千田翔太 2ch。 千田翔太五段の「千田率」とかいうものを分かり易く説明いただけませんか...

千田翔太応援スレ★9

千田翔太 2ch

第13回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の準決勝と決勝が11日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで行われ、千田(ちだ)翔太七段(25)が初優勝を果たした。 準決勝で、前回まで2連覇していた藤井聡太七段(17)、決勝で永瀬拓矢二冠(27)を破った。 千田七段は2013年にプロ入り。 15年には新人賞を受賞した。 通算勝率は7割を超える俊英だ。 棋王戦でタイトル戦挑戦の経験はあるが、全棋士が参加する棋戦での優勝は初めて。 朝日杯は持ち時間各40分で、使い切ると1手1分未満の早指し戦。 今回は棋士165人とアマ10人、女流棋士枠3人の計178人が出場し、トーナメントで競った。 1次予選、2次予選を経て、16人による本戦が1月に開幕。 前回4強の千田七段は本戦から出場し、4連勝して頂点に立った。 藤井七段は初出場だった第11回から2連覇。 今回も本戦1、2回戦を連勝したが、千田七段に3連覇を阻まれた。 朝日杯では初黒星で、連勝は16で止まった。

次の

千田翔太五段の「千田率」とかいうものを分かり易く説明いただけませんか...

千田翔太 2ch

「千田率」というのは単にソフトと同じ手を指したと言うだけで、 それが誰でも指す当然の一手であっても技巧と一致したとなっています。 普通のプロが気がつかないような手とか、三浦九段の棋風とは違うと思われた手の技巧との一致率を調べたわけではないのです。 『三浦九段の棋風とは違う、ソフトの手だ』と疑われた手6三桂成り、100回検討モードで調べても技巧は違う手を示すのです。 対渡辺戦の67手目は絶対に6三桂成りは指しませんでした。 激指でも技巧と同じ手を示し、三浦九段の差した手は示しません。 この手はまったく検討されていなかった カンニングしたかは、24時間誰も久保を見張っていたわけではないでしょうから、潔白かどうかは分かりませんが、 64手目意表の角打ち、これは明らかにソフトの手です。 激指の検討モードでは以下のように示しています。 一日目の夜、封じ手の42手目後手4四銀の時点からソフト研究すれば64手目の意表を突いた好手後手9五角は発見できます。 金属探知機は使わず、おそらく部屋の検査もしなかったのではないかと思いますが、 2日制の対局は疑おうと思えば際限がありません。 疑われた場合 久保は潔白を証明出来ると思いますか。

次の

千田翔太七段が初優勝 永瀬拓矢二冠破る 将棋・朝日杯:朝日新聞デジタル

千田翔太 2ch

第13回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の準決勝と決勝が11日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで行われ、千田(ちだ)翔太七段(25)が初優勝を果たした。 準決勝で、前回まで2連覇していた藤井聡太七段(17)、決勝で永瀬拓矢二冠(27)を破った。 千田七段は2013年にプロ入り。 15年には新人賞を受賞した。 通算勝率は7割を超える俊英だ。 棋王戦でタイトル戦挑戦の経験はあるが、全棋士が参加する棋戦での優勝は初めて。 朝日杯は持ち時間各40分で、使い切ると1手1分未満の早指し戦。 今回は棋士165人とアマ10人、女流棋士枠3人の計178人が出場し、トーナメントで競った。 1次予選、2次予選を経て、16人による本戦が1月に開幕。 前回4強の千田七段は本戦から出場し、4連勝して頂点に立った。 藤井七段は初出場だった第11回から2連覇。 今回も本戦1、2回戦を連勝したが、千田七段に3連覇を阻まれた。 朝日杯では初黒星で、連勝は16で止まった。

次の