つけ麺 さ な だ 北 千住。 宗庵 北千住店

みそ味専門 マタドール

つけ麺 さ な だ 北 千住

は、2014年10月2日三郷に。 店主はで店長を努められた瀬戸口さん。 そして今回移転オープン。 店の場所は北千住駅西口徒歩約6分。 イトーヨーカ堂の左手路地入った先。 ハッピーロード商店街内。 柏へ凱旋したの跡地。 11:40頃到着で3回折り返す長蛇の列。 外でキュートなが行列対応。 聞いたら私で58番目でした。 前方にはも。 店頭には開店祝の胡蝶蘭・祝樹・祝花多数。 気づいたところでは、六厘舎、大島、ボンドオブハーツ、ソラノイロ、大つけ麺博実行委員会、陽はまたのぼる、鈴ノ木 くり山、ジャンプ、とみ田、ハンディクラフトワークス、小池から。 行列中に食券を買うように案内があり一旦店内へ。 主なメニューは、大山鶏のつけめん900円、辛つけめん1020円、替えつけ200円、替えあつ200円、大山鶏の夜鳴きそば800円、他。 25~27日は100食限定売切れ終了。 麺メニューは大山鶏のつけめんのみ。 麺量は、つけめんが小盛150g半玉子サービス、並盛200g 大盛350g 特盛450g、限定中華そばが小盛140g半玉子サービス、並盛180g、大盛280g、夜鳴きそばが並盛120g半玉子サービス、並盛150g、大盛250g。 並び始めてから1時間30分ほどで着席。 回転は悪くないです。 店内は厨房を囲むL字型カウンター12席(10席・2席)。 スタッフは厨房に店主さんとサポートの男女、外に若女将の合わせて6名。 厨房には浅草開化楼の麺箱。 おしながきの裏にこだわりの薀蓄。 「女将が解説 つけめんの食べ方」がメチャ可愛い! BGMはディズニー・ミュージック風の楽しい軽音楽。 箸は洗い箸でエコ仕様。 卓上調味料はグレープフルーツ酢、胡椒、一味唐辛子。 宝箱の中身はレンゲ。 麺とつけ汁の器は側面の斜度が異なるセットの器で着丼。 具は麺の上に鶏節、肩ロース、大山鶏の胸肉チャーシュー、メンマ、味玉半個(麺小のサービス)。 鶏節、肩ロース、大山鶏は提供時説明してくれます。 つけ汁側の具はきざみねぎ、海苔。 つけ汁はとろっと濃厚な鶏豚白湯醤油味。 薀蓄によると、大山鶏のスープをメインにゲンコツ・背ガラ・豚足・ひき肉をプラス。 うま味が複雑で多層的で奥深く後を引きます。 濃厚過ぎない適度な濃さも、食べ易さが際立ちます。 麺は浅草開化楼製のストレート太麺。 極太なのにするする啜れて、一気に啜る感覚がまた堪りません。 六厘舎とは異なりますが、味わい深くコク深いつけ汁が麺に良く絡んで、これは美味しい! スープ割りはつけ汁の器を渡して小型の寸動から入れて貰う方式。 「濃かったら足しますので言った下さい」と親切なアナウンス。 割り後は魚介が立って和風にシフト。 ほっこりとウマいです。 おいしく完食!落ち着いたら夜鳴きそばを食べに来たいです。

次の

東池袋大勝軒 ○高屋 (まるたかや)

つけ麺 さ な だ 北 千住

〜女将が解説〜 さなだ北千住本店式 つけ麺の食べ方 1. まずは一本だけ、麺を啜ってみましょう。 麺をつけダレに入れて召し上がって下さい。 スープ割はつけダレの丼を上の段に上げてお申し付けください。 卓上の調味料を途中から入れていただくのもオススメです。 吹き出し ・つけ麺は基本冷たい麺でお出ししています。 ・スープ割は基本魚介ベースですが、日によって異なる場合があります。 ・(卓上調味料の)グレープフルーツ酢は、麺に絡めても、つけダレに入れても、お水に入れても美味しく召し上がれます。 お試しください。 さなだのつけめんとは 週2回食べたくなるつけめんを目指してベースとなる鶏スープは匠の大山鶏を使用し、大山鶏の旨味を生かすように厳選した豚を使用した中濃鶏魚介スープです。 麺は、浅草開化楼の特注極太麺を使用し、小麦の風味や香りが抜群なのでそのままでもお召し上がりいただけます。 これを読んでどんなつけ麺が来るのか、非常に楽しみになる内容だった。 そして配膳される前にお膳が用意され、この上につけ麺が並ぶのだ。 そして気になったがのがこの宝箱。 お宝・財宝が入っているのかと思ったら・・・ 入っていたのレンゲ!なんともお茶目で遊び心がある。。。 気になる営業時間 火~土曜日は、ランチ11:00~15:00まで。 ディナー18:00~22:00まで。 日曜日は、11:00~15:00まで。 定休日は月曜日。 注文方法は? 食券機で食券を購入 今回のメニュー 名前:三種のチャーシューつけめん 種類:つけ麺 料金:1200円 時間:着席してから約10分程度 コール:なし 三種のチャーシューつけめん到着! やって来た!通常サイズはやや少なめか?やはり大盛りとかにしておいたようが良かったかな? 麺の入っている丼はチャーシューに麺がほぼ隠れてしまっている。 つけダレも少なめか。 しかし濃厚なスープ。 吊るし焼きバラチャーシューは、香ばしく食欲をソソル。 肩ロースチャーシューは、王道チャーシュー。 大山鶏ムネチャーシューは、さっぱりとした旨味! なかなか良いではないか! 次に麺をいただく。 この麺は極太もちもち麺。 まずは書いてあった通り一本いただくことにした。 そして丼をよく見てみると麺の上に鰹節がかけられていた。 さらにこの麺は、タピオカ粉入りなのだそうだ。 よくみると麺の中に練り込まれているように見えるが(鰹節でなければ)・・・。 いよいよ麺を口に運び、ツルツルの麺を啜ってみると小麦粉の香りと甘味が広がる。 そして歯応えもかなり良い。 確かにこれだけでもイケるうまい麺だった。 タピオカさという点ではあまりそういう感じはなかった。 海苔はスープに浸していただく。 これ王道ね!! 次は、しっかりと麺をいただいてみる。 麺を持ち上げて、 ずるずるっと啜ってみると、ツルツルとした食感と食べ応えがなんとも言えないうまさを醸し出している。 最近思うが、つけ麺は舌触りが命。 ツルツルであればあるほど加速度的に旨さは向上するのではないかと思う。 食べる喜びというか、気持ち良さというか、そういったものを感じるのだが私だけだろうか。 箸休めにシナチクをいただく。 これが結構ぶといシナチクで、ざくざくと食べられる気持ちいいシナチク! 次はテーブルトッピングを入れていく。 まずはニンニクを入れてみると、安定のうまさを引き出す。 相性バッチし。 次は、気になるグレープフルーツ酢を投入 麺をいただくと、爽やかなスープに変化!これはもう、た・ま・る・か!いいね!グレープフルーツ酢いろいろなものに入れてみたくなってしまうよ。 味の変化も楽しくて、あっという間に麺をたいらげてしまった。 最後にスープ割の時間だ。 グレープフルーツ酢を入れたかからでもあるが、濃厚スープなのにさっぱりしていてうまい!スッキリ感が素晴らしい! 完食!非常にうまかった。 しかし、量はもっと欲しかったかなという感じ。 次回食べるときは特盛りとかにしないとこの旨さはもったいない気がする!もっと堪能したいわ! そんなことを思いながらお店をでた。 たまには駅から離れたお店に入ってみる流のも良いなと実感させられてしまった。 アクセス アーカイブ•

次の

東池袋大勝軒 ○高屋 (まるたかや)

つけ麺 さ な だ 北 千住

15 18 21 17 12 15 17 12 16 16 15 15 21 20 17 19 18 3 19 19 19 15 16 21 3 1 10 18 16 20 21 18 16 14 21 12 19 19 20 21 14 15 19 16 7 20 14 14 21 19 15 15 19 17 22 20 13 13 21 16 20 17 11 22 18 19 21 19 18 20 19 20 22 18 21 21 19 21 23 17 18 20 21 12 どこかに出かける時は、ほとんどが電車を利用するけど、 雨が降っていると、バスの利用頻度が増す。 バスでの行き先は北千住。 そのバスからよく見かける店なのだけど、 北千住駅までバスで行くと、 1つ戻るから面倒なので今までは寄ることはなかった。 だけど、今日は完全にこの店に行くためにバスに乗った。 つけめん・らあめん 宗庵 北千住店です つけ麺が好きというわけではない。 逆になんでつけ麺なの?と思っているくらいだから あまり好きではないと言ってもいい。 では何故かと言うと、興味があったから。 それ以外にない。 入ってすぐ右手で食券を買って席に着くのだけど、 水がセルフなので、券売機の横にある給水器で水をくむ。 小さくて見づらいけど、メニューとしてはこんなもの。 この他に 冷やし坦々つけ麺というのもある。 今回は、 たたき背脂つけ麺の大盛りと 明太ごはん。 つけ麺は普通盛りでも大盛りでも料金は一緒。 食券を渡す時に、 店員さんに大盛りにしますか?と聞かれるけどね。 テーブルに上にはこういうのがあるけど、今回は使わなかった。 待つこと4〜5分。 う〜ん、1食分としては多いかな…。 これだけ食べたら、歩く距離を多くしなくちゃ。 でも、この日は雨だったから 明日ね、あ・し・た。 麺はツルツル系で、冷水で締めているからシャッキとした感じがあって、歯ごたえもいい。 つけだれは若干甘めで、たたき背脂の割にはあまりしつこさは感じない。 ごはん好きのオレにとって、こっちがメインだったりして。 実はつけ麺って、なんで存在するのかがわからなかったりして。 なんで分ける必要があるのか。 ラーメンではダメなのか。 つけだれはどこでも濃すぎるけど、それでいいの? などなど、疑問はたくさんあるから理解しづらい。 麺を食べ終わった後には、ちょっとおしゃれな演出が。 最後にスープ割りをもらって、スープを飲み干す。 それでも濃い感じなんだよな。 元からもうちょっと薄くしても良くないのかなぁ。 おいしいことはおいしいんだけど、 オレはやっぱりラーメン派なんだろう。 つけ麺にするなら、坦々つけ麺で最後にごはんを入れて食べたい。 でも、店に人に嫌われそうな気がする。

次の