ゆで 豚。 ゆでうどんの電子レンジ調理レシピ20選!袋のままレンジでチンできる?

ゆでうどんの電子レンジ調理レシピ20選!袋のままレンジでチンできる?

ゆで 豚

がおいしい! ゲストさん 22:15• がおいしい! ゲストさん 21:59• がおいしい! ゲストさん 21:44• がおいしい! ゲストさん 21:44• がおいしい! ゲストさん 20:58• がおいしい! ゲストさん 20:32• がおいしい! ゲストさん 19:57• がおいしい! GOMAさん 19:56• がおいしい! ゲストさん 19:53• がおいしい! ゲストさん 19:53• がおいしい! ゲストさん 19:52• がおいしい! ゲストさん 19:35• がおいしい! ゲストさん 19:34• がおいしい! ゲストさん 19:27• がおいしい! ゲストさん 19:18.

次の

【カロリー】「豚耳 ゆで 冷凍(参考値)」の栄養バランス

ゆで 豚

スポンサーリンク 豚の冷しゃぶを柔らかくする茹で方は? 豚の冷しゃぶって好きなんだけど、お肉が固いな~と感じているかたも多いはず。 炒めて使うときは気にならないのですが、豚肉って茹でるとパサッとしているしうまみが抜けて出し殻のようになっていることもありますよね。 豚の冷しゃぶを柔らかく茹でるには、どうしたらいいのでしょうか? その解決策は4つ。 ・沸騰したお湯で茹でない ・砂糖と酒を加える ・肉を広げる ・氷で冷やさない 以上3点を守れば柔らかくておいしいお肉に茹であがります。 鍋に水1リットルを入れて沸かしたら火をいったん止めて、酒大さじ1と砂糖小さじ2を加えてとかします。 酒で肉の臭みを和らげ、砂糖で保水性を高めます。 そのまま1分ほど待ってお湯が落ち着くのを待ちます。 このとき温度計があれば70度くらいを目安に温度調節してみてください。 水を少しずつ入れて調節してもOK。 温度が下がったら豚肉を広げて一枚ずつ入れ、ゆっくり加熱しましょう パックから出したままだと豚肉が重なり合っているところがありますので、メンドクサイですが広げてお湯に入れてください。 そのほうが火の通りも均一になりますし柔らかく仕上がります。 豚肉を入れるとお湯の温度が下がってきますので、再度弱火にかけて70度をキープするようにしてみてください。 ボコボコ沸騰するとアウトなので、ごく弱い火でゆっくり火入れしましょう。 豚肉がゆであがったら冷まします。 一般的なやり方では、ゆであがった豚肉は氷水にとってキンキンに冷やしますよね。 でもこれだと豚肉の脂身が急激に冷やされることでぎゅーっと固くなってしまうんです。 なので冷やすのは氷水ではなく普通のお水でOK。 茹でた以上に火が入らないよう、加熱止めの意味で肉を水で冷やすようなイメージです。 豚肉がヒエヒエじゃないとイヤだ!というわけでもないなら、茹でた豚肉をざるに揚げてうちわなどで冷まし自然に熱を取るだけでもイイです。 このほうが肉が水っぽくならないのでうまみもキープできます。 ちょっとだけ冷たくしたいなら、食べる直前に10~15分程度冷蔵庫に入れればほどよく冷えます。 片栗粉は茹でると透明になるため見た目も涼しげですし、片栗粉効果で食べたときにつるんとのどごしが良くなります。 それに冷蔵庫で冷やしておいても肉が固くなりにくいのもメリットの一つです。 どの部位を使うと、より柔らかくおいしくなるのでしょうか? 結論から先に言ってしまうと、好きな部位でOKです。 豚の冷しゃぶをキンキンに冷やして食べる場合は、豚肉の脂身が多いとその部分が固くなり食べにくいので脂身の少ないロースがぴったりです。 バラ肉は好みによりますが、冷やして食べる場合は脂身が気になるかもしれません。 そんな時は片栗粉をまぶして茹でると脂っこさも脂身の硬さも気にならなくなります。 みんなの好みに合わせて、2種類くらいお肉を茹でておくと飽きずに食べられます。 おわりに 家の実家で豚の冷しゃぶを作っていたときは、とにかく豚肉がカチカチでした。 その理由は、母が豚肉をこれでもか!ってほど茹でるからです(笑) 豚肉には虫がいるの。 だからグツグツ煮ないとだめよ~といって沸騰したお湯で5~10分は茹でていました。 なのでウチの豚の冷しゃぶは豚肉のうまみは完全に抜けているので、茹でたお湯を使ってスープを作った方がいいんじゃないか?ってくらい味がなかったです。 でもそれが普通だったし、パサパサするのは虫をやっつけるためなんだと子供の頃は信じていました。

次の

【みんなが作ってる】 ゆで豚のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ゆで 豚

ゆでうどん1玉• 鶏肉適量• 白菜1枚• ニンジン少量• しいたけ少量• 油揚げ適量• 片栗粉小さじ1(A)• 水30cc(A)• 水300cc(B)• みりん大さじ1(B)• ゆでうどんは水でほぐして水気を切ります。 鶏肉は小さめに、白菜は5cm幅に細長く切ります。 ねぎは斜め切りに、生姜、ニンジン、しいたけは千切りにしましょう。 (A)と(B)はそれぞれ混ぜ合わせておきます。 シリコンスチーマーにゆでうどん、具材、(B)の順に入れ、蓋をして600Wの電子レンジで5分加熱します。 スチーマーを取り出して上下を大きく混ぜ、(A)を入れて全体をよく混ぜ合わせます。 再度蓋をしてレンジで3分加熱すれば完成です。 ゆでうどん2袋• 豚ロース薄切り肉200g• 醤油小さじ1• 酒小さじ2• 片栗粉大さじ2• 甜麺醤大さじ3(A)• 酒大さじ1(A)• 砂糖小さじ2(A)• ウェイパー小さじ2(A)• 生姜のみじん切り1片分(B)• ニンニクのすりおろし1片分(B)• きゅうりの千切り1本分• キャベツの千切り2つかみ• (A)は合わせておきます。 豚肉は細切りにしてボウルに入れて醤油と酒を揉み込み、溶き卵を絡めて片栗粉を混ぜ合わせます。 フライパンにサラダ油大さじ2(分量外)を入れて火にかけ、豚肉をほぐしながら中火で炒めます。 火が通ったらいったん皿に取り出します。 同じフライパンにサラダ油大さじ1(分量外)を入れて火にかけ、(B)を入れて香りが立つまで炒めます。 (A)を加えて沸騰したら2の豚肉を戻し入れ、絡めるように炒めます。 ゆでうどんの袋の端を切り、1袋につき500Wの電子レンジで1分加熱します。 裏返して更に30秒加熱したら袋からゆでうどんを取り出し器に盛りつけます。 うどんの上に3ときゅうり、キャベツを盛りつければ完成です。 ゆでうどん1袋• ノンオイルツナ缶1缶• トマトスープの素1袋• トマトケチャップ大さじ1• 水30cc• 水溶き片栗粉大さじ1• ニンニクチューブ少々• 黒こしょう少々• 水菜は食べやすいサイズにカットします。 ゆでうどんは袋の端を切って分量外の水を少々入れ、袋の中で軽くほぐします。 耐熱容器に1のゆでうどん、水、ケチャップ、スープの素、ツナを汁ごと入れて全体を混ぜ合わせます。 ラップをかけずに500Wの電子レンジで3分加熱します。 レンジから取り出して水溶き片栗粉を加え、全体を混ぜ合わせたらラップをかけずに再度レンジで30秒加熱します。 3に水菜、ニンニクを入れて全体をかき混ぜ、ラップをかけずに30秒レンジで加熱します。 黒こしょうを振って混ぜ合わせ、器に盛りつけたら完成です。 ゆでうどん1玉• 大根80g• オクラ2本• なめこ1袋• ごま油小さじ1• おろし醤油(市販)適量• 水300cc• オクラは塩少々(分量外)を振ってまな板の上で転がし、産毛を取って水洗いします。 耐熱容器にゆでうどんと水を入れ、蓋をしない状態で電子レンジで7分ほど加熱します。 ザルにあげで冷水にさらし、水気を切ってからごま油を絡めます。 小鍋に水200cc(分量外)を沸騰させ、オクラを2分ほどゆでて冷水に取ります。 同じ鍋でなめこを1分ゆでて冷水に取り、水気を切ります。 オクラは水気を拭いてガクを取り除き、5mm幅に切ります。 大根はおろしてから軽く水気を切ります。 器にうどん、オクラ、なめこ、大根おろしを盛り付け、食べる直前におろし醤油をかけたら完成です。 ゆでうどん1玉• 豚肉(スライス)70g• 小松菜1茎• 長ねぎ15cm• 水300ml• 顆粒鶏がらスープの素小さじ2• かつお節適量• 一味唐辛子適量• 黒こしょう適量• 豚肉は食べやすい大きさに切ります。 小松菜は3~4cmの長さに切りましょう。 長ねぎは5cm幅にカットし、魚焼きグリルで焼き色がこんがりつくまで焼きます。 耐熱容器に豚肉、小松菜、長ねぎ、水、鶏がらスープの素、醤油を入れて軽く混ぜ、うどんを加えます。 ふんわりとラップをかけて600Wの電子レンジで5分加熱します。 器に盛りつけ、かつお節、一味唐辛子、黒こしょうをかけたら完成です。 ソレダメで紹介されていたゆでうどんのゆで方は2つあります。 1つ目がゆでうどんを ゆでる前に電子レンジで加熱する方法です。 袋から取り出して耐熱皿にのせ、ラップをかけずにレンジで5分間加熱して水分を蒸発させます。 そのあと1分鍋でゆでれば出来上がりです。 このひと手間がゆでうどんのコシをアップさせます。 2つ目が こんにゃくと一緒にゆでうどんをゆでる方法です。 鍋でゆでる時にこんにゃくを入れると、こんにゃくから溶け出す水酸化カルシウムがゆでうどんのコシを出してくれます。 用意するものは、ゆでうどん1玉に対し水1リットルとこんにゃく50gです。 こんにゃくは出来るだけ薄切りにして鍋でゆで、沸騰したところにゆでうどんを加えます。 たったこれだけの方法でゆでうどんが讃岐うどんのような歯ごたえに変わります。 一緒にゆでたこんにゃくは具材に使うとよいでしょう。

次の