ハンドドリル おすすめ。 [最新]安くて使いやすい電動ドリルおすすめ10選と選び方

電動ドリルの選び方【電動ドライバー・インパクトとの使い分け】

ハンドドリル おすすめ

こちらはラチェット機構を導入しており、数回グリップを動かすだけで楽々と切断できます。 特にハンドリベッターは手動なので、サイズに対応していても太いリベットだとかなりの力が必要になります。 圧力が強い方ならともかく、女性の方や何度も切断していると一苦労です。 しかし、ラチェット機構なら軽い力でできるので心配なく、手動では難しい4. 8mmの鉄製リベットも可能になりました。 女性の方や一日に何度もリベットを使う方なら、高くてもひとつあれば快適に作業できるのでおすすめです。 全長 230mm 対応リベット径(アルミ 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm(鉄製の4. 8mmもOK) 付属品 ノーズピース4種・ノーズピース用スパナ Amazonでハンドリベッターカテゴリー1位を獲得した人気商品。 ハンドリベッター本体に、ノーズピース4種類と交換用スパナが付属。 さらにブラインドリベットも、各15本ずつ60本付いてくる充実したセットです。 それでいて価格はリーズナブルと、コスパ抜群のハンドリベッターセットなので人気になるのも納得ですね。 頻繁にハンドリベッターを使う方には向きませんが、年に数回使うぐらいの方なら、付属しているリベットも長持ちして十分に使えるのおすすめです。 ハンドリベッターに興味をお持ちの方は、値段も手ごろなので、まずはこのセットで入門してみませんか? 全長 - 対応リベット径(アルミ 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm 付属品 ノーズピース・ノーズピース用スパナ・ブラインドリベット4サイズ15本ずつ エスコ 商品名 SK ハンドリベッタセット ハンドリベッター ラチェットリベットガン GISUKE ハンドリベッター ハンドリベッターキット ハンドリベッター フレキシブルハンドリベッター ハンドリベッター ハンドリベッター ハンドリベッター 特徴 Amazonで大人気の、コスパ抜群なリベット付きセット! コンパクトでも独自機構でパワフル ラチェット機構で硬いステンレスも楽々と切断 値段と性能のバランスが良く、DIY用に最適 ブラインドリベット100本入りの、便利なセット品! 人間工学を取り入れ、使いやすさを追求 横・上・斜めなど自在に動かせるフレキシブルタイプ ステンレスなど硬いリベットも切断! 回転するヘッド部で、状況に合わせられる ヘッド部が長く狭い箇所にも使いやすい 最安値 全長 - 205mm 230mm - - - 270mm 265mm - 254mm 対応リベット径(アルミ 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm(鉄製の4. 8mmもOK) 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm 付属品 ノーズピース・ノーズピース用スパナ・ブラインドリベット4サイズ15本ずつ - ノーズピース4種・ノーズピース用スパナ - ブラインドリベット100本(各サイズ25本) ノーズピース・ノーズピース用スパナ カラーノーズピース - ノーズピース・ノーズピース用スパナ - 商品リンク• 1万円を超えるものも多い両手式の中で、特にリーズナブルでおすすめなのがアストロプロダクツのハンドリベッターです。 全長385mmもあるので、太めのリベットも楽々と切断できますよ。 ノーズピースは5種類が付属するので、リベットのサイズに合わせて交換してください。 また特に便利なのが、カシメた後にシャフトが排出されるものの、たまに勢いがよく体に当たるときがあります。 ところがこちらは排出口にケースが付いており、内部に溜まる仕組み。 これなら目といった危険な箇所に、シャフトが当たることもなく安全ですよ。 全長 385mm 対応リベット径(アルミ 2. 4mm・3. 2mm・4. 0mm・4. 8mm・6. 4mm 付属品 ノーズピース(5種類).

次の

ピンバイスのおすすめ人気ランキング10選【レジンやプラモデルなどの穴開けに】

ハンドドリル おすすめ

「インテリア空間デザイン」「スタイリング」「写真」「テレビ撮影」「監修」「執筆」などフリースタイルにて幅広く活動中。 予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材、流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。 幼少期から物作りが好きで、何でもまず作ってみる、やってみる精神、そんな好きが高じて、趣味から現在のお仕事に発展。 空間デザイン・DIYクリエイターの網田真希さんへの取材をもとに、ハンドリベッターの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。 ハンドリベッターとは、ネジやボルトなどでは接続するのがむずかしい素材や、耐久性に欠ける素材をリベットというピンを使用して接続する工具です。 かんたんにいうと、うすい板や鉄板などの金属板同士をつなげるホッチキスのような役割をします。 DIYでの活躍の機会も多く、あると便利なアイテムです。 しかし、商品ごとの違いや使い方がわかりにくく、どんな商品を選んだらいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。 この記事を参考に、ハンドリベッターを取りいれて、これまで以上に楽しく快適なDIYライフを送ってみてください。 5mmは片手式、10mm以上は両手式がおすすめ 5mm以下のうすいものには片手式リベッターが手軽で便利。 たとえば5mm以下のベニヤ板同士、又は、5mm以下の鉄板などはビスやクギがあまり効かないので、しっかりと固定することが難しいです。 しかし、このハンドリベッターを使用することにより、挟みこみながら固定できるのでしっかりとした耐久性のある固定につながります。 10mm以上の厚みのある鉄板などの接着には、両手式が太いリベットが使用できておすすめ。 作業が長時間続く場合には、電動式も検討するとよいでしょう。 ただしハンドリベッターを使用すると、リベットのピンの両サイドが玉になって残るので、表面に凹凸ができてしまうというデメリットもあります。 商品名 新潟精機『ハンドリベッタセット(SR-1S)』 Koshihara『ハンドリベッター 片手式(L210)』 Koshihara『ハンドリベッター 両手式(L320)』 VESSEL(ベッセル) 『ラチェットリベットガン(RG-95)』 ロブテックス 『エビ コードレスリベッター(R1B1)』 商品情報 特徴 初めてハンドリベッターを使う方におすすめのセット コンパクトで携帯しやすいハンドリベッター 太いリベットで厚い素材を接続できるリベッター 強い力がいらず長時間作業に向いているリベッター 上級者向けの電動コードレスリベッター 全長 265mm 210mm 320mm 350mm 260mm 重量 セット:770g - - 570g 1,900g 対応リベットサイズ 2. 4mm、3. 2mm、4. 0mm、4. 8mm 2. 4mm、3. 2mm、4. 0mm、4. 8mm 3. 2mm、4. 0mm、4. 8mm、6. 0mm、6. 4mm 2. 4mm、3. 2mm、4. 0mm、4. 8mm 2. 4mm、3. 2mm、4. 0mm、4. 8mm 付属品(セット内容) ノーズピース各1個、アルミ製ブラインドリベット各15本、ノーズピース交換用レンチ1個 - 芯ケース1個、ノーズピース用レンチ1本 ノーズピース各1個、ノーズピース締め付け用スパナ1個 電池パック、充電器 商品リンク.

次の

100均のドリル工具19選!電動のビットや手動のハンドドリルなど豊富!

ハンドドリル おすすめ

ドリルドライバーとは? 電動ドライバーの種類 電動ドライバーには ドリルドライバー、小型ドライバー、インパクトドライバーといった種類があり、それぞれ用途によって使い分けるととても便利です。 ドリルドライバーの特徴 ドリルドライバーは 穴をあける「電動ドリル」と ビスを締める「電動ドライバー」の両方の機能を兼ね備えていて素早く効率よく作業ができる電動工具です。 調節機能が付いていて、設定した締め具合(トルク)に達すると止まるようになっているのでビスの締めすぎを防ぐことができます。 そのため小さな家具やデリケートな素材を扱う作業で使用すると良いでしょう。 打撃による強い音も発生しないので近所迷惑にならずに使用できることが利点です。 小型ドライバーの特徴 ドリルドライバー小型版が、 電動ドリルドライバーのハンディタイプです。 取り付けたビットが回転する点は電動ドリルドライバーと同じ仕組みです。 小型なので女性や初心者でも扱うことができるので、DIY でのみ使用する場合はこのアイテムで十分だと思います。 インパクトドライバーの特徴 回転方向へ強いインパクト(打撃)が加わるので長くて太いビスを締め付けることができます。 パワーが必要な素材への作業でこのインパクトドライバーを使用すると良いでしょう。 ただ、打撃を与えるので音が大きく、自宅でのDIY で使用する際は近所への配慮が必要になります。 トルク調節機能が付いていないため柔らかくデリケートな素材への使用には向きません。 選ぶポイントは? 目安の価格 平均的な電動ドリルドライバーの価格は¥7000 ほどですが、コードレスの充電式と AC 電源式とあり、 コードレスの方が使い勝手がいいので割高になります。 さらに無段変速機能というトリガーの引き具合で回転数を変えることができる機能が付いているかどうかでも値段が変わってきます。 軸がぶれてビスが斜めに入ってしまったりビスの頭をナメてしまうのを防ぐことができるので 初心者は無段変速機能が付いていると安心かもしれません。 この機能が付いていない電動ドリルドライバーは約¥ 4000 ほどになります。 使う頻度や、使い勝手、自分に合った機能の付いた電動ドリルドライバーを選びましょう。 電源の種類 先にも述べた通り電源には2 種類あり、 コードレスの充電式と AC 電源式があります。 コードレス充電式だと電源が無い場所でも使用できるので便利ですが、充電の残量が気になったり、いざ使いたいときに電池が切れているというストレスがあったりするのでその点に関しては AC 電源式の方が安心です。 バッテリーのパワー コードレス充電式はAC 電源式に比べてパワーは劣るようです。 そしてバッテリーは消耗品で買い替える必要も出てくるので AC 電源式の方がパワーもコスパも勝っています。 リチウムイオンのバッテリーがおすすめ コードレス充電式の場合、 リチウムイオンバッテリーをおすすめします。 自己放電率が低く、1 回の充電で長持ちします。 電力を残したまま片付けても次回使うときにすぐに使うことができて、電力がまだ残っていても継ぎ足して充電することができます。 充電が少なくなるとパワーは弱くなりますが安定したパワーで作動します。 ニッケル・カドミウムバッテリーは、パワーは大きくても自己放電率が高く継ぎ足し充電ができないという欠点があるので、リチウムイオンバッテリーが支持されています。 電圧の選び方について リチウムイオンバッテリーは電池1 本あたりの電圧は3. 6V のため 3. 6 の倍数のボルト数の電圧の種類があります。 主流となっているのが 3. 6V 、 14. 4V 、 18. 0V です。 6V ~ 10. 8V は DIY 初心者向けで、家具の組立などのちょっとしたねじ回し程度の作業をするのに使うペン型などの小型電動ドライバーです。 4V ~ 18. 0V は中型、大型のドリルドライバーで、ハイパワーで穴金属やコンクリート、木材の穴あけやビス締めができます。 ほとんどの DIY はこの電圧のドリルドライバーが適しています。 取付チャック能力で選ぶ ドライバードリルの先端にはビット(詳しくは下で!)を固定するドリルチャックが付いていて、ドリルチャックには6. 5mm 、 10mm 、 13mm といった種類があり、チャック能力 10. mmと表記されている場合は 10. mmまでの大きさのビットを取り付けることができます。 取り付けたいビットを取り付けることができるかでドライバードリルを選ぶ必要があります。 締め付けトルクで選ぶ トルクの値が高いほどより太いビスを締め付けたり、大口径の穴をあけることができます。 その分本体やバッテリーのサイズが大きくなります。 作りたいものに必要なトルク値に応じてドライバードリルを選びましょう。 振動機能の有無で選ぶ 振動機能が付くとモルタルやタイル、レンガなどの硬い素材に穴をあけることができるようになります。 垂直方向への振動が加わるのでインパクトドライバーのように音が大きくなるデメリットはあります。 DIY ではコンクリートの壁に穴をあけて家具の固定や取り付けを行う際に役に立ちます。 他にはブロック塀や石材への穴あけにも使われます。 家の壁が硬い素材の場合、振動機能が付いているものを選ぶとDIY の幅が広がりそうです。 逆に木材や金属への穴あけはあまり適さないようなので注意です。 サイドハンドルの有無で選ぶ しっかりと固定して大口径の穴あけなどで横揺れするのを防ぐサイドハンドル。 振動により腕を持っていかれて失敗したり怪我をすることもあるので、力の弱い女性や初心者にはサイドハンドルがあると安心です。 プロ用とDIY 用の違い まずは耐久性がプロ用とDIY 用とで違います。 プロは様々な環境で長時間作業をします。 それに耐えられる強さが求められるため高品質で高精度な部品を使用した電動ドリルドライバーである必要があります。 その分プロ用は価格が高くなります。 DIY 用はコスパを高くするために耐久性や性能はプロ用には劣ります。 しかし安全に簡単に使用できるように考えられて作られています。 1 回の作業時間が短い方には十分使えるでしょう。 使いやすさは店頭で試すのがおすすめ ネットでスペックなどの情報やレビューなどを見て検討する方も多いと思いますが、使うのは自分なのでやはり1 番は「自分が使いやすいか」ですよね!ネットショッピングはとても便利ではありますが実物が届いて、いざ使ってみたら「あれ?」と思うことは工具に限らずどんな商品でもあり得ることです。 工具が売っている店が近くにあれば試してみるのかおすすめです。 ドリルドライバーのビットとは? ビットの取り付け方 ドリルドライバーには先端に「ビット」と呼ばれる工具を取り付けるためのドリルチャックが付いています。 ビットには六角軸タイプと丸軸タイプがありますが、ドリルチャックはどのタイプでも装着できるように作られています。 スリーブを回すとツメが開閉する仕組みになっているのでビットを差し込んで右にスリーブを回し取り付けます。 左に回すと取ることもできます。 ドライバービットは種類が多いと便利 先端のビットは1つあれば万能!というわけではありません。 それぞれのビットにそれぞれの役割があって、用途によってビットを使い分ける必要があります。 そのため、ビットの種類があればあるほど出来ることが増えるので便利です。 ネジを締める専用、穴をあける専用、研磨専用などなど種類は豊富にあるんです。 そしてサイズの種類も豊富なので、自分が持っている電動ドリルドライバーに合っているかどうか確認してから購入しましょう。 ドリルビットは材質に応じて選ぶ 材質によっても使うビットは変わります。 木工用、鉄工用、プラスチック用、竹用などがありそれぞれに適した形のビットがあります。 木工用だけでも穴のあけ方によってさらに種類があるので、どんな材質のものをどのように加工したいかで使用するビットを選びましょう。 サンディングドラムでやすりがけ 先端にサンディングドラムを取り付けると穴の内側などの細かな曲面のやすりがけや穴の繰り広げをすることができます。 メーカー別!おすすめのドリルドライバー ZENKE.

次の