スカイ パイロット tc。 お待ちかね! 爆発的人気で完売したサバティカルのテント2型が再販決定!!

サバティカル スカイパイロット初張り!サーカスインナーを吊ってみた!

スカイ パイロット tc

発売日に予約購入していたサバティカルテントが到着しました!! 展示会は近くで開催されていなかったので、WEBの商品紹介だけで、購入を決めました。 78,600円という価格と仕様はどうなのか。 コットンテントで、しかも4〜6人用という大型にも関わらず、10万円を切るテントはどんなテントなのか。 センターポール1本• サイドポール4本• ハンガーテープ2本• 3mロープ8本• サバティカルWEBサイトを見てテント購入を決めていたので、あのサイトとほとんと同じロケーションだよねと話していましたが… まさか北海道だったなんで、思っていなかったので信じられません! しかも、テントの向きこそ違いますが、 キャンプ場の中でもここ!という場所まで同じです。 この写真からはわかりにくいかもしれませんが、実は結構な傾斜です。 58kg ポール6. 25kg ペグ2. 33kg 本体 14. 7kg ポール5. 6kg ペグ2. 1kg 総重量 17. 16kg 22.

次の

サバティカル スカイパイロット初張り!サーカスインナーを吊ってみた!

スカイ パイロット tc

7kg、ポール5. 6kg、ペグ2. TC素材は 抜群の遮光性と通気性を兼ね備えており、夏は涼しく過ごすことができます。 またポリエステルに比べて 火の粉に強いのも、焚火好きのキャンパーにはうれしいですね。 生地の性質上、完全に防水をする事はできませんが、雨に濡れるとコットンが膨張して雨の浸入を防ぐ効果があります。 私は他社のポリコットンテントを所有していますが、かなりの雨でも雨漏りしたことはありませんし、何より 結露が少ないのがうれしいです。 そして下記の写真が、今回発売された2色のテントのTC素材の本体とポリエステルのスカートの画像です。 色は下記の写真の色と近く、「ライトベージュ」は明るめの爽やかなベージュ。 「フォレストグリーン」はかなり濃い緑です。 2色とも遮光性が高く、日差しをしっかりと防ぎますが、フォレストグリーンは遮光性が高すぎて、日中でも入り口を締め切ると幕内がかなり暗い印象です。 5本のポールによる広々空間 スカイパイロットTCは、中央のメインポールと出入口部分の4本のサブポールでフライを支える構造で、一般のツーポールシェルターよりも有効面積がかなり広くなっています。 この広さを活かしてグループキャンプのリビングにするもよし、カンガルー用テントを設置して2ルームテントのように使うのもよし。 オーナーの工夫次第で様々なスタイルで使用できます。 (インナーテント等のオプションはありません。 ) 出典:SABBATICAL 幕内は一辺2mの変形8角形で、ちょうど1辺にコット1台が収まります。 ただセンターポールと左右のサブポールが幕の内側にあることで、デッドスペースが生まれるため、カンガルー用テントの置き方などには工夫が必要になりそうです。 4カ所の広い出入口 スカイパイロットTCには、前後左右に4カ所の出入り口があります。 入口の高さは180㎝となっていますが、この日は左右のサブポールをやや内側に傾けて設営していた影響から、左右のドアは164㎝の私がギリギリ通れる程度の入口高さになっていました。 前後のドアはポールが垂直なので175㎝以下の方ならかがまずに出入りできそうです。 扉は4カ所とも、三角形の入り口の真ん中部分にファスナーがあり、両側に巻き上げて開口するようになっています。 4面全てのドアにメッシュパネルを装着 4面の扉には全てメッシュパネルが装備されています。 このメッシュパネルは下部のベルクロでドアパネルに固定することで、1枚のドアパネルとして使用出来るので、巻き上げる時や跳ね上げる時に便利です。 出典:SABBATICAL ビストロンジッパーの採用 出入口には凍結に強い ビストロンジッパーを採用し、マイナス環境下での開閉のしにくさを軽減しています。 ファスナーは 4カ所共にシングルジッパーですね、個人的には薪ストーブをインストールすることを考えて左右2カ所はダブルジッパーにしてほしかったです。 メーカーとしてはシェルター内は火気厳禁としているので仕方ありませんが、モーニンググローリーの後方2カ所はダブルジッパーなのに、どうしてスカイパイロットには採用されなかったんでしょうね。 幅広のスカート スカイパイロットTCのスカートはかなり長めで、画像で見ていただいた通り20㎝程度あります。 さらにスカートの内側には固定用のゴムも備えているので、風の強い時はペグダウンすることで風の吹込みをガードできますね。 しかし長めのスカートは、風を通したい時や跳ね上げる時には邪魔になってしまうこともあります。 そこでスカイパイロットTCには、このスカートを巻き上げる紐が備え付けられており、下の画像のように巻き上げれば、すっきりとしたシルエットを保つことができます。 出典:SABBATICAL 使いやすさを追求した工夫が随所に サバティカルのシェルターは、ユーザーの「これあったらいいな」を取り入れた、小技の効いた仕様が随所に見られます。 例えば、センターポールの左右にあるベンチレーションは、内側から開閉することができるように長めのポールが付属しています。 さらに開けた際のベンチレーションパネルは、ヒラヒラしないようにコードを引くだけで蛇腹にまとめられます。 出典:SABBATICAL そしてサバティカルのすべてのモデルには、ランタンを吊るすのに便利なハンガーテープが付属しています。 テープの途中には3つのリングが付いており、好きな場所に必要な個数のランタンを吊るせます。 ハンガーテープはセンターポール付近と、左右のポールを刺す鳩目付近にある、テープに固定するようです。 スカイパイロットは、これだけの機能を有したTC素材のシェルターでありながら76,800円(税抜)というかなりの低価格を実現しています。 そのため、構造上大きな影響を及ぼさない部分はシンプルな作りにすることで、コストカットが図られているようです。 収納袋、ペグ、ガイロープや自在はシンプルですね。 設営の手順 出典:SABBATICAL 次にスカイパイロットTCの設営手順と細部の作りについてみていきたいと思います。 設営手順は以下の通りです。 まず初めに、このビルディングテープをしっかりと張って4コーナーをペグダウンします。 (このビルディングテープは設営完了後にフックを外して巻き上げ、付属の袋に収めることもできます。 両サイドのポールは幕内に建てる形になるので、幕外に出たポールの先端部分にカバーを掛けて、雨が流れ込むのを防ぐ工夫がされています。 こちらはポールが幕外にあるので、先端カバーはありません。 天候やスタイル、使用人数などによって張り方を工夫できるので、「今日はどんな風に張ろうか」と考えるのも楽しいですね。 まとめ サバティカルの「スカイパイロットTC」は、数少ないTC素材を採用した大型シェルターです。 さらに長めのスカートや4面のメッシュシェルターなど、4シーズン快適に過ごすために必要な装備を目いっぱい詰め込んでいることで、特にこれからの冬キャンプでその実力を大いに発揮してくれそうです。 これだけ細部にまでこだわった作りでありながら、価格が税込みでも8万円台とかなり良心的。 大型のポリコットン幕を探していた方にとっては、サバティカルのスカイパイロットTCはかなり有力な候補になりそうですね。 関連記事.

次の

【SABBATICAL】 サバティカル 新ブランド誕生!テント・タープ展示受注会に行ってきました。

スカイ パイロット tc

出典:SABBATICAL そのオリジナルブランド名は、「サバティカル」。 テンマクデザインのサーカスTCを愛用している私ですが、そろそろ新しいテントがほしいと思っていたので… WEB情報のみで、予約購入しました! なぜ、発売前にも関わらず、しかも実物を見ずに、購入を決められたのか。 新しいブランドには不安はなかったのか。 実際に購入に至った経緯から、予約、お得に買う方法についてもご紹介していきます! これからテントやタープを購入しようと考えている方へ、すでにサバティカルが気になっている方へ、購入の参考になる記事になっていますので、ぜひ最後までお付き合いください! サバティカルテント再入荷情報が入りました! Contents• 発売前に サバティカルが購入できた理由は? 出典:SABBATICAL 購入したのはスカイパイロットTC 出典:SABBATICAL サバティカル スカイパイロットTC。 色はライトベージュです。 機能性などについては、この後ほど詳しくご紹介します。 価格は、78,600円でした。 探し求めていた理想のテントだった!• 冬も使用できるTC素材• スカート付き• タープなしで利用できる広さ• デザイン性、機能性に優れている• あまり出回っていないもの• 価格は10万円以下 これらの希望条件が全て揃った、私が探し求めていた理想のテントだったのです。 冬でも利用できるコットンテントといえば、小川キャンパルやノルディスクといった 価格が10万円を超えるものばかり。 2019年春に発売されたゼインアーツのテントの形が、格好いい!と気になったのですが、素材はポリエステルリップストップ。 コットン混紡ではなかったので、購入候補には入りませんでした。 新ブランドSABBATICAL 今回発表されたサバティカルテント、 商品開発を手掛けているのは、ゼインアーツ代表の小杉敬さんです。 ゼインアーツのテントは、2019年4月に発売され、完売して在庫切れが続いているほど人気商品です。 多くの人にデザイン性、機能性が認められたゼインアーツの 機能はそのままに、 テントの素材がTC素材(ポリコットン混紡繊維)になったのですから、これはまさに求めているもの! 【POINT1】 新ブランドでも、信頼と安心感があった! 予約開始から予約が殺到!? 8月20日にWEBサイトで、コットン混紡のTCタープMLサイズ2展開とTCテント2種合わせて4種類。 それぞれ2色あり、合計で8展開あることが、明らかになりました。 WEBサイトを見ると、詳細な商品説明があり、スタイリッシュ性や機能性に優れていることがよく伝わってきました。 それと同時に、ゼインアーツの人気を考えると、このサバティカルの人気が出ることも、想像がつきました。 すぐに電話で予約状況を聞くことにしました。 【POINT2】 オンライン予約前に電話予約! 雑誌GOOUTにも掲載! 定期購読しているGOOUT10月号に、サバティカルパイロットTCが掲載されていました! まさに、私が購入したものです! 新ブランドが繰り出す シーンを問わないシェルター。 SABBATICAL SKYPILOT TC フラッグジップモデルの6〜8人用大型シェルターで、変形8角形の美しいシルエットが特徴。 複数のスタイルにアレンジでき、汎用性が高いのも魅力だ。 120 サバティカル スカイパイロットTCは、 この秋に確実にゲットしたい見逃し厳禁な名品特集、「絶対、欲しい。 BEST100」に選ばれていました。 【POINT3】 知名度が上がって、手に入りにくくなる前に購入! 次回入荷は年明けになるほどの人気!? 出典:SABBATICAL その予想は見事に的中! 当初の私の希望は、 限定のフォレストグリーン。 8月20日のA&Fカントリー直営店での予約開始から2日後、フォレストグリーンは完売したという情報がありました… 直営店予約の時に動かなければ、手に入れることはできなかったのです… 初回限定のフォレストグリーンはすでに完売 フォレストグリーンはSABBTICALブランドローンチ記念の数量限定カラーです。 ブランド立ち上げ記念ということは、 つまり初回限定ということだったのですね。 数量限定とありますが、実際はどれくらいの数が出回るのか、気になるところです。 展示受注会での抽選が最後の希望! 8展開のうち、すでに5展開は完売 すでに、初回限定のフォレストグリーンは4種類とも完売となっています。 展示受注会では、フォレストグリーンの抽選販売もあったようですが… 出典:SABBATICAL どれだけの人気があるのか、この展示受注会へ行かれたかたは感じたのではないでしょうか。 次回入荷は2020年初旬と発表されたことで、この展示受注会後は、スカイパイロットTCやタープマリポサTCのライトベージュも完売になりそうですね。 ご検討中の方はお早めに! 詳細は、公式サイトでご確認ください。 当初希望していたフォレストグリーンは、ネットで発表されていたとおり好評のためすべて完売したとのことでした。 フォレストグリーンを諦め、すぐにその電話で、スカイパイロットTCのライトベージュを予約しました。 それがオンライン予約が始まる前日の8月25日の話です。 お得に買う方法がある!? 着払いか店頭支払いどちらを選びますか? 着払い 送料約800円 A&Fカントリーポイントなし 店頭支払い 送料無料 A&Fカントリーポイントもつく 店頭で支払うと、A&Fカントリーのポイントが付きます! 1,000円で1ポイント、10ポイント貯まると500円分の割引が適用になります。 スカイパイロットTC(78,600円)を購入すると3,500円分のポイントがもらえます。 しかも、 店頭支払いをすると、送料はお店で負担してくれるので、送料が無料になりました。 大きなお買い物こそ、ポイントをしっかりもらいましょう! LINE公式アカウントで新規お友達登録すれば500円OFF 期間限定だったのですが、LINE公式アカウント登録で500円OFFキャンペーン中だったので、登録してさらに500円引きになりました。 より安く買える方法を教えてくれる定員さん、素敵ですね。 電話予約などの対応もとても親切にしてくれました。 発売日に発送します 発売は、9月中旬ということで、当初は9月13日の予定だったようです。 我が家は14日からの三連休でキャンプを予定していたので、このキャンプに間に合えば最高!と話していたのですが… 予約が殺到し、13日の同時発送が難しくなったようです。 9月11日になって、 9月20日が発売日になったことがホームページで発表されました。 2019. 11 初回生産分の発売日が決定いたしました。 9月20日(金)に店頭で発売を開始いたします。 予想を遥かに上回るご予約状況により、すでに完売している製品や入手しにくい製品もございます。 ご来店の際にはお手数ではございますが、店舗まで在庫状況をご確認ください。 ご検討いただいている皆様には大変ご不便をおかけしておりますが、次回生産に向けて順をしておりますので、何卒宜しくお願い致します、 次回入荷は2020年初旬を予定しております。 5mロープ2本 本体14. 7kg ポール5. 6kg ペグ2. 1kg 総重量22. 4kg 本体9. 2kg ポール3. 7kg ペグ1. 45kg 総重量14. 省スペース設計• ピラミッドライン• ビルディングテープ• ハンガーテープ• ビスロンジッパー• スカートの巻き上げ• ベンチレーションの開閉• メッシュパネルが追従• 大人数に対応• 張り方が豊富 出典:SABBATICAL * モーニンググローリーTCの特徴• 大型フロントパネル• フロントメッシュ• 下部ベンチレーター• ハンガーテープ• ビスロンジッパー• パックパネル• サイドパネル• インナーオプション• 最大で4人 出典:SABBATICAL * サパティカルテントの魅力は? テントの広さを追求した形状 2つのテント、モーニンググローリーは2〜4人用、スカイパイロットは6〜8人用です。 これまで「テント+タープ」や、「テント+スクリーンテント」で利用してきた方にとっては、 スカイパイロット1つで2つの役割が果たせます。 モーニンググローリーは、大型フロントパネル設計で、省スペースを追求しています。 インナーテントをつけて2ルームテントとしても利用できる形です。 気になる設営の難易度は? モーニンググローリーはペグが14本、スカイパイロットはなんど20本もペグが入っています。 ポールの数も多く、ロープも…初心者の方には少し難しいと感じるかもしれません。 スカイパイロットは、変形八角形ということで「ビルディングテープ」と呼ばれる、設営の手助けになるガイドロープがあります。 このテープ、よく足を引っ掛けてしまうので危ないすよね… でも、実は収納できるタイプです!ポケットがあるので、 設営後はビルディングテープを収納してください。 この配慮が嬉しい! 実際に購入したら、設営にかかった時間などもご紹介しますね! 追記しました!! スカートがある! テントの底にあるスカートの役割、これは重大です。 冷気は下からくるのはご存知の通りです。 冬に雪中キャンプをする私は、そのスカート部分を外側に出して雪を乗せます。 すると下からの冷気が中に入らず、テント中の温かい空気を逃しません。 雪がない季節でも、その効果は感じられるはずです。 スカートは接地してしまうことで、朝露がつき、どうしても乾かない部分にはなってしまうのですが、雨の日にも役立ちます。 これがなければ、私は買わなかったと思います。 それくらい重要ポイント。 そしてスカートが必要がない時に、巻き上げられるのもこのサバティカルパイロットの特徴です。 夏の暑い日は、巻き上げて風通りを良くすることもできます。 これば便利!メッシュパネル! これまで見てきたスカイパイロットタイプに、メッシュパネルが付いていたものはあったでしょうか。 明かりをつけると寄ってくる虫。 アウトドアなのである程度は覚悟しつつも、やはり避けられるのなら避けたいですよね。 メッシュだけでもなく、二重構造!昼間過ごす時は、メッシュ1枚、寝る時にはベルクロで固定して密閉し、寒さもしのげます。 動きが追従するというので、実際の使用感が楽しみです! ペンチレーションにもジッパースライダー!? ベンチレーション部分にもメッシュが付いています。 しかもベンチレーションの開閉部分には、ジッパースライダーがあり、開閉には長めのバーを使って操作できます。 テントの高さが270cmあるので、上部にあるベンチレーションの開閉には、設営後は届きません。 もはや必需品です。 モーニンググローリーTCは別売りのインナーテントがあります! モーニンググローリーの別売りのインナーテントは、11,800円です。 コットスタイルで楽しみたい方は必要ありませんが、ごろっと寝転がれる広いスペースがあるのもいいですよね。 インナーテントを使用すると、どうしても中が狭く感じるので、きっと私ならインナーテントなしで、広さを味わいたいと思います。 スカイパイロットTCは張り方のバリエーションが豊富に楽しめます! サバティカルWEBサイトには4種類の張り方が紹介されています。 自前のポールを使ってもアレンジできるか、色々試してみたいと思います。 85kg ポール:5. 45kg ペグ:1. 0kg 総重量11. 3kg 本体:6. 7kg ポール:6. 05kg ペグ:1. 0kg 総重量13. 強度を生み出す縫製• 頑健な構造• 適切な生地目• 4隅の落とし込み• ハンガーテープ• 収容人数4人 WEBで確認すると、丈夫な生地に頑丈な縫製!こだわりが伝わってきますよ。 >> TC素材(混紡素材)がいい! 出典:SABBATICAL 人気の大きな要因は、TC素材にあります。 TC素材とは、天然繊維のコットンと化学繊維のポリエステルのいいとこ取りの混紡繊維です。 抜群の遮光性と通気性で、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます! これまで、同様の素材でできているテンマクデザインのサーカスTCテントを使用してきましたが、2年間、夏も冬も快適に過ごしてきました。 雨に濡れるとコットンが膨張し、雨が侵入しづらくする効果があるそうです。 実際、テンマクデザインサーカスTCテントを使用していても、布はぐっしょり重く水を含みますが、雨漏りしたことはありません。 しっかり乾燥させて保管すれば、劣化もなく、カビることもなく、いい状態で2年間使えているので、恐らく、このサバティカルTCテントも同様に期待できると思いますよ! 追記しました!! TC素材の機能性は?撥水性・遮光性・保温性を検証しました! サーカスTCと商品比較 出典:SABBATICAL サーカスTCと商品比較! テンマクデザイン サーカスTC スカイパイロットTC モーニング グローリーTC ・サンドカラー ・ライトベージュ ・フォレストグリーン ・ライトベージュ ・フォレストグリーン 31,800円 インナー別売り 19,800円 76,800円 39,800円 インナー別売り 11,800円 2〜4人 6〜8人用 2〜4人用 本体1 センターポール1本 ペグ15本 ガイド用ペグ1本 張り綱5本 設営用ガイドセット1 本体1 センターポール1本 サブポール4本 ハンガーテープ2本 ペグ30本 3mロープ8本 本体1 センターポール1本 フロントポール1本 サイドポール2本 ハンガーテープ1本 ペグ14本 3mロープ5本 1. 5mロープ2本 本体8. 58kg ポール6. 25kg ペグ2. 33kg 総重量17. 16kg 本体14. 7kg ポール5. 6kg ペグ2. 1kg 総重量22. 4kg 本体9. 2kg ポール3. 7kg ペグ1. 45kg 総重量14. TCテントはどうしても生地が厚くしっかりしている分、重くなりますが、 ポールの軽さに驚きました。 モーニンググローリーは、設営時の大きさが大きいにも関わらず、総重量は軽いようです。 サバティカル予約購入 まとめ 出典:SABBATICAL 今回の記事では、サバティカルテント購入までの経緯や、スカイパイロットTC購入の決め手、サバティカルテント&タープの魅力をお伝えしました。 公式サバティカルWEBサイトの情報をもとに、販売開始前に購入を決めました。 9月20日にスカイパイロットTCが届きましたら、より詳しい商品紹介やレイアウトなどについて記事にしたいと思います! いいタイミングで知ることができ、初回入荷で手に入れられて、本当にラッキーでした!これからのキャンプが益々楽しみになるアイテム購入。 あなたのキャンプの幅も、きっと広げてくれるテントですよ!.

次の