肺炎 球菌 ワクチン 副作用 死亡。 肺炎球菌感染症Q&A:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

ヒブ、肺炎球菌ワクチン接種後に死亡例が4件も起きた事につ...

肺炎 球菌 ワクチン 副作用 死亡

2015. 1 昨年11月から6歳未満の小児に定期接種 強制接種 されている新しい タイプの肺炎球菌予防ワクチンが今年6月下旬に、肺炎による死亡率が高い 65歳以上の高齢者も利用できるようになった。 肺炎は、日本では死因の第3位であり、肺炎による死亡者のうち、96.8%は65歳以上が占める。 川崎医大 岡山県倉敷市 内科の宮下修行准教授は「今は抗菌薬があるので高齢者は肺炎ですぐに死ぬことはないが、それを繰り返すうちに衰弱して死ぬことになる。 免疫が低下する高齢者にとって肺炎を予防する肺炎球菌ワクチンの存在は大変大事」と話す。 このため「結合型ワクチン」と呼ばれており、予防効果が一段と 高くなったとされる。 小児ではワクチン接種は複数回必要だが、高齢者では1回でよい。 宮下准教授は「アンケート結果では、一般の人は肺炎を怖いと思っていないようだが、呼吸器の専門医は65歳を過ぎた人は肺炎にかかりやすいと思っており、特に肺炎球菌は怖い。 高い予防効果が期待される結合型 ワクチンを利用してほしい」と話している。 アーカイブ• カテゴリー•

次の

肺炎球菌ワクチンの副作用で腕の腫れや赤みがでるのか?

肺炎 球菌 ワクチン 副作用 死亡

肺炎球菌ワクチンには、副作用があるのを知っていますか。 その副作用では、腕が腫れたり赤味が出ると言われています。 感染予防でワクチンを接種するのに副作用が出るのは辛いものがあります。 では、そのような副作用が出たらどうしたらいのでしょうか。 スポンサーリンク 肺炎球菌に対する免疫をつけることにより、肺炎球菌の感染を予防する効果を期待することが出来るのが「肺炎球菌ワクチン」です。 肺炎球菌は気管支炎や副鼻腔炎、髄膜炎、肺炎、関節炎などの症状を引き起こす原因となる細菌です。 全ての肺炎球菌に有効というわけではありませんが、23種類の肺炎球菌をカバーすることが出来るタイプでは日本国内で確認されている肺炎球菌の約8割に対して効果的と言われています。 この病気は子供と高齢者、糖尿病などの基礎疾患がある人などがかかりやすく、重症化しやすいと言われています。 なお、23種類の肺炎球菌に対して対応することが出来るワクチンについては、2歳以上からが接種の対象となります。 2歳未満の子供に対しては、23種類の肺炎球菌に対応しているものよりも少ない数の肺炎球菌に対応しているものが接種されます。 肺炎球菌ワクチンは皮下もしくは筋肉内に注射をする方法で接種されます。 この効果は約5年と言われており、接種日から5年が経過すれば再接種することが出来ます。 スポンサーリンク 肺炎球菌ワクチンの副作用として見られるものは、接種した腕の痛みや腫れ、発熱などが挙げられます。 再接種をした場合には、初回時よりも痛みや腫れ、赤みなどが強く出る場合もあります。 発熱については、通常1〜2日程度で平熱に戻りますが、3日以上高熱が続くような場合には医師に相談したほうが良いでしょう。 また、接種した腕の腫れや赤みについては、接種後数日で消えるのが一般的ですが、1ヶ月を経過してもなお赤みなどが残っているという場合には、医師に相談するようにしましょう。 重篤な副作用としては、知覚異常やアナフィラキシーショック、血小板減少などがあります。 アナフィラキシーショックでは、紅斑、痒み、呼吸困難、目眩などの症状が、知覚異常では皮膚の感覚がおかしい、血小板減少では鼻血や歯ぐきからの出血が見られることがあります。 これらの症状が現れた場合には、速やかに医療機関を受診し、適切な対応を受けるようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の

肺炎球菌ワクチンで安心は禁物!高齢者の肺炎を防ぐ3つの方法とは

肺炎 球菌 ワクチン 副作用 死亡

- 目次 -• 肺炎球菌は肺炎の原因菌の1つです 日本人の3大死因と言えば、1位ががん(28.5%)、2位が心疾患(15.5%)、3位が脳血管疾患(9.9%)でしたが、2011年ごろから4位だった肺炎(9.9%)が3位に浮上してきました。 これは高齢化が進んで肺炎になる人が増えてきたためです。 肺炎で死亡する患者の90%が65歳以上の高齢者で85歳以上が最も多く、2番目に90歳以上となっています。 肺炎とは、細菌やウイルスなどが体の中に入り込んでおこる肺の炎症ですが、症状として、発熱、咳、タン、胸の痛みなどがあります。 原因となる細菌やウイルスは体の中だけでなく、日常的ないろいろなところにいます。 体の抵抗力が弱ってくると感染をおこしやすくなります。 細菌やウイルスでおこる肺炎ですが、肺炎の原因菌でもっとも多いのが肺炎球菌です。 原因菌は肺炎球菌の他にも、インフルエンザ菌やマイコプラズマ、クラミジア、レジオネラ、黄色ブドウ球菌などいろいろあります。 肺炎球菌とは 肺炎の原因菌の1つである肺炎球菌は主に子供の鼻やノドに住み着いています。 子供が咳やくしゃみをすると周囲に飛び散り、それを抵抗力が低下している人が吸い込むと感染して肺炎球菌感染症になります。 肺炎球菌を持っている成人はごく少数で、子供に触れあう機会の多い成人ほどかかりやすいようです。 肺炎球菌は鼻やノドの奥につきやすい菌ですが、健康で体力のある人は免疫力があるために感染しません。 抵抗力が弱ってくると感染して肺炎球菌感染症になり、肺炎や髄膜炎、菌血症、敗血症、中耳炎などを発症する場合があります。 肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌が肺に感染しておこす感染症のことです。 一般的に感染とは、本来菌がいないところに菌が住み着いて増殖し何らかの炎症をおこすことです。 肺炎球菌ワクチン 高齢者が肺炎にかかると重症化しやすくなる傾向にあります。 体の機能が弱っていたり、他に病気にかかっていたりして重症化するようです。 従って、高齢者の肺炎球菌の予防のために肺炎球菌ワクチンを接種することは大事なことです。 肺炎球菌に対する免疫を作っておくことが目的です。 肺炎球菌ワクチンの接種は最も手軽にできる感染予防の1つです。 肺炎球菌ワクチンの副作用とは 肺炎球菌ワクチンを接種すると副作用を伴う場合があります。 接種した時の注射部分のかゆみ、疼痛、赤くはれる、軽い発熱、関節痛、筋肉痛などがみられる場合があります。 通常3日間くらいでほとんど消失しますが、ごく少数ですが重症化する場合もあります。 代表的な症例を下記します。 アナフィラキシー様反応 アナフィラキシー症状と呼ばれ、呼吸困難、めまい、不安、興奮、血圧低下、じんましん、吐き気、などの症状を呈します。 薬剤やX線の造影剤などを初めて注射する時にでる場合があります。 血小板減少 血小板が本来持っている、止血、凝固などの役割ができにくくなる病気。 知覚異常 原因がないのに痛みやひりひり感がすること。 ギランバレー症候群 筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる病気です。 これらの症状がでたらなるべく早く専門医の診察を受けるようにしてください。 肺炎球菌ワクチンで全ての肺炎は予防できない 肺炎球菌ワクチンは肺炎球菌を原因菌とする肺炎を予防するワクチンですが全ての肺炎を予防することはできません。 肺炎球菌を原因とする肺炎を100%予防できるものでもありません。 高齢者の肺疾患患者にインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの両方を接種すると死亡を81%減らすことができるという報告もあります。 肺炎球菌ワクチンを接種すべき人と、してはいけない人 接種すべき人は、65歳以上の人や、心臓、呼吸器の慢性疾患のある人、糖尿病、腎不全、肝機能障害のある人などです。 接種してはいけない人は、過去に肺炎球菌ワクチンを接種した人、2歳未満の幼児、発熱している人、重篤な疾患にかかっている人、アナフィラキシーにかかったことがある人などです。 なお、肺炎球菌ワクチンの接種は基本的に健康保険がきかない自由診療となっており、費用は医療機関により異なります。 しかし現在全国の地方自治体では高齢者の肺炎球菌予防接種の助成制度がスタートしております。 費用の負担額は各自治体により異なります。 詳細はお住いの市役所、町役場などで確認ください。 (一部助成制度のないところもあります) カテゴリから探す•

次の