夏休み風あざみ。 薊 (あざみ)とは【ピクシブ百科事典】

風あざみの意味とは?少年時代の歌詞からわかる井上陽水の変人ぶり

夏休み風あざみ

、も参照。 キク科アザミ属の。 このページで解説。 標準和名を単にアザミとする種はない。 ノアザミ、オニアザミ、フジアザミなどの種類がある。 は深い切れ込みがあるものが多い。 また葉や総苞にが多く、さわるととてもものが多い。 頭状花序は管状花のみで作られていて、多くのキクの仲間のように周囲に花びら状の舌状花が並ぶわけではない。 からは雄蘂や雌蘂が棒状に突き出し、これも針山のような景色となる。 花色は色や紫色をしている。 種子には長い冠毛がある。 若いときには根出葉があり、次第に背が高くなり、茎葉を持つが、最後まで根出葉の残る種もある。 草原や乾燥地、海岸などに出るが、森林内にはあまり出現しない。 別名刺草。 名前の由来は、アザム〈傷つける、驚きあきれる意〉がもとで、花を折ろうとするととげに刺されて驚くからという説がある。 とにかく触れれば痛い草の代表である。 では、そのトゲによって外敵から国土を守ったとされとなっている。 花言葉は、、等。 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 05:27:56• 2020-07-17 05:26:59• 2020-07-17 05:23:41• 2020-07-17 05:20:46• 2020-07-17 05:19:43 新しく作成された記事• 2020-07-17 04:28:37• 2020-07-17 04:29:48• 2020-07-17 03:16:27• 2020-07-17 01:30:20• 2020-07-17 02:39:45•

次の

夏が過ぎ、風あざみ

夏休み風あざみ

お盆休みが終わるといきなり秋の気配を感じるようになりましたね。 日中は確かに暑いけど、湿度が格段に低いのでエアコンが不要になりました。 虫の音がなんとも心地よいです。 金曜日は珍しく最近職場で仲良くなった人たちと飲み会でした。 隣にいた年上お姉さまのアプローチがすごかったです 爆 みんなでカラオケまで行ったら帰宅したのは朝5時。 僕は飲まずに運転手役に徹しました。 妻と娘はお出かけだったので、そのまま寝ずに山までコペンでドライブ。 あまりの疲れでグロッキー状態。 調子に乗り過ぎました。 しかし、気が付くともう夏も終わりなんですね。 雨ばかりの七月。 猛暑の八月。 怒涛のように過ぎていったなぁ~。 今年はいかにも夏らしい、夏休みらしい日々を過ごすようにしました。 すっかりお気に入りになったプリキュアのエンディングテーマ。 毎週日曜日の恒例行事となりました。 たいていこれで汗だくになります 笑 土曜の夜は関宿まつりの花火を見てきました。 これがなかなかのボリュームで素晴らしかった。 だいぶ気に入ったご様子のプール。 今年最後になりそうだったので、昨日たっぷりと遊んできました。 日焼け止めを塗り忘れ、さらにあろうことか炎天下のなか前日の睡眠不足により爆睡。 全身がこのようにやけど状態。 さすがに呆れられましたww 相変わらず抜けてるな~ 汗 大きな行事はないけれど、家族との思い出がたくさん詰まった、暑い熱い楽しい夏が過ぎていきました。 一番熱いのは日焼けした身体ですけど・・・.

次の

井上陽水が『少年時代』の歌詞に込めた意味とは?風あざみや夢花火って何?

夏休み風あざみ

このフレーズを聞いてピンとくる人は 同じ世代の匂いがしますね~。 いよいよ夏休みも残すところ2週間弱となりました。 始まったときには長く感じられますが お盆に入ると 「もうすぐ学校かぁ~・・・」 と一気に短く感じられませんか。 まぁ、親としては 「はよ夏休み終わってくれ!」 というのが本音でしょう(笑) しかしまぁ、 夏の思い出といふものは 祭り然り、花火然り、甲子園然り、 高揚感と儚さが相まって いとおかしげなるものが多い気がします。 中学3年生、高校3年生にとっては 勉強漬けの夏かもしれませんが それも数年後に振り返ってみると 懐かしく感じたり、どこか切なくなったり することもあるでしょう。 「僕の夏休み」 というゲームが数年前かそこらにヒットしましたが 夏休み特有の高揚感と儚さを疑似体験できる というのがすでに大人になってしまった人の こころに響くのかもしれませんね。 まぁ私はやったことありませんけど。 しかし、子どもの頃に感じた「夏休み」と 大人になってからの「夏休み」は 本当に別物のようですね。 あの頃に戻りたいとは全く思いませんが 「もう二度と戻れない」と分かるだけで なんとなく切なくなったりはします。 何かに打ち込むということは なかなか簡単にできることではありません。 ただでさえ多様性に溢れる現代社会のなかで 「自分はこれにする」 と何かを選択することは他の選択肢を 捨てるということになります。 そこに賭けるのには不安や戸惑いもあるでしょうが やはり本人の「やりたい」という意欲が 勝ってこそ選択ができるのだと思います。 中には「これしかない」 という選択肢すら与えてもらえない場合も あるでしょうが きっといつかは自分で選択しないといけない 場面が出てくるでしょう。 その自分で決めた何かに打ち込んでいるときが 最も自分が輝いてる瞬間かもしれませんね。 今回は本当にとりとめのない内容で オチもまったく考えずにつらつらと 書いてしまいました。 無理やりまとめるなら、 大人になって切なくなるぐらい、 子どもの間に精一杯遊んで勉強しようぜ! ってところですかね。 文責:垣内 宏樹.

次の