メインクーン 性格。 メインクーンは性格が悪い⁉︎その真相と子猫やオスメスの性格の違い!

メインクーンの特徴や性格、飼い方について

メインクーン 性格

コンテンツ• メインクーン 1.メインクーンの性格 メインクーンはとても大きな猫で、小さな子供には抱えられないくらいの大きさをしています。 その体つきは肩幅が広くがっしりしていて、抱き上げると猫ってこんなだっけかな?と驚く人がいるほどです。 また顔つきも野性味があり凛々しく整っているので、ちょっと迫力があるように感じます。 そんな見た目のインパクトとは正反対の性格で、非常に 面倒見がよく子供好きで、動画サイトなどでも幼児の面倒を見ているメインクーンの動画をよく見かけます。 よちよち歩きの子供に寄り添っていたり、しっぽをつかまれてもぐっとこらえたり、子供同士のけんかに仲裁に入ったものもありました。 そんな風に家族としての役割、みたいなものを果たしてくれるのも、人気の理由の一つかもしれません。 2.メインクーンの飼い方 大きな体で運動が大好き。 体重は5~10kgになるともいわれていますので、その体で動き回られたら…。 キャットタワーや踏み抜かれては困るインテリアの管理には注意しましょう。 もし愛猫に普段過ごしてもらう部屋があるのであれば、そこから出ないようにしてもらうのも有効です。 しかしそう簡単にはいかないかもしれません。 満足できるほど遊べるように、キャットタワーは大きな体が入る大型のものや、倒壊の恐れのない天井突っ張り型が良いでしょう。 こちらのような、大型猫用、となっているものが確実ですので、選ぶときのサイズや耐荷重などはよく確認するようお気を付けください。 温厚な性格なのでいたずらはあまりしません。 ゆったりできるキャットタワーと、一緒に遊んでくれる他の猫や犬、子供などがいると尚良し。 といったところでしょうか。 遊び相手がいない場合はあなた自身が遊び相手となってたくさん遊んであげましょう。 ですがあなたにべったりな甘えん坊、というほどではありませんので、本人の満足いく環境を整えてあげられれば、 出張や旅行に行く際にもそれほど問題はありません。 家を空ける準備をしっかり整えてあげましょう。 体が大きいので、しっかり大人になるまで時間がかかります。 体が大きい分エネルギー消費も大きく、高タンパク、高カロリーな食事が必要にもなります。 年齢別フードを与える際など、獣医さんと良く相談して適切なフードを食べさせてあげましょう。 そして立派なロングコート。 長毛な上に毛の量も多いので、 ブラッシングは一日に2回ほどしてあげてください。 シャンプーも月に1度くらいはしたほうがいいかもしれません。 気になるようならトリマーさんにお願いするのも良いですよ うっかりすると毛づくろいの際に飲み込んだ毛がとなって病気を引き起こします。 コミュニケーションと体調管理を兼ねて、マメにブラッシングをしてあげましょう。 ヘアボールを作りにくくするフードも効果的です。 また、メインクーンは非常に賢い猫ともいわれていますので、 猫用の知育おもちゃなども喜ぶかもしれません。 毛色については様々で、多く見られるのはブラックやホワイト、ブラウンタビー、シルバータビーの他、バイカラーや三毛などもあるようです。 3.メインクーンのルーツ メインクーンは自然発生した猫種なのですが、その発生にはいくつか説があります。 1. マリーアントワネット説 マリーアントワネットが処刑される直前に飼っていた猫を逃がした。 その猫はアメリカに渡り、そこから広がった。 2. ヤマネコ説 メインクーンの耳飾りがヤマネコのものと似ていることから、ヤマネコと土着猫との交配により生まれた。 3. ヴァイキング説 北欧のヴァイキングと暮らしていた猫が、ヴァイキングたちがアメリカ・メイン州に立ち寄った際に、地元の土着猫と交配し、生まれた。 このうち 3.ヴァイキング説が現在一番有力な説として支持されているそうです。 理由はメインクーンとよく似たの存在。 こちらもメインクーンと同じく大型で長毛で穏やかで子供好きです。 そしてその名の通り、北欧出身。 具体的なつながりはわかりませんが、同じ地域の出身ある可能性は十分にある。 というわけです。 種として認定されたのはアメリカで、多くの品評会で好成績を残す人気猫種となりましたが、その人気が先細りになったころ、MCBFAというメインクーンのブリーダークラブが立ち上がり、その人気を取り戻すことになったのです。 …どうだろ 4.メインクーンの病気 メインクーンは丈夫な種で、 遺伝疾患は少ない方と言われています。 しかしどんな生き物でもある程度年齢を重ねれば何かしらの病気が出てくるものです。 メインクーンに多いのは、• 脊髄性筋萎縮症• 関節異形成 などがあると言われています。 あまり聞かない病名も多くありますが、定期的な健康診断での早期発見が重要になるようです。 健康診断も含めた愛猫の治療費が気になる方は、ペット保険もご考慮ください。 また、メインクーンには多指症が多いともされていますが、こちらは 健康面には何ら問題ないとの研究結果が発表されているとのことです。 5.まとめ ブラッシング等のお手入れは大変かもしれませんが、お手入れした分だけ美しい姿を見せてくれそうです。 また、似た名前のメイクイーンはジャガイモの品種です。 ジャガイモの収穫時期であるメイ 5月 にとれるクイーン 女王 級に素晴らしいのがジャガイモで、アメリカのメイン州でその種が公認され始めたアライグマ ラクーン:racoon に似た猫がメインクーンです。 メインクーン• 大型長毛種で見た目のインパクトはあるが、性格は穏やか• 甘えん坊というほどでもないので、家を空けることが多い人でも安心• 他の生き物と遊ぶのが上手• 体は丈夫 お迎えをご検討の場合、ブリーダーの方から購入すると価格は30万円前後くらいが多いようです。 ぜひチェックしてみてください。 6.似ている猫は 性格やお世話の仕方など、似た部分を持つ他の猫種をご紹介します。 大型長毛種 大きな猫は、その体格から余裕があるのかみんな落ち着いた性格をしています。 そして面倒見がよく、子供の相手をしている姿なども良く見かけますよね。 そんな大きなもふもふを5種ご紹介します。 おとなしい猫 やんちゃでたくさん遊ぶ猫も可愛いけれど、ぽかぽかひなたぼっこしている猫もらしくていいですよね。 子供の頃はそれなりに活発に遊びますが、基本的には穏やかに過ごす猫たちをご紹介します。

次の

メインクーンはどんな猫?大きさ、性格について知ろう!

メインクーン 性格

長い毛足と大きな猫目でバランスの整った美人な顔、大きな図体はまるで猛獣のような優雅さを持ち合わせている、メインクーンという品種の猫をご存知でしょうか。 最近流行りのスコティッシュフォールドやマンチカンとは真逆を行くような姿で、聞き覚えがない品種かもしれません。 でも、メインクーンは猫好きにはたまらない特徴をたくさん持っているのです。 そこで今回はメインクーン紹介の意味も込めて、メインクーンの性格をご紹介します。 人懐っこいがあまり触られたくない メインクーンは比較的、人懐っこく人間に対して友好的な性格の子が多いです。 ただし、他の猫と違うのは「過剰なスキンシップは苦手」という点です。 メインクーンは人懐っこく飼い主について回ったりするのが大好きですが、飼い主がメインクーンをなでたりずっと抱っこしたりするのは苦手です。 飼い主の膝に座ってきても、撫でられるのはほどほどにしないとメインクーンのご機嫌を損ねて引っかかれてしまうかもしれません。 メインクーンは同じ部屋や同じ空間で大好きな飼い主をぼーっと見ていたり、飼い主の膝の上で丸くなって眠ったりするのが大好きな子が多く、トイレや風呂場にまでついてくる子もいます。 穏やか メインクーンは穏やかな性格な猫と言われています。 その穏やかな性格から、犬などの他の種族・子供などとも仲良くできると言われている猫の品種です。 メインクーンは体長も大きく、その顔の特徴から「冷たい」「気高い」などのイメージを抱かれがちですが実際はその逆が多く、穏やかで協調性があります。 メインクーンが穏やかでいるためには、メインクーンが落ち着ける高い見晴らし台や隠れられる隙間なども必要です。 ですので、メインクーンの安心できる環境づくりをしてやれば、穏やかな性格を保ったままメインクーンと穏やかで静かな毎日を送ることができるでしょう。 マイペースでのんびり メインクーンは穏やかな性格な子が多く、かなりのんびりした性格をしていることが多いです。 猫は気ままなものですが、メインクーンはその体の大きさに似合ってさらにのんびりマイペースです。 マイペースなので、飼い主の呼びかけを無視したり気分が乗らないと遊びに応じないこともしばしばありますが、それは猫特有の気まぐれなので飼い主は大きな心で許してあげましょう。 マイペースさがメインクーンの優雅さを醸し出しているので、しつけをしないで、猫の自由にさせてあげましょう。 遊ぶのが大好き メインクーンは穏やかな反面、猫としての本能も色濃く残っており遊ぶのが大好きです。 好奇心が旺盛で飼い主さんとコミュニケーションをとることが大好きなので、飼い主さんとおもちゃなどでハンティングをすることを覚えると毎日のようにねだってくるでしょう。 特に、メインクーンは他の品種の猫よりも体が大きいので必要な運動量も多くなるのです。 そのため、家の中でじっとしている猫は運動を必要とし、飼い主に遊びを求めます。 メインクーンは非常に賢い品種なので、遊びも高度なものになります。 投げたネズミのおもちゃを持って帰ってきたり、場合によっては「もっと面白くしてよ」と飼い主さんを見つめることもあるでしょう。 ただ、好奇心旺盛な性格はときに「いたずら」につながることもあります。 トイレットペーパーを永遠に引き出してみたり、時には蛇口を押して水を出してしまう子もいます。 さらにはメインクーンは賢いので、いったん覚えたいたずらはずっとやり続けます。 ですので、メインクーンは人間の子供と同じように接するくらいの心構えでいないと、いたずらや遊びに手を焼くことになるかもしれません。 人の行動を見てドアの開け方を覚えたり、おもちゃやおやつの隠し場所を知っていたり…。 脱出なども覚えてしまえばお手のものです。 さらには、わざと飼い主さんに噛みついたりいたずらをしたりして、飼い主さんの反応を楽しむくらい賢い子もいるとか…。 ちょっと気取り屋 メインクーンは、極度のスキンシップは苦手な面があり、気分が向かないとツンとそっぽを向いてしまうこともあります。 それはメインクーンが気取り屋さんな一面があるからで、キレイにした毛並みをわしゃわしゃと撫でられたり、遊んでいるときに失敗をして恥ずかしくなると急にそっぽを向いて遠くに行ってしまうのです。 ですので、メインクーンのご機嫌を身ながら接するようにすると良いかもしれません。 メインクーンの性格を知ろう メインクーンは非常に賢いが故、猫でなく人間と暮らしていると考えても良いと言われている性格の品種です。 ですので、いたずらには手を焼くかもしれませんが、その分友好的に接してくれます。 賢いメインクーンを迎えるには少し覚悟が必要かもしれませんね。

次の

メインクーンはどんな性格の猫?特徴・寿命・値段は?|ねここもり

メインクーン 性格

長い毛足と大きな猫目でバランスの整った美人な顔、大きな図体はまるで猛獣のような優雅さを持ち合わせている、メインクーンという品種の猫をご存知でしょうか。 最近流行りのスコティッシュフォールドやマンチカンとは真逆を行くような姿で、聞き覚えがない品種かもしれません。 でも、メインクーンは猫好きにはたまらない特徴をたくさん持っているのです。 そこで今回はメインクーン紹介の意味も込めて、メインクーンの性格をご紹介します。 人懐っこいがあまり触られたくない メインクーンは比較的、人懐っこく人間に対して友好的な性格の子が多いです。 ただし、他の猫と違うのは「過剰なスキンシップは苦手」という点です。 メインクーンは人懐っこく飼い主について回ったりするのが大好きですが、飼い主がメインクーンをなでたりずっと抱っこしたりするのは苦手です。 飼い主の膝に座ってきても、撫でられるのはほどほどにしないとメインクーンのご機嫌を損ねて引っかかれてしまうかもしれません。 メインクーンは同じ部屋や同じ空間で大好きな飼い主をぼーっと見ていたり、飼い主の膝の上で丸くなって眠ったりするのが大好きな子が多く、トイレや風呂場にまでついてくる子もいます。 穏やか メインクーンは穏やかな性格な猫と言われています。 その穏やかな性格から、犬などの他の種族・子供などとも仲良くできると言われている猫の品種です。 メインクーンは体長も大きく、その顔の特徴から「冷たい」「気高い」などのイメージを抱かれがちですが実際はその逆が多く、穏やかで協調性があります。 メインクーンが穏やかでいるためには、メインクーンが落ち着ける高い見晴らし台や隠れられる隙間なども必要です。 ですので、メインクーンの安心できる環境づくりをしてやれば、穏やかな性格を保ったままメインクーンと穏やかで静かな毎日を送ることができるでしょう。 マイペースでのんびり メインクーンは穏やかな性格な子が多く、かなりのんびりした性格をしていることが多いです。 猫は気ままなものですが、メインクーンはその体の大きさに似合ってさらにのんびりマイペースです。 マイペースなので、飼い主の呼びかけを無視したり気分が乗らないと遊びに応じないこともしばしばありますが、それは猫特有の気まぐれなので飼い主は大きな心で許してあげましょう。 マイペースさがメインクーンの優雅さを醸し出しているので、しつけをしないで、猫の自由にさせてあげましょう。 遊ぶのが大好き メインクーンは穏やかな反面、猫としての本能も色濃く残っており遊ぶのが大好きです。 好奇心が旺盛で飼い主さんとコミュニケーションをとることが大好きなので、飼い主さんとおもちゃなどでハンティングをすることを覚えると毎日のようにねだってくるでしょう。 特に、メインクーンは他の品種の猫よりも体が大きいので必要な運動量も多くなるのです。 そのため、家の中でじっとしている猫は運動を必要とし、飼い主に遊びを求めます。 メインクーンは非常に賢い品種なので、遊びも高度なものになります。 投げたネズミのおもちゃを持って帰ってきたり、場合によっては「もっと面白くしてよ」と飼い主さんを見つめることもあるでしょう。 ただ、好奇心旺盛な性格はときに「いたずら」につながることもあります。 トイレットペーパーを永遠に引き出してみたり、時には蛇口を押して水を出してしまう子もいます。 さらにはメインクーンは賢いので、いったん覚えたいたずらはずっとやり続けます。 ですので、メインクーンは人間の子供と同じように接するくらいの心構えでいないと、いたずらや遊びに手を焼くことになるかもしれません。 人の行動を見てドアの開け方を覚えたり、おもちゃやおやつの隠し場所を知っていたり…。 脱出なども覚えてしまえばお手のものです。 さらには、わざと飼い主さんに噛みついたりいたずらをしたりして、飼い主さんの反応を楽しむくらい賢い子もいるとか…。 ちょっと気取り屋 メインクーンは、極度のスキンシップは苦手な面があり、気分が向かないとツンとそっぽを向いてしまうこともあります。 それはメインクーンが気取り屋さんな一面があるからで、キレイにした毛並みをわしゃわしゃと撫でられたり、遊んでいるときに失敗をして恥ずかしくなると急にそっぽを向いて遠くに行ってしまうのです。 ですので、メインクーンのご機嫌を身ながら接するようにすると良いかもしれません。 メインクーンの性格を知ろう メインクーンは非常に賢いが故、猫でなく人間と暮らしていると考えても良いと言われている性格の品種です。 ですので、いたずらには手を焼くかもしれませんが、その分友好的に接してくれます。 賢いメインクーンを迎えるには少し覚悟が必要かもしれませんね。

次の