懇親会 ビール 発注。 東京、横浜、千葉、埼玉でケータリングならアルティメイトケータリング

懇親会で人気のケータリング・オードブルを探すなら‐シェフコレ

懇親会 ビール 発注

懇親会の参加人数を予測する 勉強会の申込みフォームで、懇親会の参加・不参加のアンケートを取ってます。 ここで「参加」と答えた人数をベースに予測していきます。 当日までにキャンセルされる方もいますし、いろんな都合で当日も来れない方がでてきますので、「参加」人数をそのまま使うのはリスキーです。 「参加」者を確認し、関係者人数と一般参加人数をカウントします。 ここでいう「関係者」は、勉強会の運営者や登壇者です。 一般参加人数に、参加率を掛けます。 色んな人にきくと、東京や大阪だと、もうちょっと低いらしいです。 この辺は地域性や勉強会で違いがあるのかもしれません。 2で求めた人数に関係者人数を足します。 この人数が、予想参加人数です。 この前のKixsの場合、関係者人数9名、一般参加人数25名でしたので、以下のようになりました。

次の

炭酸飲料 飲料・割り材 通販|カクヤス

懇親会 ビール 発注

先日個人で主催した勉強会がわりとうまくいったのでバラバラと記録を残しておこうと思います。 参加率とかかかった費用とか具体的な数値も全部晒します。 特徴としてはこんなかんじです。 登壇時間は自分で決められる(1〜20分の間) 運営者 基本的には私一人です。 当日は場所の貸出と受付をグッドパッチさんに手伝ってもらいました。 本当に、本当にありがたかったです。 この協力なしには成立しなかった…。 当日までにやったこと 会場手配 元々この勉強会が、私のツイートに対して「うち貸しますよ」と言ってくれて成立した形なので、この点に関しては特に何もやってなかったです(グッドパッチさんありがとうございます)。 懇親会の飲食物の手配 まず予算を決めなければなりません。 今回は個人主催なので見誤ると自分が不利益を被ることになります。 ので企業がバックについている時より若干厳しめに考えました。 今まで勉強会を主催してきた経験上、参加率はイベント開始時に参加リストにいる人の7割くらいだろうと思ってました。 懇親会の飲食物を安全に手配できるリミットは(私の中では)前日夕方までで、その時点からだと参加率は6. 5割が妥当かなという印象でした。 ので、今回もほぼそれに倣って予算を決めました。 具体的に言うと、前日夕方時点で参加登録者数は約30人。 そこに0. 65をかけると19. 今度は何を注文するかを考えます。 まずビールは1ケース買ってしまおうと思ったのでビールの銘柄を考えました。 が、私は飲み会だといつも日本酒ばっかり飲んでるので何がいいのかわからん。 ということで何気なく呟いたところ、いろいろリプをもらいました。 ということでに決めました。 1ケース5,378円。 懇親会用に発注するビール見てるんだけど、何がおいしいのか全然わからない。 — akatsuki174 akatsuki174 次に考えたのが食べ物です。 ピザとサンドイッチで迷いましたがとかを考えてピザにしました。 お店はがいいなとは思った(安いから)のですが、対応地域じゃなかったのでにしました。 内容はこんなかんじです。 全部Mサイズなのが貧乏みある。 1,260円• クワトロ・ハッピー 1,260円• クワトロ・のマヨ 1,260円• あと買わなくてはいけないのはビール以外のとソフトドリンクと紙コップ。 多少はみ出してもいいかーと思い589円分のカクテルとソフトドリンクをプラスしてカクヤスで注文。 紙コップ(20個入り)は当日コンビニで213円で買いました。 最終的にかかった金額は 10,262円 でした。 ピザは早いうちになくなりました。 飲み物はビールが1本余りました。 ここはもう少し改善できたら…。 集客 今回これはわりと苦労しました。 これに関してはしょうがないので、とにかくこまめに宣伝ツイートすることにしました。 結果として、毎日ちょっとずつ参加登録をしてくれる状況は作れました。 実績 開催10日前にイベントページを公開してどんなもんになるかとハラハラしましたが、勉強会終了時点での実績値としてはこのようになりました。 ちなみにイベントページへのアクセス、参加登録の状況は以下の通りでした。 教訓、気付き ドタキャン抑制 わりとこまめにツイートしていたのがドタキャン、無断欠席を減らす要因だったのかなぁと思いつつも、でも参加登録者に私をフォローしてる人そこまでいたっけ?という具合でよくわからないです、正直。 運営人数 運営は、前日までは1人でなんとかすることはできても、当日含めると受付、集金の時点で無理。 勉強会をやるなら仲間を募りましょう。 募集枠 「一般枠は埋まってるけど登壇枠は空いていてどうしようかと思っている」という話をされ、「勉強会たるもの、直前に大量にキャンセルが出て容易に繰り上がること」「勉強会登壇なんてそんな固く考えず気軽に応募していいこと」があまり認識されてないんだなと思いました。 なのでキャンセルを見越した上で、枠が増やせるなら増やした方がいいかも…? 勉強会参加者に伝えたいこと 無断欠席、絶対ダメ 無断欠席はやめましょう。 こうゆう人がいると懇親会の見積もりが難しいのです。 勉強会に参加することを決めたらスケジュール帳に入れる、日付が近づいてきたら本当に行けそうか考える、行けなさそうだったらキャンセルメッセージを入れた上で早めにキャンセルするようにしてほしいです。 感想を伝えよう あと主催者としては勉強会に対しての感想を懇親会で言ってくれたり、ツイートしてくれたりすると嬉しいです。 ぜひ感想を伝えてください。 話逸れますが、この勉強会がきっかけでUIなどについて質問・議論し合ったり記事をシェアしたりするslackが誕生しました。 興味ある人は招待するので声かけてください。 「これ簡単そうに見えるけどこうゆう理由で難しいんだよ😇」とか、お互い知っといた方がいいけど知らないことを共有するかんじ。 もし運営お手伝いしていただける方いらっしゃったらお声がけください〜。 — akatsuki174 akatsuki174 反響を見る限り、ちょっと大きめのハコでやってもいいのかなという気がしています。 ぜひこちらご参加いただければと思います。 ありがとうございました。 akatsuki174.

次の

懇親会でピザとビールの発注量を計算するツールを作った

懇親会 ビール 発注

3.案内状を作ってみよう (案内状の書き方、文例、例文) 下記にご紹介するのは、案内状や招待状の代表的な文例、例文です。 案内文には、最初に拝啓、最後に敬具などの決まり文句のほか、季節の挨拶文(省略できます)を入れます。 日頃お世話になっているお礼やねぎらいのことばを入れます。 懇親会や親睦会の目的や参加のお誘いの言葉などを盛り込みます。 連絡事項として、日時・場所、可能であれば会場の地図などを入れます。 具体的なレイアウトを下記に2つご紹介します。 2つ目のほうは往復ハガキへの記載例です。 月 時候の挨拶の例文・文例 1月 ・厳寒の侯 ・お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 ・松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 ・余寒の侯 ・立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております ・節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 ・早春の侯 ・桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 ・寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 ・陽春の侯 ・桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 ・花の色が美しい季節になりました。 5月 ・新緑の侯 ・鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 ・新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 ・梅雨の侯 ・梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 ・あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 ・盛夏の侯 ・暑中お見舞い申し上げます。 ・降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 ・残暑の侯 ・立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 ・土用あけの暑さひとしおの侯 9月 ・初秋の侯 ・コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 ・燈火親しむ頃となりました。 10月 ・秋冷の侯 ・菊の花が香る季節となりました。 ・さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 ・晩秋の侯 ・朝晩はめっきり寒くなって参りました。 ・庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 ・初冬の侯 ・今年もおしつまって参りました。 ・師走に入り、あわただしい毎日が続いております。 日時・場所等の案内 ・インフォメーションとして下記の情報を載せます。 1)会場名 2)会場の住所、電話番号 3)日時 4)地図あるいは最寄りの駅名や目標となる建物など。 (紙面に余裕があれば、地図を載せるのが望ましいと思います) 5)参加費用の有無、金額 6)事務局の連絡先など ・直前になって出欠の変更をする人が必ずいます。 電話番号を必ず掲載しましょう。 ・案内には当日の連絡先も必ず載せるようにします。 7)その他 ・上記の文例にはありませんが、駐車場の規定や、持参するもの、服装などに要望があれば記載します。 例えば、 「駐車場は台数に限りがありますので、なるべく公共の乗り物をご利用ください」 「飲酒される方は公共の乗り物でおこしください」 「簡単なゲームを予定しています。 動きやすい服装で来て下さい。 」 「余興に使います。 各自タオルを1本持参してください」 など。

次の