消費 税 確定 申告 書。 一般用消費税申告書及び付表1と付表2記載例 平成31年 複数税率・軽減税率 松本寿一税理士事務所

消費税の確定申告 見方・書き方・計算方法をまるごと解説

消費 税 確定 申告 書

消費税のフリーソフト 消費税の納付額は、資金繰りに影響する 2年前の課税売上高が1,000万円を超えるなど、一定の規模の会社や個人事業主は、消費税を納付する必要があります。 一般的に、消費税は消費税の申告書を作成し、法人税や所得税の申告と同時に、申告・納付を行います。 消費税とそれ以外の税金で大きく違うことは、消費税はお客から預かっている税金なので、赤字でも納付しなけえればならないということです。 しかも、通常、消費税は法人税や所得税よりも大きな金額になります。 数百万円の税額になることも多くあるため、常に資金繰りには注意をしておく必要があります。 消費税の計算には、一般課税と簡易課税の2つの計算方法があります。 売上が一定金額より低い場合などは、計算が簡単な簡易課税を選択することができますが、それ以外は一般課税で消費税を計算します。 一般課税で消費税を計算する場合は、一つひとつの仕訳で正しい消費税区分を選択する必要があり、消費税の知識がない場合は消費税額の計算は難しいでしょう。 Excel 消費税 テンプレート 消費税申告書 税率8% をエクセルで作成するテンプレートです。 一般、簡易課税に対応しています。 シンプルで使い勝手の良いソフトです。 EXCEL 消費税 消費税及び地方消費税の計算を行い、申告書 一般用、簡易課税用 を作成することができるExcelのテンプレートです。 消費税 計算君 単純だけど使いやすい、消費税を計算するソフトです。 あると便利、そんなアプリケーションです。 操作性・機能性にすぐれた便利なソフトです。 VBA 消費税確定申告書 EXCELで一般課税用と簡易課税用の消費税確定申告書と計算明細書、付表1と付表2および付表2- 2 、付表4と付表5および付表5- 2 、消費税届出書を作成するシステムです。 データを入力すると、法人と個人の消費税の確定申告書が計算できます。 消費税のフリーソフト その2 ほよちゃん 消費税計算 消費税を計算して、税込金額・税抜金額・税額を表示します。 設定を変更することにより、税率や単位 結果を表示するときに同時に表示されます も変更可能です。 結果の数値をコピーすることができ、便利に使えます。 また、入力データから総勘定元帳、勘定集計表、補助元帳などが作成可能です。 消費税納税額 かんたんシミュレーション 事業者の年間消費税納税見込み額を計算する、中小企業向けの簡易シミュレーションです。 売上や仕入、原価等の内必要最低限の内訳を入力することで、おおまかな税額を算出することができる、便利なソフトです。 消費税 どっちがお得 消費税の簡易課税と本則課税のどっちが得かを考えることができるソフトです。 不動産収入のうち 非課税収入 住宅家賃など の多い方用に フォームもあります。 シンプルですが、消費税計算の標準機能はしっかり搭載されています。 源泉徴収・年末調整、確定申告、青色申告、住民税・所得税、法人税、減価償却 消費税のフリーソフト、シェアウェアのリンク集/消費税確定申告書、消費税届出書、簡易課税判定/税金計算、fx税金計算、退職金の税金計算、年金の税金計算、年収の税金計算、給与所得税の計算、ボーナスの税金計算、給与所得税の計算、確定申告の計算方法、住民税金額、パートの税金計算、受取利息の税金計算、確定申告税金の計算、賞与の税金計算、給与所得の計算方法、税金シミュレーション、市民税の金額、所得税の計算方法、源泉徴収税の税率など。 【 消費税 】のフリーソフト [TAO] 消費税の計算を行い申告書を作成。 事業所得 一般 について複式簿記の記帳を行い総勘定元帳・青色申告決算書を作成。 法人税の勘定科目内訳書・概況説明書を作成。 [井脇 健治] 源泉徴収簿・源泉徴収票・総括表・源泉税納付書のexcelシート、税務署から送付された消費税確定申告書 一般用 、PDF消費税確定申告書 一般用 へ印刷するEXCELシート、所得税青色申告決算書PDF 農業用 様式に印刷するEXCELシートなど。 [SOFT-J] 減価償却費の試算とグラフ表示のシミュレーション。 土地評価明細書と相続税申告書の試算表を作成して相続税シュミレーション。 法人税確定申告書、適用額明細書、復興特別法人税申告書、配当の支払調書・支払調書合計表を作成など。 [らくちんソフト] エクセルで法人税・地方税の別表を作成します。 科目内訳書・概況書・一般 簡易 課税申告書の作成。 Excelで源泉徴収票・支払調書・法定調書合計表の作成ができます。 [Gin] エクセルで、消費税申告書、法人税申告書、支払調書、勘定科目内訳明細書、地方税申告書が作成できます。 [大田真次] 法人税・法人県民税・法人市民税・事業税・消費税を、エクセルで計算します。 [Toppin] 原価から消費税・合計価格、合計価格から消費税・原価などの税金計算ソフトです。 百人一首、短歌等の「暗記・暗唱の練習」ソフトです。 学習ソフト、タイピングの練習ソフトです。 [イーフォーマット・ドット・ジェイピー] 消費税の簡易課税判定シミュレーションは、次期予算に基づき、本則課税か簡易課税か、有利な方を試算するソフトです。 [おパソ] 消費税の計算が簡単に行えます。 入居費用を計算します。 [川島 周二] Excelで作成した消費税の申告ソフトです。 エクセルの法人税・地方税・減価償却・内訳書作成のソフト。 EXCELで給与計算・年末調整・社会保険算定基礎・労働保険算定基礎ができます。 消費税計算 ソフト/申告書、エクセルフリー 消費税対策の基本は消費税計算のシステム化をきちんと作ることです 消費税率の改正について、どのような商品で、どのように税率が異なるかは、政府を中心に議論がなされているところです。 もし、消費税法が改正されているのにそのままの状態でソフトを使い続ければ、誤ったデータを作成してしまうことなり、会計業務をシステム化することから遠く離れてしまいます。 企業の消費税対策の基本は消費税計算のシステム化をきちんと作ることです。 会社の取引で発生した売上などには消費税の計算が必要になります。 消費税の申告には煩雑な計算が伴うので、その点をシステム化するのは大きなメリットがあるといえます。 将来的に増税が予定されていることもあり、今のうちに、会計システム、販売管理システムなどを使って、消費税の計算を簡略化しておくことで、企業経営を有利に進めることができるはずです。 特に、消費税の申告をする場合には、販売管理システムとの連動は欠かせません。 この2つをしっかりとシステム化することができれば、シームレスにデータ化を構築することが可能になります。

次の

消費税計算 ソフト/申告書、エクセルフリー

消費 税 確定 申告 書

Contents• 消費税が課税される取引とされない取引に分ける(課税と非課税) コンビニやスーパーで買い物をすると消費税を必ず払うので気付きにくいですが、取引の中には消費税のかからないものもあります。 例えば銀行預金の利息は、自分にとって儲けの一種なので消費税がかかりそうですが、課税はされません。 このように、自分のお金が増える取引のうち消費税が課税されるものを「課税売上」、課税されないものを「非課税売上」といいます。 同じように、自分のお金が出て行く取引のうち消費税が課税されるものを、「課税仕入れ」といいます。 関連記事: 課税取引を税抜きで計算する 消費税込みでお金を受け取る・払うのでうっかりしてしまいがちですが、消費税の確定申告書は、税抜きで計算します。 地方税の計算は国税の計算が終わってから 「消費税は2つの税(国税・地方税)の合計なら、それぞれバラバラに計算するんでしょ?」と思ってしまいますが、そうではありません。 詳細は後述しますが、まず国税の消費税(6. 消費税の確定申告書の仕組みや書き方は? 全部提出するわけではない 消費税の確定申告書を作ろうと思ったら、何やらいろんな資料があります。 確定申告書の他にも「付表2」や「〇〇計算表」というのが3つもあります。 全ての資料を全部提出するわけではありませんが、資料を作成した方がが確定申告書を仕上げやすいという意図で各種計算表があります。 詳細は以下の関連記事で解説していますので、参考にして下さい。

次の

5分でわかる消費税申告と計算方法!事業主向けの確定申告入門書

消費 税 確定 申告 書

令和元年10月1日以降の消費税の申告について解説! こんにちは! ぼっち税理士の齋藤幸生です!! 今回は・・・ 令和元年10月1日以降の消費税の申告について 解説していきます。 (原則課税を前提で記事にしています。 ) 令和元年10月1日以降の消費税は申告書について 作成ポイントがあります。 消費税率が8%、10%、軽減税率があります。 これをそれぞれ申告書に落とし込んで作成し 消費税の税額を計算します。 消費税率を合わせて計算することで 適正な納付額・還付額を計算できるのです。 今回は、一般的な流れを解説していきます。 それでは、スタートです!! 令和元年10月1日以降の消費税の申告 令和元年10月1日以降の消費税の申告は 8%、10%、軽減税率の3つの税率が最低でも 出てくることになります。 申告書作成に当たっては 経理処理について消費税の税率の異なるごとに 消費税の区分経理をしていることが前提です。 例えば令和元年9月までであれば8%、 令和元年10月1日以降であれば10%と 軽減税率というような感じです。 経理処理をすることで 消費税の集計を会計ソフトで自動集計して 申告書に落とし込んでいきます。 消費税の区分経理は収入(売上)と支出(経費) それぞれで行うことになりますね。 結論としては会計ソフトへの入力が大前提で 行っていきます。 そうでないと数ある取引から消費税の集計をして 申告書へ金額を落とし込んでいくことが かなり大変な作業となります。 原則課税で必要な申告書とは? 令和元年10月1日以降の消費税の申告書では 今までの消費税の確定申告書にはなかった申告書が 新たに追加されています。 原則課税では、以下の申告書が必要となります。 それぞれ解説をしていきます。 第一表と第二表 こちらは消費税の課税標準と税額計算で 第一表は今まで同様に税額のみの計算です。 第二表は課税標準額と税額の内訳を明らかにします。 ・旧税率(3%、5%、8%) ・新税率(軽減税率、10%) それぞれについて課税資産の譲渡等の対価の額の 合計額を記入していきます。 また課税資産等の譲渡等の対価の額に対応する 税額も旧税率と新税率ごとに記入していきます。 結論として第二表は第一表の内訳書としての 機能を持ちますので第一表の合計額と金額が合います。 (注)申告書自体は国税部分だけを計算するので 旧税率、新税率ともに国税だけが表示されています。 記事内では、分かりやすく国税と地方税の合計の税率で 解説しています。 単発でのご依頼はこちら! 1 2 3 4 5 付表1-1と1-2 付表の1-1と1-2は売上の課税標準と消費税額 仕入税額控除の控除対象消費税額を集計する表です。 付表1-1が新税率に対応する集計で 付表1-2が旧税率に対応する集計です。 結論として軽減税率と10%だけの消費税率のみで 計算する場合には付表1-2は必要ありません。 付表1-1と1-2の金額は第一表の金額で 課税標準額、消費税額、控除税額小計が合います。 付表2-1と2-2 こちらは課税売上割合と控除対象仕入税額を 計算する表となります。 付表2-1は新税率での計算で 付表2-2は旧税率での計算となります。 計算する箱が多いのが特徴なのですが よくよく観察してみると以前の書式と同じです。 箱の多さにぎょっとしますが ビビらないで大丈夫です!! 昨年の申告書と比較しながら税率ごとに 計算することで簡単に計算することができます。 消費税の申告書作成の注意点 消費税の申告書作成の注意点です。 申告書作成では税率の異なるごとに 会計ソフトで金額が集計されているはずです。 例えば8%の売上と消費税額 10%の売上と消費税額といった感じです。 こちらを申告書に書いていって 昨年と同様に消費税の計算をすることが注意点です。 申告書作成ソフトでは計算表が新税率分と 旧税率分とで分かれている可能性があります。 それぞれ科目別税区分表や消費税の集計表で 税率の異なるごとに金額を入力していけば きちんとした申告書の作成ができるはずです。 もし税額が合っているのかを調べたければ 消費税の計算を一度やってみることでも 良いのではないかと思います。 私は課税期間短縮で消費税の申告書を 作成する機会があったのでちょっと計算してみました。 そうすると申告書の数字の連動がよくわかり 申告書がどのような構造なのかが確認できました。 結論を申し上げると 消費税の税率ごとに金額を集計するところが 令和元年10月1日以降の消費税の申告書作成の 注意点であることが分かるはずです。 今日は他にも起こる可能性があるので ちょっと気を付けていきたいと思います。 また、法令に関しては、その後改正された場合には、 異なる取り扱いになる可能性があります。

次の