イケメン 戦国 明智 光秀 ネタバレ。 [イケメン戦国]明智光秀 攻略

『イケメン戦国~時をかける恋~』感想!40代独身女がやってみた

イケメン 戦国 明智 光秀 ネタバレ

イケメン戦国とは? 名だたる武将達との恋愛を楽しめる人気アプリゲームのVita移植版となります。 アプリ版と比べて攻略キャラが減っていますが、 新キャラ2名の追加、本編のフルボイス化、スチルの追加など多数の追加要素が楽しめます。 宜しければお付き合い頂ければ幸いです。 ストーリー概要 京都に旅行中、突然の雷に見舞われ戦国時代にタイムスリップしてしまったあなた。 目を開けるとそこは,本能寺の変の真っ只中だった。 燃え盛る炎の中,偶然あなたが助けた男は 戦国武将『織田信長』で,なんと彼に気に入られてしまう。 「貴様,天下人の女になる気はないか?」 戸惑うあなたの元に有名武将たちが次々と現れて……? あなたは元の時代に戻るため、しばらくの間、戦国時代での生活をすることに。 危険な目に遭いながらも、 彼らとともに過ごすうち、特別な感情が芽生えはじめて……。 otomate. ヒロイン紹介 主人公:水崎 舞 デザイン系会社への就職が決まり、自分へのご褒美として京都旅行へ出かけた際、タイムスリップに巻き込まれてしまう少女。 天女と評される程の美人。 人を惹きつける魅力の持ち主。 尚、性格 と頭はゆるふわである。 システム面も選択肢ジャンプがあり概ね快適でした。 攻略キャラクターとおすすめ攻略順 攻略キャラクターは全部で8人です。 特に制限や大きなネタバレも無いので、好きな順番で攻略して問題ありませんよ。 織田 信長 CV:杉田 智昭さん 伊達 政宗 CV:加藤 和樹さん 徳川 家康 CV:増田 俊樹さん 豊臣 秀吉 CV:鳥海 浩輔さん 上杉 謙信 CV:三浦 祥朗さん 武田 信玄 CV:梅原 裕一郎さん 今川 義元 CV:矢代 拓さん 森 蘭丸 CV:蒼井 翔太さん 共通ルート感想 ネタバレあり 実は戦国時代にタイムスリップしたのは主人公だけではなく、京都で同じ場所に居合わせた大学院生の佐助君も一緒でした。 彼はタイムスリップを引き起こすワームホールについて研究をしており、ワームホールが現れると予想した場所に居た訳ですが、偶然巻き込まれた主人公を心配してちょくちょく世話を焼いてくれます。 その後謙信様に気に入られ、織田軍にお世話になっていたことを口実に監禁されてしまう、という流れでした。 謙信様は親しくなるのは大変ですが、親しくなった相手にはものすごく執着する方でした。 例えば佐助君が死んだと一報が入った際に、謙信様がものすごく動揺するのですが、生存してると分かり再会した時には「今度勝手に死んだら殺す」と斬り捨てようとするんです。 佐助君曰く過激な部下愛とのことですが本当に過激で笑ってしまいましたw 失うことを恐れるあまりどんどん暴走して行く謙信様を、舞ちゃんが安心させようと奮闘するお話でした。 綺麗にかわされているんですねw その三成さんの天然パワーで家康さんから弓を教わる流れになり、少しずつ打ち解けていく様子がよかったです。 そして デレた家康さんの破壊力は半端なかったです…! 危険な状況から舞ちゃんを逃がそうとしてわざと冷たい態度をとるシーンでは心が痛くなりましたが、舞ちゃんの家康さんを即信じて行動しようとする姿に頑張れ…!と応援したくなりました。 全体的にサブキャラの活躍が美味しいルートだなと思いました。 少しずつお互いに意識していきますが、信長様を第一に考える秀吉さんは中々妹扱いを崩さず、それが崩れるのは本当に最後の最後でした。 では現代ENDはどうなるのかな?と思っていたら、戦場を抜けられない代わりに舞ちゃんと佐助君が現代に戻り、信玄様を救う手立てを確保した上で、3カ月後に発生するワームホールで戦国時代の信玄様を現代に連れてくるという内容でした。 佐助君いわく歩くフェロモン製造機とのことw ふわふわして掴み所がないものの、とても頭が切れる人で、家臣達が好き勝手する今川家が腐りきっていることに気付いていて、民に被害が出ないようそれとなく立ち回っていました。 また 人の心を癒す 美しいものを守るために、美術品や作り手を保護しています。 義元さんは最初の頃の諦めモードが嘘のようでしたね。 家康さんと因縁があるので、現代ENDのルートで少し絡みがあったのも嬉しかったです。 でも実際には顕如さんに仕えながらも信長様の人柄にも惹かれており、板挟みになって悩む素直な子でした。 そんな彼女に信長様は囲碁の勝負を持ちかけます。 それは自分が負けたら元の時代に戻って良いが、舞ちゃんが負けたら1回につき1つ身体の一部を貰うというものでした。 まあ舞ちゃんが負けまくる訳ですが 笑 そんな勝負を繰り返す内に色々な出来事も重なり、いつの間にかお互いが大切な存在になって行きました。 良いところも悪いところも沢山書いてしまいましたが、 キャラにハマれれば楽しめる。 これに尽きると思います! 本日もお付き合い下さりありがとうございました!.

次の

【本編ダイジェストPV】明智光秀(CV:武内駿輔)イケメン戦国◆時をかける恋

イケメン 戦国 明智 光秀 ネタバレ

ネタバレになるとこちらが判断した場合、該当のコメントは忠告無く削除し、悪質な方はアクセスブロックさせて頂きます。 ・当作品を楽しめないと感じた姫は、読むのを即刻止め、壁に頭を打ち付けて記憶を消してください。 どんな感想を持たれても一切責任取れません。 ・共同戦線の乙女磨きはお済みですか? [newpage] 光秀が信長に謀反を起こした直後、安土城にいた武将達は広間に収集された。 信長は血のついた着物のまま、上座に腰を下ろす。 その左腕に巻かれた包帯にはまだ血が付いており、その惨劇を生々しく伝えている。 「信長様、怪我は大丈夫ですか」 「あぁ、問題ない。 それより軍議を開始する。 秀吉、周囲の状況はどうなっている?」 名を呼ばれた秀吉が頷き、口を開く。 「さきほど斥候から知らせが入りました。 上杉軍がこちらに向かっているらしいとのことです」 「上杉軍が…」 広間内がざわつく。 信長が目を細めて小さく息を吐いた。 政宗が腕を組みながら信長の腕の包帯をちらりと見た。 「光秀の件でこちらが混乱している状況を知っている可能性があるな」 「光秀さんが信長様に刀を向けたのも、上杉の差し金ってことですか」 家康の発言に皆が息を飲む。 信長は冷静に発言を続けた。 「まだ断言は出来ん。 どちらにせよ、同時に相手してやらねばならんだろう」 「信長様、光秀は坂本城へと向かっているようです」 「そうか…」 信長は秀吉の言葉を聞いて一瞬だけ目を閉じ、すぐさま大きく見開いて低い声を広間に響かせた。 「政宗と家康は上杉軍に備えよ」 「「はっ」」 「秀吉、お前は光秀を追え」 「俺が…ですか…」 秀吉が戸惑いを隠せずにいると、信長は真っ直ぐに秀吉を見据える。 「そして、光秀を生きたまま捕らえよ」 「……はい」 秀吉は指示を重く受け止めて、噛み締めるように声を絞り出した。 「三成は全体の戦術を立てろ」 「はっ」 「秀吉、安土城の警護配置のことで話がある。 支度が整ったら俺の部屋に来い」 「はっ」 秀吉が苦々しく頷くと、信長は低い声を広間中に響かせた。 「各自戦に備えよ!」 「「「はっ」」」 [newpage] 私は軍議が終わるのを廊下で一人待っていた。 詳しい状況を聞きたくて、広間から出て来る秀吉さんを呼び止めた。 「秀吉さん。 光秀さんが裏切ったって…本当なんですか」 「…今朝、信長様に刀を向けてあの腕の傷を負わせた。 そしてお前の元に行き、そのまま逃走したんだ」 「嘘…そんな…」 「あの時、光秀と何を話したんだ?」 「…私との恋仲を解消するって…言われました…」 秀吉さんは奥歯を噛み締めていた。 私の辛さを自分のことのように苦しんでくれている。 「お前の仇も、俺が取る」 「え?」 「お前はここで待っていろ。 光秀に言いたいことをまとめておけ。 恨み言もあるだろう」 「秀吉さん…私も一緒に光秀さんを追います…」 「…それはだめだ」 「でも!」 「お前の気持ちは分かる。 だけど、俺はお前危ない目に遭わせたくないんだ」 「っ…」 「必ず、俺が光秀を生きて連れて帰ってくる。 だからお前はここにいろ…な?」 秀吉さんの顔には疲労困憊の色が広がっている、けれど精一杯私に笑顔を向けてくれていた。 私はそれ以上何も言えず、悔しい気持ちを抑え込んで秀吉さんの背中を見送った。 [newpage] 戦の支度で騒がしくなった安土城の雰囲気に飲まれて、私は自分の部屋に戻った。 「どうしよう…私一人じゃ追い掛けていくことすら出来ない……」 落ち着かない気持ちのまま、無駄と分かりながらも自分の荷物をまとめていた。 そして現代から持ってきた自分の鞄の整理をしていて、ある物の存在を思い出す。 「あ…イケメントラベルガイド…」 急いで取り出して、明智光秀の頁、そして本能寺の変の項目を目で追う。 「なにか光秀さんを助ける方法があれば…」 「こんにちは」 突然、頭上から声が掛かる。 見上げれば、佐助くんが天井裏から顔を出している。 「佐助くん!」 「状況は見ていた。 大変なことになったな」 佐助くんは床に降り立ち、私が持っていたガイドブックをちらりと見た。 「光秀さんは一体どうなるの…?」 「分からない…だが、君に伝えたいことがある」 「伝えたいこと?」 佐助くんは眼鏡を指先で押しながら、私の目をじっと見つめて来る。 「ワームホールの発生予定日時が早まる可能性が出て来た。 もしかしたら今から安土を出発しないと間に合わないかもしれない」 「えっ…でも…」 (もうすぐ現代に戻れる…だけど…光秀さんのことをこのままにして現代に戻ってもきっと私は後悔する…) 返事を濁す私に、佐助くんは優しく言葉を掛けてくれる。 「光秀さんのことが気がかり?」 「うん…」 「じゃあ尚更今すぐ出発しよう」 「待って、私このままじゃ帰れないよ…」 部屋の襖に視線を移す佐助くんの腕を掴むと、佐助くんは目元を緩ませて少しだけ緩ませてくれた。 「分かってる、俺も一緒に光秀さんを追う」 「え?」 「忘れた?ワームホール発生予定地を」 ワームホール発生予定地…以前佐助くんから聞かされた場所。 (明智光秀の城…) 「さ、坂本城…」 「そう、光秀さんが向かってる先だ」 [newpage] 佐助くんの手を借りて安土城から抜け出し、佐助くんが事前に用意してくれていた馬にそれぞれ飛び乗った。 「ねぇ、佐助くん」 「なに?」 「光秀さんが向かってる坂本城でワームホールが発生するなんて…すごい偶然だね」 「あぁ……少し気になる点がいくつかある」 「気になる点?」 佐助くんは咳払いをすると、馬を操りながら私に視線を送る。 「今俺達がいるこの世界は、本来の歴史とは違う道を辿っている。 今の時代には生きていなかったはずの謙信様や、本能寺で亡くなるはずだった織田信長が生きている…このまま未来が進めば、五百年後の未来も変わってしまう可能性がある…」 「そうだよね…歴史の教科書が変わっちゃうよね…」 「だから、なにかしら歴史を修正させようとする力が加わっているのかもしれない」 「歴史を修正させる…力?」 「あぁ…それが何かはまだ分からないけど」 正体の分からない不安に包まれて、身体がゾクッと震えた。 (光秀さんのことも心配だけど…私自身もどうなってしまうんだろう…) 「仮説を立てたんだけど…」 「仮説?どんなこと?」 「いや、まだ確証が得られないから話せない。 君を不安にさせるだけだから」 「もうすでに相当不安だから、どんな仮説でも聞きたいよ…」 「…それは本人の口から教えてもらおう。 ほら、もう見えて来た」 佐助くんが指差す先に、豪華な城が見えて来た。 「あれが坂本城。 明智光秀が築いた城、そして…明智光秀が最期を迎えたとされる場所だ」 「坂本城…」 [newpage] 馬を降りて城門から城を見上げると、微かに黒い煙が見えた。 「あれは…まさか…」 「佐助くん、どうしたの?」 佐助くんは私の手を引いて走り出した。 「天守閣だ!光秀さんはきっとそこにいる!」 「う、うん!」 「間に合うか…?いや絶対間に合わせてみせる…!」 「佐助くん…なにか見えたの?光秀さんの姿?」 「…いや…」 佐助くんは珍しく言葉を濁している。 私の手を握っている佐助くんの手に力が入った。 「天守閣が燃えているように…見えた。 もしかしたら、光秀さんはここで死ぬ気なのかもしれない」 「どうして…そんなこと…」 「…急ごう、取り返しのつかなくなる前に…!」 「うん…!」 佐助くんに手を引かれ、私達は坂本城の天守閣へと向かった。 [newpage] 迷いながらも廊下を走り、時折見かける家臣の人から身を隠しながら進む。 そして天守閣へと続く扉を開くと、二人で同時に飛び込んだ。 「光秀さん!」 「…」 光秀さんは天守閣から空を仰いでいた。 そして私の呼ぶ声に、ゆっくりと振り返る。 「…やはり来たか」 「み、光秀さん…」 光秀さんの後ろが鋭く光り、空を割るような雷が鳴り響いた。 「おぉ…どうやら本当のようだな」 「本当って…なんの話ですか?」 光秀さんは哀しさを含んだ笑みを浮かべた。 「もうすぐなのだろう?お前たちが元の時代に戻れる…なんと言ったか…。 そう、ワームホールとやらが発生するのが」 「っ…」 「どうしてそれを…」 佐助くんも目を見開いて光秀さんを見つめている。 光秀さんは乾いた笑みを私達に向けた。 「…安土城のお前の部屋での会話が、誰にも聞かれていないと思っているのならそれは間違いだ。 密会は雑踏の中と決まっている。 例えば…安土城下の食事処とかな」 「っ…」 光秀さんが私と話をするときは必ず安土城下の店へと連れてこられたことを思い出す。 (あれは…私との話を他の人に聞かれないためだったんだ…) 「そうか…聞かれていたんですね。 俺と彼女が未来から来たこと、それを隠すように伝えたこと。 そして…ワームホールの出現場所も…」 「あぁ」 「でもどうして…ここにいるんですか?光秀さんがワームホールに巻き込まれてしまうのに…」 「俺たちと一緒に五百年後に行くつもり、ですか?」 「お前たちと一緒かどうかは別にどちらでもいいが…まぁそんなところだ」 「だめです…また歴史が変わってしまったら…」 「…行くというのは違うな。 戻る、が正しい」 「えっ…」 光秀さんの顔から笑みが消えていた。 そしてゆっくりと表情が歪んでいく。 血を吐くような苦しい顔をした光秀さんの低い吐息が、信じられない言葉となって私の耳に届いた。 「俺はお前らと同じ、五百年後から来た人間だ」 空を照らすほど明るく光ったあと、激しい落雷の轟音が身体の奥を揺らす。 光秀さんの真実が初めて解き明かされた瞬間だった。

次の

#イケメン戦国 禁句

イケメン 戦国 明智 光秀 ネタバレ

Profile CV: 武内 駿輔 誕生日: 10月4日 身長: 181. 0cm 血液型: AB型 趣味: 茶の湯 特技: 鉄砲 チャームポイント: バシバシ下まつ毛 目次 各話別に目次は分けておりません。 ご要望があれば分けます!!• 光秀の着流し• 特別ロングボイス 両ルート恋度MAX特典• 特別ストーリー&激甘ボイス• 物語券 エンディング分岐点 各値60以上で選択可能• 特別ロングボイス• 緑を望む和室 両ルート恋度MAX特典• 特別ストーリー&激甘ボイス• 物語券.

次の