二重整形 元に戻る。 二重整形で人生が変わった!!【ブログ主の実体験】

二重整形後、元の一重まぶたに戻せる? 〜埋没法〜

二重整形 元に戻る

両親で父親は色々理解がある人ですが 母親は昔から整形なんてもってのほか!!という昔気質の人です。 その為、あえて両親には言わずに整形に望みました。 当然、嫁には説明済みです。 嫁はやりたいならやったら?ぐらいの軽いノリでした(笑) 子供達には一切説明しておりません。 子供に話すと恐らく友達にも話す~友達の親にも伝わる という 流れが嫌だった為です。 この状態で整形後にどの様な反応をされたのか?を書いてみたいと思います。 【整形直後の両親の反応】 とりあえず初日は結構腫れています。 元々ブルーライトをカットする伊達メガネを結構な頻度で掛けているので それを付けて帰宅後は特に対して顔をあまり合わせないで軽い会話程度だった 為か一切気付かれませんでした。 しかし2.3日後に 「ん??お前、目がおかしいぞ? 腫れてて赤くなってるし二重になってる!!」 腫れ具合に付いてはまた別記事で書いてみますね。 整形と言うと驚かれたりするかと思って咄嗟に 「アイプチをやってみたら合わないみたいで少し腫れちゃったんだよね」 でも綺麗に二重になってるでしょ? 「う~ん・・・病院行った方が良いんじゃないか?」 っという流れでそのまま腫れが引いて現在に至ります(笑) 「そんな綺麗な二重になるなら昔からやれば良かったのに!」 「今のアイプチって凄いんだな・・・」 そんなノリで乗り切っちゃってます(笑) 【子供の反応】 小学5年生と3年生の子供も初日ぐらいは気付きませんでしたが 二日目ぐらいに長女に 「パパ・・・目が凄く腫れてるよ・・・?」 そう言われ 「ものもらいになっちゃって腫れてるんだよ・・・」 っと嫁と口裏合わせで乗り切りました。 「でもそのおかげでパパ二重になれて良かったね!前より良いよ」 と言われてます。 正直、子供にバレるのが一番嫌でしたのでセーフです。 嫁の理解にも感謝です。 【親戚の反応】 嫁の親戚が来てた際に対面しました。 実は一番目が腫れている3.4日目ぐらいに会ってしまい 「え?」って顔で見られて明らかにばれました。 嫁の方に 「目があんなにパッチリしてたっけ?」ってこっそり言われたそうですが 「アイプチしてたら跡が付いてきたみたい」っと口裏合わせしておきましたが その後も何度か不思議そうな目でこっちを見ていました 笑 また別の親戚は 「あれ?年取って何かイケメン度が増したね」と言われました。 【嫁の反応】 唯一、整形を知っているのが嫁です。 その嫁の反応ですが初日は 「うわ・・・凄く腫れてて痛そう・・・」 数日経過した時は 「二重幅が広すぎない?もうちょっと幅が狭いのでお願いするって 言ってなかった?」 こういった反応でしたがこれは事前に湘南美容外科の先生が 実際は落ち着いてくるので最初は幅が広く感じると思いますが 落ち着いてきますと言われていました。 これが幅が広い時の目元画像 唯一知っている嫁の反応は腫れ以外で言えば 「目が綺麗な感じになったね、良いと思う」 「ただ周りにはバレると思うよ・・・」という感じでした。 二重整形後の友人の反応 これは術後1か月が経過した画像です。 二重幅もだいぶ落ち着いてきて目に違和感もありません。 友人の反応ですが、これは結構気にしていました。 お前・・・40歳手前にして整形かよ・・・とか どんだけ今更モテたいんだよwとか 目、気にしてたんだ・・・とか 思われたりするのが嫌だ!!って感じでした。 その為、腫れがやや落ち着いてきた1週間後くらいに初めて 友人に会いましたが伊達メガネを付けていたせいか10人近くと対面して 一人にも気付かれませんでした。 (もしかしたら気付いていて言わないだけ?かもしれませんが) その後腫れがさらに落ち着いた2週間後くらいにゴルフで メガネが邪魔で外していった際に20人近くが集まる場で1人だけ 「あれ?お前目がおかしくない?整形か?」と言われました。 いやいや子供がアイプチを最近覚えてやられたら 跡が残ってるんだよね・・・たまに元に戻るんだけど! っと慌てて言うと 「へ~・・・男前になってるからやった方がいいかもな・・・」 っという感じでした。 その場にいた別の友達はそれを聞いて 「本当に整形してないの?俺も片目が一重で片目が二重だからやりたいんだよね」 と言われましたが 「アイプチ!アイプチ!」で誤魔化しました(笑) 実際に友人というか男女併せて仕事関連で定期的にあう人は 男30人女子5人くらいの25歳~60歳くらいの人達ですが 実際に言われたのはこの1人だけでした。 ゴルフの時以外は伊達メガネを付けて居るのも気付かれない理由かもしれません。 二重整形後の異性の反応 もうこの年になると異性の知り合いっていうのも少なくなりますが 子供の友達のお母さんとかと忘年会をやった際に 「あれ?こんなにイケメンでしたっけ?」っと隣に来て小声で言われたのと 初めて会う人になりますが 仕事柄、自営なので接待などでキャバクラなどに行くことがあります。 個人では一切行かないのですが・・・。 そこでの反応が明らかに整形前と比べて変わりました。 社交辞令かもしれませんがそれでも前より言われる率は明らかに増えました。 忘年会でのコンパニオンでも私は遠方からの参加でしたが その事を説明した上でもLINEを聞かれ現在もしつこく誘われている最中です(笑) 遠いからお店には顔は出せないと言いましたが 私がお金出すから旅行に行こうって言われてます。 どんなモテキ・・・(爆) また仕事先でも 「イケメンですね・・・また仕事お願いしたいです」 っと言われたりで 何か・・・ もっと早くやっておけばよかったかな・・・? 15年ぐらい早くやってれば人生変わってたかも・・・? っていう 後悔があるぐらいです(爆) どんな時にバレた? 反応されたのかはまた別記事でまとめてみたいと思います。 でも返す言葉を用意しておけば案外すんなり? 友人は数十人会って気付く人と気付かない人がいるが大抵は気付かない。 今の所、直に言われたのは1人。 ん?ってなってた友人が1人ぐらいです。 異性には明らかに反応が良くなった。 この様な感じになりました。 整形前はあまり考えていませんでしたが整形することを話す人、話さない人、 こう言われたらこう言う、こう返す等あらかじめ決めておくと 良いかもしれません。 また伊達メガネがかなりバレにくくなるアイテムです。 二重整形後におすすめアイテムの記事も今度書いてみたいと思います。 最後までお読み頂きありがとう御座いました。

次の

二重整形おすすめクリニック2020

二重整形 元に戻る

・元に戻りにくい二重整形の治療法は? 埋没法による治療は、5年二重の線がついていれば成功と思った方が良いです。 稀に、20年30年と二重の線が埋没法で確立できているかたもおられますが、普通は手術後5年くらいで薄らいでくるか、二重が狭くなってくるものです。 従って、埋没法で永遠に持たせようということ自体に無理があります。 やはり、戻りにくい二重の作成というと、切開法に勝るものはないですね、、。 ・二重整形が失敗する理由 二重整形が失敗する理由は、大きく分けると医師の技術力が足りないこと、カウンセリングで共通認識が持てなかったことが挙げられます。 理想の二重を手に入れるには、失敗の原因をできる限り取り除くことが大事なので、失敗の理由をきちんと把握しておきましょう。 当たり前の理由ということも含まれますが、以下に開設いたします。 ・・担当医の技術力不足 同じ整形医であっても、医師になってから10年以上の人もいれば、医師免許取得したての新人もいます。 二重整形の成功は担当医のセンスやもともと備わっている才能もありますが、当然治療実績や経験値も関わっています。 実績も経験も少ない新人の美容外科医は、残念ながら熟練した技術を持つ医師には勝てません。 カウンセリングの時に今までの症例を出さない医師や医師免許を取得してから日が浅い医師の場合、技術が磨かれていないせいでうまく糸が止められなかったり、切開の溝が薄すぎたりして元に戻ってしまう可能性があります。 技術力を担保するものとしては、形成外科専門医の資格を持っているかどうかということが挙げられます。 形成外科専門医は、医師になって研修医を終えて、さらに形成外科の後期研修医を終えたのち、試験を通ればやっと得ることができる資格です。 また、一旦専門医になっても、更新するには常に学術的にも患者さんの治療も努力し続けなければなりません。 ただ単に美容外科医をしているだけとは努力と勉強量が違います。 目の手術は特に失敗が許されません。 せめて、形成外科専門医の資格保持者に依頼すべき分野の手術と思われます。 ・・カウンセリング不足 美容整形において、もっとも重要なのがカウンセリングです。 人によっては、早く二重にしたいからカウンセリングはさっさと済ませたいかもしれません。 しかし、カウンセリングで自分の理想の二重がしっかり伝わっていないと、医師が把握しきれないことがあります。 最近は整形後のシミュレーション画像を見せてくれるクリニックもありますが、目の形やまぶたの厚みは人によって違うので、完璧に画像と同じ二重になるとは限りません。 カウンセリングは、どのような二重になりたいか、どのような二重を作るのか医師と患者の理解を一致させるために行うものです。 不一致のまま治療をしてしまうと、整形後に自分が思い描いていた二重と違う、ということになってしまうので注意しましょう。 ・二重整形前に必ず保証内容を確認しておく 失敗する理由を取り除いても、整形というのは100%成功するとは言い切れません。 失敗に備えるために、二重整形保証の有無と保証内容の確認は、必ずしておきましょう。 保証内容はクリニックよって異なり、整形後、数ヶ月の保証がついているところもあれば、数週間しかついていないところもあります。 中には、「整形後の腫れや赤みには対処するが再手術は実費」といった保証内容もあります。 保証は、どのようなトラブルにも対応していること、できる限り保証期間が長いことが重要ですから、万が一のトラブルにも誠実に対応してくれる保証内容かきちんとチェックしておくことが大切です。 ・二重整形の失敗リスクはなくせる! 二重整形に限らず、美容整形後に治療部分が元に戻ってしまうケースはまったくないとは言い切れません。 こう聞くと、美容整形に対する不安がある方は尻込みをしてしまうかもしれませんね。 しかし、元に戻る失敗というのは自分で防ぐことが可能です。 担当医の二重整形症例を見せてもらう、カウンセリングで自分の理想の二重を理解してもらっているか確認する、他にも口コミ評価の高いクリニックを探すなど労力を惜しまなければ失敗する可能性は限りなくゼロになるので、安易に料金だけで決めず、しっかり事前調査をして憧れの二重を手に入れてください。 まとめ.

次の

二重整形で人生が変わった!!【ブログ主の実体験】

二重整形 元に戻る

埋没法とは 埋没法とは、まぶたに糸を通し、 目を開けるときにに動く筋肉や 瞼板(けんばん)とよばれる、まぶたの先端にある軟骨のような硬い結合組織と皮膚を連結することで二重まぶたをつくる手術。 この方法は、 糸でまぶたを留めているだけであり、効果は永久ではありません。 そのため、 埋没法による効果の期間は一般的に3〜5年ほど。 稀に10年以上も効果が持続している人もいるようです。 逆に取れやすい人では数か月でとれてしまうこともあります。 どのようなときに元に戻る? 埋没法は、 糸がほどけたり、強く引っ張られることによって切れてしまったりすることで元のまぶたに戻る、という説明をしているクリニックが多いようです。 しかし、 実際はこれらが原因の後戻りは少ないとされています。 とくに多いのは 縫われた間にある組織が少しずつ裂けて糸の効果がなくなっていくパターン。 裂けるといっても少しずつなので出血などを起こすものではなく、 小さい瘢痕をつくりながら瞼のなかをずれていくようです。 この場合は、突然一重になるのではなく、二重の幅が少しずつ狭くなり、徐々にラインが浅くなり消えていくようです。 埋没法の二重が元に戻りやすい人の特徴 埋没法をしても元に戻ってしまうかどうかは、個人差があります。 では、どのような人がとくに元に戻りやすいのでしょうか? クセや行動が二重まぶたを元に戻りやすくすることもあるため、確認して当てはまるものがあれば見直しましょう。 まぶたが厚い・かたい人 まぶたが厚い、かたい場合、 まぶたの皮膚が二重の形に折りたたまれにくく、埋め込まれた糸に力がかかりやすいため、比較的元に戻る可能性が高いようです。 まぶたが厚い人は、 眼窩脂肪を除去することで二重まぶたを取れにくくすることができるとされ、埋没法のほかにこの手術も検討してみると良いかもしれません。 しかし、 安易に眼窩脂肪を除去すると中高年でくぼみ目になることがあります。 医師にリスクをきちんと説明してもらうようにしましょう。 目をこする・触る・つけまつ毛を使用する人 こする、触る、などまぶたに負担をあたえる行為を日常的に行うことは、埋没法をしても元に戻りやすくなります。 つけまつ毛を使用する人は、取り外す際 お湯を含ませたコットンや綿棒を目元にあて、グルー(接着剤)をふやかしてはずすなどして極力まぶたをひっぱらないようにすると良いでしょう。 二重幅を広くした人 まぶたは上部のほうが脂肪が厚いため、 二重幅を広くとればとるほど糸に負担がかかりやすくなるようです。 そのため、元の状態に戻るリスクが高くなります。 埋没法による二重まぶたを長持ちさせるために せっかく手術をするなら、なるべく長く二重を長持ちさせたいものです。 では、二重を長持ちさせるためにはどのような対策があるのでしょうか? 1点よりも2点・3点留めの埋没法をする 埋没法では糸を1点、2点と、 まぶたの症状や患者の希望によって結び留める数が異なります。 点数が少ない方が手術費用は安いところが多いですが、 まぶたが厚い人で1点留めでは、重さに耐えられずすぐに元の状態に戻ることがあります。 そのため、二重を長持ちさせるためにはまぶたを糸で留める点数も重要なのです。 ほかにも、糸同士をからめたりすることでより取れにくくすることも可能とされています。 1点留めよりは2点・3点留めの方が持続しますが、それ以上は 費用の割りに持続期間はあまり延びません。 クリニックや術式によって点の数え方が変わりますのでカウンセリング時にくわしく確認してください。 また、糸同士をからめる方法は持続期間は延びますが、 糸を取りたくなった時に除去しにくいという欠点があります。 二重手術に定評のある医師を選ぶ 埋没法の持続性は手術にあたる 医師の技術力によって左右される場合もあります。 そのため、 症例数が多い、口コミで評判の良い医師を選ぶことも重要です。 元に戻ってしまったら再手術は可能? 埋没法による二重がとれてしまった場合、 再度手術を受けることは可能です。 しかし、まぶたの負担を考えると、埋没法の再手術を受けられるのは 3~4回くらいが限度といわれています。 しかし厳密には、まぶたの症状や、埋没法の限度回数は術式やクリニックの考え方によって違うようです。 まずはカウンセリングで医師にしっかりと相談してみましょう。 自分のまぶたに合った手術で美しい二重を 埋没法による二重手術は、個人差はありますが効果は永久ではありません。 元に戻ってしまうことは十分にあり得ます。 しかし、せっかく手術をするならすぐに元に戻ることは避けたいもの。 自分のまぶたは埋没法による二重がとれやすいのか、又はとれやすい行動のクセがないかを見直しましょう。 また、埋没法は1点留めよりも2点・3点留めを選ぶ、腕の良い医師のもと手術を受けることも重要です。 この記事の監修医:藤本卓也先生のクリニックはこちら.

次の