転生したら悠々自適の皇妃ライフ カクヨム。 なろう小説やアルファポリスなどのWeb小説で、

モブ転生 小説家になろう 作者検索

転生したら悠々自適の皇妃ライフ カクヨム

なろう小説やアルファポリスなどのWeb小説で、 ・ハーレム またはハーレムじゃなくてもOK ・ヘタレじゃなく、女の尻に敷かれてない主人公 でも、悪い所は注意してくれるならOK ・成り上がりでも、主人公無双でもどちらでもOK ・奴隷や主従関係のある話なら、主人を殴ったり暴言を吐くのは論外。 特に家事も何もせずに、主人公に料理などの家事をさせるとか....... ないわ~。 仮に冒険をする為に奴隷を買ったとしても、本当に戦闘しか役に立たないとか話にならないね。 主人公だって戦闘で疲れてたりするだろうし、『一緒に』とかならまだ許せるけど、主人公の優しさに胡座をかいてるだけのヒロインはいらない。 と、最後愚痴っぽくwなってしまいましたが、これらに該当する作品を紹介して下さい。 なろう小説で連載、書籍化もされている作品、 「狼は眠らない」がおすすめです。 「真摯に一途に強さのみを追い求める男の英雄譚! 迷宮の底でみつけた〈黒穴〉に飛び込み、別世界に 転移した〈片目狼〉レカン。 元いた世界との違いに 戸惑いはしたものの冒険者であるレカンは新転地で も己の進むべき道に迷いはなかった。

次の

水月のブックマーク一覧

転生したら悠々自適の皇妃ライフ カクヨム

家に籠もる時間が増えたので素人が独り言を書いてます。 平和な日常が戻ることを祈ってます。 ストレス多過ぎED早漏エリートサラリーマンの兄とオナニー大好き筋肉肥大症巨根絶倫童貞ニートの弟は双子の美人姉妹と新婚生活を始める。 双子の姉の香織 とその夫となる神拓夢の結婚式に参列する予定が新郎の弟の花嫁を演じる事になった妹の沙織。 新郎の弟の歩夢も式場の雰囲気に流されて花婿を演じる事になる。 夫婦を演じて合同結婚式なんて…? 疑問に思いながらも式の間だけだからと我慢していたら、そのまま4人で新婚生活をはじめることになる?! 新婚初夜、酔った拓夢は嫁と間違えて双子の妹と寝ることになる!? 目を閉じたまま寝たふりをする妹。 拓夢は楽しみにしてた初夜で前戯をはじめる。 処女沙織は夫だと勘違いし覚悟を決めて身も心も受け入れる覚悟をする。 姉に間違われキスをされ乳首とクリを責められ膣中を弄られる。 妻だと勘違いされたまま拓夢は初夜に子作りするつもりで濡れた穴にペニスを密着させてキスをする。 密着する秘部と亀頭は愛液と我慢汁が絡み合いヌルヌルになる。 ふぇえっ!?(お兄さんの拓夢さん!?) 番った恋人に捨てられたオメガのアダムは、一人息子と幸せになるために、ハルデン帝国に移住を決意する。 それから一年後。 帝国に宮廷料理人の補佐として働くアダムの元に、呪われた宰相がやってきた。 そんな噂をもつ宰相の「魔の姿」がまさか、モフモフの狼とはしらず、日々手作り料理を振る舞いマズルにキスをしていたアダムは頭を抱える。 そのうえ、宰相は「コブ付きのお前を本気で愛するつもりは無いが、愛というものには興味があるから相手をしろ」と言い出す始末。 *話の展開が苦手だと思った方はそっ閉じでお願いします。 *珍しくNTRもモブレもありません。 *話の展開上、攻めが人間よりの獣人ではなく、狼の頭をもつ獣人になる話があります。 苦手な方はご注意ください。 *このままなろうっぽい題名にするか、違うものにするか悩んでいるので題名が変わるかもしれません。 見聞を広めるため傭兵として各国を巡っていた紫雨 シウ。 最終目的地と決めていた国のギルドで面白そうな依頼を引き受けたのだが、なんと依頼主はかの有名な国一番の嫌われ者ミシェルだった。 同性愛者で天才的な魔術師であるミシェルは、この国では生き 難いだろう。 なんせこの国は、同性愛も魔術具も、そして獣人にも差別的で忌避しているのだから。 *もふっもふの狼頭に後ろ足で立っているバージョンの獣人です。 人と同じ見た目に耳としっぽだけがある人型ではありません。 *さくっと終わる予定です。 *今回こそスパダリ書くぞ……! 事故に遭った瞬間、異世界に飛ばされた今井 奏多(イマイ カナタ)、十九歳。 一九〇〇年代ヨーロッパ風の転移先で気絶してしまう。 転移現場に居合わせた賞金稼ぎのバウンティに助けられ事なきを得るが、自分の現状を聞かされて……。 異 世界を楽しむ奏多と、それより自分を構って欲しくてグイグイ押しては空回るバウンティ。 そんな二人のイチャラブしたりケンカしたりの日常。 異世界転移・ラブ時々コメ、ちょこっと冒険する賞金稼ぎの話。 syosetu. (本作は【小説家になろう様】より移行してきた作品です) 「仕事や日常疲れたね? 僕は一足先に異世界転移で繁殖生活しているよ。 今度こそ自分のために生きるんだ」 ワープアリーマンの種巣啓は電車で寝ていて目が覚めたら絶死の森と呼ばれる大森林に 転移していた。 焦る啓はそこで人から迫害された亜人のベステルタと出会う。 この世界の人間は亜人を心底怖がっているみたいだが、話してみると彼女は理性的で、途方に暮れるケイを護ってくれることになった。 絶滅寸前の亜人との「繁殖」を条件に……。 その後、ベステルタ繋がりで色んな亜人と知り合い、グルメや温泉、拠点開拓をしつつ繁殖にも精を出し、悠々自適のスロー繁殖ライフを送ろうとするが……? ・本作は【小説家になろう様】より移行してきた作品です。 ・主人公はメンタル薄弱。 性にだらしないです。 ・街にも行きます。 ・練喚攻と練喚功がたまに混じっていますが、「練喚攻」が正しいです、困惑させてごめんなさい。 ・同時連載サイト様(敬省略) アルファポリス 「テキトー教師の志摩センセェ、後ろプリント足りてませんけどー?これってワザとですかー?」単なる生意気ウザ生徒かと思いきや。 「ふ、ふざけんなッ、んなとこッ、絶対ぇッ、さわんじゃねぇぞッ」実は隠れ淫魔だった、褐色肌に白アッシュ髪のヤンキー男子く ん。 しかもインキュバスとサキュバスの間に生まれ落ちたというレアな男ふたなりタイプで?「志摩センセェ……俺ぇ……俺の体……おかしい……?」どうやらツンデレのようだ。 ただの愛情とは言い難い、もっと別な感情をお互いに持ちながら、二人は会社の中でその相手にぶつかり合うようになる。 はじめは嫌がらせ程度の対立でしかなったものの、誠志が家庭側の事情でどんどん枷を外していくの連れて、お互いの関係はさらに拗れてゆく。 深淵に引き込むように、すべてを巻き込んでいく形で。 この作品はPixivにも掲載しています。 元々自分が書いた同名の中国語の小説を日本語に通訳するつもりでしたが、完全に書き直すことになりました。 大筋やキャラ設定は元の話に基づいていますが、日本語にすることで大幅の内容変更が予想されます。 ラブコメではないです。 そこ重要。 ハッピーエンドになりますが、いろいろと普通じゃないので、キーワードをちゃんと確認して、受け付けない方には申し訳ないんですがブラウザーでバック推奨します。 高校生の春休み、寂れた温泉宿へとやって来た私は、不思議で、淫靡な体験をしました。 まったく見ず知らずの老人と、その孫娘と一緒に、温泉に入ることとなったのです。 ですが、その少女は、幼女や、小学校低学年などの小さな女の子ではありませんでした。 新学 期には、小学校六年生になる女の子でした。 そして、その膨らみを帯びた胸から、既に第二次性徴を迎えていることは明らかだったのです。 エロ小説というよりも、フェチ小説かもしれません。 あくまでイメージですので、ご了承ください。 現実世界、特に筆者とは一切関係ありません。 こんな羨ま……、不思議な経験をしたことはありません。 美作 吾郎 (みまさかごろう)と言う男がいた。 彼は美作流鬼畜術という超能力を使う変態だった。 女の敵だった。 彼は、女の子をいつものように犯していた。 最低ではある。 しかし彼はそんな気分ルンルンな事後の後、突如異世界転生するハメになる。 これは超能力持ちの男、美作吾郎の物語である。 (エロはありますが結構ふざけながらもシリアスストーリー系です) これはMIDSUMMER MADNESS(ミッドサマーマッドネス)の同人ゲー 『田舎でふぁっく -田舎の生娘とかを超能力でやりたい放題-』の主人公 美作吾郎が主役の18禁ライトノベルです。 別連載カオスアニマとは違い、あまり推敲せず、あらすじをある程度決めて作る方式です。 多少の矛盾、誤字脱字はご容赦ください。 更新ペースもだいぶ適当です。 (全7巻くらい) 死なない限り最後までやりますのでよろしくおねがいします。

次の

Renta!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ カクヨム

『ど庶民の私、実は転生者でした2 チートな浄化スキルで救国の聖女になります!?』 カドカワBOOKS 2020年 5月9日 発売です。 宜しくお願い致します。 安芸緒先生のコミックス 『ど庶民の私、実は転生者でした1』 フロースコミックス 5月2日に発売 こちらも宜しくお願い致します。 第一章としてWEB版の書籍化 1巻分と番外編。 第二章として書籍化 2巻分のWEB版 第三章の続編を連載中です。 毎週、だいたい月曜更新です。 こちらも月曜更新です。 コミカライズは安芸緒先生です。 宜しくお願い致します。 エルメンティア大陸は、大まかに分けると、魔法を使える王族と貴族 、そして魔法が使えない庶民のふた通りの人間が暮らしている。 その生活の差はとても大きい。 その庶民の中で生活するフィアラの母は、子爵家の出身だったが、庶民の父と結婚していた。 エルメンティアの貴族の外見の特色は金や銀の髪色や派手な色合いを持っていたが、庶民は皆一様に、濃い薄いの多少の差はあるものの茶色の髪に茶色の瞳だった。 そして、フィアラの兄と妹は、貴族の母の外見的特徴を濃く受け継いで生まれ、母に溺愛されて育つ。 貴族出身の母は全く家事をしない為、フィアラが幼い頃から父の姉である伯母に教わりながら家事をしていた。 それでも、フィアラは勉強も両立し、奨学生として上の学校へ行けるよう頑張っていたのだが、一つ下の妹の学費の為に、学校を諦めて働けと言われて、プツリと切れたのだった。 もう、こんな家は出て行くのだ!私の居場所を探しに行こう。 後は残った者達で何とかすれば良い。 そうして、二度と帰らないつもりで旅立ったフィアラは、運命の出会いをする・・ …続きを読む.

次の