伊藤 英明 ドラマ。 病室で念仏を唱えないでください【伊藤英明主演ドラマ】視聴率一覧表&グラフ推移

斎藤高政/伊藤英明

伊藤 英明 ドラマ

乗用車による交通事故の救急患者が運び込まれることになり、スタットコールが病院内に響き渡る。 救命救急センターの医師・三宅涼子(中谷美紀)、研修医・田中玲一(片寄涼太)、整形外科医・藍田一平(堀内健)たちが処置に追われる中、僧衣にスニーカーの男が全速力で走り込んで来た。 この男こそ、救命救急センターに勤務する僧侶でありながら救命救急医の松本照円(伊藤英明)だ。 何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりすることで患者だけではなく同僚からも煙たがられてしまうが、本人は医師としても 僧侶としても明るく真面目に取り組んでいる。 事故にあった患者たちの中には、妊婦やCPA(心肺機能停止)の者から軽傷の者まで容体は様々。 一刻を争う事態の中、松本は事故を起こした乗用車に乗っていた男女の1人、容子の処置にあたっていたところ、 そこへ容子の息子・将太(大西利空)が駆け付ける。 しばらくすると、容子と同じ車に乗っていた男性の 妻が現れた。 妻は、救命救急センター長の玉井潤一郎(萩原聖人)に「浮気ですよね?」と詰め寄る。 その様子を見ていた将太は思わず「男ができて、俺たちのこと、 どうでもよくなったんだ!俺たちを捨てたバチが当たったんだ…死ねばいい」とヤケになってしまう。 そんな将太に松本は説法を始めるが、気持ちは伝わらなかった。 一方、児嶋眞白(松本穂香)がいる心臓血管外科に大学病院から濱田達哉(ムロツヨシ)が出向してきた。 理事長の澁沢和歌子(余貴美子)は、海外でも活躍した有能な心臓血管外科医である・濱田を病院に迎える ことができたことを喜び、病院は大きな変化を迎えようとしていた。 容子は一命をとりとめたものの、意識は戻らずICUに入ったまま。 しかし翌日、容子の容体が急変し、脳死状態に。 松本はためらわず「家族なんだから」と13歳の将太に決断を求める…。

次の

病室で念仏を唱えないでくださいキャストあらすじ!坊主の伊藤英明

伊藤 英明 ドラマ

俳優の伊藤英明さん=東京都港区で2020年1月17日午前9時53分、滝川大貴撮影 僧侶の役のため、「丸刈り頭」のインパクトが絶大だ。 連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」が放送中(31日が第3話)。 演じる主人公の松本照円(照之)は、救命救急医であり、院内で患者らの心のケアをする「臨床宗教師」でもある。 過去のドラマや映画から長い髪の印象が強いが、4歳になる息子の誕生を機に「一緒に遊んだ時、公園の水道でばっと水を浴びたくて」と頭を丸めていたという。 その時以来の短い髪は「ドライヤーが不要で、入浴時間がぐっと減った」と笑う。 役柄上、不可欠なお経である「般若心経」も昨年から覚えてきた。 「パワーのある言葉でね。 唱えてると運が良くなる気がする。 1日5回は唱えています」。 今月には滝行のシーンの撮影にも挑んだ。 「水温が1度。 寒いとかじゃなく、意識が遠のきそうで、ちょっと怖かった」と振り返るが、「そういう経験を経て、お坊さんに近づいていってるのかな」とあくまでポジティブだ。

次の

伊藤英明主演ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第2話あらすじ

伊藤 英明 ドラマ

乗用車による交通事故の救急患者が運び込まれることになり、スタットコールが病院内に響き渡る。 救命救急センターの医師・三宅涼子(中谷美紀)、研修医・田中玲一(片寄涼太)、整形外科医・藍田一平(堀内健)たちが処置に追われる中、僧衣にスニーカーの男が全速力で走り込んで来た。 この男こそ、救命救急センターに勤務する僧侶でありながら救命救急医の松本照円(伊藤英明)だ。 何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりすることで患者だけではなく同僚からも煙たがられてしまうが、本人は医師としても 僧侶としても明るく真面目に取り組んでいる。 事故にあった患者たちの中には、妊婦やCPA(心肺機能停止)の者から軽傷の者まで容体は様々。 一刻を争う事態の中、松本は事故を起こした乗用車に乗っていた男女の1人、容子の処置にあたっていたところ、 そこへ容子の息子・将太(大西利空)が駆け付ける。 しばらくすると、容子と同じ車に乗っていた男性の 妻が現れた。 妻は、救命救急センター長の玉井潤一郎(萩原聖人)に「浮気ですよね?」と詰め寄る。 その様子を見ていた将太は思わず「男ができて、俺たちのこと、 どうでもよくなったんだ!俺たちを捨てたバチが当たったんだ…死ねばいい」とヤケになってしまう。 そんな将太に松本は説法を始めるが、気持ちは伝わらなかった。 一方、児嶋眞白(松本穂香)がいる心臓血管外科に大学病院から濱田達哉(ムロツヨシ)が出向してきた。 理事長の澁沢和歌子(余貴美子)は、海外でも活躍した有能な心臓血管外科医である・濱田を病院に迎える ことができたことを喜び、病院は大きな変化を迎えようとしていた。 容子は一命をとりとめたものの、意識は戻らずICUに入ったまま。 しかし翌日、容子の容体が急変し、脳死状態に。 松本はためらわず「家族なんだから」と13歳の将太に決断を求める…。

次の