三菱ufj銀行カードローン。 三菱東京UFJ銀行 カードローンの口コミ・評判|いろいろ評判ランキング

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)で限度額を増額したい!増額審査のコツを解説

三菱ufj銀行カードローン

保証人なし• ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。 SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。 金融分類 都市銀行 限度額 500万 金利(実質年率) 1. テレビ窓口では、バンクイックへの申込みから始めることも可能です。 自動融資を利用したい人は、自動融資機能が付いている三菱UFJ銀行カードローン「マイカード プラス」へ申込みすると良いでしょう。 や、、なども自動融資に対応しています。 「バンクイック」の基本の特徴 本記事で解説する「バンクイック」の基本の特徴は次の5つです。 申込み方法 2. 金利と限度額 3. 借入方法 4. 返済方法 5. 毎月の返済額 それぞれの基本の特徴について、詳しくは次をご覧ください。 「バンクイック」の申込み方法 「バンクイック」では、次のように3つの申込み方法を用意しています。 インターネット(パソコン、スマホ、ケータイ)• テレビ窓口 3つの申込み方法から都合の良いものを選んでください。 インターネットなら24時間受付 自宅に居ながら「バンクイック」へ申込みしたいときに便利なのがインターネットです。 インターネットなら24時間受付のため、銀行の営業時間を気にせずに申込みできます。 スマホを持っている方は、「バンクイック」公式アプリからの申込みも可能です。 外出先から申込みしたいという方は、「バンクイック」公式アプリをスマホにインストールすると良いでしょう。 電話でも受付時間内なら土日祝での申込みが可能 インターネット環境がない方は、電話で「バンクイック」へ申込みできます。 電話番号と受付時間は次のとおりです。 電話番号 「0120-959-555」 受付時間 平日9時00分~21時00分、土日祝9時00分~17時00分 インターネットと違い、電話では受付時間が限られます。 しかし、受付時間内であれば土日祝でも「バンクイック」へ申込みできますよ。 人目を気にせずに申込みできるテレビ窓口 銀行カードローンへ申込みしたいけど、支店窓口では人目が気になるという方に便利なのがテレビ窓口です。 テレビ窓口は三菱UFJ銀行支店のATMコーナーなどにあります。 テレビ窓口の中はプライバシーが保たれている個室になっているため、「バンクイック」への申込み中でも人目が気になりません。 テレビ窓口の操作方法は次をご覧ください。 成田空港支店など、一部にはテレビ窓口がない支店があります。 テレビ窓口のある支店を知りたいときは、三菱UFJ銀行公式ホームページより検索してみてください。 検索結果には地図も出てきますので、テレビ窓口設置の三菱UFJ銀行支店がどこにあるのか分かりやすいですよ。 「バンクイック」の金利と限度額 「バンクイック」の金利は年1. 6%です。 次のように限度額が高いほど低めの金利、限度額が低いほど高めの金利が設定されます。 限度額 金利 400万円~500万円 年1. 1% 100万円~200万円 年10. 6%~年13. 6% 10万円~100万円 年13. 6%~年14. 6% 「バンクイック」に設定される限度額は、審査によって決まります。 新規契約の方は10万円~100万円ほどの限度額と思ったほうが良いでしょう。 10万円~100万円の限度額が設定されたときの金利は上の表のとおり、年13. 6%~年14. 6%となります。 限度額が増額されると、それにあわせて金利が下るため、利息を減らしたい方は増額申請すると良いでしょう。 増額申請は次の連絡先で受付しています。 支店名 三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店 電話番号 「0120-76-5919」 受付時間 平日9時00分~21時00分、土日祝9時00分~17時00分 「バンクイック」の利用実績が良好な方は、電話またはメールで限度額の増額案内が来ることがありますよ。 限度額の増額が認められるには、増額審査に通過することが必要です。 自分から増額申請するより、「バンクイック」から増額案内が来たほうが増額審査に有利となります。 「バンクイック」の借入方法 「バンクイック」の借入方法は次のとおりです。 ATM(三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM)• 振込(インターネット、電話) 現金が手元に欲しいときはATMからの借入 現金が手元に欲しいときに便利なのが、ATMからの借入です。 ローンカードと暗証番号さえあれば、すぐにATMより出金できます。 「バンクイック」は提携ATMの種類が少ないですが、全国に台数の多いコンビニATMと提携しているため問題ないでしょう。 セブン銀行ATMだけでも全国に25,292台も設置されています。 (2019年7月25日時点) 参考: 口座に入金して欲しいときは振込による借入 口座に入金して欲しいときに便利なのが、振込による借入です。 振込による借入はインターネット、または電話で手続きできます。 インターネットでの借入手続きの手順は次のとおりです。 会員ページへアクセスし、口座番号と暗証番号でログイン 2. 「振込サービス」を選択し、画面の案内に従って借入手続き 電話で借入手続きしたいときは、次の電話番号へかけてください。 電話番号 「0120-76-5919」 受付時間 平日9時00分~21時00分、土日祝9時00分~17時00分 「バンクイック」の返済方法 「バンクイック」の返済方法は次のとおりです。 口座振替(自動引き落とし)• ATM(三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM)• 振込(インターネット) 返済手続きが面倒なときは口座振替 毎月返済手続きするのが面倒なときに便利なのが、口座振替による返済です。 口座振替なら返済期日になると、自動的に口座から引き落としされるため手間がかかりません。 口座振替は返済忘れを防止したいときにも便利な返済方法です。 口座振替を希望するときは、次の手順で申込みしてください。 自動支払依頼書の必要事項に記入・捺印 2. 自動支払依頼書を第二リテールアカウント支店へ返送 自動支払依頼書が第二リテールアカウント支店に到着してから1週間ほどで口座振替の登録が完了です。 自動支払依頼書はローンカード発行時に貰える「ご利用ガイド&自動支払依頼書」に含まれています。 ほかにも三菱UFJ銀行公式サイトより、自動支払依頼書のダウンロードができますよ。 ほぼ24時間利用できるATMによる返済 自動引き落としではなく、自分で返済したいときに便利なのが、ATMによる返済です。 ATMによる返済の受付時間は0時10分~23時50分、ほぼ24時間利用できます。 仕事で帰りが遅くなっても、受付時間の長いATMなら返済しやすいです。 三菱UFJ銀行ATMであれば硬貨の取扱いができるため、最後の返済で端数が出たときにも便利。 自宅に居ながら返済したいときは振込による返済 振込による返済なら、自宅に居ながら返済手続きが行えます。 三菱UFJ銀行のインターネットバンキング「三菱UFJダイレクト」なら振込手数料無料です。 振込手数料を節約したい方は「三菱UFJダイレクト」から振込しましょう。 「バンクイック」には2つの返済期日がある 「バンクイック」の返済期日は、次の2種類です。 35日ごとの返済• 毎月指定日返済 35日ごとの返済では、返済期日が35日サイクルとなります。 35日以内なら自由に返済できるため、都合の良いタイミングで返済したいときに便利。 ただし、 口座振替では、35日ごとの返済が利用できませんので注意してください。 毎月指定日返済では、月初から月末までで都合の良い返済期日を指定できます。 毎月の返済期日が同じになるため、給料日にあわせて計画的に返済したいときに便利。 口座振替を利用したいときも、毎月指定日返済を選びましょう。 「バンクイック」の毎月の返済額 「バンクイック」の毎月の返済額は、借入残高によって次のように変わります。 金利年8. 1%超の場合 借入残高 返済額 ~10万円 2,000円 10万円~20万円 4,000円 10万円~100万円 6,000円 30万円~40万円 8,000円 40万円~50万円 10,000円 50万円~ 借入残高10万円増えるごとに2,000円プラス 金利年8. 1%以下の場合 借入残高 返済額 ~10万円 1,000円 10万円~20万円 2,000円 10万円~100万円 3,000円 30万円~40万円 4,000円 40万円~50万円 5,000円 50万円~ 借入残高10万円増えるごとに1,000円プラス 毎月の最小返済額は金利年8. 1%超なら2,000円、金利年8. 1%以下なら1,000円です。 「バンクイック」は毎月余裕のある返済をしたいという方にも便利。 早めに完済し、利息の負担を減らしたいときは追加返済できます。 追加返済したいときはATM、または振込で行ってください。 「バンクイック」の審査基準 「バンクイック」と契約するには、所定の審査基準を満たさないといけません。 しかし、他社も含めてカードローンの審査基準は非公開が多いです。 一般の方ではカードローンの審査基準が分かりにくいですが、申込み条件なら公開されているためすぐに分かります。 カードローンの申込み条件に満たない方は、審査に落ちる可能性が高いです。 「バンクイック」の申込み条件 「バンクイック」の申込み条件は、次をご覧ください。 年齢20歳以上65歳未満の方• 国内に居住する個人の方(外国人の方は永住許可を受けていること)• 保証会社アコムの保証が受けられる方• 「バンクイック」の申込み条件は比較的少ないため、幅広い方で申込みできる銀行カードローンです。 パート・アルバイトの方、年金を貰っている方でも「バンクイック」へ申込みできますよ。 保証会社アコムの審査は通りやすい? 「バンクイック」の申込み条件をもう一度確認してみてください。 「保証会社アコムの保証が受けられる方」という文字がありますよね。 これは 保証会社アコムが「バンクイック」の審査を担当しているということです。 アコムは大手消費者金融のため、「バンクイック」の審査は通りやすいと思いませんか? しかし、「アコムカードローン」より「バンクイック」のほうが金利が低いです。 一般的には金利が低いほどカードローンの審査が厳しくなります。 そのため審査基準は「アコムカードローン」より「バンクイック」のほうが厳しい可能性が高いです。 「アコムカードローン」の審査に落ちた直後に「バンクイック」へ申込みしても審査通過は厳しくなるでしょう。 アコムが保証会社となる銀行カードローンは、「バンクイック」のほかにも見られます。 「アコムカードローン」の審査に落ちた経験のある方が、銀行カードローンへ申込みする場合は保証会社がどこなのか、事前に確認しておきましょう。 勤務先への在籍確認はある? カードローンの審査を受けたときには、勤務先への在籍確認(主に電話連絡)が行われることが多いです。 中には在籍確認を行わない消費者金融カードローンがありますが、 「バンクイック」では勤務先に在籍確認の電話がかかってくると考えておきましょう。 テレビ窓口から申込みしたときも、勤務先への在籍確認が行われます。 テレビ窓口で申込み中だと、勤務先にかかってきた在籍確認の電話に本人が出られません。 しかし、電話に出た勤務先の方が「現在は外出しております」など、在籍確認の取れる応対をすれば問題なく完了です。 申込みする前に借入診断を利用してみよう 「バンクイック」の公式サイトでは、 借入診断というサービスを提供しています。 借入診断は「年齢」「性別・独身既婚」「他社の借入状況」の入力だけで診断が受けられるというサービスです。 カンタンな診断となりますが、「バンクイック」へ申込みする前に利用してみると良いでしょう。 借入診断で「バンクイックをお申込可能と考えられます」と表示されたときは、良好な診断結果となります。 しかし、「バンクイックのご利用が可能かどうか判断できませんでした」と表示されたときは良くない診断結果です。 特に借入状況の悪い方は、診断結果が悪くなる傾向があります。 診断結果が悪いままだと「バンクイック」の審査が不利になる可能性があるため、診断結果が良くなってから申込みすると良いでしょう。 「バンクイック」のメリット・デメリット 次からは「バンクイック」にあるメリット・デメリットの解説です。 「バンクイック」のメリット 「バンクイック」には次のメリットがあります。 当行の口座なしでも申込みできる• テレビ窓口なら早めにローンカードを受け取りできる• ATM利用手数料が無料• 返済期日をお知らせするEメールサービス それぞれのメリットについて、詳しくは次のとおりです。 当行の口座なしでも申込みできる 銀行カードローンによっては、三菱UFJ銀行の口座が必要となります。 当行の口座なしの方は、新規開設が必要です。 しかし、 「バンクイック」なら三菱UFJ銀行の口座なしでも申込みできます。 わざわざ三菱UFJ銀行の口座を新規開設しなくても、「バンクイック」を利用できるのがメリットのひとつ。 テレビ窓口なら早めにローンカードを受け取りできる インターネットで申込みした後、郵送でローンカードが届けられる銀行カードローンがよく見られます。 郵送だとローンカードを受け取りできるまで、1週間ほどの期間を見ないといけません。 しかし、「バンクイック」ではインターネットで申込みし、テレビ窓口でローンカードを受け取りする方法が可能です。 「郵送よりも早めにローンカードを受け取りたい」「家族に内緒でローンカードを受け取りしたい」というときは、テレビ窓口でローンカードを受け取りすると良いでしょう。 ATM利用手数料が無料 銀行カードローンによっては当行ATMの利用手数料は無料でも、提携ATMだと利用手数料が発生することがあります。 しかし、 「バンクイック」は三菱UFJ銀行ATMはもちろんのこと、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMでも利用手数料無料です。 「たびたび提携ATMから借入・返済すると利用手数料が増えてしまう」という方でも利用しやすいのが、三菱UFJ銀行の「バンクイック」です。 返済期日をお知らせするEメールサービス 「バンクイック」の毎月指定日返済は、毎月一定となるため返済期日は覚えやすいです。 しかし、毎月変わる35日ごとの返済では返済期日の忘れに注意。 そんな返済期日を忘れやすい方にメリットがあるのが、「バンクイック」のEメールサービスです。 Eメールサービスでは返済期日の3営業日前になると知らせてくれるため、返済の遅延防止が期待できますよ。 すでに「バンクイック」利用中の方は、会員ページログイン後の「Eメールサービス登録」より登録手続きを行ってください。 「バンクイック」へ新規申込みする方は、オンライン申込みフォームにてEメールアドレスを入力すると登録となりますよ。 「バンクイック」のデメリット 様々なメリットがある一方で、「バンクイック」には次のデメリットがあります。 銀行カードローンとしては平均的な金利• 消費者金融のような無利息サービスはない• 即日融資は受けられない• 当日中の振込融資には平日14時までの時間制限がある• 当行の口座がないと借入方法・返済方法が少なくなる それぞれのデメリットについて、詳しくは次をご覧ください。 銀行カードローンとしては平均的な金利 カードローンの金利を比較するときは、最大金利を用いるのが一般的です。 それはカードローン新規契約時は、最大金利が設定されることが多いから。 「バンクイック」の最大金利年14. 6%は、大手消費者金融の最大金利18. 0%と比べると低いです。 しかし、最大金利年14. 6%は銀行カードローンの平均的な水準となります。 消費者金融のような無利息サービスはない 大手消費者金融では、無利息サービスを提供している場合が多いです。 30日間無利息なら、30日分の利息なしでお金が借りられるということ。 無利息サービスは初回限定が多いですが、利息をなるべく減らしたい方に魅力の大きなサービスです。 しかし、 「バンクイック」には無利息サービスはありません。 初めて借りる方、早めに完済できる方は「バンクイック」よりも、無利息サービスのある消費者金融のほうがお得になる可能性がありますよ。 即日融資は受けられない 「バンクイック」の審査結果が出るのは最短翌営業日です。 (平日9時~21時、土日祝9時~17時) 状況によっては審査結果が出るまで、さらに日数がかかります。 審査結果が出るまで日数がかかる関係上、「バンクイック」では即日融資が受けられません。 即日融資が必要な方は、消費者金融へ申込みしましょう。 当日中の振込融資には平日14時までの時間制限がある 「バンクイック」の振込サービスでは、当日中の振込融資が受けられます。 急ぎでお金が必要なときは、インターネットで振込サービスへ申込みすると良いでしょう。 しかし、当日中に振込して貰うには、次の時間帯までに申込み完了させないといけません。 振込サービスの利用回数 振込が当日扱いとなる受付時間 初回 平日0時~14時 2回目以降 平日0時~14時 土日祝は終日翌営業日扱いとなりますので、急ぎのときは注意してください。 当行の口座がないと借入方法・返済方法が少なくなる 「バンクイック」は三菱UFJ銀行の口座なしでも利用できますが、その代わりに借入方法・返済方法が少なくなります。 どの借入方法・返済方法で当行の口座が必要なのか、詳しくは次をご覧ください。 借入方法 当行口座の有無 ATM なしでOK 振込 必要 返済方法 当行口座の有無 口座振替 必要 ATM なしでOK 振込 必要 つまり 三菱UFJ銀行の口座なしだと、借入方法・返済方法ともにATMに限られるということです。 当行の口座なしのままで「バンクイック」を利用したい方は、ATMまで出かけないといけません。 カードローンを何度も利用する予定がない方なら、借入方法・返済方法が少なくても特に問題はないです。 ただし、カードローンの利用頻度が多い方は借入方法・返済方法の少なさが不便に感じることでしょう。 毎回ATMまで出かけるのが面倒なときは、三菱UFJ銀行の口座を新規開設してみてください。 三菱UFJ銀行の新規口座開設はパソコン、スマホ、店頭窓口、テレビ窓口、郵送で申込みできます。 振込で借入したい、口座振替で返済したいときは「バンクイック」への申込みと新規口座開設と同時に行うと良いでしょう。 「バンクイック」と「マイカード プラス」を比較 三菱UFJ銀行では「バンクイック」のほか、「マイカード プラス」というカードローンも提供中です。 「バンクイック」「マイカード プラス」ともに限度額の範囲でお金が借りられますが、いくつかの違いがあります。 どんな違いがあるのか、次から比較していきましょう。 「マイカード プラス」は少額融資向け 「バンクイック」の最大限度額は500万です。 審査しだいとなりますが、高額な融資も受けられる銀行カードローンとなります。 一方、「マイカード プラス」の最大限度額は30万円のため、少額融資向けのカードローンです。 100万円200万円など高い限度額が設定されると、人によっては借りすぎる恐れがあります。 しかし、最大限度額30万円の「マイカード プラス」なら借りすぎる心配は少ないです。 「マイカード プラス」の金利は一律年14. 6% 「バンクイック」の金利は年1. 6%ですが、「マイカード プラス」の金利は一律年14. 6%です。 「マイカード プラス」のほうが、分かりやすい金利になっています。 ただし、一律金利となる「マイカード プラス」では、年14. 6%以下の金利は設定できないです。 信用力と返済能力の高い方は、「マイカード プラス」より低金利が期待できる「バンクイック」のほうがお得。 「マイカード プラス」ではキャッシュカードに借入機能を付けられる 「バンクイック」は専用のローンカードで取引するタイプのカードローンです。 一方、「マイカード プラス」はキャッシュカードに借入機能を付けられるタイプとなります。 三菱UFJ銀行との取引がある方は、いつものキャッシュカードで借入できますよ。 キャッシュカードのため、人に見られてもローンカードとは分かりません。 カードの枚数を増やしたくない方も「マイカード プラス」を選ぶと良いでしょう。 「マイカード プラス」では自動融資を利用できる 「バンクイック」にはない自動融資機能が付いているのが「マイカード プラス」です。 公共料金(電気、ガス、水道など)を口座振替で支払いしている場合、口座が残高不足だと引き落としができません。 引き落としができないと遅延する恐れがあるため注意が必要です。 口座が残高不足でも「マイカード プラス」の自動融資を利用していれば、限度額の範囲で自動的に口座に入金されます。 自動融資は公共料金のほか、クレジットカードの利用代金を遅延したくないときにも便利な機能です。 自動融資を利用したい方は、「バンクイック」ではなく「マイカード プラス」を選びましょう。 「マイカード プラス」の毎月返済は口座振替のみ 「バンクイック」の毎月の返済方法は口座振替、ATM、振込の3種類です。 一方、「マイカード プラス」では口座振替のみとなります。 「マイカード プラス」への追加返済であればATM、またはインターネットバンキングを利用可能です。 「マイカード プラス」の返済期日は毎月5日のみ 「バンクイック」の返済期日は「35日ごと返済」「毎月指定日返済」の2種類です。 しかし、 「マイカード プラス」の返済期日は毎月5日のみとなります。 35日サイクルで返済したい、都合の良い返済期日を指定したいと思っても、「マイカード プラス」ではできないです。 毎月5日の返済期日でも特に困らない方なら、「マイカード プラス」へ申込みしても問題ないでしょう。 「マイカード プラス」の毎月の返済額は1万円 最大限度額14. 6%となる「バンクイック」の毎月の返済額は借入残高によって変わります。 一方、最大限度額30万円となる「マイカード プラス」では、借入残高1万円~30万円で毎月の返済額は1万円となります。 毎月1万円と分かりやすい返済額なのが「マイカード プラス」です。 「マイカード プラス」では所定のATM利用手数料が必要 「バンクイック」では三菱UFJ銀行ATM、コンビニATMの利用手数料は無料です。 しかし、 「マイカード プラス」の場合、ATMや利用時間によっては利用手数料が発生します。 最大でも200円(税抜)のATM利用手数料ですが、何度も借入と追加返済を繰り返すと、利息以外の負担が増えることがありますよ。

次の

MUFGカード カードローン|クレジットカードなら三菱UFJニコス

三菱ufj銀行カードローン

カードローンの過払い金とは まず、過払い金とは何か、という疑問を解消しておきましょう。 過払い金とは、定められた金額より多くのお金を払ってしまっている状況のことを指します。 また、CMでよく見る「過払い金請求」は、定められた金額より超えてしまった部分の返還を請求することをいいます。 では、どのようなケースが過払い金請求の対象になっているのでしょうか。 簡単に結論から言ってしまえば、「2010年以前に消費者金融キャッシング、クレジットカードキャッシングでお金を借りたことのあるケース」が対象になります。 これらに該当している方は、本来定められた金額よりも多くお金を払ってしまっている可能性があります。 対して、2011年以降にこれらのサービスを利用してお金を借りた人に関しては、過払い金請求の対象になりません。 なぜ2010年が境になっているのかというと、貸金業者を対象とする「貸金業法」の改正があったからです。 貸金業法改正の内容を簡単にまとめると• 総量規制の導入…借入残高が年収の3分の1を超えた場合、新規借入の停止• 上限金利引下げ…従来29. 2%だった法律上の上限金利が、借入額に応じた15%~20%へ引下げ• 貸金業者に対する規制強化…各営業所に、貸金業務取扱主任者資格を持つ者を配置• みなし弁済の廃止 というものでした。 上記のうち、過払い金請求に大きく影響したのは2の内容です。 なぜかというと、貸金業法の改正以前は、現在過払い金に該当している部分も法的にグレーの状態だったからです。 貸金業法が改正されたことにより法的にグレーだった部分は、正式に過払い金請求の対象になったのです。 みなし弁済とは 過払い金について理解する際に必要な知識として、「みなし弁済」があります。 みなし弁済とは旧貸金業法第43条において規定されていた内容です。 旧貸金業法43条では、「債務者が任意に支払った場合、法律で決まっている上限金利を超えていたとしても、法定金利超部分の支払いを有効な債務の弁済とみなす」という内容になっていました。 過払い金による訴訟が表面化した時期に消費者金融は、「債務者は金利を確認した上で借入しているのだからみなし弁済に該当する。 返還は必要ない」と主張したのです。 みなし弁済に該当すれば、上限金利超の金利だったとしても合法になり、既に返済されたお金を過払金として返還する必要はありません。 そのような中、「過払金はみなし弁済ではなく、無効だ」と主張する債務者側と、「みなし弁済なので金銭を返還する必要はない」と主張する消費者金融側との間で、訴訟問題が勃発します。 裁判は最高裁までもつれ込み、結果として「上限超の金利を強制されて支払った場合、特段の事情がない限り無効とする」との判決が下ったのです。 最高裁がこのような判決を下したことで、多くの消費者金融が主張していたみなし弁済は事実上成立不可能になりました。 このような背景から、2010年の貸金業法改正において、みなし弁済は撤廃されました。 ちなみに、最高裁の判決以降、債務者による過払い金請求が消費者金融に殺到したことから各業者は業績が悪化、アイフルに至っては事業再生ADRを申請しました。 他社においても、武富士が上場廃止後事業再生を申請したり、プロミスが上場廃止になったりと、貸金業法改正の影響が消費者金融にとっていかに大きかったかがわかります。 現在では、プロミスは三井住友グループの完全子会社となり、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社になっています。 アイフルに関しては事業再生ADRを申請した後着実に業績を回復させ、現在も子会社になることなく営業を継続しています。 みなし弁済についてご理解いただけたところで、過払い金請求において非常に重要な「グレーゾーン金利」と、過払い金請求における流れをご説明していきます。 参考: グレーゾーン金利と過払い金返還請求 ここでは、過払い金請求におけるグレーゾーン金利について、ご説明しておきます。 グレーゾーン金利とは、出資法の上限金利と利息制限法の上限金利が異なっていたことにより生じた、「利息制限法以上、出資法以下」という間にあたる金利帯のことです。 従来、出資法の上限金利は29. 2%、利息制限法の上限金利は20%となっていました。 つまり、両法の上限金利には、9. 2%の金利差があったということです。 この9. 2%の金利帯は法的にグレーゾーンだったことから、「グレーゾーン金利」と呼ばれていたのです。 過払い金請求の対象は、このグレーゾーン金利部分で借入していたにも関わらず返還請求を行っていない人、ということになります。 では、なぜこのようなグレーゾーン金利が問題になったのかというと、2010年の貸金業法改正以前に多くの消費者金融が、このグレーゾーン金利で営業していたからです。 当時、グレーゾーン金利は「違法でもなく、合法でもない」とされていましたが、多く消費者金融は合法だと判断していました。 当然ですが、20%で貸付するよりも29. 2%で貸付するほうが、消費者金融の利益率は高くなります。 その一方で利用者から見れば、返済不能に陥るリスクが大きくなってしまうということです。 このような背景から多重債務者や自己破産者が急増し、社会問題に発展しました。 加えて、返済不能になった多重債務者が自殺を図ったケースも連日ニュースで報道されました。 先述したみなし弁済における最高裁の裁判も、この時期に起こった出来事です。 結果としてグレーゾーン金利は無効と判断され、消費者金融へ過払い金を請求する利用者が殺到する事態になりました。 2018年1月現在では、事態も収束に向かって落ち着いてきています。 通常、過払い金請求は弁護士を通じて行います。 弁護士は利用者の利用歴に基づいて、「引き直し計算」を行います。 引き直し計算とは、グレーゾーン金利ではなく法定金利で再計算を行うことです。 再計算を行った後、払いすぎていた利息部分を業者に請求します。 ただし注意点として、過払い金請求には時効による期限があります。 過払い金請求の時効は10年ですので、最後の取引から10年以上経過してしまった場合は、請求を行うことができません。 銀行カードローンでは過払い金の問題は発生しない 冒頭で、「2010年以前に消費者金融キャッシング、クレジットカードキャッシングを利用した方が過払い金請求の対象」と触れましたが、銀行は対象にならないのでしょうか。 結論から完結にいうと、銀行にも法定上限金利は適用されますが、そもそも銀行はグレーゾーン金利で営業していなかったのです。 したがって、銀行でお金を借りていた人は法律に則って借入していますので、過払い金請求の対象になりません。 まとめ 過払い金請求における諸問題は、現在では時効によって着実に収束へ向かっています。 万が一、当記事の内容がご自身に該当していて、時効にもなっていないのであれば、あなたも過払い金請求の対象かもしれません。 そのような場合は、弁護士へ相談するようにしましょう。 この記事のポイントを簡単におさらいすると、.

次の

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴について解説!|丸わかりカードローン

三菱ufj銀行カードローン

いい評判 専業主婦でもすぐに貸していただけたので助かりました。 専業主婦の私にすぐに貸して頂きました。 郵送などの方法もあるようですが、すぐに必要だったので店舗まで行きその場ですぐにカード発行して頂きました。 説明もわかりやすくとても満足しております。 返済の際のATMもコンビニからととても楽チンで突然の出費にお困りの方はお願いしたらいいと思います。 月々の返済額も低く無理せずに返せます。 不満というのはおこがましいですが、店舗自体が他のローン会社と比べ少ないのですぐに店舗まで行けない方は即日というのは難しいような気がします。 正直審査落ちると思いダメもとで頼りましたが結果すぐに借りられて大満足です。 (みいはさん) 口コミ・評判一覧• どこでも借りれて返済も出来て便利 急な出費が必要となり、UFJ銀行のバンクイックを契約致しました。 ネットで申し込んだ後、後は電話でのやるとりでスムーズに契約を行うことが出来ました。 審査に間してもスピーディーに行って頂く事が出来すぐに借り入れが出来たのでよかったです。 利息に間しても銀行系なので低く大変助かりました。 借り入れ、返済に間してもUFJのATMはもちろんの事、コンビニのATMでも返済することが出来大変助かりました。 また、ネットで返済期限が確認できるので返済期限を忘れることがなく大変良かったです。 返済期限が近づくとメールを送ってもらえるサービスも助かります。 (げげげさん)• 即日審査、即日融資で満足な取引ができた。 まず一番評価できたのは対応の早さ。 申し込みから融資まで全て込みで 約1時間程度で完了した。 また銀行店内の専用ボックス内での 取引手続きなので他の人にばれる心配もなし。 返済方法についてもバンクイックカードを使えば 銀行へ行かずに、コンビニATMで24時間対応 できるので便利である。 返済日もこちらの希望に沿って頂けるので 給料日の近くにすることも可能。 不満があるとすれば連絡方法か。 一度返済を忘れ期日を過ぎてしまったことがあった。 最初は携帯に連絡を入れて頂いたが、 電話に出ることができないと 電話番号と名前を公開し会社に 連絡をしてきた。 さすがに番号か名前を 非公開で連絡して頂きたかった。 (ハローフーヅさん)• ナンバーワンバンクのカードローン 審査は難しくない。 銀行のカードローンだが事故歴がない限り、簡単に持つことができる。 銀行の窓口に行かなくても、機械対応の窓口があるので誰とも顔を合わすことなくローンカードを作ることができる。 また利用する際には支店網が全国に張り巡らされているのでとても便利。 もちろん他行やコンビニなどでも利用できる。 またローンカードのバンクイックは見た目にもよく、他人に見られても恥ずかしくないので助かる。 やはり大手銀行のカードローンは値打ちがあると思う。 金利は消費者金融のカードローンよりは低く、使い勝手が良い。 いつまで持っていても飽きの来ないカードだと思う。 (ロビンフッドさん)• 即日審査で直ぐに利用出来良かった 利息については、特別低いとは感じなかった。 審査や借り入れまでの早さも、即日であり助かった。 返済方法については、コンビニのATMから返済も可能であったため、利用してて使いにくいという感情は生まれなかった。 ただ、ひとつ不満な点があった、月額最低金額が高いように感じた。 私の場合は、200万円の借り入れに対し、月月の最低返済金額が4万円であった。 考え方次第では、早く完済ができるのかもしれないが、月月4万の返済額はなかなか大きいように感じた。 返済額の負担が大きいと、再度利用枠ができてまうと、ついつい使ってしまい、なかなか完済するまでに時間がかかるように感じている。 (カマコウさん)• 残高不足でも自動借り入れで便利 ついクレジットカード利用分の額が不足していた場合、自動で借入になりクレジットカードが止まることなくとで便利だなと思いました。 利用した場合、臨時返済ができ少しの手数料ですんだりするので助かってます。 月々返済になった場合、いまいちいつお金をいれとなかいといけないのかとかがわからないので、はじめにしっかり説明してほしいなとおもいました。 借りるときはATMにいけばすぐ借りれるので便利でした。 残高を確認する手間がない分、把握してないこととかがあったりするのでもう少し気を付けないといけないととおもいます。 借り入れ設定が低いのはいいともおいます。 (apoさん)• 海外に行くときにキャッシングを利用すると、非常に安全で便利です クレジットカードが利用できるATMは世界中で普及が進んでおり、24時間利用できるATMも増えているため、普段使用しているクレジットカードが使えるので便利です。 滞在が長くなるとき、従来は現金やトラベラーズチェックを多額で持参することが多かったですが、どこに行ってもその所持や保管が面倒で、かつ強盗に狙われやすい状況になりました。 しかし、海外のATMでクレジットキャッシングを利用することで、現金を即時手にすることができ、またキャッシングした時の利息は換金手数料程度であるため、非常に便利に使わせてもらっています。 (katさん)• 使いやすさではトップレベルだけど、利息は高い 支店の中にある電話窓口で登録と審査ができるのはCMで謳っている通り。 その点は驚いたし満足。 ただいかにもこれからカードローンの申請しますという、晒し者感は否めない。 最初は少し恥ずかしさを感じた。 返済や借り入れはコンビニなどのATMでいつでも利用できる。 うっかり使いすぎた、すこしだけ借りたいという時に助かる。 千円からでも借り入れできるため、月末の急な飲み会などで重宝した。 しかし利息が高く、自動引き落としだけで返済しているといつまでたっても返済が終わらない。 返せる時には一気に返しておかないと、利息が膨れ上がっている事もある。 カードの暗証番号を間違えてカードにロックがかかると、電話でのやり取りが必要。 それが中々繋がりにくくイラついた事もあった。 (星の労働者さん)• すぐに借りられ、とても便利でした。 小額ではあるものの、急な出費が必要となり悩みに悩んだあげく利用してみたら、自分のお金を引き出すのとほとんど変わらずと言って良いほど簡単で驚きました。 利用する上ではこんなに簡単ならとても満足でした。 利息も小額で、返済についても銀行のものだからか、そのまま引き落としされるので特には気になるところはなかったとおもいます。 ただあまりにも簡単に借り入れできる為、ちゃんとした計画性を持って利用しないと大変なことになるなとは感じました。 お金が無い状態で借りることが出来るので、計画性の無い僕みたいな人間にとっては危険が隣り合わせです。 (だいきちさん)• 比較的借り易く、手続きも簡単です。 借り入れまでの手続きは比較的簡単でスピーディーでした。 利息もさほど高くは感じませんでしたが、すごく安いわけでもないです。 カードでの借入れ以外に銀行口座への振込みでの借入れもできるので便利です。 またインターネットで登録すれば次回返済額と返済日(引落日)が確認できるので安心です。 ただ借入れの限度額アップの連絡が頻繁にきて、借入額が上がると利息が安くなるとか、キャンペーン期間中は利息が通常よりも下がりますので期間中に借入れするほうがいいのでと言われますが、結局は借入れが増えれば返済額は増えるので、お得なように言う言い方は辞めて欲しいと思いました。 (KRIKA1さん)• 大手ならではな安心感のあるローン まずはじめに電話で問い合わせをしました。 ローンは今まで組んだことがなく、初めてなので分からないことばかりでしたが、電話対応してくださったスタッフの方の対応がとても丁寧で親切だったので安心して進めることができました。 より詳しい話を聞きたかったため実際の手続きは店頭に行って行いましたが、そこでもスピーディで親切な対応をしていただけたのでとても好印象でした。 不満としては銀行のホームページがわかりにくく、必要な情報を得るのに時間がかかってしまうことでした。 それ以外は特に不満はなく最後まで安心して取引させていただきました。 (dosさん)• 審査が甘めで専業主婦でも借りれた ネットで仮審査をすると、無人受付機では短時間でカードが発行される。 申込みからカード発行までは1週間程度だったと記憶しているが、最初から無人機に生け花即日発行も可能だったと思います。 カードが発行されれば、借入、返済はセブン銀行ATMから可能なので、必要なときにすぐ借りやすい便利なカードローンだと思う。 利率は特別低いわけではないが、専業主婦でも借入ができたので審査は若干甘めかと思う。 カード発行も、無人機まで出かける必要性はあるがその場で発行されるので、郵送などで家族に知られては困る場合には最適なカードローンだと思う。 (akoさん)• 大手だけに安心して借りることができた。 利息は18パーセントでした。 審査は1週間ほどで即入金されました。 1カ月1万円の返済でありました。。 満足な点はすべてにおいて滞りなくスピーディーに進んでいった。 不満点はある程度返済していった時点でまた借りようと思ったときに制限をかけられて借りられなくなってしまったことがありました。 三菱UFJ銀行が近くにあればよいのですが、近くにないと地元の信用金庫のATMから借りようとした場合、手数料を取られたことがありました。 今現在はどうなっているかわかりませんが、どこで借りても手数料がかからないところも今はあるかも知れません。 (あやこさん)• ATMに行くだけですぐに必用なまとまった資金を借りられるので便利。 もともと三菱東京UFJ銀行に口座を開設していてキャッシング枠をとっているので、ATMに行くだけですぐにキャッシングできて便利です。 給料日までまだ日数があるけど、今まとまった資金が必要…という時に一度に借りられて良いです。 ただ、返済に関しては、キャッシングだと分割での返済ができず、経済的に余裕がある時なら大丈夫ですが、一括での返済になるので少し大変な時もあります。 しかし、その後、あとdeカードローンという機能を利用することにより、利息はかかるものの返済額が分割されて月々数万円ずつとなり負担を減らすこともできます。 (みくらさん)• 審査が早く銀行カードローンなので安心 他社でもカードローンを使用しており、審査が難しいかと思いましたが、審査も通り、結果も30分ほどだったので助かりました。 カードも店頭で即日発行で自分の場合は、UJF銀行に口座を持っているのですぐ借り入れができました。 返済額もそんなに高額ではないので(借り入れ額によりますが)無理なく返済できています。 電話での対応もとても丁寧に対応していただいて、安心して契約ができています。 また、UFJ銀行のカードローンなので、他社のカードローンよりかは気持ち的に安心で、満足して利用しています。 ただ、不満箇所はどこもそうかも知れませんが、増額申請の可否を否の場合も通知していただきたいことです。 (sacchi1129さん)• コンビニATM対応で早くて便利。 テレビ窓口があったので迷うこともなく一時間くらいで手続きを終えることが出来ました。 私の場合は職場への連絡もなかったと思います。 テレビ窓口が近所にあれば当日借り入れも出来て便利。 借入額によっては有名なキャッシングサービスと同じか少し安いくらいの利息なのであまり借りない場合には使いやすいです。 返済も、コンビニATMから返済が可能なので時間が取れなくても深夜など空いた時間に返済が出来るし、返済期日が近くなるとメールで教えてくれるサービスもあるので返し忘れをしにくいので初めての方にはおすすめです。 (まゆみさん)•

次の