マザー 韓国ドラマ 視聴率。 マザー~無償の愛~|BS日テレ

マザー キャスト・登場人物紹介 イ・ボヨン、ホ・ユル、イ・ヘヨン主演韓国ドラマ

マザー 韓国ドラマ 視聴率

主演は数多くの作品で主演をつとめ国内にとどまらず日本をはじめアジア各国でも人気の女優イ・ボヨンさんで、虐待される少女の母親になろうと必死の闘争劇を繰り広げるスジンを熱演し、第13回ソウルドラマアワード SDA にて女性演技者賞を受賞しました。 母親から虐待を受け、イ・ボヨンさん演じるスジンと偽の娘となる子役を演じたのは400倍の競争率とも言われたオーディションを勝ち抜いたホ・ユルちゃんです。 スジンの受け持ったクラスにはヘナ ホ・ユル という女の子がいましたが、その子は母親 コ・ソンヒ と恋人 ソン・ソック から虐待を受けていました。 クラスの友達からもいじめを受け、夜も一人で通りをうろつくヘナにスジンはどうしようもない憤りを感じ、気にかけるようになります。 ある日、忘れ物を届けにヘナの自宅を訪れたスジンはごみ袋に入れられ放置されているヘナを発見してしまいます。 傷ついたヘナのために自分が母親になろうと決心したスジンは、偽の母娘となり逃亡することに。 誘拐犯として追われるスジン・・・。 哀しい逃亡劇の結末は? スポンサーリンク イ・ボヨンコメント 自身も出産を経験しこの作品にのぞんだイ・ボヨンさん本作について 「子供を産んでいなかったらこの作品はできなかったかもしれません。 この作品通して、母親がいなくて涙を流す子供がこの世からいなくなってほしいという気持ちが強くなりました。 」 と語り、母親を思い出したり、母親になったときにも本作を見てもらいたいと視聴者にメッセージを残しました。 ホ・ユルちゃんはこの撮影当時小学校2年生。 「子役と一緒に撮影するのはとても大変なこと。 始まる前はそれが心配だった。 でもホ・ユルは大人と同じように、きついスケジュールでも嫌な顔ひとつせず撮影に臨んだ。 立派だと思う」 と絶賛していました。 また、虐待シーンを受ける子役の心理についてとても心配になり、監督ともたくさん相談したとのこと。 そして虐待シーン撮影後、ホユルちゃんは心理カウンセリングを受けたそうで、イボヨンさんもこれは演技であって、ホユルちゃんが役と自分を分離できるように気を遣ったそうです。 子役ホユル撮影秘話 俳優経験が全くない子役が、日本で大きな旋風を巻き起こしたドラマの主人公を務めることになって、不安を感じる人が少なくなかったとか。 しかし難しい演技や感情表現をうまくこなし、主演としてドラマを導きました。 ホ・ユルちゃんは撮影以外でもイ・ボヨンさんを「オンマ ママ 」と呼び、撮影当初こそぎこちなさがあったものの、撮影が進むにつれて親しくなったそうです。 今まで経験したことのない虐待を受けるなどの演出も、台本を読みながら理解を深める時間をたくさん与えてもらい演じたということです。 この撮影後、ホユルちゃんは劇中母親役のイボヨンさんの事務所と契約を結びました。 スポンサーリンク 日本版と比べて評価は? 前半のおおまかなストーリーは日本版と変わらない内容となっていますが、後半から最終回にかけて違うところもあるので比べて見るとより楽しめるかと思います。 日本版でも天才子役として芦田愛菜さんが有名になりましたが、韓国版でのホ・ユルちゃんも難しい役どころにもかかわらず、表情や演技力の素晴らしさが大きな話題となり高い評価を得ています。 イ・ボヨンさんとの相性もバッチリで偽の母娘という関係性でありながら、本当の親子以上の絆が生まれる様子を演じられています。 日本版「Mother」との出演者比較 多少のキャラクター設定、性格など違いがありますが、日本版のキャストとあてはめました。 【カン・スジン役】 松雪泰子 【キム・ヘナ/ユンボク役】 芦田愛菜 【チャ・ヨンシン役】 高畑敦子 【シン・ジャヨン役】 小野真千子 【チョン・ジノン役】 山本耕司 【ナム・ホンヒ役】 田中裕子 【イ・チャングン役】 山本耕司 【イ・ソラク役】 綾野剛 【カン・イジン役】 酒井若菜 【カン・ヒョンジン役】 倉科カナ 韓国版では医者でありスジンとヘナの逃亡の協力者となってくれるチョン・ジノン役と、新聞記者として虐待の事実や事件の真相などを追いかけるイ・チャングン役は別々の方が演じられていますが、日本版では記者役の山本耕司さんが誘拐犯として主人公を追う立場でありながら真相を知り、だんだん協力的になっていくという設定になっています。 内容、作品テーマは重いですが、周囲の協力者となってくれるキャラクター等、魅力的な登場人物に救われる形となり暗くなりすぎてはいないように感じられました。 最後に 本作がデビュー作でありながら天才子役ぶりを惜しみなく見せつけたホ・ユルちゃん。 韓国ドラマでの子役の活躍はめまぐるしく実力も高いですが、その才能を伸ばせるように支えている周囲の俳優たちやスタッフの配慮も素晴らしいのだと感じられます。 ホ・ユルちゃんの涙の演技は一見の価値ありです!.

次の

甘い秘密 各話: 韓国ドラマナビ

マザー 韓国ドラマ 視聴率

平凡主婦が双子の妹になりすましてキャビンアテンダントに! 二重生活は果たしてうまくいくのか・・・? パイロットとの恋の行方は・・・? 優しい魔女キャストインタビュー 本作に出演を決めたキャストたちの理由や意気込みをまとめました。 本作はイダヘさんの1人2役が注目されますが、やはりご本人も出演を決めた理由の一つだそうです。 「1人2役に惹かれた。 あまりない機会だから、自分の人生に一度しかないチャンスだと思った」 作家さんはイダヘさんはドヒ役はうまくやれそうだけど、平凡主婦ソンヒ役は無理なんじゃないか?と心配したそうですが、イダヘさんご自身が 「自分はソンヒ役もできる自信があります」 と伝えたんだそうです。 リュスヨンさんは 「台本が面白く、冷たそうだけど心の温かいキャラクターが魅力的で、オファーが来た時嬉しかった。 」 だとのこと。 3年ぶりのドラマ出演となるペスビンさんは台本とは関係なく、監督を信じて決めたそうです。 「監督にやれと言われて出ることにしたけど、いい俳優さんたちと共演できていいドラマになりそうだと思った」 シムヒョンタクさんも15年前のドラマで監督にお世話になった縁から、「ドラマに出てくれ」と急に連絡が来て台本も役も知らずに即答でOKしたとか。 「自分を信じてオファーしてくださりとてもうれしい」 と語っていました。 アンウヨンさんはオーディションを通じて選ばれました。 これまで助役として活躍してきましたが、初の主演級キャストだとのことで張り切りすぎて悩むことになり、うまく演技ができなくなってしまったとか。 「先輩方がたくさんアドバイスしてくださった。 特にイダヘ姉さんがごちゃごちゃ考えずに楽にやればいい、と肩の荷を下ろしてくれた」 と話しています。 同様にオーディションでキャスティングが決まったAOAヘジョンさんは2013年ドラマ「剣と花」以来4年ぶりのドラマ出演。 オーディションで落ちたり、キャスティングされたのに歌手活動とのスケジュールが合わなかったりで久しぶりのドラマ出演にとても緊張すると語っていました。 優しい魔女視聴率 初回から9. 2%の視聴率を記録し、2回10. 8%、3回11. 0%、4回11. 7%と上昇。 初の放送と同時に同時間帯ドラマ「オジャクトゥ」を越えて視聴率1位となりました。 しかしそれ以降1ケタ台に落ち、17話で最低視聴率5. 0%を記録したあとは、最終的に初回の数値まで回復。 しかし全体的な評価で言うと視聴率的には成功作とは言えない結果となってしまいました。 スポンサーリンク 優しい魔女感想・評価 終わってしまった。

次の

リターン 17.0%1位、白い巨塔(再)、マザー 視聴率 20180214

マザー 韓国ドラマ 視聴率

2020. 394% 最高視聴率第16回4. 原作の日本版ドラマはイ・ボヨンの役を松雪泰子。 ホ・ユルの役を芦田愛菜が演じている。 ピアニスト。 七歳の双子の子供たちの母親。 コ・ボギョル ヒョンジン役(倉科カナ) スジンの妹 新米記者 スジンを慕う。 膜新聞社に入社した新人記者として無零怒児童失踪事件を取材しながらヘナの正体を知ることになる。 1 キム・ユナ — To You No. 2 Perter Han — Next To You No. 3 ハ・ドンギュン- Go With Me No. 4 ソヌ・ジョンア — Journey No. 「なぜ知り合ったばかりの子にそこまでする?」とちょっと疑問を抱きつつも、次から次へとピンチがやってくるので引きつけられて見てしまいました。 このドラマのテーマは母性だと思いますが、テーマに特に関心がなかったとしても、サスペンスを見ているようなドキドキ感が味わえます。 この作品には様々な母親たちが登場します。 その中でもスジンの養母ヨンシンが強い母性愛の持ち主だとするなら、お腹を痛めて産んだ子をゴミ袋に入れて捨てるヘナの母ジャヨンが正反対の存在なのだと思います。 ただ、母親でいることというのはすごいプレッシャーのかかることで、ジャヨンのような母親はひどい、と一言で片付けられない面もあるのではないかと感じました。 ジャヨン役はコ・ソンヒが演じていますが、「スパイ」のユンジン役の印象が強かったので、虐待するような母親役にはなかなか見えませんでした。 主演のイ・ボヨンは、このドラマの中でほとんど笑いません。 イ・ボヨンは「いとしのソヨン」「神様がくれた14日間」でも笑顔が少ない役柄を演じていました。 次は「君の声が聞こえる」のへソン役のような愛嬌のあるキャラクターを見てみたいです。 また、もはや演技がうまくて当たり前といった感のある韓国ドラマの子役ですが、ヘナ役を演じたホ・ユルには演技のうまさというより静かな迫力のようなものを感じました。 この作品は2010年に日本で放送されたドラマのリメーク版ですが、登場人物やストーリー展開に日本版とは異なる部分もあります。 日本版を見た方には見比べる楽しみがあると思いますし、見ていない方にもとても見ごたえのあるドラマだと思います。

次の