川口春奈 濃姫。 川口春奈の演技力評価は?大河ドラマ濃姫役に対する世間の反応も!|ちゃんとテキトー生活

川口春奈の演技力評価は?大河ドラマ濃姫役に対する世間の反応も!|ちゃんとテキトー生活

川口春奈 濃姫

スポンサーリンク 川口春奈が大河ドラマで代役に選ばれた理由 沢尻エリカさんの代役を務めるには、いくつか 条件がありました。 その条件がこちらです。 時代劇経験が豊富で、所作などが身についていることが必須条件。 また濃姫役にふさわしく、りんとした雰囲気を持ちつつ奥ゆかしさのある人。 yahoo. これらの条件をまとめるとこうなります。 時代劇経験が豊富で所作が身についている• りんとした雰囲気を持ちつつ奥ゆかしさのある人• 乗馬ができる• 2020年4月までスケジュールが空いている では何故、川口春奈さんは代役に抜擢されたのでしょうか!? NHKは「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただけると考えた」と起用理由を説明した。 yahoo. ただ、 代役の本命女優が断っていたという情報もあります。 代役は、局が撮り直し開始としている12月初旬から、沢尻容疑者が予定していた4月までスケジュールに余裕があることが条件。 局関係者は「簡単ではないが、間に合うようピッチを上げる」と決定を急ぐ。 yahoo. また、沢尻エリカさんが30代ということもあって、 20代後半から30代の女優が多かったと思います。 ( 貫地谷しほりさんや 水川あさみさんなど) 川口春奈さんは沢尻エリカさんより9歳年下で、円熟した大人の女性というよりは、若い女の子という雰囲気ですね。 ですが、 川口春奈さんは過去に沢尻エリカさんのモノマネをしていたことがあるのです。 2013年公開の 『謝罪の王様』という映画の中で、 沢尻エリカさんに扮して「別に」とつぶやいています。 NHKがこれを知っていて狙っているのかどうかはわかりません。 川口春奈、映画「謝罪の王様」での「別に・・・」シーンの沢尻エリカ役を演じてた話しはかなりNHK攻めてるな、と思った。 スポンサーリンク まとめ 川口春奈さんは時代劇経験が無い中、沢尻エリカさんの代役というかたちで初の大河ドラマ出演を果たされます。 大変な騒動の中、強いプレッシャーを感じての撮影になると思います。 でも、ビッグチャンスですよね。 川口春奈さんはすごくかわいいしもっと人気が出てもいいのに、ドラマの低視聴率での打ち切りイメージが強いんじゃないかと感じていました。 もっともっと売れていい女優さんだと思います。 今回の代役で注目されることは間違いないですし、応援してくれる関係者やファンも増えると思います。 大河ドラマ『麒麟がくる』の放送を、楽しみにしたいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

沢尻エリカ 代役決定がヤバい!川口春奈に!「麒麟がくる」濃姫役

川口春奈 濃姫

どもども、サクッとインフォです! NHK大河ドラマ「麒麟が来る」が絶賛放送中ですが、毎週日曜日夜の8時から皆さん見ていますか? そこまでしてって方がいるかもしれませんが、録画予約などして時間がある時にでも見れるといいですよね! 私も毎週予約という設定で見れない時は後で見るようにしています。 第2話が終わり、いよいよ番組も面白くなってくる頃だと思うのですが、濃姫役の川口春奈さんが沢尻エリカさんの代役で急抜擢となりましたが、気持ちも演技も絶好調の様です。 視聴する側としてはこんなに嬉しいことってありませんよね。 そんな川口春奈が演じる、濃姫役のどこが絶好調なのか、初大河への探究心のどこが凄いのか、これからの見どころまでわかりやすくまとめてみました。 3:40くらいで濃姫が出てきますが、土岐頼純に対しての駆け引きの場面で主張を抑えることなく、父通三に代わって物申す姿がとっても印象的でした。 更には、 「 なるべくしてなったと思っていただけるように、最後まで演じたい」 と戦国時代を生き抜く帰蝶のように語りました。 夫を亡くした帰蝶(川口春奈)は明智荘を訪ね、光秀(長谷川博己)や駒(門脇 麦)らとつかの間の気の置けないひとときを過ごし、笑顔を取り戻す。 一方、道三(本木雅弘)は、より操りやすい土岐頼芸(尾美としのり)を美濃の新しい守護として擁立しようとする。 内心、道三のことを嫌う頼芸は、高政(伊藤英明)に自分が実の父親であるかのようにほのめかす。 この駆け引きに注目が集まりそうです。 まとめ【川口春奈、絶好調!初大河への探究心が凄い!これからの見どころは?】 嘘も方便というのはこのことでしょうか。 戦国や室町時代末期にこのような駆け引きが行われていたという事実を現在の私生活と比較しながら見てみてはいかがでしょうか。 昔も今も何かつながっている部分が見えてくるのでは。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

『麒麟がくる』帰蝶(濃姫)は女優・川口春奈!経歴や年齢・出身は?|fun doors

川口春奈 濃姫

濃姫代役に女優川口春奈(24)の起用が決まったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送スタートが、当初から2週間延期の来年1月19日に決まり、同局から発表された。 前回の当コラムで書いた通り、「気高さと強さ」(NHK)という濃姫をしっかり表現してくれそうな川口さんの起用は、勢いのあるいいキャスティングだと感じている。 送り手が納得する大河をしっかり楽しみたいので、個人的には2週延期も全然OK。 出演者、制作の重圧は計り知れないが、久々の戦国大河を生き生きと描いてほしいと願うばかりである。 というわけで、戦国ファンとしては待ち遠しい時間がちょっと延びたので、ホットな「濃姫」について、過去印象に残るマイベストを振り返ってみた。 ヒロインとあって心の動きが丁寧に描かれたのも特徴的。 初めてのデートに心躍らせるツンデレや、別れの夜に「しかと戦ってまいれ」と決して泣かない名場面なども印象に残る。 美しさ、チャーミングな言動、斎藤道三の娘らしい肝の据わり方。 濃姫のパブリックイメージを月9がドラマチックに見せてくれた。 とにかく彼女の濃姫は美しかった印象。 夫が何を考えているのか万事心得ているクレバーな雰囲気が、ギラギラした信長と相性が良かった。 「留守を頼んだぞ」「はい」みたいな簡単なやりとりだけでもかっこいい。 父斎藤道三から「信長がただのうつけならこれで寝首をかけ」と渡された短刀を信長に託す有名な見せ場は、この人がいちばん似合っていたと思う。 弟、信行を手にかけた信長の返り血を黙ってふいてやる場面が記憶に残る。 寝所で信長と「明智謀反」の報を聞き、赤い打ち掛け姿で「あの世で合おうと仰せになれども、殿は地獄、私は極楽。 これでは死に別れにございます」は名場面だった。 瀕死(ひんし)の信長を奥に隠すまでの時間稼ぎで応戦し、やり遂げた。 史料に乏しい濃姫だから描けた自由な描写で、短刀を首にあてた信長の壮絶な自害シーンとセットで記憶に残る。 信長(及川光博)のため、どっしりと裏で暗躍する毒婦系濃姫の味わい。 ケンをスパイだと疑って縛り上げがちだが、殿のために使える男だとも分かっている合理的な魅力も良かった。 ドリアやスイーツなど、戦国にはない料理を口にして「なんとまろやかな舌触り」とか、グルメリポート的なせりふも多数。 それでもキャラが破綻しない存在感は強烈だった。 リアルタイムで見ていないのでオンデマンドで総集編を見たが、凜(りん)として美しい濃姫のイメージはこの松坂慶子版がベースになっているのだと実感。 道三(平幹二朗)から託された守り刀を「父上を指す刀になるやもしれませぬ」のくだりや、本能寺を襲われる直前のひざ枕など、後の定番シーンがたくさん。 本能寺は、信長(高橋英樹)とともに戦うパターン。 長刀を手に「殿、お濃は戦いますぞ」「勝手に死ね」「はい」のやりとりはちょっと別格だった。 【梅田恵子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能記者コラム「梅ちゃんねる」).

次の