勝村摩耶 歌。 虹プロジェクト・マヤ歌の演技力ダントツ元YGJ練習生勝村摩耶まとめ

マヤ/勝村摩耶(Nizi Project)のプロフィールや出身中学・高校は?歌とダンスの実力が気になる!性格も!

勝村摩耶 歌

Contents• 勝村摩耶(マヤ)は石川県の白山市出身? マヤさんが虹プロジェクトのオーディションを受けたのは東京会場。 出身学校なども情報が不明なため、出身が東京とは言い切れません。 ですが、 SNSで石川県で活動するガールズパフォーマンスグループ「Tiny Tony(ティニートニー)」のメンバーの1人が勝村摩耶さんかもしれない?という情報も。 虹プロのオーディションで地元の会場でオーディションを受けようと思ったら終わっていて、違う会場で受けた子もいるので石川県出身の可能性もありますね。 2018年8月には「イオンモールとなみ 春の文化祭」in富山県砺波市のイオンモールとなみでダンスを踊る動画もアップされています。 石川県で活動するガールズパフォーマンスグループTiny Tony(ティニートニー) 動画の概要欄には上記のように紹介がありました。 JYパークから実力よりももっと良いパフォーマンスが出来る能力があると褒められていました。 実は、元YGJの練習生で虹プロで活動する前から一流の環境でトレーニング。 YGエンターテイメントの日本法人である「YG JAPAN」の練習生だったそうです。 1 in Japan — World Music Awards WORLDMUSICAWARD YGエンターテイメントには、BIGBANやBLACKPINKなどの人気グループがいる大手芸能事務所です。 YGJ出身に加えてダンスコンテストなどでも優勝をしてきた実力を持っています。 もともと自分だけの色を探して思い悩んでいたそうなので、虹プロを知ってチャレンジしてみたい!と思ったのだとか。 勝村摩耶(マヤ)はどんな性格? 今まで環境の良いところでトレーニングをしただけあってか、パフォーマンスを披露し慣れている印象。 YGJの練習生だったり、虹プロ参加前から地方のステージでダンスをしたりチャレンジ精神は旺盛なのが分かります。 一見見た目は優しそうで積極的に前に出るようなタイプとは感じない可愛さですが、内に秘めるものは強いタイプ。 平均点の歌とダンスなのかな?と思っていたらグループパフォーマンスで目を引いていましたね。 虹プロ活動前には、イオンモールでダンスを披露するマヤさんが。 wiki風プロフィールを見てみると、元YGJの練習生という大手芸能事務所でプロ並みのレッスンを受けてきました。 出身は石川県という噂もありますが、いずれ正確な情報が判明した際は更新したいと思います。

次の

勝村摩耶(虹プロ)は石川県出身で地下アイドルだったって本当?歌が下手だと言われる理由も調査!

勝村摩耶 歌

可愛らしさやアイドルっぽさがある他のメンバーとは違い、 綺麗さや女優っぽさが光る勝村摩耶さんは元々は別の大手事務所YGJの練習生でしたが、そちらを辞め、NiziProjectに参加しました。 地域予選を勝ち抜き参加した、東京合宿のボーカル・ダンス審査では目立った評価を受けられなかった彼女ですが、歌いながら踊るパフォーマンスを見せるグループ審査で 「本当の実力よりも上手く見せる演技力が優れている」とJ. Parkさんから絶賛されていました。 この記事では勝村摩耶さんのオーディションでの歌やダンス動画を中心にプロフィールなども紹介していきます。 スポンサーリンク 勝村摩耶の歌とダンスの実力|演技力がすごいと絶賛 勝村摩耶の東京合宿ダンス動画 まずは東京合宿でのダンス動画をご紹介します。 ダンスに必要な感情表現がとても上手だと評価されています。 一つ一つの動作にスピードがあるけれども、丁寧に感情表現されていることが伝わってきます。 しかし、線がキレイではない、動きが小さいと厳しい指摘もされてしまい、26人中12位という結果でした。 勝村摩耶の東京合宿スター性動画 こちらは東京合宿でのスター性評価の動画です。 「みにくいアヒルの子」の自作の紙芝居を読むという、 得意の表現力&演技力を見せてくれました。 思いが伝わる読み聞かせや絵にJ. Parkさんも高評価をしていました。 Parkさんは「話をしているときに摩耶さんはいつも『ちゃんと聞いているんだよ』というのを目でよく伝えてくれる」と摩耶さんの聞く姿勢&態度も評価しています。 また、大好きなおじいちゃんが昨年亡くなったエピソードを話す時、堪えきれず涙が溢れてきていたところを見ると、普段から感受性が高い人だということがよく分かりました。 アイドルとして必要な『人間性』がしっかりと見えるパフォーマンスだったと思います。 摩耶さんはこの紙芝居でスター性評価のキューブを獲得しています。 Parkも絶賛!勝村摩耶のグループ審査での歌&ダンス動画 こちらは摩耶さんが好評価を受けた、東京合宿でのグループ審査の動画です。 このグループ審査は、J. Parkさんが選んだ曲の歌とダンスを、たった2日間の練習で完成させ、ステージで披露するというものでした。 韓国語で難しい曲ということもあり、摩耶さんも涙を流しながら練習し、苦戦していました。 が、パフォーマンスが始まると堂々と強い女性を表現するかのような自信に溢れるパフォーマンスをしていました。 Parkさんからも「実際には70〜80点ほどの実力も、演技力によって90〜100点に見せる能力を持っている。 これは良いことです。 」と好評価をされていました。 そして 「歌いながら踊ることで真の実力がでた」と他のメンバーとは違う安定した歌声も評価されていました。 摩耶さんはボーカル審査、ダンス審査共に12位と、そこまで高い評価を受けていたわけではありませんでしたが、 東京合宿の最終の順位は3位で韓国への切符を手に入れました。 このグループ審査でのパフォーマンスが表をあげたことは間違いないでしょう。 YGJ(YGエンターテインメントジャパン)は韓国のトップグループBIGBANGやBLACK PINKが所属している事務所の日本の事務所です。 ダンス・歌・ラップ部門、演技部門、 ルックス部門のいずれかの部門でオーディションを受け、合格したら練習生なれます。 勝村摩耶さんがどの部門を受け所属していたかは分かりませんが、何かしらのオーディションを受けて認められ、練習生として活動していたことは間違いありません。 また、以前は石川県のアイドル「TinyTony(ティニートニー)」のメンバーだったという経歴もあります。 下はその時の動画です。 人の話を聞くときの態度が良く、J. Parkさんにも褒められていました。 こういったところではきちんとした人という印象も受けますね。 また、大好きだったおじいさんが亡くなった時のことを思い出すだけで涙を流してしまうところを見ると、感受性が豊かで、人の気持ちもよく考え考えられるような心の優しい人なのだろう、ということがわかります。 普段の話をしている時などと歌やダンスをしている時が別人のようになることが非常に印象的で、オンオフの切り替えが本当に上手だということが分かります。 勝村摩耶さんの出身地や家族構成については不明でした。 これから徐々に明らかになってくると予想します。 まとめ:勝村摩耶は演技力で差をつける「女優系アイドル」 NiziProjectのメンバーとして注目の、勝村摩耶さんの魅力について紹介してきました。 勝村摩耶さんは演技力が優れていて「歌いながら踊るパフォーマンス」が得意 だということがオーディションの動画を通してよく分かりました。 また、スター性評価やHuluでのNiziProject Part1の放送を通して 感受性や表現力が豊かで心の優しそうな面が伝わってきましたね。 普段話している時とパフォーマンスをしている時の オンオフの「ギャップ」も彼女の大きな魅力の一つです。 演技力だけではなく、外見もJ. Parkさんから「女優のよう」と評価され、 可愛らしさよりも美人さ、綺麗さが目立つところが他のメンバーとは違うところだと思います。 YGJ練習生だった経験も演技力などが光っている理由かもしれません。 HuluでもPart2として4月24日から放送がスタートします。 プロデューサーはJ. YParkことパク・ジニョンさんです。 Parkさん自らが直接審査し、26人の合格者が選ばれました。 人数は未定。 スポンサーリンク NiziProjectの『Part2』と地上波放送情報! 地域予選〜東京合宿はHuluを中心に『Part1』として放送されており、一部は日本テレビの朝の「スッキリ」のコーナーの中で放送されていました。 今後の韓国でのトレーニングや選考の模様などは、Huluで『Part2』として、そして日本テレビ系列のオーディション番組「虹の架け橋」として放送されることが決定しています! NiziProjectの参加メンバーを応援している人は必見の番組 ですね。

次の

虹プロジェクト・マヤ歌の演技力ダントツ元YGJ練習生勝村摩耶まとめ

勝村摩耶 歌

確かに、見た目の雰囲気ではアイドルというよりは女優といった感じがします。 出身地は公表されていませんが、石川県で活動していたとはいうことが分かっているので、石川県出身なのではないかと言われています。 幼ない頃からダンスを習っていて、中学時代にSTARZダンスコンテスト2017北陸予選に出場しみごと中学生の部で優勝、全国大会にも出場していました。 虹プロジェクト「マヤ」は元地下アイドルで元YGJ練習生 マヤさんは、2018年頃には、石川県で「Tiny Tony(ティニートニー)」 という地下アイドルグループに所属してアイドル活動を行っていました。 主にイオンモールやショッピングセンターでパフォーマンスを披露していたようです。 その時の動画がこちらです。 そして「Tiny Tony(ティニートニー)」卒業後の2018年2019年にはYGJapanの練習生として活動していました。 YGJとは「YG ENTERTAIMENT JAPAN」といって、BIGBAN、BLACKPINK、TREASUREなどが所属している韓国の大手芸能プロダクションの日本法人です。 ここで、デビューを目指して、ダンスや歌のレッスンに励んでいました。 地域予選の合格前には 「私は前YGJというところで練習生を少しやっていたんですけれども、自分の良さって何なんだろうっていう、YGを辞めてからすごい考えてて。 私には何があって私には何がないんだろうっていうのをすごい考えてた時期にこのオーディションを受けさせていただいて。 やっぱりずっとなりたかった夢でもありますし、ホントに死ぬ気でがんばりたいなっていうのはあります」 と語っていました。 虹プロジェクト「マヤ」は歌とダンスの評価は? マヤさんの地域予選の様子は、第3話のダンスレベル評価の流れで少しだけ放送されました。 総合プロヂューサーのパク・ジニョンさんは 「勝村さんは踊るときに演技力が素晴らしいです」と言っていました。 ダンスレベル評価 ボーカルレベルについては、歌をうたっているシーンが放送されているのはわずかな時間だったということもあり、結果は12位です。 歌い終わった後の評価は、実力不足ということでした。 ただ、こちらもダンス同様にキューブ獲得はできました。 スター性評価 スター性評価では、絵を書くのが好きなマヤさんは「みにくいアヒルの子」の紙芝居を披露しました。 タイトルのような過去があったのかという質問に対して、最愛の祖父が亡くなり活躍をしてることを見せたいと涙していました。 「人の話をよく伝えるのが上手い!心を動かせることは大切な要素 」と絶賛されました このスター性評価でも見事にキューブを獲得しました。 ショーケース評価 マヤさんは「missGチーム」として登場しました。 他のメンバーは、リマ 横井里茉 、リク 大江梨久 、レイ 伊藤玲 、フウナ 高谷楓菜 、アヤネ 丸谷彩音 曲は、missAの「BadGirl GoodGirl」でした。 トレーニングの様子も放送されましたが、メンバーは韓国語の歌詞に大苦戦し、直前のチェックでもトレーナー陣から酷評を受けました。 本番のショーケース・グループレベルテストの結果は、審査員だったTWICEのサナ、モモとパク・ジニョンさんからもマヤさんが選ばれました。 パク・ジニョンさんは「マヤさんの一番大きい長所は、実際の実力よりもっとうまく見せられる能力です。 」「 踊りながら歌うことで真価が現れたようです。 よかったです。 」という評価をされていました。 まとめ 最終的にマヤさんは「虹キューブ」を4個全て獲得し最終順位は3位となり韓国合宿進出を決めました。 この調子でいけば問題なくデビューまで行けるのでは?.

次の