節約 貯金。 貯金方法

節約家から学ぶ一人暮らしの貯金術と節約術|細かな金額を出した節約費の実践方法

節約 貯金

例えば「10年後に1,000万円貯める!」と宣言! 年の初めに「今年は貯蓄しよう」と考える人は少なくありませんが、「なんとなく余ったら貯める」という姿勢では、貯蓄をふやすことはできません。 例えば「2年後に車を買いたい。 そのためには96万円必要だ」といった目標を持って「じゃあ毎年48万円、毎月4万円ずつ貯蓄しよう」といったような計画を立てると、実現可能性がぐんと高まります。 今回は「10年後に1,000万円貯める!」宣言をしたTさんの家計を例に、日々の節約や世帯収入の見直し方法をご紹介します。 まずは家計簿をスタート 面倒だからと敬遠していた人も、貯めると決心したら心機一転して、家計簿を付け始めましょう。 家計簿を付けると、家計の全体像が把握できるので、どこにムダがあるかが一目瞭然です。 続けていくと、「使いすぎた」「うまくやりくりできた」といった評価・反省ができるようになります。 家計簿の付け方については、にて詳しく紹介しています。 Tさんの節約方法は? それでは、Tさんの家計の現状を見ていきましょう。 毎月の収支が赤字で、ボーナスから補てんしている状態であることが分かります。 このままでは、10年後の貯蓄残高は300万円強のため、目標の「10年後に1,000万円」に向けて、(1)水道光熱費、(2)食費、(3)通信費、(4)使途不明金に注目して節約する方法を検討することにしました。 (3)通信費の節約については、携帯電話の料金プランを自分に合ったものに見直すことで、約5,000円/月の節約をすることができました。 (4)使途不明金については、家計簿を付けてお金の流れを管理することでなくすことができました。 このように、水道光熱費・食費・通信費の節約と、使途不明金をなくすことで、合計40,000円/月ずつ貯蓄が可能になり、10年後の貯蓄額は800万円弱になりましたが、目標の1,000万円にはまだ200万円ほど足りません。 この分について、Tさんは子どもが小学校に通いだすタイミングで、パート・アルバイトなどで収入アップを目指すことにしました。 月50,000円の収入アップを目指すことで、10年後に1,000万円の貯蓄を実現する見通しが立ちました。

次の

【節約】賢い人のやり方を真似して年100万貯金!アレを見直すだけの簡単節約術

節約 貯金

節約の理由 貯金のため ある目標のために貯金をしていて、 早く目標金額まで貯められるようにと貧乏暮らしをしていることがあります。 好きで身体を売る風俗という仕事をしているのではなく、手っ取り早く大金を稼ぐために風俗嬢をしているのであって、出来れば早くお金を貯めて辞めたい、と思っている人がかなり多いです。 外食や買い物をしたりと遊びに行けるにも関わらず、 お金を使わないように質素な生活を心がけているのです。 風俗嬢で1番多い浪費がショッピングとなっており、買わないようにするために節約しているのでしょう。 このように風俗嬢をしている理由が貯金である場合、早くお金を貯めようと思っているため仕事に対して真面目に取り組む人が多いのが特徴です。 丁寧で質の高いサービス、高い会話スキルと、お客さんから人気がある風俗嬢である女性が多く、 ナンバー嬢として月収100万円近く稼いでいるようなタイプになります。 嬢によっては3年で2,000万円も貯金している人がいるほど。 真面目に仕事に取り組んでいる人気嬢ではありますが、目標金額に貯金が達するとすぐに風俗嬢を辞めるタイプでもあるようです。 稼げないから 風俗嬢として働いているのに稼げていないから節約している、というような風俗嬢もいます。 風俗嬢といえば誰でも稼げそうなイメージがある仕事ですが、 実際に月収100万円以上も稼げているのはごく一部でしかありません。 ほとんどは月収50万円いけばいい方で、 人によっては月収20万円ほどしか稼げていない風俗嬢までいるのです。 そのため、僅かな手取りの中でやり繰りしようと節約をしているのでしょう。 風俗嬢として働いていくためには化粧代、洋服代、身体を綺麗に保つためのスキンケア代など様々なお金が必要となります。 月収20万円少ししかない風俗嬢も同じで上記のような代金が必要となるため、どうにか捻出しようと努力をしているのです。 もしそれらを怠っていたら、見た目が命の風俗ではお客さんから指名を貰うことは出来なくなってしまいます。 見た目を綺麗に保つためにも、 綺麗に見せるためにもお金が必要です。 風俗嬢として働いていくために節約をして頑張っているのです。 貯金の方法 給料を貰ったらすぐ口座に入金 風俗嬢は働いたその日のうちに給料を貰う完全日払いとなっているお店が多く、その日のうちに何万円という大金を手に出来ます。 出勤する度に多くのお金を貰えるため、 あるだけ使ってしまうという風俗嬢が多いようです。 また次出勤したら給料が出る、という安心感がお金を使わせてしまうのです。 無駄に出費を減らすためにもまずは給料をきちんと貯金することから始めなければいけません。 給料を貰ったらすぐに口座に入金し、必要最低限以外は引き出さないようにしましょう。 生活費や遊ぶため用の口座と、貯金用の口座を作っておくといいと思います。 全て1つの口座で管理しているとあるだけ下ろしてしまう可能性があるので注意して下さい。 貯金は万単位でもいいですが、何千円とちょくちょく貯金していくスタイルもおすすめです。 少しお金に余裕が出来たら少しでも貯金するようにしましょう。 自宅で500円玉貯金をしてもいいと思います。 500円くらいなら貯金をしても大丈夫、という思うため意外と貯まります。 気付いた時には数万円分の貯金になることもあるので、 いざという時のためにも良いと思います。 明確な目標を立てる ただなんとなく貯金しようと思っても上手くお金は貯まりません。 明確な目標を持つことが大事なのです。 そこで、小さい目標でもいいので何かしら具体的な目標を立てることをおすすめします。 目標のために貯金を頑張れるため苦ではないでしょう。 目標として例えば、いついつまでに何十万円貯める、何百万円貯めるという風にするのです。 期限を決め、それまでにいくら貯めると決めることが大切なのです。 ただ期限と金額を決めてもやる気が起きないと思うので、 なぜ貯金をするのかについても決めておいた方がいいでしょう。 何か高級な物を買う、海外旅行に行く、風俗を辞めて昼職に就くため、マンションを購入するためなど色々あると思います。 自分が貯金を頑張れそうな目標を決め、それに向けて頑張って下さい。 貯金は無理してするものではありません。 生活が苦しいのに無理に貯金をしては意味はないので、生活に多少余裕が出来たら 将来のことを考えて少しずつ貯金をしてみましょう。 風俗はいつまでも続けられる仕事でないため、風俗嬢を辞めた後のことも考えて貯金をすることが大切で、 辞めた時に貯金が一銭もない状態だと不安しかありません。 お得な節約術 家賃 出費を削れるところから削ることをおすすめします。 と言っても、風俗嬢の収入は毎日違い、人によってだいぶ差があるので困りますよね。 普通に考えて、世の一人暮らしをしているOL女性を基準に考えてみればいいと思います。 月収30万円以上の風俗嬢は、とりあえず家賃6,7万円くらいがちょうどいいのではないでしょうか。 より稼いでいる嬢は、家にお金をかけて良い所に住んでみるのも有りですが、 いっそのこと賃貸ではなく購入でもいいと思います。 自炊 一人暮らしで節約を考えた時に真っ先に思い浮かぶのが自炊です。 出来るだけ自炊をして食費を削ってみましょう。 それだけでだいぶ節約になると思います。 毎日外食となるとそれだけで出費がかさみ、 人によっては食費が6万円もいくこともあるそうです。 流石にそれだと使い過ぎなので、どこか一食でも自炊に変えてみて下さい。 仕事の疲れでどうしても自炊が面倒くさいという時は、 せめてご飯を炊いて味噌汁を作るくらいはしましょう。 おかずは惣菜を買うだけです。 たったこれだけでもかなり節約になり、何より料理が下手な人にとってはこちらの方が節約になります。 けずれるところからどんどん出費は削っていきましょう。 スマホ代など 光熱費やスマホ代ですね。 キャバ嬢であればメールやら電話でスマホ代は高くなってしまいますが、風俗嬢は営業メールなどは無いためそこまでスマホ代は高くなりません。 節約するとなると格安に乗り換えてみたり、メールではなくLINEなどのアプリで連絡を取る、という方法があります。 光熱費を節約するためには、蛇口を開けっ放しにしない、電気を点けっぱなしにしないことが大切です。 どれも小さなことですが、塵も積もれば山となるという諺があるように、 日々の小さな節約が後々大きな実となります。 1ヶ月をOLと同じ手取りでやり繰りする 最終的な節約の目標は、1ヶ月をOLと同じ手取りで生活することです。 風俗で働いていない女性からしたら当たり前のことで、1ヶ月を手取り18万円で生活しているのです。 風俗嬢はそれ以上稼いでいるため無駄にお金を使い貯金が出来ないのであって、世間の一般の女性からしたら、風俗嬢はお金を使い過ぎている 金銭感覚がおかしい人に見えていると思います。 風俗嬢を辞めた後に出戻りしないように、風俗嬢時代から昼職と変わらない手取りで生活を送れるように努力をしましょう。 日頃から 贅沢三昧をしなければ十分に生活可能だと思います。

次の

節約のスゴ技 10年で1,000万円を貯める主婦(夫)の技-知ってて安心 ライフ&マネーお役立ち情報-ゆうちょ銀行

節約 貯金

差額66,000円を貯金にまわすことができるようになった、ということです。 この方法はぜひ試してみてください。 ちなみに現在はフリーテルではなく、「」のSIMを利用しています。 プランはLINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題の「コミュニケーションフリープラン」ですが、フリーテルの時と同じくらいの金額に抑えることができています。 LINEモバイル以外でおすすめの格安SIMは次の通りです。 節約術2 通信費を見直して年21,288円節約 自宅でパソコンを使うためにプロバイダーと契約している場合は、その通信費を見直すことで年間20,000円ほど節約し、貯金できます。 例えば「Broad WiMAX」の場合、月額2,726円(税抜)でインターネットを楽しむことができるので、 プロバイダーと契約するよりも圧倒的に安いです。 我が家では月4,500円ほどのプロバイダーを利用していたので、 年間21,288円も節約し、貯金することができました。 パソコンは使わないけどスマホでネットサーフィンすることが多い方にもBroad WiMAXはおすすめです。 SIMフリーと合わせてうまく利用すれば、 SIMフリーでネットをするよりも通信費を安く抑えることができます。 Broad WiMAXは端末代無料ですし、ネットから申込をすれば 18,857円割引のキャンペーンもやっていますので、ぜひ今すぐ確認してみてください。 サイト上にまだキャンペーン内容が公開されていれば、お得にBroad WiMAXを手にすることができます。 節約術3 蛇口をこまめに閉めて年21,600円節約 蛇口は歯磨きや食器洗いでついつい開けっ放しにしてしまいがちですが、 こまめに閉めるようにするだけで大きな節約効果を得られます。 簡単にできる方法ですが、 月にして1,800円も水道代が安くなるため、家計も大助かりです。 野菜も安いときに購入し、食品保存袋で適切な保存をしておけば、 節約できるだけでなく長くもたせることが可能です。 光熱費と食費合わせ 月にして14,000円、年にして168,000円浮かして貯金できましたので、ぜひ試してみてください。 節約術6 余った野菜は漬物にして年12,000円節約 少しだけ余った野菜って困りますよね。 取っておいても見失ってしまうこともあります。 そんな時は余った野菜を細かく刻み、塩と砂糖を2:1の割合で混ぜて漬物にしてしまいましょう。 1時間以上漬ければおいしく食べることができます。 野菜も無駄なく食べることができますし、漬物を購入する必要もなくなり、この方法だけで1年で12,000円以上は節約できます。 節水コマはホームセンターなどで100円くらいで手にできますが、 水道局で無料配布されていることも多いので、まずは水道局に問い合わせをしてみてください。 節約術8 長く飲む薬は処方薬をもらって年9,092円節約 風邪が長引いている時や花粉症がつらい時は、 市販薬よりも処方薬のほうがお得です。 一般的に市販薬は1週間分で2,000円前後かかりますが、病院へ行けば2 週間分の処方薬で医療費と合わせても2,000円程度で済みます。 病院に行って処方薬をもらうことで年9,092円ほど節約できました。 処方薬は効果も高いため早く治る可能性も高いです。 節約術9 大物家電は省エネ製品にして年17,000円節約 古い家電を使い続けていると電気代が高くつく可能性があります。 大物家電には省エネ達成基準率が星で表示されているので、 星5つのものを選ぶようにしましょう。 無理して変える必要はありませんが、年間の電気代を17,000円以上安くすることができました。 2.貯金がザクザク増える節約生活を送るコツ せっかくスタートする節約生活。 できれば失敗したくないものです。 節約を成功させるためのコツを5つご紹介します。 コツ1 我慢しすぎない• 食費を減らすために食べる量を極端に少なくする• 電気代を節約するために猛暑日でもエアコンをつけずに過ごす• 水道代を減らすためにシャワーは3分以内にする など、いきなり目標を高く設定してしまうと節約することのつらさの方が打ち勝ってしまい、 節約生活が長く続きません。 簡単にクリアできる方法や目標からスタートし、 徐々に目標を上げていくのが節約を成功させるポイントです。 コツ2 ご褒美を用意する 1週間ごと、1カ月ごとの目標を立て、達成できたときのご褒美を事前に決めておきましょう。 自分へのご褒美を用意することでやる気を保つことができますし、ご褒美を受け取る期間を決めておくことで、「最近忙しかったし、ちょっとくらい贅沢してもいいかな」といった 無駄遣いを減らすことができます。 用意するご褒美はスイーツやお買い物、外食など人によって様々ですが、 節約して貯金するお金とのバランスを考えて用意するようにしましょう。 コツ3 お金の流れを把握する 節約の第一歩は自分や家のお金の流れを把握することです。 何にどのくらいのお金を使っているのか• どこまで節約できるのか これらを把握しないで節約だけをしようとすると、「安い食材や商品を求めて遠くのスーパーまで行ったけど、交通費も含めたらむしろ高くついてしまった…」のようなミスをしてしまいます。 最初は週単位や月単位で良いので、 何にいくら使っているのかを書き出すようにしてみてください。 慣れてくれば自然にお金をコントロールできるようになりますので、 ミスが少なくなって貯金にまわせるお金が増えて行きます。 コツ4 クレジットカードを活用する 節約生活はコツコツと貯めることが重要です。 固定費などの支払いは現金よりもクレジットカードを利用しましょう。 現金で支払ってもポイントは貯まりませんが、クレジットカードで支払うとポイントが貯まります。 その ポイントを使って日用品に変えたり、金券に変えたりできます。 クレジットカードを使えば手元にある現金を極力減らさないようにすることも可能です。 ただし、クレジットカード払いは支払いが先延ばしになるだけで後日請求がきます。 支払期日までに支払える分だけ利用するようにしましょう。 3.みんなが節約生活を送って貯金する目的は何? 多くの人はなぜ節約をしているのでしょうか。 よくある節約の目的を5つご紹介します。 お金を貯める新たな目的も見つかるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。 目的1 子どもの教育費 子供の教育資金のために節約をしている方は非常に多いです。 1人の子供にかかる教育費は1,000万円以上とも言われていますが、大学で医学部へ進学したり、留学を希望したりすればもっとかかります。 子供たちが希望したらなるべく叶えられるように資金を用意しておきたいという親心がここに現れています。 目的2 旅行費用 旅行好きなご家庭の場合、旅行費用のために節約している家庭も多いです。 毎年毎年旅行する場所を決めて必要なお金を節約して貯める、といった形です。 旅行の場合はご褒美が旅行になりますので、 やる気を保って節約することができるようです。 目的3 住宅購入資金 日頃から節約をして数年で大きな金額を貯め、マイホーム購入資金にするご家庭もあります。 旅行費用と同様、 夫婦の目的がはっきりしている分、節約にも意欲が湧くようです。 目的4 生活費の確保• 主人の収入が減ってしまった• 共働きしているけど生活費が足りない• 夫の年収が下がった など、生活費を確保するために節約しているご家族も数多くあります。 こういった場合には節約が生活と直結してくるため、なかなか節約を楽しめない方も多いようです。 目的5 老後の蓄え 「年金がいくらもらえるかわからない」と、漠然と老後を心配している人はたくさんいます。 子どもが独り立ちした後から貯め始める人や、子どもが小さいうちから老後資金を貯め始める人など様々です。 4.まとめ 簡単なことでもチリも積もれば山となります。 今すぐにできる節約術からぜひ試してみてください。 節約を楽しみ、お金を貯めて行きましょう。

次の