香西 かおり。 香西かおりの歌詞一覧リスト

香西かおり|プロフィール|HMV&BOOKS online

香西 かおり

香西かおりには結婚歴があった!年齢やプロフィールは? 香西かおりにはミュージシャンとの結婚歴があった!スピード離婚した理由とは? 香西かおりは、演歌はもちろんのこと、ポップスまで器用に歌いこなす人気の演歌歌手です。 あまり知られていませんが、過去に結婚歴があります。 香西かおりの結婚相手は、ミュージシャンの斉藤恵です。 香西かおりのバックバンドを務めたことがきっかけで知り合い、交際に発展したといわれています。 2000年に結婚した香西かおりでしたが、2002年に、わずか2年でスピード離婚しました。 離婚原因は、斉藤恵が妻となる女性には家庭に入って欲しいと考えていたことに対して、仕事に対する姿勢を変えることがなかった香西かおりとの意見の相違だといわれています。 2人には子供がいなかったので、特に揉めることもなく離婚したようです。 その後、香西かおりは再婚していませんので、結婚歴はあるものの現在は独身ということになります。 香西かおりの年齢やプロフィールが気になる!デビュー直後からヒット曲を連発 香西かおりは、1963年生まれで53才。 出身は大阪府で、地元の大阪市立東商業高等学校を卒業しています。 実は、高校卒業後、銀行に就職していたという香西かおり。 その銀行とは、当時の太陽神戸銀行で、現在の三井住友銀行です。 しかし、子供の頃から、数多くの民謡の大会で受賞するなどしていた香西かおりは、歌を諦めきれませんでした。 そのため、銀行を退行し、上京します。 上京後の1988年に香西かおりは、後にヒット曲となる「雨酒場」で演歌歌手としてデビューしました。 「雨酒場」が同年のレコード大賞新人賞を獲得すると、その後も、「流恋草」「無言坂」「浮寝草」など、ヒット曲を次々とリリース。 演歌歌手としてデビューした香西かおりですが、歌謡曲や民謡に加えて、ポップな曲も歌ってきました。 しかも、自身で作詞もするなど、歌唱にとどまらない、多彩な才能を発揮しています。 香西かおりの紅白出場回数とヒット曲!受賞歴がすごかった! 香西かおりは紅白歌合戦の常連歌手!紅白出場回数とヒット曲は? 香西かおりは、数々のヒット曲を持つ、紅白歌合戦の常連でもあります。 デビューから3年後となる1991年、第42回紅白歌合戦に「流恋草」で初出場した香西かおりは、1995年まで連続出場。 昨年までに、合計18回も紅白に出場してきました。 もちろん、2016年の第68回紅白歌合戦も出場予定で、対戦相手の白組代表は、ジャニーズグーループ「Sexy Zone」です。 香西かおりが、過去に紅白で披露した曲は、「無言坂」が最多の5回、次いで、「酒のやど」が3回となっています。 これらがヒット曲であることは間違いありませんが、その他にも、デビュー曲「雨酒場」や、2000年にリリースした「浮寝草」なども代表的なヒット曲です。 多くのヒット曲に恵まれている香西かおりは、2016年の紅白出場を加えると、出場回数19回を数えるベテラン歌手として、その地位を不動のものとしています。 香西かおりのレコ大や有線大賞の受賞歴がすごかった! 香西かおりは、数多くのヒット曲を持っていますが、その受賞歴もまたすごいものです。 デビュー曲の「雨酒場」は、レコード大賞やそのほかの賞レースで軒並み新人賞を受賞。 「流恋草」は、日本有線大賞とレコード大賞のゴールドディスク賞をダブルで受賞しています。 紅白で最も多く歌われている「無言坂」は、第35回日本レコード大賞の大賞受賞曲ということで、このとき、香西かおりは、ついに大賞を受賞しました。 その後も、2012年の「酒のやど」でレコード大賞の優秀作品賞と、日本有線大賞の有線音楽優秀賞を受賞しており、これも「流恋草」と同じくダブル受賞となっています。 楽曲人気が高いばかりでなく、数々の賞レースでもたしかな存在感を放ってきた香西かおり。 今後も、歌の心を伝えるべく、第一線で歌い続けていくことでしょう。 香西かおりは紅白出場20回目!出場者一新で新たな紅白をアピール! 香西かおりは、2016年の紅白歌合戦出場が決まったことで、通算19回目の出場となりました。 2019年には70回という節目を迎えるNHK紅白歌合戦は、今年、さまざまな刷新策が検討されているといいます。 出場者の一新が図られた様子はとりわけ印象的で、和田アキ子や伍代夏子、藤あや子ら、ベテラン勢が落選する一方、10組の初登場アーティストの出演が予定されています。 司会者は、紅組が有村架純、白組が相葉雅紀と、こちらも若々しさをアピール。 (ラジオ)放送開始から90年と、伝統や歴史をテーマに据えた昨年から、「紅白の新しい年のスタート」と位置付けた今年は、新たなチャレンジの年にふさわしいリニューアル計画が着々と進められているようです。 いかにベテラン勢が落選しようとも、紅白出場者から香西かおりの名前が消えないのはさすがです。 それもこれも、香西かおりが、現状に甘んじることなく、チャレンジをし続けてきているからといえます。 2016年には、都内でスペシャルライブを開催した香西かおり。 これは、2015年12月のリリースされたアルバム「うたびと ~Stage Singer~」に収録曲されている曲をメインに、ジャズや、ブルースを織り交ぜた構成でした。 かつては、ももいろクローバーZの5人が5色の衣装をまとって「酒のやど」を披露するなど、異分野とのコラボにも積極的です。 数々の賞を受賞したベテランであるものの、まだまだ現状に満足はしていない様子の香西かおりは、新しいことに次々と挑戦しています。 すでに大御所の貫録十分ですが、香西かおりにとってより大切なのは、名声ではなく、ファンとの一体感や、歌うことの喜びなのかもしれません。

次の

片寄せ波 ♪香西かおり

香西 かおり

香西かおりには結婚歴があった!年齢やプロフィールは? 香西かおりにはミュージシャンとの結婚歴があった!スピード離婚した理由とは? 香西かおりは、演歌はもちろんのこと、ポップスまで器用に歌いこなす人気の演歌歌手です。 あまり知られていませんが、過去に結婚歴があります。 香西かおりの結婚相手は、ミュージシャンの斉藤恵です。 香西かおりのバックバンドを務めたことがきっかけで知り合い、交際に発展したといわれています。 2000年に結婚した香西かおりでしたが、2002年に、わずか2年でスピード離婚しました。 離婚原因は、斉藤恵が妻となる女性には家庭に入って欲しいと考えていたことに対して、仕事に対する姿勢を変えることがなかった香西かおりとの意見の相違だといわれています。 2人には子供がいなかったので、特に揉めることもなく離婚したようです。 その後、香西かおりは再婚していませんので、結婚歴はあるものの現在は独身ということになります。 香西かおりの年齢やプロフィールが気になる!デビュー直後からヒット曲を連発 香西かおりは、1963年生まれで53才。 出身は大阪府で、地元の大阪市立東商業高等学校を卒業しています。 実は、高校卒業後、銀行に就職していたという香西かおり。 その銀行とは、当時の太陽神戸銀行で、現在の三井住友銀行です。 しかし、子供の頃から、数多くの民謡の大会で受賞するなどしていた香西かおりは、歌を諦めきれませんでした。 そのため、銀行を退行し、上京します。 上京後の1988年に香西かおりは、後にヒット曲となる「雨酒場」で演歌歌手としてデビューしました。 「雨酒場」が同年のレコード大賞新人賞を獲得すると、その後も、「流恋草」「無言坂」「浮寝草」など、ヒット曲を次々とリリース。 演歌歌手としてデビューした香西かおりですが、歌謡曲や民謡に加えて、ポップな曲も歌ってきました。 しかも、自身で作詞もするなど、歌唱にとどまらない、多彩な才能を発揮しています。 香西かおりの紅白出場回数とヒット曲!受賞歴がすごかった! 香西かおりは紅白歌合戦の常連歌手!紅白出場回数とヒット曲は? 香西かおりは、数々のヒット曲を持つ、紅白歌合戦の常連でもあります。 デビューから3年後となる1991年、第42回紅白歌合戦に「流恋草」で初出場した香西かおりは、1995年まで連続出場。 昨年までに、合計18回も紅白に出場してきました。 もちろん、2016年の第68回紅白歌合戦も出場予定で、対戦相手の白組代表は、ジャニーズグーループ「Sexy Zone」です。 香西かおりが、過去に紅白で披露した曲は、「無言坂」が最多の5回、次いで、「酒のやど」が3回となっています。 これらがヒット曲であることは間違いありませんが、その他にも、デビュー曲「雨酒場」や、2000年にリリースした「浮寝草」なども代表的なヒット曲です。 多くのヒット曲に恵まれている香西かおりは、2016年の紅白出場を加えると、出場回数19回を数えるベテラン歌手として、その地位を不動のものとしています。 香西かおりのレコ大や有線大賞の受賞歴がすごかった! 香西かおりは、数多くのヒット曲を持っていますが、その受賞歴もまたすごいものです。 デビュー曲の「雨酒場」は、レコード大賞やそのほかの賞レースで軒並み新人賞を受賞。 「流恋草」は、日本有線大賞とレコード大賞のゴールドディスク賞をダブルで受賞しています。 紅白で最も多く歌われている「無言坂」は、第35回日本レコード大賞の大賞受賞曲ということで、このとき、香西かおりは、ついに大賞を受賞しました。 その後も、2012年の「酒のやど」でレコード大賞の優秀作品賞と、日本有線大賞の有線音楽優秀賞を受賞しており、これも「流恋草」と同じくダブル受賞となっています。 楽曲人気が高いばかりでなく、数々の賞レースでもたしかな存在感を放ってきた香西かおり。 今後も、歌の心を伝えるべく、第一線で歌い続けていくことでしょう。 香西かおりは紅白出場20回目!出場者一新で新たな紅白をアピール! 香西かおりは、2016年の紅白歌合戦出場が決まったことで、通算19回目の出場となりました。 2019年には70回という節目を迎えるNHK紅白歌合戦は、今年、さまざまな刷新策が検討されているといいます。 出場者の一新が図られた様子はとりわけ印象的で、和田アキ子や伍代夏子、藤あや子ら、ベテラン勢が落選する一方、10組の初登場アーティストの出演が予定されています。 司会者は、紅組が有村架純、白組が相葉雅紀と、こちらも若々しさをアピール。 (ラジオ)放送開始から90年と、伝統や歴史をテーマに据えた昨年から、「紅白の新しい年のスタート」と位置付けた今年は、新たなチャレンジの年にふさわしいリニューアル計画が着々と進められているようです。 いかにベテラン勢が落選しようとも、紅白出場者から香西かおりの名前が消えないのはさすがです。 それもこれも、香西かおりが、現状に甘んじることなく、チャレンジをし続けてきているからといえます。 2016年には、都内でスペシャルライブを開催した香西かおり。 これは、2015年12月のリリースされたアルバム「うたびと ~Stage Singer~」に収録曲されている曲をメインに、ジャズや、ブルースを織り交ぜた構成でした。 かつては、ももいろクローバーZの5人が5色の衣装をまとって「酒のやど」を披露するなど、異分野とのコラボにも積極的です。 数々の賞を受賞したベテランであるものの、まだまだ現状に満足はしていない様子の香西かおりは、新しいことに次々と挑戦しています。 すでに大御所の貫録十分ですが、香西かおりにとってより大切なのは、名声ではなく、ファンとの一体感や、歌うことの喜びなのかもしれません。

次の

片寄せ波 ♪香西かおり

香西 かおり

もくじ• 香西かおりの年齢は? 1988年「雨酒場」でデビューし、レコード大賞新人賞を受賞したのは、まだ香西さんが25歳の頃でした。 香西かおりさんの年齢ですが、生年月日が1963年8月28日ですので、50歳半ばをすぎているのですね。 大阪市立東商業高校を卒業後、太陽神戸銀行船場支店に就職していますが、民謡歌手としての活躍を優先し、半年で退職。 その後、パン屋さんやスパゲッティ屋でバイトしながらの極貧生活をする時期があったそうです。 その甲斐あって、これまでの輝かしい活躍につながったのですね。 結婚・旦那と離婚! 香西かおりさんは、 36歳で結婚して、8年目で離婚したんです。 (引用:アサ 天才テリー伊藤対談「香西かおり」より) ということで、1999年頃に結婚したようです。 旦那様となった方はラテン・パーカッション奏者として活躍の 斉藤恵(さいとうめぐむ)さん。 香西かおりさんのバックバンドとして斉藤恵さんが参加していたことが出会いの始まりだったそうです。 「結婚生活はわずか2年ほど」とwikiや記事が見られますが、インタビュー記事では8年と書かれています。 旦那様は香西さんに、家庭に入って欲しかったようですが、香西さんはお仕事を続けたかったという価値観の違いが離婚理由となったといわれています。 その後、再婚することはありませんでした。 東京都の世田谷区三軒茶屋界隈に10年以上住んでいましたが、母親が認知症となってしまったため、実家のある大阪に戻って母親のを介護していました。 母親は2017年に他界され、父親と二人暮らしをされているという話です。 <ads by Rakuten> 子供は? 香西かおりさんには、 子供はいらっしゃらないようです。 香西さんの活躍をみるとお仕事も忙しかったかもしれません。 しかしながら、香西さんの歌にあこがれて歌手になった後輩も多いことでしょう。 次世代の歌手をしっかり見守ってくれているのでしょうね。 現在病気は? 香西かおりさん、 過去には、1999年に盲腸で緊急入院したことはありますが、 現在特に大きな 病気には罹っていないようです。 なぜ、「病気」という関連ワードが見られるのかというと、2019年の9月に同じく歌手の長山洋子さんが乳がんのため、病気療養することになりました。 このため、長山洋子さんの出演が決まっていたコンサートの代役として香西さんや細川たかしさん、藤あや子さん登場しています。 他にも香西さんは「」に関する理解を高めるための活動をされています。 今後も健康第一で活躍を続けて欲しいですね。 今回はここまでです。 これからも、香西かおりさんの活躍を期待しています。

次の