軽減 税率 対象 日用品。 軽減税率は日用品が対象外!対象となるものや実施期間はいつまで?

【軽減税率】どこまでが飲食料品?対象かどうかを区別するポイントを解説

軽減 税率 対象 日用品

スポンサーリンク 軽減税率の対象品目・商品・買い物の方法 まずは軽減税率の対象品目となる商品や買い方を、箇条書きでまとめます。 飲食料品• 条件をクリアした一体資産• テイクアウト• 宅配の食料品• 新聞(週2回以上発行される新聞で、定期購読契約をしている場合)• 有料老人ホームなどでの飲食料品の提供(学校の給食も含む)• 料理酒・みりん(条件付き)• ノンアルコールビール・甘酒• 酒入り菓子(ウイスキーボンボンなど)• サプリ・健康食品・美容食品• 食品添加物(重曹など)• 列車内のワゴン販売(車内販売)の飲食品 「一体資産」とか、???ですよね! では、もう少し詳しく見てみましょう。 飲食料品 飲食料品は、通常の食べ物や飲み物のことですね。 米も野菜も肉も、牛乳も、今まで通り 消費税8%で買えます。 条件をクリアした一体資産 一体資産っていうのは 飲食料品とそうでないものが、セットになって販売されている商品のことです。 紅茶の茶葉と、ティーカップのセットとか・・・ 一番主婦にとって身近なのは、 食玩ですね! これらの「一体資産」で、軽減税率の対象品目となるのは• 全体の価格が1万円以下• 食玩だったら、お菓子の価格が、おまけの価格の2倍以上でないと 軽減税率の対象品目から外れてしまうわけです。 例えば、笛ラムネ。 テイクアウト ファーストフードや、テーブル席のあるパン屋さん または牛丼屋などで、お店で食べずにテイクアウトすれば 軽減税率の対象品目となります。 同じものを買っているし、容器代のことを考えると 納得できませんねー。 宅配の食料品 生協や、ネットスーパーでの飲食料品の宅配や 宅配ピザ、寿司の出前など 生活に必要なものも、そうでないものも 「宅配」なので軽減税率の対象です! 新聞(週2回以上発行される新聞で、定期購読契約をしている場合) 毎朝、毎夕届く、普通の新聞は 軽減税率の対象品目になります。 新聞会社だけの特権か?! 有料老人ホームなどでの飲食料品の提供(学校の給食も含む) 有料老人ホームなどでの飲食料品の提供っていうのは 軽減税率の対象外のケータリングに含まれないように、条件付けられているものです。 有料老人ホーム• 幼稚園 などでの給食は、軽減税率の対象ってことです。 ただし、 一食につき640円以下で、1日に1,920円までが上限です。 ややこし過ぎる!!!! 次は、軽減税率の対象外の品目・商品・買い物の方法について解説します! スポンサーリンク 軽減税率の対象外の品目・商品・買い物の方法 軽減税率の対象外の商品や買い方は、必ず覚えておきたいですね! ではまず、簡単に箇条書きでまとめます。 酒類( 料理酒・みりん含む)• 日用品• ケータリング• 外食(コンビニのイートイン含む)• 一体資産(条件付き)• 新聞(発行が週1回以下の場合)• 医薬品・医薬部外品• カタログギフト• ペットフード• いちご狩り・梨狩りなど なんとなく、ぜいたく品はダメ!ってことですね。 では、もう少し詳しく見ていきましょう~! 酒類 お酒は生活に必須なものではないので 軽減税率が適用されなくても、大声で文句は言えませんね。 シャンプー・リンス• ラップ• ティッシュ• トイレットペーパー• 歯ブラシ などの、日本人が日本で日本人らしく暮らすために どう考えても必要だと思える日用品も 軽減税率の対象外です! 「200円の野菜と100円の石鹸」 「600円の肉と200円のラップ」など 一体資産としてセット販売して 軽減税率の対象品目として売ってもらいたい!!! ケータリング ケータリングとは・・・ 出張レストランや、出張ビュッフェみたいなものですね。 お客の指定した場所に飲食料品を運び、 配膳とか温めとか、食べ物や飲み物を運ぶ以外のサービスも提供してくれます。 まぁ、どう考えても生活に必須なことではないから 軽減税率の対象外です。 外食 どんなに安い牛丼でも! ジュースやコーヒー1杯でも、外食は外食。 軽減税率の対象外です。 牛丼は、お店で食べるより テイクアウトの方が 消費税は安いってことですね。 一体資産(条件付き) 「一体資産」とは、 飲食料品と飲食料品以外がセットになった商品です。 おまけ付きのジュースやお茶も含みます。 「一体資産」商品の 価格が1万円を超過• 新聞(発行が週1回以下の場合) 毎日配達してもらう契約をしている新聞は、軽減税率の対象品目ですが 発行が週に1回以下の新聞は、軽減税率の対象外です。 例えば・・・子供新聞など週刊新聞ですね。 契約せずに買える コンビニや駅で買う、新聞 も 軽減税率の対象外です。 医薬品・医薬部外品 薬局・ドラッグストアで買う薬も 軽減税率の対象外です。 日焼け止めも、痛み止めも、胃薬も、うがい薬も スタミナドリンクも「栄養補助食品」でなく、「医薬部外品」などの表示があれば 消費税10%です。 ギフトの内容が食品だったとしても 食料品を売ることにはなりません。 残念! 食品を購入して贈る、 普通のお歳暮などは軽減税率の対象です。 (送料は対象外) ペットフード ペットフードは、人間の生活に必要な飲食料品ではないので 予想はしてたけど、軽減税率の対象外です。 いちご狩り・梨狩りなど いちご狩り、梨狩り、ぶどう狩りなどは、食べ物を買ってるように見えますが・・・ いちごや梨、ぶどうを狩るという 行為を提供しているので 飲食料品を売っているわけではないのです。 だから、 軽減税率の対象外です。 まとめ 軽減税率は、主に• 飲食料品• 毎日の新聞 が対象品目です。 飲み物、食べ物は、今まで通り消費税8%で買えますね。 ただ、 収入の少ない人を救済するために考えられたものなのに 日用品は軽減税率の対象外なのが納得できないです。 コンビニのイートインが対象外っていうのも、単純に店員の仕事が増えるし 慣れるまでは当分、店の人もお客も混乱しそうです。

次の

軽減税率の対象になる品目はどこまで?日用品を簡単に確認する方法は?

軽減 税率 対象 日用品

軽減税率の対象となる品目はどこまで? 軽減税率が適用されるのは、 外食・酒類を除く飲食料品と、定期購読している新聞のみです。 それ以外のものは全て消費税10%となってしまいます。 軽減税率は、増税の負担を補うための救済策と聞いていましたが、正直思ったより対象範囲が狭くて期待外れでした。 また、テレビなどではややこしいと言われることが多い軽減税率ですが、こうして対象商品を見ると、至ってシンプルに見えますよね。 しかし、実際は線引きが難しい部分も確かに多いようです。 迷ってしまいやすいケースごとにご紹介していきますね。 酒類かどうか迷うケース 酒類かどうかは「 アルコール度数が1%未満かどうか」で決まるようです。 さらに、酒類と呼ばれるのは飲料だけですので、アルコールの入ったお菓子は菓子類として軽減税率の対象となります。 これらの条件を踏まえて、わかりにくいものを表にまとめてみました。 外食かどうか迷うケース 外食とは、店舗で提供された食品をその場で食べることを言うため、 テイクアウトやデリバリーは外食に当たらず、軽減税率が適用されます。 テイクアウトは店頭で「テイクアウトで」と言うだけではなく、お店と全く関係のない場所 (お店が買った商品を食べるために許可をとったりしていない場所)で食べなければなりません。 ただし、このあたりの線引きはかなり難しいので、ケンタッキーなどの大手チェーン店の一部はテイクアウトも店内飲食も値段を同じにすると表明しています。 SPONSORED LINK 食品・飲料でも軽減税率じゃない品目とは? 軽減税率の対象物とされる 飲食料品の定義は 「食品表示法」で食品とされるものかどうかで決まります。 このため、たとえ口にできるものでも、軽減税率が適用されないケースもあるんです。 それでは、 食品・飲料でも軽減税率の対象でない商品について分類ごとに説明していきますね。 医薬品・医薬部外品 医薬品及び医薬部外品は食品の分類に入らないので、軽減税率の対象となりません。 薬などはもちろん、 医薬部外品である栄養ドリンクなども軽減税率の対象外の商品です。 ただし、栄養ドリンクのような見た目でも、 オロナミンCのように裏面の表示が「清涼飲料水」となっていれば、飲料となり、軽減税率の対象商品となります。 また、最近よく見る トクホ(特定保健用食品)も食品として軽減税率の対象です。 水道水 水道水はもちろん飲むことができますが、 軽減税率の対象とはなりません。 皿洗いやお風呂など、食用以外の用途に使う分量が多いためとされています。 一体資産(食品とそれ以外がセットの場合) おまけ付きのお菓子など、食品がそれ以外のものとセットになっているものを一体資産と言います。 一体資産は本体価格が 1万円を超えると軽減税率の対象外です。 代表的なものを表にまとめてみましたので参考になさってくださいね。 日用品の税率を簡単に確認する方法は? 日用品を買うとき、 税率が8%と10%のどちらになるのか迷ってしまったら 店員さんに聞くのが一番早いです! 大抵の店には10月から軽減税率に対応したレジスターが導入されていますので、店員さんに聞けばすぐに確認してもらえるはずですよ。 また、事前に軽減税率が適応される商品を調べたいときは、こちらのサイトが便利です。 ざっくりとした対象商品の説明だけでなく、軽減税率の適応について、具体的なケースを想定して説明されているので、とてもわかりやすいですよ。 増税前に買っておいた方がいい日用品をまとめてみましたのでぜひ参考にしてください。 ・家庭内の消耗品 (ティッシュ、各種洗剤、水回り用品、生理用品など) ・化粧品類 ・ベビー用品 (粉ミルク、離乳食は軽減税率対象なのでオムツ、おしりふきなど) ・ペット用品 (全般。 ペットフードも人間が食べられないので軽減税率対象外) このようにまとめてみると、大体がドラッグストアにある商品ですので、まとめ買いはドラッグストアが便利かもしれませんね。 また、これらの日用品以外にも必要があれば買っておいた方が良いものとして ・家具、家電 ・衣服、靴、鞄類 が挙げられます。 これら は増税前に大規模なセールが予想されますので、買い替えを検討中の方にはこの期間がおすすめです。 なお、 増税はガソリンの価格にも影響しますので、車をお持ちの方は増税前に給油しておいてくださいね。 ただし、9月30日などはガソリンスタンドがかなり混雑すると予想されますので、 ちょっと早めに入れておいた方がいいかもしれません。 まとめ 軽減税率について調べてみた結果、基本的には「飲食料品と新聞」が対象であるものの、グレーゾーンの商品も多く、最初の頃は戸惑ってしまいそうだなと感じました。 特に、おまけ付きお菓子などは自分での判断は難しそうなので、その都度、お店の人に聞いてみようと思います。 とはいえ、対象外の商品はわかったので、増税前のまとめ買いについては心配なさそうです! 増税前にまとめ買いをお検討中の方は、ぜひこの記事で軽減税率対象外の商品をチェックして、値上がりするものだけを無駄なくまとめ買いしてくださいね。 なお、増税後もお得にお買い物をしたいという方にはこちらの記事がおすすめです!.

次の

消費税10%増税でいつから?軽減税率対象の食品一覧は?

軽減 税率 対象 日用品

軽減税率制度って何のこと? 軽減税率制度とはどんな制度のことなのでしょうか? この制度は、特定の消費税率を一般的な消費税率よりも低く設定する制度のことです。 複数税率とも呼ばれていますが、それは一時的に消費税が2種類存在するようになるからなんですね。 なぜこのような制度ができたかというと、低所得者などへ経済的な配慮をすることが目的とされています。 軽減税率が導入されると、もちろん私たち消費者や小売店に影響が出てきます。 消費税率が一定でないために、買い物をしながら計算していくのも大変になりますよね。 お店側としても、予算が立てづらいですし、スタッフの教育も必要になってきます。 レジなどの設定も細かく必要になりますし、多少ならずとも混乱が生じてきそうですね。 具体的に何が軽減税率対象商品となるのか、詳しく見ていきましょう。 軽減税率対象商品は?オムツや医薬品などの日用品は? 国税庁はすでに 軽減税率対象商品を発表しています。 具体的にはどんなものが軽減税率対象商品となるのでしょうか?普段、買い物をすることが多いオムツや医薬品などの日用品は対象なのか気になるところです。 結論から言うと、オムツや医薬品などの日用品は軽減税率の対象とはなりません。 消費税増税が導入された後は、 【標準の税率10%で販売】されるということですね。 オムツや医薬品だけでなく、洗剤や化粧品、歯ブラシや歯磨き粉などのオーラルケア商品、ボディソープや石鹸などの日用品も軽減税率対象外となります。 intage. スポンサーリンク 軽減税率対象商品は?お菓子などの食品は? 原則として、 軽減税率対象商品は「食品」と「新聞」の2種類となっています。 もちろんお菓子も対象となるようですよ。 新聞については、定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞が対象となっています。 新聞が軽減税率の対象になるのは、減税することで国民がニュースや知識を得る機会を減らさないようにするという目的があります。 基本的には全国民が購入する「食品」が対象なのですが、生きるために必要な情報を入手する手段ということで新聞も対象となるようですね。 新聞の定義は分かりやすいのですが、難しいのは食品ですよね。 医薬品や医薬部外品に該当する栄養ドリンク、また酒類は軽減税率対象外となっています。 思わず迷ってしまいそうな食品のケースをチェックしてみましょう。 おまけ付きお菓子:金額とおもちゃ割合によって対象外 10% 例えばおまけの付いたお菓子はどうなのでしょうか?子供なら誰でも一度は憧れるおまけ付きお菓子。 お菓子を買えばミニカーやキャラクターグッズが付いてくるものは対象となるのでしょうか? もしおもちゃをおもちゃ屋さんで買う場合には、軽減税率対象外となりますが、 おまけ付きお菓子はあくまでもお菓子におまけのおもちゃが付いてきただけですので、軽減税率対象商品となります。 目的はお菓子ではなくおもちゃ!という子供がほとんどかもしれませんが、それでも軽減税率の対象にはなるようですよ。 ただしこの 「おまけ付きお菓子」が食品扱いになるには条件があります。 【おまけ付きお菓子が食品扱い(8%)になる条件】• 税抜1万円未満• そのため、 お菓子ではなくおもちゃが価格の大半を占めている場合など、一部のお菓子は10%に増税される商品も出てきます。 駄菓子屋さんや子供たちも混乱しそうですね。 【これはひどい】軽減税率の線引き。 ステッキ型チョコはお菓子とみなされ8%になるのに、パイプ型チョコは容器が笛になって、「お菓子とそれ以外」とみなされるため10%。 製菓会社は頭を抱えています。 なぜこのようなことになったのでしょうか。 今回の軽減税率ですが、外食は対象外となっています。 最近ではテイクアウトができるお店も増えてきていますよね。 ラーメン屋さんや牛丼屋さんでも、お店で食べる人と持ち帰って食べる人がいます。 またフードコートでハンバーガーを買って店内で食べる予定が、満席だったため仕方なくテイクアウトして家で食べる、というケースもあるでしょう。 そういった場合には「外食」扱いになるのか、「食品」扱いになるのかという問題が出てきます。 スーパーマーケットなどで売られているお弁当は食品扱いなので、それと同じように考える人もいますよね。 結論としては、店内で食べる場合やケータリングについては「外食」、 テイクアウトして食べる場合や蕎麦屋の出前に関しては「食品」ということで軽減税率の対象(8%)となります。 スポンサーリンク 学校給食 8% 学校や老人ホームで提供される 「給食」はどうなるのでしょうか? この「給食」に関しては、軽減税率対象商品となり、消費税は8%据え置きとなることが決定しています。 ただし学生食堂など、生徒が利用するかどうかを選択できる場合には、軽減税率対象外となります。 こちらも老人ホームの価格設定によって、対象か対象外かが異なってくる可能性はありそうですね。 酒類 基本的に10%,ノンアルは8% 酒類は基本的には 軽減税率対象外となるのですが、ノンアルコールビールやみりんはどうなるのでしょうか? この「酒」にあたるかどうかは酒税法に基づき、アルコール分一度以上であるかどうかでの判断となるようです。 酒類 みりん,料理酒,料理用ワイン含む):基本的に10%• ノンアルコールビールだけでなく、甘酒などもアルコール度数が1度未満であれば、軽減税率が適用されます。 ただし「みりん風調味料」はアルコール度数が1度未満のものが多いので、軽減税率対象となる可能性は高いようです。 みりんを購入する際は、アルコール度数をチェックしてから買うといいかもしれません。 jiji. ネットで調べてみても、10%となっているところと8%となっているところがあり…やはり混乱している方は多いのかもしれません。 「消費税軽減税率電話相談センター」によると、 ミルクや離乳食は 軽減税率対象商品(8%)となるそうです。 つまり8%のまま、据え置きになるということですね。 子育て世代にとっては一安心ですね!母乳で頑張っているお母さんたちや、離乳食はすべて手作り!というお母さんたちは恩恵を受けられませんが、母乳をあげたくてもあげられない事情やどうしても離乳食を買わなければならないシーンなどに遭遇することはありますから、やはり8%のままというのは助かります。 ちなみにこの「消費税軽減税率電話相談センター」というのはフリーダイヤルで誰でも電話することができます。 ネットでも情報が錯綜していますし、もし分からないことがあれば気軽に電話で相談してみてもいいかもしれませんよ。 軽減税率対象商品以外で増税による負担増への対策はあるの? 軽減税率対象商品を設ける以外にも、増税に向けて消費の落ち込みを和らげるためにいくつかの対策が発表されています。 その対策を簡単にご紹介します。 プレミアム付き商品券 最大25,000円分の商品券を20,000円で買うことができる権利がもらえます。 つまり5,000円分もお得になるということですね。 住民税が非課税の世帯や2歳以下の子供がいる世帯が対象となります。 ただしこの商品券は税率引き上げ後の 6ヶ月間に使う必要がありますよ。 新築の場合は35万円分、リフォームの場合は30万円分のポイントをもらうことができ、家電やグルメなどの商品と引き換えることができます。 すまい給付金 現在、年収510万円以下の人が住宅を購入すると、上限30万円分までの現金が給付されていました。 この年収が775万円以下の人にまで給付されることになり、対象が拡大されます。 マイナンバーカード活用ポイント制度 マイナンバーカードを持っている人に、買い物に使える全国共通ポイントが加算されます。 この機会にマイナンバーカードも普及しそうですね!マイナンバーカードを取得するには郵便やパソコン・スマホなどで申請する必要がありますよ。 スポンサーリンク 軽減税率対象商品はいつまでの制度なの? 軽減税率対象商品は いつからいつまでの制度なのでしょうか?軽減税率制度の期間について、詳しく見ていきましょう。 まず 軽減税率制度の開始ですが、2019年10月1日の消費税増税とともにスタートすることが決まっています。 intage. ただし、今のところ消費税増税はほぼ最終決定している事案ですので、このままいくと軽減税率制度も予定通り導入されることになります。 しかしながら、 この制度がいつまでなのかについては現在のところまだ発表されていません。 今後の景気や経済状況、国民の反応などを見ながら、いつまでの制度にするかを決定していくのではないかと思われます。 今後の発表にも注意を払っていきたいですね。 そのため、オムツや医薬品などの日用品は対象外となりますよ。 難しいのはお菓子などの食品でも、一部は対象外となる商品もあるということです。 購入するシーンや商品によって、軽減税率対象商品となったり、対象外となったりする場合があるので、最初のうちは消費者やお店側も混乱する可能性はありそうですね。 いつまでの制度なのかという点についても、現在のところは発表されていません。 レジの設定や買い物の計算など、考えられる大変さはたくさんありますが、今のうちから細かく調べて対応していきたいですね。 スポンサーリンク.

次の