プリンス 歌手。 プリンス死去。急死の原因は薬!元嫁と元彼女マドンナからみた性格

プリンス 歌手

プリンス 歌手

プリンスのWiki風プロフィール プリンスのWiki風プロフィール です。 名前:プリンス 本名:Prince Rogers Nelson 出身地:アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス 生年月日:1958年6月7日生まれ(享年57歳) 職業:歌手、俳優、作曲家、音楽プロデューサー 過去のアルバムやシングルの売上は 1億5000枚以上と言う全世界が認める スーパースターだったプリンス。 アメリカの有名雑誌「ローリング・スト ーン誌」でもかなりの高評価を得て いました。 プリンスは幼少の頃からかなり苦労 されてきたようです。 両親が離婚し、父親が家から出て行き、 母親と暮らすことになったのですが、 母親が再婚した継父と全くうまく いかなかったようですね。 プリンスは家出を繰り返した ようです。 音楽で成功して両親を見返そうと 言う気持ちも強かったそうですね。 プリンスが歌手としての全盛期は バックバンドにザ・レヴォリューション を付け、ビルボードでのヒット曲 を連発させました。 「パープルレイン」で全米2位、「Kiss」 で全米1位に輝いています。 スポンサーリンク プリンスの死因は? さて気になるプリンスの死因 なのですが、 先日体調を崩し、緊急搬送 されていたとの事。 その病気とはインフルエンザ。 もし直接の死因がインフルエンザ だったのならば体調を崩しても すぐに対処をしなかったのでしょ うか・・ アメリカの報道では、4月21日 の朝にプリンスのスタジオで 「誰かが亡くなった」とアメリカの ゴシップサイト「TMZ」が一報を 報じて、その後にその亡くなった人が プリンスだと判明したとか。 現在、警察がいろいろと調べて いるようです。 まさか事件って事はないかと 思いますが。 インフルエンザが直接の死因でも もしかして他に持病を持ってい たのかも知れません。 あとネット上では薬物?なんかの 書き込みもあるようですがこれは 信憑性に欠けるのではないで しょうか。 またプリンスの死因について詳しく わかりしだいブログを更新して いきたいと思います。

次の

プリンス(ミュージシャン)死因の謎!「パープルレイン」は自伝映画だった!

プリンス 歌手

「パープル・レイン」「ビートに抱かれて」など数多くの世界的なヒット曲で知られるアメリカのミュージシャン、プリンスさんが4月21日、死去した。 57歳。 プリンスさんの広報担当者が、に事実を認めた。 アメリカ・ミネソタ州の「ペイズリー・パーク」と呼ばれるプリンスさんの自宅で亡くなったという。 によると、エレベーターの中で意識不明になっているところを発見され、蘇生術を試みたが死亡が確認されたという。 死因などは明らかになっていない。 プリンスさんは4月14日、アトランタでのコンサート中に体調を崩して残りのツアー日程をキャンセル。 15日にはプライベート・ジェットに乗っている途中でインフルエンザが悪化し、緊急着陸してイリノイ州の病院に。 その後、容体が回復し、自宅に帰っていたという。 本名プリンス・ロジャー・ネルソン。 ワーナー・ブラザーズと契約し、10代だった1978年にデビューアルバム「For You」をリリースした。 80年の「Dirty Mind」、81年の「Controversy」(邦題「戦慄の貴公子」)を経て、82年にリリースした「1999」がプラチナ・アルバムに輝く大ヒットに。 「Little Red Corvette」「Delirious」「1999」の全米シングルチャートのトップ20に入るヒットを生んだ。 1984年、自身が主演する自伝的映画「Purple Rain」のサウンドトラックとしてリリースした同名のアルバムは、1300万枚が売れる大ヒットとなり、全米アルバムチャート24週連続1位の記録を打ち立てた。 「When Doves Cry」(邦題「ビートに抱かれて」)「Let's Go Crazy」「Purple Rain」など数多くのヒット曲が生まれ、プリンス自身もこのアルバムでアカデミー賞歌曲・編曲賞を受賞した。 その後も86年の「Under The Cherry Moon」、89年の「Batman」などヒットアルバムを連発し、マイケル・ジャクソンやマドンナらと並ぶスーパースターとして知られた。 1993年から2000年までは、発音できないシンボルマークに「改名」し、「the artist formerly known as Prince」(かつてプリンスとして知られていたアーティスト。 日本では「元プリンス」)と呼ばれた。 関連記事.

次の

明日のエール:6月24日 第63回 久志、歌手デビューのチャンス 御手洗先生が突然、古山家に!

プリンス 歌手

80年代から世界を魅了し続けた唯一無二のアーティスト、プリンスの名曲をたどる。 プリンスの死は音楽界に衝撃を与えたが、彼の人生、そしてメッセージは世界中の何百万もの人々に影響を与え続けている。 ユーモアと独自の視点、魅力的な振れ幅のある曲作りと歌唱スタイルは全作品に通じている。 今回の読者投票では、数あるプリンスの名曲の中からベスト・ソングを挙げてもらった。 結果は以下の通りだ。 第10位 『ビューティフル・ワン』 アルバム、そして同名映画『パープル・レイン』からの見事なバラード、『ビューティフル・ワン』は、過小評価された傑作だ。 このアルバムには、プリンスにとって初となるシングルチャート1位の曲が収められている。 プリンスは、ピアノやシンセサイザー、ドラムに乗せて報われない恋の苦しみを劇的かつ情熱的に歌い、他の男ではなく自分を選んでくれるよう恋人に懇願している。 第9位 『ラズベリー・ベレー』 『パープル・レイン』の次にリリースされたアルバム『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』は、前作のような評価を得ることはなかったが、プリンスが完成させた最も完璧なポップ・ソング『ラズベリー・ベレー』が収められている。 安物雑貨店で変わった帽子(ラズベリー色のベレー帽)をかぶった女の子と出会うというロマンチックな物語だ。

次の