福井県 事件 速報。 定例会等日程(第412回、令和2年9月)

福井・東尋坊遺体 飛び降り強要の殺人容疑で7人再逮捕

福井県 事件 速報

6月23日、福岡県水巻町の遠賀川の河口付近で、性別がわからない遺体が発見される事件が起きている。 警察や消防によりますと、6月23日(火)午後3時前、遠賀郡水巻町猪熊の遠賀川河口付近で、網についたごみを分別していた作業員から「人間の下半身のようなものがある。 」と、消防に通報したとのこと。 遺体は頭や胸などがなく、腐敗が進んでいて、死亡してから、かなりの時間が経過していると見られるとのこと。 別の報道では 遺体は頭や胸などがなく、腐敗や一部が白骨化していることから、死後数カ月ほど経っているとみられるとのこと。 遺体がかかっていた網は、流れてくるごみをせき止めるためのもので、定期的にごみの処理が行われていて、前回の清掃は昨年の9月だったとのこと。 こんな事件ですが・・・ 今の段階ではなんとも言えないですね。 現在の状態も解体された結果なのか?自然環境で腐敗が進んだ結果なのか?わかりません。 いずれにせよ、遺体が発見されたわけなので、事故や自殺であるなら、周囲の人間から捜索願いが出ていそうですね。 続報を待ちましょう。 6月23日、福岡県水巻町の遠賀川で見つかった遺体の身元について、警察は田川市で行方が分からなくなっていた90歳の女性と特定したとのこと。 警察のその後の調べで見つかった遺体の身元は、田川市川宮に住む老女であることが確認されました。 老女は5月28日に自宅を出た後、行方がわからなくなっていて、家族が警察に捜索願いを出していたとのこと。 遺体に目立った外傷は確認されていませんが、白骨化が進んでいて、死後1か月ほど経っているとみられている。 これまでに老女の持ち物などは見つかっておらず、警察は老女が死亡した経緯について慎重に調べを進めているとのこと。 身元が判明しましたね。 位置関係を調べると、詳細は分かりませんが、田川市川宮と遺体発見現場はざっと34kmぐらい離れています。 90歳の老女では、当然、徒歩などでの移動は無理だとは思うのですが・・・ 実は、遺体の発見された遠賀川の上流にあたる、中元寺川と彦山川がこの田川市には流れているので、誤って川に流されたとすれば、 遠賀川の河口まで流されても不自然では無いのですが・・・ 死後1か月と言うのも、失踪日時とも符号します。 ただし、もし、そうなら、他の部位や、持ち物などがこの川沿いで発見されると思うので、そのあたりは捜査を待つしかないかもしれません。 続報を待ちましょう。

次の

福岡県水巻町バラバラ事件?(速報): ASKAの事件簿

福井県 事件 速報

福井県坂井市のダム湖で福井市の会社員青柳卓宏さん(40)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された元同僚丹羽祐一容疑者(45)が、多額の借金を抱え生活に困窮していたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。 青柳さんの遺体は発見当時、普段勤務時には着用しないラフな服装だったことも関係者への取材で判明。 講師として勤めていた塾ではスーツを着用しており、坂井署捜査本部は、丹羽容疑者との間で、休日だった6月27日以降にトラブルになったとみて調べている。 官報によると、丹羽容疑者は福井地裁に自己破産を申し立て、5月26日に借金の返済が免除される「免責」が認められていた。 関係者らによると、青柳さんの遺体は6月29日午後2時半ごろ、坂井市丸岡町の竜ケ鼻ダムで発見された。 半袖の柄シャツと長ズボンを着たカジュアルな服装だったという。 青柳さんの同僚は「青柳さんは塾ではいつもスーツ姿で働いており、十数年の中でラフな服装は見たことがない」と話している。 26日は深夜まで塾で働いており、土日の27、28日は休みだった。 捜査本部によると、青柳さんが通勤に使っていたとみられる車は自宅アパートの駐車場に止められていた。 捜査本部は7月2日、福井署に1日夜に出頭した丹羽容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。 (共同).

次の

「村一番の嫁」に異変、多重介護に疲弊 福井3人死亡:朝日新聞デジタル

福井県 事件 速報

6月23日、福岡県水巻町の遠賀川の河口付近で、性別がわからない遺体が発見される事件が起きている。 警察や消防によりますと、6月23日(火)午後3時前、遠賀郡水巻町猪熊の遠賀川河口付近で、網についたごみを分別していた作業員から「人間の下半身のようなものがある。 」と、消防に通報したとのこと。 遺体は頭や胸などがなく、腐敗が進んでいて、死亡してから、かなりの時間が経過していると見られるとのこと。 別の報道では 遺体は頭や胸などがなく、腐敗や一部が白骨化していることから、死後数カ月ほど経っているとみられるとのこと。 遺体がかかっていた網は、流れてくるごみをせき止めるためのもので、定期的にごみの処理が行われていて、前回の清掃は昨年の9月だったとのこと。 こんな事件ですが・・・ 今の段階ではなんとも言えないですね。 現在の状態も解体された結果なのか?自然環境で腐敗が進んだ結果なのか?わかりません。 いずれにせよ、遺体が発見されたわけなので、事故や自殺であるなら、周囲の人間から捜索願いが出ていそうですね。 続報を待ちましょう。 6月23日、福岡県水巻町の遠賀川で見つかった遺体の身元について、警察は田川市で行方が分からなくなっていた90歳の女性と特定したとのこと。 警察のその後の調べで見つかった遺体の身元は、田川市川宮に住む老女であることが確認されました。 老女は5月28日に自宅を出た後、行方がわからなくなっていて、家族が警察に捜索願いを出していたとのこと。 遺体に目立った外傷は確認されていませんが、白骨化が進んでいて、死後1か月ほど経っているとみられている。 これまでに老女の持ち物などは見つかっておらず、警察は老女が死亡した経緯について慎重に調べを進めているとのこと。 身元が判明しましたね。 位置関係を調べると、詳細は分かりませんが、田川市川宮と遺体発見現場はざっと34kmぐらい離れています。 90歳の老女では、当然、徒歩などでの移動は無理だとは思うのですが・・・ 実は、遺体の発見された遠賀川の上流にあたる、中元寺川と彦山川がこの田川市には流れているので、誤って川に流されたとすれば、 遠賀川の河口まで流されても不自然では無いのですが・・・ 死後1か月と言うのも、失踪日時とも符号します。 ただし、もし、そうなら、他の部位や、持ち物などがこの川沿いで発見されると思うので、そのあたりは捜査を待つしかないかもしれません。 続報を待ちましょう。

次の