ドコモ 光 d アカウント。 【dポイントクラブ】ドコモ光更新ありがとうポイント

dアカウントをわかりやすく解説!取得方法から使い道・確認方法など

ドコモ 光 d アカウント

ドコモスマホを持っている人はすでにアカウントも持っていると思いますのえ確認してみましょう。 ドコモメールアドレスで登録されていると思います。 dアカウントに紐付けしてできること dアカウントを作成してもなんのメリットもなければ意味がないって思いますよね。 しかし、 ドコモ光を使うためにはdアカウントを使わなければ意味がないことをお伝えします。 dアカウントで何ができるのか把握して使いこなしましょう。 Mydocomoにログインして契約内容を確認できる dアカウントを登録して便利なことは契約内容が簡単にわかることです。 dアカウントを使ってMydocomoにアクセスすることが可能になり、ドコモ光の契約内容の確認や変更が簡単にできるようになります。 毎月請求される月額料金の確認はもちろん、契約の際に加入した不要なオプションの解約もできます。 dポイントクラブに入会してdポイントの確認ができる ドコモ光を利用してdアカウントを発行したらやっておくべきことがあります。 それはdポイントクラブへの加入です。 dポイントクラブに加入したら 毎月の支払いでdポイントをが付与されることになり、様々なお店でdポイントが使えます。 原因によっては問い合わせ先が違う場合がありますので、一回は151に問い合わせてもいいかもしれません。 まとめ ドコモ光でdアカウントを紐付けるためにはまずdアカウントを取得する必要があります。 パソコンやスマートフォンでdアカウント発行ページにアクセスして、メールアドレスを登録してIDを取得してください。 その後ドコモ光を申し込むときにdアカウントを登録すると、My docomoで利用状況の確認や変更が可能になります。 また、dポイントクラブに加入することで毎月の支払いでdポイントがたまります。 dアカウント取得で利用できるサービスの料金にも1ポイント1円で利用できるので、損をしないように登録するといいでしょう。 また、新しく docomoで携帯電話回線と契約して紐付けしたいのに登録できませんと表示された場合は、サポートセンターに電話してください。 そうするしか解決策がありません。

次の

ご注意事項

ドコモ 光 d アカウント

目次 この記事でわかること• dアカウントの発行方法と手順 dアカウントの発行方法は簡単です。 スマートフォンやパソコン上から発行します。 詳細手順を見ていきましょう。 メールアドレスとパスワードを設定する dアカウントを発行するためにはメールアドレスとパスワードの設定が必要です。 スマホからの場合とパソコンからの場合をそれぞれご紹介します! ドコモ光のユーザーならパソコンからの方が便利かもしれませんね。 スマートフォンの場合 docomoのスマートフォンの場合には、docomoのXi(LTE)やFOMA通信に設定してください。 Wi-Fiやテザリングの通信は切断する必要があります。 dメニューから「dアカウントについて」を選択します。 「dアカウント管理へ」から「dアカウントを発行する」をタップしてください。 dアカウントの発行画面上で4桁のネットワーク暗証番号を入力します。 「規約に同意して進む」をタップしてください。 IDとパスワードを設定し「内容を確認する」ボタンをタップします。 IDはメールアドレス、好きな文字列いずれも利用が可能です。 登録内容の確認ページが出てきますので、問題ないなら「上記の内容で発行する」をタップ。 docomoのスマホの場合にはこれでdアカウントが発行されます。 docomoのスマホ以外の場合には、空メールを送信するか、SNSのアカウント連携でdアカウントを登録します。 空メールを送信した場合には、メールを送信したメールアドレスがそのままdアカウントのIDですので注意してください。 それぞれ登録したい方法を選択し、手順にしたがって入力することでアカウントが発行されます。 パソコンの場合 パソコンでの登録方法もスマホでのやり方と大差はありません。 詳細を見ていきましょう。 dアカウント発行ページにアクセスします。 手元にSMSを受け取れるdocomo端末を用意します。 docomo以外のユーザーは必要ありません。 iPadではSMSを受け取れないため、Safariを起動し、dメニューからスマホと同様のオペレーションでdアカウントを取得してください。 docomoユーザーは「ドコモ回線をお持ちの方」をクリックします。 docomo以外の方は「ドコモ回線をお持ちでない方」をクリックするか、アカウント連携が可能なSNSをチョイスしてください。 <引用元:>• docomoユーザーはdocomoの携帯電話の番号を入力し、ネットワーク暗証番号を入力します。 ロボットでないことを確認するための文字の確認を入力し、「規約に同意して進む」をクリックします。 この後SMSが送付されてくるので確認してください。 docomo以外のユーザーは、利用したいID(メールアドレス)とパスワードを設定し、性別と生年月日を入力します。 「規約に同意して進む」をクリック。 登録したメールアドレス宛にメールが送付されてきます。 SNSのアカウント連携で申し込むユーザーはそれぞれ連携可能なアプリとの連携認証画面が表示されます。 連携をオンにしてパスワードを設定してください。 案内に従って必要な情報を入力していきましょう。 登録したメールアドレスにワンタイムパスワードを入力する docomo以外のスマホで登録した場合とパソコンで登録を行った場合には、それぞれSMSか入力したメールアドレス宛に ワンタイムパスワードが送信されてきます。 (SNS連携を除く)ワンタイムパスワードとは、一回だけ利用できる有効期限(時間)つきのパスワードです。 ワンタイムパスワードを利用することで、セキュリティーが保て、本人が利用した証です。 案内に従って、ワンタイムパスワードを入力しましょう。 これでdアカウントが発行され、パスワードも設定されました。 dアカウントでできること ドコモ光を更に便利にするために登録したdアカウントですが、使わなければ意味がありません。 何ができるのかをしっかり把握した上で使いこなしていきましょう。 Mydocomoにログインして契約内容の確認変更ができる dアカウントを使って Mydocomoにアクセスすることが可能です。 Mydocomoからは、ドコモ光の契約内容の確認や契約内容の変更が簡単にできてオススメです! 請求される月額料金の確認や、契約の際に加入した不要なオプションの解約もMydocomoでます。 詳細な Mydocomoからの確認・変更方法は下記記事を参考にしてくださいね! dポイントの確認 ドコモ光を利用してdアカウントを発行したなら dポイントクラブに入会しましょう。 dポイントクラブに入会したならdポイントが付与されることです。 月々の利用料金がポイント獲得につながるため、ショッピングなどをしていなくてもポイント獲得になるのです。 入会は簡単。 下記サイトから「dポイントクラブを申し込み」をクリックし、dアカウントとパスワードを入力すれば簡単に入会できます。 年会費は無料ですので、ドコモ光利用者は入会しておきましょう。 ドコモ光の入会特典でもdポイントが付与されている可能性があります。 漏れなく入会してください。 dポイントの確認はdアカウントを使ってMydocomoから簡単にチェックできます。 または、登録済みのdアカウントに付与されたdポイントがメールでお知らせされる仕組みです。 dポイントの獲得の仕組みについての詳細は下記記事を参考にしてくださいね! dマーケットが使える ためたdポイントを賢く使うためにはdマーケットを使いこなしていきましょう。 dマーケットには、dアカウントで簡単にアクセスが可能。 無料アプリのdショッピングやdマガジン、dゲームなどが数多くあります。 ライフスタイルに合わせて、好きなdマーケットアプリを利用し、支払いにdポイントを使ってみましょう。 1ポイント1円で利用できるのでお得にdマーケットを使いこなせます。 dTVなどの有料アプリでもdポイントは利用できます。 注意!携帯だけ解約してドコモ光を継続利用する場合 ドコモ光を利用しているユーザーはdocomoの端末とのペア回線で契約しているケースが多くありますよね。 しかし、事情があって携帯電話のキャリアを変更する場合もあることでしょう。 その場合のdアカウントやdポイントはどうなるのでしょうか。 dポイントをもらいたい場合はdアカウントの移行手続きが必要 継続してdポイントをもらいたいと感じるなら、これまでのdポイントも引き継いでおきたいですよね。 その場合には移行手続きを行うことでこれまで同様にサービスの利用とdポイントの獲得が可能です。 もちろんこれまでのポイントも新たなアカウントに移行できます。 手順を紹介しましょう。 docomo端末の解約を行う。 解約前の移行は不可能です。 200日以内に処理を行ってください。 200日を超えた場合にはdocomoショップでの移行手続きになってしまいます。 注意しましょう。 解約後、Mydocomoなどのdアカウントが必要なアプリにアクセス。 旧IDと旧パスワードを入力してください。 「継続利用手続き」の画面に遷移します。 新規アカウント登録と同様に新たなメールアドレスを入力するか、SNSアカウント連携の方法のいずれかを選択できるので新たなアカウントに継続利用申請を行ってください。 アドレス入力の方法では、 新規登録のメールアドレスにワンタイムパスワードが送信されてきますので、ワンタイムパスワードを入力しましょう。 SNS連携の場合には引き継いだSNSアカウントのメールアドレスがそのままdアカウントの新たなアカウントに設定されます。 「手続きを完了する」ボタンをクリックする• docomoから「お手続き完了メール」が届きますので、移行できたことを確認しておきましょう。 移行手続きで注意が必要なことがあります。 dアカウントを「docomoの電話番号 docomo. jp」で利用していたなら、 携帯電話解約時に自動的に新たなdアカウントに移行することに。 新たなアカウントは、携帯電話の解約手続きを行った年月日です。 例えば、2018年4月30日に手続きを行ったなら、新たなIDは docomoの電話番号20180430です。 新たに支払い情報を設定しなければならない dアカウントを移行したから大丈夫、と安心するのはまだ早いかもしれません。 各種有料アプリを利用していたなら、支払い情報を変更する必要があります。 また、ドコモ光の料金支払いはペア回線になっていたdocomoの端末利用料金と一緒に請求されていたことでしょう。 新たにドコモ光の支払い情報を設定する必要があります。 Mydocomoから変更手続きを行ってください。 各種dマーケットアプリの有料アプリの支払いもdocomoの料金と一緒に請求されていたはずです。 クレジットカードの情報をMydocomoより新たに設定してください。 そうすることで、これまで通りにdマーケットの利用も可能です。 まとめ ドコモ光を更に使いこなすためにはdアカウントを発行して有効利用することがオススメです! 毎月の支払いをするだけでたまるポイントですので、使わない手はありませんよね。 dアカウントの発行はwebサイトやスマートフォンからすぐにできます。 無料で申し込みができますし、docomoのスマホでなくても問題ありません。 dアカウントを利用して、ショッピングや各種コンテンツを存分に楽しみましょう。 また、各種変更手続きなどもdアカウントを取得しておくと簡単にできてオススメです!.

次の

dアカウントをわかりやすく解説!取得方法から使い道・確認方法など

ドコモ 光 d アカウント

こんな人におすすめの情報です• dアカウントを解約する方法がわからない• dアカウントとドコモの回線契約の関係について詳しく知りたい• 解約するときの注意点を知りたい dアカウントとは dアカウントはNTTドコモが発行する共通IDです dアカウント ディーアカウント は、株式会社NTTドコモが発行しているIDです。 NTTドコモのスマートフォンや携帯電話の契約がある場合はもちろん、契約がなくても利用することができます。 My docomo などのサービスだけでなく、 dtvや dヒッツ、 dポイントクラブなど、NTTドコモのサービスやコンテンツを利用する時にも使われます。 以前は docomo ID という名前でしたが、 dアカウントにリニューアルして、ドコモユーザー以外も使えるようになりました。 dアカウントの発行は無料です dアカウントは、SPモードやiモードの他、パソコンやドコモショップでも発行できます。 発行したdアカウントは、ドコモの携帯電話やスマートフォンだけでなく、光回線のドコモ光や、クレジットカードのdカード、ポイントカードのdポイントカード、dショッピングやdヒッツなどのサービスへのログインにも利用できます。 ドコモの契約がないdアカウントと契約があるdアカウントには違いがあります dアカウントには、ドコモのスマートフォンや携帯電話の契約と連携している ドコモの契約があるdアカウント と、ドコモのスマートフォンや携帯電話と連携していない ドコモの契約がないdアカウント の2種類があります。 ドコモの契約があるdアカウントは、スマートフォンの契約情報はもちろん、コンテンツなどキャリアフリーのサービスを含めた、すべてのdアカウントの機能に対応しています。 ドコモの契約がないdアカウントは、キャリアフリーのサービスだけを利用することができます。 同じ dアカウント ですが、IDの解約方法や注意点は違ってくるので、自分の dアカウント がどちらのタイプなのか確認しておきましょう。 dアカウントを解約する方法 ドコモの契約がないdアカウントの解約はdアカウントメニューからできます ドコモの回線契約がない dアカウントを解約する手続きを、 dアカウントの廃止 と呼んでいます。 dアカウントメニュー にログインして dアカウントを廃止する を選択すると、dアカウントを解約することができます。 解約には、dアカウントのIDとパスワードが必要です。 ドコモの回線契約があるdアカウントの解約はwebからできます ドコモの回線契約が紐付いているdアカウントの解約する手続きを、 IDの削除 と呼んでいます。 SPモードの契約をしているスマートフォンのWiFiをOFFにして、 dアカウントメニュー に ログインすると、 IDの削除 メニューにアクセスできます。 解約には、dアカウントのIDとパスワードや、ネットワーク暗証番号が必要です。 dアカウントが解約できないケース NTTドコモの電話番号が登録されている ドコモ回線の契約がない dアカウントに、ドコモの電話番号が登録されていると、エラーメッセージが表示され、dアカウントを解約することができません。 dカードが紐づけられている クレジットカードのdカードまたはDCMXと紐づけされていて、ポイント付与先としてdアカウントが設定されている場合は、dアカウントを解約することができません。 ドコモ光の契約がある 光回線のドコモ光を契約していて、dアカウントとのひも付け設定がされている場合は、解約することができません。 dアカウント 解約の注意点 dアカウントに関連するデータは消去されます dアカウントを解約すると、dアカウントに関連するデータはすべて削除されます。 間違って解約した場合でも、解約前に利用していたdアカウントの再登録や、データの復活はできません。 とくに、dアカウント連携でログインしている外部サービスも影響を受けるので、注意してください。 dポイントクラブのポイントは無効になります dポイントがたまるdポイントクラブの利用には、dアカウントが必要です。 dポイントがまだ残っている場合や、付与されていないポイントがある場合でも、dアカウントを解約すると、dポイントは使えなくなります。 dポイントを使い切ってから解約したほうがいいでしょう。 dアカウントは解約しなくてもいい ドコモユーザー以外でも便利なので解約しなくても大丈夫です dアカウントは、ドコモの契約者向けというイメージがありますが、auやソフトバンクユーザーはもちろん、格安スマホのユーザーでも便利に使えます。 特にローソンでもポイントが貯まるdポイントは、ポイントがたまりやすくて使いやすいポイントカードです。 dアカウントは、ドコモの提供するサービスを1つに紐付けるためのIDなので、dアカウントを解約しなくても、dポイントカードだけを解約したり、dTVなどのコンテンツだけを解約することができます。 もう使わない場合や、なにかトラブルが合った場合以外は、不要なサービスやコンテンツを解約したい場合でも、dアカウントは残しておいて問題ありません。

次の