カラー ミューズ チャート。 資生堂 カラーミューズ バイ プリミエンスとは?

「カラーミューズ」導入しました

カラー ミューズ チャート

スペクトラムカラーズは、次世代型のカラーとしてサロンメニューに新戦力を与えます。 カラー剤では出来ない、しなやかで艶のある髪に導くことができるのでトリートメントメニューとしても使用できます。 スペクトルカラーズの主剤は、塩基染料とHC染料 塩基性染料が持っている+イオンと、髪表面にあるケラチンタンパク質の-イオンが、キューティクルの表面でイオン吸着します。 HC染料は分子が小さく、キューティクルの隙間から浸透し、髪を傷めることなく着色します。 トリートメント成分と相性が良い。 通常のカラー剤や、ヘアマニキュアにはない質感と表現力をスペクトラムカラーズが演出 スペクトラムカラーズの豊富なバリエーション カラーチャート全28色 圧倒的に鮮明、そして傷まない、トリートメントカラー始まる。 コンセプト 【安全性】アルカリフリーで弱酸性、ジアミンフリーで安心、安全。 【操作性】ワンタッチ、ベタ塗りができ、5~10分でイオン吸着します。 【販売性】店販売り上げアップで、安定感抜群。 【提案性】人毛100%のエクステもカラーできます 【トリートメント性 】シアバターでしっとり表面コート。 トリートメント成分と相性が良い。 スペクトルカラーズが可能にした、新しいメニュー提案 カラー&パーマケア成分 1. 発色が良いのに、次のカラーを邪魔しない 2・ヘアカラーデザインの表現力、提案力、客単価のアップに繋がる 3. ダメージ毛の質感を良くし、色持ちが抜群 4. シンプルな工程で、全サロンメニューにカラートリートメントがプラスできる。 過度なトーンアップをしなくても、色の表現ができる。 カラートリートメント・ヘアカラーの色褪せ防止におすすめです。 普通通りシャンプーし続けることで、徐々に色が付着します。 細かい泡が髪をまんべんなく包み込んでくれるので、色ムラがない。 普通のシャンプーとしても高性能な「ベタイン系」なので、髪も潤います。 ヘアカラー直後のシャンプーに使用することで、色持ちがアップします。 カラーシャンプー アッシュ ブリーチ後の毛髪に感じる黄ばみを押さえ、白に近づけます。 ご家庭で継続してお使いの節は、注意点など、プロのアドバイスを受けた後のご使用をお勧めします。 ローライト、ハイライトを入れておくと、立体感がでやすくなります。 イオン吸着のため、色が髪になじめば、OKです。 (添付の手袋を必ず装着して使用して下さい。 この商品について 製品名 パイモア・スペクトラムカラーズ 商品特徴 塩基性染料+HC染料 販売対象 一般及び理美容室 取扱代理店 有限会社プライダー 製造・発売元 株式会社 パイモア 〒590-0079 大阪府堺市新町5-28 TEL072-221-1888.

次の

ヘアカラー全色カラーチャート

カラー ミューズ チャート

5色の使い方• 「グレー 」 シルバーやグレーなどスモーキーなトーンをしたい時に使います• 「ブラウン 」 色に深みが欲しい時やトーンダウンしたい時に使います• 「ベージュ 」 派手すぎず、自然な色にしたい時に使います• 「クリア」 色の濃度をコントロールして、ダメージ部分の髪の毛にツヤ感を出したい時に使います• 「 ホワイト」 ブリーチの黄みおさえて、パールのようなツヤが欲しい時に使います 基本的に「グレー 」「ブラウン 」「ベージュ 」「クリア」「 ホワイト」の5色は単品で使うよりも、他の色と混ぜて補助として使ったほうが効果が高いです。 もちろん単品使いでも色は出ますが 「グレー 」「ブラウン 」「ベージュ 」「クリア」「 ホワイト」を単品で使う場合は最低でもブリーチを2回しないと、色を出すのは難しいです Instagramではホワイト グレー クリアが絶大的に人気です カラーミューズ COLORMUSE の色の強さ 色の強さを理解することは、色表現をの指標となるので、とても重要だと思います こちらの図は、各色の強さを数字で示しています 色の強さの数字が大きいほど、色の影響が強く出ます。 例えば、図の数値を使って 標準の緑色が作りたい場合を例にしてお話しします カラーミューズ COLORMUSE の基本工程• 残留色素除去(カラーリムーバー)• プレシャンプー(1,2が必要ない場合はしなくていいです)• カラーミューズ COLORMUSE 専用アイテムで栄養分補充(カラーイコライザー)• カラーリング(カラークリーム)• シャンプー(メーカーにこだわりはありません。 洗浄力の強いのはやめておいたほうがいいです)• カラーミューズ COLORMUSE 専用トリートメント(トップコート)•

次の

【カラージェル】ジェルネイル|プリジェル

カラー ミューズ チャート

2018-8-1 最近、 や などの高明度なカラーが人気です。 カラーミューズはオレンジ色が強いアジア人の髪用に開発された商品です。 鮮やかな発色と、色をミックスする事によって幅広い色調表現が可能です。 主に、 ブリーチ毛などのハイトーンベースに原色のような色を表現したい時に使用するカラー剤です。 赤、紫、青などの鮮やかな色をしている方はだいたいこの「トリートメントカラー」で色味を仕上げている事が多いです。 どのような商品なのか、毛束を使用して色の入り方をご紹介します。 ) 塗ってみます。 泡がピンクです。 流した水もピンクです。 家の風呂場だったら怒られそうです。 ドライ完了! ブルー バイオレット ピンク 色味をご紹介する為に各色そのまま使用しましたが、サロンワークでこんなに鮮やかな色に仕上げたらお客様にゲンコツされます。 通常はクリア剤で薄めて使用し、もう少し優しいパステル色で仕上げる事が大半です。 ちなみにバイオレットを薄めて使用すると仕上げはこの位の色です。 紫というよりもピンクバイオレットな印象に仕上がります。 その他、定番のグレージュ系もカラーミューズで可能です。 通常のカラーでも同じような色になりますが、ハイトーンへのアプローチという観点で言えば、アルカリ負担が無いカラーミューズの方が賢明かもしれません。 カラーミューズは特に、 インナーカラーなどのポイントカラー におすすめです! 今年も昨年に引き続き、ブリーチ必須のカラーデザインのご要望が非常に多いです。 HANAではダメージを考慮し、新タイプのブリーチ剤「ファイバープレックス」を使用していますが、それでもブリーチは全く傷まないという事ではありません。 ブリーチのオーダーをお受けした際は、一度はお止めなさいなとご提案します。 ただ、デザインする事・表現する事は時として傷みを超越します。 ご不憫をお掛けしますが宜しくお願い致します。

次の