら焼けると話されていた。 求めた豆の袋には、賞味期限6ヶ月の他に、「香味期限」として粉2週間、豆4週間と書かれているのは面白かった。 駅からはちょっと離れているが、近くには玉川上水が流れ、その散策客も加わって土曜日は客も多い。 値段 杯:420円~ 豆:662円~ 営業 10:00-18:00 定休日:火曜・水曜・祝祭日 Web 調査 2020年4月.

次の

一杯のおいしいコーヒーを求めて「まめ吉cafe」へ

玉川上水 まめ吉

コーヒーはブラックで飲みますか?それとも砂糖やミルクたっぷりの甘いコーヒー? コーヒーの楽しみ方は本当に人それぞれです。 こだわっている人はどこまでもこだわる。 お家カフェするする人もいれば、カフェ巡りが趣味の人もいる。 コーヒー嫌いなのに香りが好き、とかカフェの雰囲気が好きって人もいますよね。 私はというと、毎朝ペーパードリップでゆっくりコーヒーを抽出してその香りを楽しんでいます。 朝のコーヒーたまりません。 もともとコーヒーは好きでしたが、豆にこだわったりはしていませんでした。 コーヒーの奥深さを知ったのは、今回紹介する「まめ吉カフェ」さんとの出会いがきっかけです。 いつ行っても激混みのスタバやタリーズなどのチェーン店のカフェ。 激甘なコーヒーよりも豆の香りや味わいを楽しみたい!チェーン店のコーヒーでは物足りない!という人に「まめ吉カフェ」さんはおすすめです。 それにかわいいです(これ重要!笑) 玉川上水沿いの住宅街にある白いログハウス 場所は玉川上水緑道沿いのとてものんびりした空気の住宅街にある自家焙煎工房兼カフェです。 絵本の中から飛び出したかのような白いログハウス。 とってもコンパクトな作りです。 3、4人入ったら結構パンパン(笑) 天気の良い日に玉川上水緑道のお散歩がてら立ち寄ってみるとより楽しめるかもしれません。 焙煎したばかりの豆がずらり オーナーのまめ吉さんは珈琲豆焙煎士。 隣の工房で豆を焙煎しているのでいつも新鮮でおいしい。 自家焙煎の強みですね。 どんなコーヒーが好きなのか、酸味や苦みなど好みを伝えると、オススメの豆を提案してくれます。 もちろん持ち帰りの豆は挽いてくれるので、コーヒーグラインダーが家になくても大丈夫!! コーヒーって本当に奥が深いですね。 私は、毎回違う産地で、違う焙煎度合いの豆を購入します。 それぞれ香りや味わいが全く違う。 ブラックでこそ味わえる楽しみです。 ちなみに、別記事で紹介している土曜日限定の「玉川上水ぷりん」にぴったりなブレンドまであります! 土曜日にプリン屋さんに行って、その足でまめ吉カフェ。 そしてプリンをカフェで食べるっていう楽しみ方もあります。 プリンやさんからまめ吉カフェまでたぶん歩いて2、30分くらい。 最高の土曜日散歩コース。 コーヒー飲むと気持ち悪くなっちゃう!っていう人でもきっと大丈夫! 私は以前から深煎りが苦手でした。 というのもいつも少し気持ち悪くなるくなるんです。 まめ吉さんに聞いたら、豆の種類や焙煎の仕方で違うので、一概に深煎りだからとは言えないそうです。 実は焙煎の過程でナマの豆が少し残ってしまってることがよくあるそうで、そのナマの豆が気持ち悪くなったり胃に負担がかかるそうです。 まめきちさんは今使っている焙煎機に出会って世界が変わったそうです。 コーヒー飲むとちょっと気持ち悪くなるんだよねーという方やコーヒーがちょっと苦手という方も、ここのコーヒー豆なら大丈夫かもしれません。 えええ!コーヒーってこんなにひとつひとつ味も香りも違って、香りがいいの? もっと早く知りたかったー!って思うかもしれません。 自分にあった一杯のコーヒーを見つける楽しみが増えるかもしれません。 百聞は一見に如かず!です。 カフェメニュー カフェでゆっくり過ごすのも贅沢な時間です。 メニューはこんな感じです。 ただし、まめ吉カフェは夏と冬は少々過酷です(笑)というのも、エアコンがありません。 しかもログハウス内はカウンターに2、3人しか座れません。 外でもゆっくりできるんですが、冬は寒い。 そして夏は玉川上水が目の前だからか、蚊が…。 それでも妙に落ち着くカフェです: お店情報• 営業時間 10:00-18:00• 定休日 水曜日・日曜・祝日• 住所 〒190-0031東京都立川市砂川町6-36-11.

次の