イッテq 橋祭り。 イッテQやらせ疑惑の真相まとめ!橋祭りでラオスが怒り打ち切りも?|Anogate

「イッテQにでっち上げ」文春報道 日テレは8日に見解:朝日新聞デジタル

イッテq 橋祭り

2007年に放送を開始した日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ! 番組きっての人気企画である「世界で一番盛り上がるのは何祭り? 」にやらせの疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。 同企画は、芸人の宮川大輔(46)が青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りに突撃し、これまで参加した祭りは100を超える。 問題となっているのは5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。 だが、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は異議を唱える。 「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。 そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。 この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」 ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語った。 「こうした自転車競技はラオスには存在しない。 今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」 また同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する。 「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」 日本テレビ広報部は「週刊文春」の取材に次のように回答した。 「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。 今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」 番組で放送された「橋祭り」は、ラオスの祭りで、そこに「イッテQ! 」が参加したのか。 それとも、日テレサイドの企画した、「作られた祭り」だったのか。 「週刊文春」はビエンチャン、タイ・バンコクで3週間にわたり取材。 セットを設営したタイ人スタッフ、祭りに参加し「協力費」をもらった少年たちの証言に加え、 セットの設営を依頼した海外コーディネイト会社の社長、宮川大輔への直撃などの取材結果を、11月8日(木)発売号で、5ページにわたり掲載している。 yahoo.

次の

【動画】イッテQお祭りラオス橋祭り!やらせは本当?疑惑浮上に視聴者の声は?

イッテq 橋祭り

コンテンツ目次• イッテQやらせ疑惑の真相まとめ!これまでの報道の時系列 事の発端:11月7日の週刊文春の暴露記事 まず今回のイッテQやらせ疑惑について最初に報道を出したのが、 11月7日の週刊文春のネット記事でした。 記事の中で、イッテQで5月に放送された 「ラオスの橋祭り」という、水溜りの上に作られた橋の上を色んな障害物を避けながら自転車で渡り切るというお祭りは元々ラオスにあるものではなく、日テレ側がでっち上げたやらせ祭りだという事を暴露されました。 その中でラオス政府側の人間の声が乗っていたので、文春の記事は飛ばしではなくかなり信ぴょう性のある内容に思えました。 「今回は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」。 ラオスの観光イベントを管轄する情報文化観光省観光部の副部長は語った。 現地取材でわかった日テレ看板番組のお祭りでっち上げ疑惑。 《完全版》は11月8日 木 朝5時に「週刊文春デジタル」で公開。 — 文春くん公式 bunshunho2386 「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。 そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。 この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」 「こうした自転車競技はラオスには存在しない。 yahoo. これに対して日テレ側は7日の報道直後に 「現地からの提案を受けて参加した」と、完全に食い違った声明を出しました。 11月8日:日テレ側の反論声明 またその1日後の8日に 「今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」 「現地コーディネート会社から『水の上の一本橋を自転車で渡る催しは、東南アジアのテレビ局でも取り上げられるなど各地で人気となっている催し』との提案をうけ番組サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に至りました」 「今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました。 結果、この会場で初めての開催であった『橋祭り』を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現となりました。 yahoo. しかし、この言い訳ともとれる反論が、さらなる混乱を招くことになります。 そもそもバラエティー番組のヤラセは日本では当たり前に行われており、視聴者としても 「そこまで問題ではない、どうでもいい」という意見が多いのです。 なので日テレ側も「番組を盛り上げるために多少祭りをでっち上げた」とはっきり言えばよかったものの、このような「自分たちは悪くない」という意を込めた言い訳をしてしまいました。 これを受けて、やらせ疑惑を暴露した側の報道はさらに過熱していきました。 やらせ報道側の日テレ声明に対する反論方報道 まず祭りに参加した少年たちが金銭を受け取っていたのかという問題ですが、日テレ側から直接渡した事実はないものの、現地コーディネーター側から金銭は支払われていたようです。 番組収録のコーディネートを行った会社は、「自転車で橋を渡るイベントを提案し、セットを組んだ。 参加者は自分の会社で集め、賞金も支払った」とコメントした。 『日本人がイベントをやるから参加しませんか? 』と先生が言った。 全部で30人くらい参加してほしいと言っていた」、「コーチから、サッカーのトレーニングになると言われた」などと話した。 yahoo. それを毎年行われているように放送してしまった点は嘘だが、あくまで全て現地コーディネーターのせい」 というスタンスを取っているわけですね。 これに対して、やらせ報道側はラオス政府にまで取材をして以下のようなコメントを手に入れ報道します。 「ラオスの祭りでも文化でもない」と、ラオス政府関係者が祭りの存在を否定。 さらに、政府として今後の対応を協議していることがわかった。 なぜなら、このイベントは本当の祭りではないからだ」とコメント。 関係者は、「日本人は誠実な人たちだと思っていた。 今後は、もっと申請を精査する必要がある」と話している。 先ほども書いたように、今回のイッテQのやらせ疑惑は、別に仮にやらせだったとしても誰かが不利益を被るわけではないので、日テレ側が普通に不手際を認めて謝れば事はそれで済んでいた可能性が高いです。 しかし、言い訳のような対応を取ってしまったために、ラオス政府の嫌悪感がある声明までが出てきてしまい事が大きくなっていきます。 11月10日:放送倫理機構BPOが調査を開始 さらに10日にはテレビ放送の倫理問題を扱うBPOまで出てきて、調査を行う事を発表しました。 やらせ疑惑が出ている日本テレビの人気バラエティー番組「 世界の果てまでイッテQ!」について、放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会は9日、同局に報告を求めることを決めた。 神田安積委員長は「映像も確認して検討する」と述べた。 yahoo. イッテQやらせ疑惑は「どうでもいい」のに報道が過熱する理由 今回の日テレに対するやらせ疑惑報道は、視聴者からは同情の声が多く上がっています。 正直言ってテレビを楽しむだけの視聴者にとっては今回のやらせ疑惑が仮に真実だったとしても、そこまで問題はありませんし、誰も不利益を被っていません。 なので、 「どうでもいい」という意見が多いのですが、ここまで報道が過熱する理由はやはり日テレ側の対応がまずかった事にあるでしょう。 こういう炎上騒動はボヤ騒ぎが出た段階から、仮に反論の余地があったとしても謝罪をして再発防止に努める声明を出せば、そこで収まるケースが多いです。 しかし、日テレ側の取った行動は「あくまで、現地コーディネーターが全てやった物で自分たちは悪くない」という意を感じる声明を出すような事でした。 仮にそれが本当だったとしても、日テレ側のやらせに対する問題意識の低さはあったという証拠になるので、当然やらせ報道側はそこを突いてきます。 ラオス政府の正式っぽいコメントまで飛び出したことで、かなりの大事に感じるような事態にまでなってしまいした。 さらに悪いことに、 この事件に対して日テレ以外のテレビ局がやらせ報道側を援護し始めました。 日テレと言えば、今もっとも視聴率が取れるテレビ局で、常に他のライバルからその椅子が狙われています。 特に元NO1テレビ局のフジテレビはかなり攻撃的な態度を取っており、40分の特番まで放送する予定があるそうです。 BPOまで出てきたので、もう「どうでもいい」というわけにも行かず、日テレはかなり大きな隙を見せてしまった事になりますね。 イッテQやらせ疑惑は打ち切りもある? ここで気になるのが、この やらせ疑惑の真相を受けてイッテQが打ち切りになるのか?という事ですよね。 イッテQは視聴率が20%を超えることもままある日本一視聴率の高いバラエティー番組です。 今回の宮川大輔さんのお祭り企画も毎回とても面白く、他にも出川哲朗さんの海外おつかい企画などモンスター級のコーナーをそろえています。 それだけに仮にやらせが発覚したとしても局側が打ち切りにするとはとても考えられないのですが、過去にやらせが発覚してそのまま打ち切りになってしまったケースも何件かあります。 その内容は「スナイパー軍団vsラジコン軍団」という企画で、 収録中の対決結果と放送された対決結果が全く違う物だったと言います。 この騒動で番組は休止され、そのままうち切りになってしまいました。 このケースは出演者の片方側が大きな不当な不利益を被ったことで、視聴者からも倫理を疑う声が多かったので打ち切りは自然の流れでしたね。 他には打ち切りにはなっていませんが、超人気番組のMステでも海外の人気バンド「リンキンパーク」出演時に、似たような事件が起こりましたね。 この時は リンキンパークが演奏している音が放送で流れずに、流れたのはMステ側が用意したものだったという事件です。 こちらもかなりの騒動になりましたが、打ち切りまでは行きませんでした。 やはりMステがかなりの長寿番組だからでしょうか? そもそも、テレビ製作サイドはやらせを悪いことだと全く認識していない節があり、面白い企画を作るためにはしょうがないというスタンスを取っているように思います。 なので、イッテQほどの超人気番組でしたら、仮にやらせだったとしても内容さえ面白ければそこまで視聴率が落ち込まないような気がするので、日テレ側はスルーしたいところでしょう。 ですが、甘い対応を取ってしまったために各メディアが非常に攻撃的になり、これに扇動を受けて視聴者側からのクレームも増えてしまうと、打ち切りになる可能性は現時点では「ある」と言えますね。 そうなると、この程度のやらせ疑惑で別メディアからの攻撃で打ち切りになる珍しいケースになりそうです。 週刊誌も現在のメイン記事は不倫やパワハラなどですが、そこにさらにやらせ疑惑が加わって別の番組が摘発されることになるかもしれません。 ここからどういう展開を魅せるのか注目ですね!.

次の

イッテQ祭りやらせ問題、BPO「放送倫理違反」に!視聴率低下も

イッテq 橋祭り

あの日曜日のお茶の間の人気番組、世界の果てまでイッテQで、何とやらせ疑惑が噴出していますね、特に番組内でも前線で活躍をされる宮川さんや、内村さんなどは巻き込まれて大変だなと思いますね。 特に今回は、大きな問題になっているのが国が否定しているということですよね、 バラエティ番組の範疇であれば、問題ないというような軽い認識ではもう収まりがつかないような展開になってきています。 私は非常に好きな番組でしたので、録画して必ず見ますし、何なら休みの日に再放送があってみたことがあった回でも、大笑いしながら見ていましたから…この番組が放送できなくなってしまうのは、個人的には大変残念ですね。 でも、このイッテQでは今までにも、カレンダーの制作企画などで、大きな魚と泳がれたり 笑 大きな山の山頂を目指したりと、本当にガチンコな企画をやっていましたから、本当にやらせなどあったのだろうかと思ってしまいます。 私はイッテQの放送回の中で、一番好きだったのはやはり安室奈美恵さんが登場された回ですかね、イモトアヤコさんのあの何とも言えない表情を見ていますと…ちょっと泣けました 笑 さて今日は、本当にラオスで行われた橋祭りなるものがやらせだったのか、少し調べて見たいと思っています。 では、この時にラオスで行われた祭りなどを考えて見ますと、 ラオスの首都ヴェエンチャンで開催されたお祭り全体としてはやらせではなさそうですね。 かなりの規模でのお祭りのようにも思われ、何だかセットとは言えませんし、もしこれを日テレビが準備するとなると莫大な金額になるでしょうし、でっち上げると言っても無理があるように思いますね 笑 ただ、この橋祭りinラオスという表現でいくと、少し見ている我々には誤解を招く表現だったのかもしれませんが、ドンドンと調べて行きますが、次にはこのお祭りの正式名を書かせて頂きますよ! イッテQ やらせ疑惑の橋祭り…ラオスでの正式名称とは?主催者は… ラオスで行われたこのお祭りですが、 橋祭りというような名前ではなさそうですね。 それはラオス珈琲フェスティバルという名前が正規のものであるというので、確かに橋祭りという名前ではないので、このあたりは、日テレ側が言うように誤解を招くような表現をしてしまったというのは、分かる気がします。 もしかするとこの珈琲フェスティバルの中で、 橋を渡る企画、催しがあったのでそれを現地コーディネーターが推してきたのかもしれません。 でも私が宮川さんの立場なら、恐らく本人からはでっち上げの提案などはしづらいと思うんですよね、あくまで祭りには参加し、パフォーマンスをしなければならないわけですから、 もし仮にヤラセと知って望んでいたら、あんなにも面白い映像にはなりにくいようにも思いますからね。 主催者については、やはり日本人が関与していると言う事ではなさそうで、調べると、 ラオス珈琲協会や数十社を超える企業とが参画し、主催したお祭りなんだそうですよ。 Sponsored Link イッテQの制作会社とはどこなのか?何故ラオスは怒っているのか? イッテQは国民的な人気番組になりつつあるので、正直他局からするとこれだけの人気番組が無くなれば、視聴率を取り返せるチャンスだと、虎視眈々と狙っていることでしょう。 さて、このイッテQの番組自体を制作している会社があると思われますが、 一体どこの制作会社なのでしょうか? どうも、制作会社自体については、あの内村さんなどウッチャンナンチャンと結びつきが強い制作会社だったんだそうで、古くからウリナリなどを手掛けられた制作会社ということです。 ではウリナリの制作会社はどこだったのか調べますと、 ザ・ワークスという会社なんだそうですが、どうもイッテQの制作実績はほとんど見受けられません。 他を探してみると、極東電視台という会社が日本テレビのイッテQや他にもマツコ会議、メレンゲの気持ちなどを手掛けられていると言う所までは行きつきました。 でも何故ラオスは怒っているのでしょうかね…恐らく現地の子供たちなどにお金を渡していたというような真贋確認の出来ないような話も出回っているので、ラオスとしても黙ってはいられなくなったということなのかもしれませんよね。 今後イッテQはどうなってしまうのか…非常に気になるところではありますが、出来れば続けて欲しいものですね! ブログ運営者:土屋 みつる 昭和から平成になる頃、日本に生まれました。 自称、WEB編集者の自動車マニアなわたくし土屋 みつるが、基本的には、皆様に役立つ自動車に関する裏話や色々な情報を発信してまいります。 小学校低学年からプラモデル、ミニ四駆の製作に没頭し、高学年になる頃には、両親の車の洗車やタイヤ交換をし始め、中学生になる頃には、車の軽整備なども、両親の影響ではじめました。 国産車や外国車についても、浅い所から深い所まで、精通しております。 最近の若人たちの車離れを、食い止めるべく、車の良さ、凄さなどを分かって頂きたいために、様々なエピソードやお役立ち情報など紹介してまいりたいと思います。 どうぞお楽しみください。

次の