全労済 車両 保険。 全労済の自動車保険(車両保険含む任意保険)に加入しています。火災保...

自動車保険『全労済』 はおすすめできる?口コミ・評判・特徴を分析

全労済 車両 保険

全労済のマイカー共済エコノミーワイドの車両保険について教えてください。 加入している保険は添付写真の車両保険 免責10万 が付与されています。 私が赤で囲ったところに回収金が10万円以上の場合は自己負担は発生しませんとありますが、下記の認識で間違いありませんか? 念のため明日保険会社にも電話しますが、今モヤモヤするためご教示願います。 よって保険を使用した場合、私が負担するのは3等級ダウンによる保険料のアップ分のみということになりますか? よろしくお願い致します。 補足皆さまご回答ありがとうございます。 マイカー共済の方の何人かと話をしましたが、10万円の支払いが必要と言う人と必要なしと言う人が居て困っています。 私の車の修理費は40万、相手の車は25万で、過失割合は私:相手=3:7で落ち着きそうです。 マイカー共済のAさんは、相手から28万円の回収ができるので私の自己負担は無く、3等級ダウンの保険料アップしか余分なお金は発生しないと言います。 一方でBさんは、免責10万円は車両保険を使用するために支払うお金なので支払う必要があるといいます。 3=12万円の2万円の部分だと言います。 どちらが正しいのか分からず困っています。 教えて頂けると助かります。 本件の場合は、損保会社の補償と全く同じですので、損保会社の用語を使って説明いたします。 質問者の修理費用40万円>負担額24万円なので、相手から差額16万円を受け取り、逆に、相手の修理費用40万円<負担額56万円なので、質問者へ差額16万円を支払います。 これが過失相殺の考え方です。 整理いたします。 対物賠償保険を使いませんので、24万円を自費で支払うならば、保険金を請求するカウント事故扱いとはなりません。 車両保険を請求する場合は、保険金を請求するカウント事故扱いとなり、更新後に、3等級ダウン+事故有係数適用期間3年です。 相手からの回収金が、自己負担設定額の10万円を超えていますので、自己負担はありません。 自己負担がなくなるとしか書いていません。 質問者さんが書かれている内容や添付されている絵が理解できていないという事は、損保の車両保険も理解できていないと言うことですけど...。 『そんな契約聞いた事も見た事もない』のは、単なる知識不足です。 しかも【メガ損保】でも普通に同じ説明してます。

次の

他社比較すると掛金(保険料)も高額?全労済 マイカー共済を保険料・補償・特約・割引・満足度ランキング・ロードサービスで比較して評価!

全労済 車両 保険

全労済と他の保険会社の違いとは? 全労済は前項でご紹介しました通り、「組合」ですので、営利目的の株式会社とは組織の性質が基本的に全く異なってきます。 全労済は非営利となります。 このため、保険料という言葉は使わず「掛金」という表現になっています。 一般の保険会社の保険料の中には保険会社の利益が含まれているのですが、掛金には、組合の利益が含まれていません。 営利目的の会社の保険と比較して相対的に保険料が安いとよく言われているのが「全労済」です。 また、日本の株式会社、外資系の保険会社のほとんどは「損害保険料率算出機構」という組織に加盟していますが、全労済は加盟していません。 このため、他の保険会社とは異なる保険料の設定や仕組みなどが存在します。 この点はこの記事で順次ご紹介していきます。 全労済の自動車保険「マイカー共済」とは? 便宜上、「自動車保険」と記していますが、正しくは「共済」となります。 法規上、共済と保険は区別されていますが、内容は同じです。 因みに、生命保険は、生命共済、医療保険は医療共済となります。 具体的な補償内容については、次の項からご紹介していきます。 全労済は他の保険会社と異なり、株式会社などの企業ではなく組合であるため、「代理店型自動車保険」という位置付けはありません。 申込方法は、全労済窓口での手続きや郵送の他、インターネットから直接申込む方法もあります。 ダイレクト型(インターネット通販型・直販型)の性質も併せ持っています。 「全労済」は誰が加入できるの? 基本的には誰でも加入できます。 共済(保険)に加入するには、組合員にならないといけませんが、保険に入る=組合に加入することになります。 組合に加入するといっても、面倒な手続きや、加入後の組合員としての活動などは一切ありません。 全労済の自動車保険の補償内容とは? 他の自動車保険とは少し異なる構成となっています。 事故の相手への補償となる「対人賠償」、「対物賠償」、自分自身への補償となる「人身傷害補償」が基本の補償とし、搭乗者への補償は特約での扱いとなっています。 車両保険は「車両損害補償」という名称となっていますが、補償内容は他の保険会社の自動車保険と遜色ありません。 また、自損事故保険も特約扱いとなっていますが、これも他の保険会社の補償内容と遜色ありません。 保険の名称(「保険」ではなく「共済」という名称となりますが)や構成が独特ではありますが、他の保険会社と比べて補償がない点は見当たりません。

次の

車両保険の無過失事故に関する特約とは?

全労済 車両 保険

もくじ• 無過失事故に関する特約とは? 無過失事故に関する特約とは、自分に過失がないもらい事故で、事故相手の自動車が確認できた場合などのいくつかの条件を満たした場合に、次年度の等級や事故有係数適用期間に影響することなく(ノーカウント事故)、車両保険を使うことができる特約です。 この特約が付いていない場合、車両保険を使うと等級が3等級下がってしまいます。 この特約が適用についての注意事項としては、車対車の事故である必要があるので、自転車にぶつけられてできた傷に対して車両保険を使った場合は通常通り3等級下がることや相手の自動車が特定されている必要があるので、当て逃げなどで相手がわからない場合にも適用されないということです。 一般的なもらい事故の事例 無過失事故に関する特約の対象となる、自分の過失割合が0となるようなもらい事故にはどのような事例があるのか紹介します。 後ろから追突された事故• 相手が赤信号を無視して起こった事故• 相手がセンターラインをオーバーして起こった事故• 自分が停車中にぶつけられた事故 なお、事故時の状況によっては、上のような事例でも自分に過失が認められる場合もあります。 相手からの賠償で賄えるのでは? 自分の過失割合が0である場合、通常は相手の自動車保険の対物賠償保険から過失相殺されることなく保険金が支払われます。 しかし、相手の車が必ずしも自動車保険に加入しているとは限りません。 また、加入していても年齢条件や運転者限定に引っかかって補償範囲外となってしまっている場合もあり得ます。 相手が自動車保険に未加入の場合、あるいは何らかの理由で自動車保険を使えない場合、相手が十分な資産を持っていて賠償の支払いに応じてくれるのなら問題はありませんが、そうでない場合は修理代金の回収は困難です。 こうなると、自腹で修理代金を払うか車両保険を使わざるを得なくなります。 それでは、自動車保険に未加入だという人はどれくらいいるのでしょうか。 損害保険料率算出機構「」によると、自動車保険と自動車共済を合わせた2017年3月末の対人賠償普及率は87. 基本的には対人賠償保険に加入していれば対物賠償保険にも加入していると考えられるので、今回問題となる対物賠償の加入率もこれくらいでしょう。 自動車保険未加入の車のすべてが公道を走る車というわけではありませんが、10台に1台は自動車保険に加入していないとも言えます。 そのような車に追突された場合、相手が悪いのに自分の保険料が3年間高くなってしまうのは口惜しいものがあります。 車両保険に自動付帯される保険会社もありますが、そうでない保険会社の場合は無過失事故に関する特約も加入することを検討してみてはいかがでしょうか。

次の