モバイル wifi ルーター sim フリー。 海外でも使えるモバイルルーターのおすすめランキング13選。海外旅行に最適

海外で使えるSIMフリーモバイルルーターのおすすめランキング|Wi

モバイル wifi ルーター sim フリー

出先や出張先でモバイルノートPCからインターネットに接続する場合、これまではモバイルWi-Fiルーターを活用するのが一般的でした。 モバイルWi-Fiルーターは月額3000円程度で契約でき、高速・大容量通信ができるのが特徴。 しかし、ルーターを常に持ち歩かねばならず、バッテリーの充電などにも気を配る必要があります。 最近ではスマートフォンを介してネットに接続する「テザリング」が人気となっていますが、こちらもスマホのバッテリーに気を配ったり、契約プランの通信制限を超えないように気を使わねばならず、手軽な反面、常用するにはやや不自由なところも。 そんななか、国内外のPCメーカーからは直接SIMカードを挿入してモバイル通信が行えるLTE対応のノートPCが登場しています。 スマホで普及しているMVNOのように、手ごろな料金で利用できる格安SIMを使えば、月1000円程度からモバイル通信が可能。 ノートPCだけで通信できるので、ルーターやスマホのバッテリーを気にする必要もありません。 今回はLTE対応の最新モバイルノートPC3モデルを紹介します。 8mm/約1. 13kg ビジネス用ノートPCとして定評のあるThinkPadシリーズの最新モバイルモデル。 前モデル「X270」よりも薄型・軽量化を果たし、より持ち歩きやすく進化しました。 また、堅牢性も高く、米国国防総省が定める調達基準「MIL-SPEC」にも準拠。 LTEモジュールを内蔵し、nano SIMカードを挿すだけでモバイル通信が利用できます。 第8世代インテル Core プロセッサー(Coffee Lake-S) 搭載。 SIMカードスロットは本体の背面にあり、手軽に抜き挿しできます(マイクロSDカードリーダー兼用)。 複数の端末でSIMカードを使い回している人には便利です。 【こんな人にオススメ】 ThinkPadシリーズの特徴であるタイピングしやすいアイソレーションタイプキーボードを搭載。 ディスプレイも目が疲れにくいノングレア(非光沢)仕様で、長時間の文字入力作業に最適です。 書類作成やテキスト入力をメイン用途で考えている人にオススメ。 5mm/約1. 024kg 12. 1型のコンパクトボディにDVDマルチドライブを搭載したビジネス向けモバイルノートPC。 シリーズ伝統のシルバーボディと天板のボンネット構造を採用し、高い堅牢性を実現。 最新の第8世代インテル Core プロセッサー(Coffee Lake-S) 搭載により、高い処理性能と省エネルギー性を両立しています。 USB Type-CはUSB PD(Power Delivery)に対応しており、USBコネクタからの給電が可能。 USB PD対応の大容量モバイルバッテリーを使って充電することもできます。 SIMカードスロットはバッテリーパックスペースにあり、基本的にはSIMカードを挿したまま使うことになります。 省電力化にも役立ちます。 CD-RやDVD-Rなどを使ったデータの受け渡しやディスクメディアの読み・書きが必要なビジネスマンに最適です。 9mm/約1. 06kg VAIO S13シリーズで初めてLTEに対応。 第7世代インテル Core プロセッサー(Kaby Lake)を搭載し、モバイルノートPCでもパワフルな性能を実現しています。 Windows 10のストアアプリからデータプランを購入して通信できる「Windows 10データプラン」対応SIMを同梱。 必要な時に必要な分だけ購入できるプリペイド型なので、無駄なくデータ通信が行えます。 本体のカラーはブラックとシルバーを用意。 キャリアアグリゲーションに対応しているので、下り最大450Mbpsの高速通信も行えます。 ほかのモデルと異なりmicro SIMなので注意が必要。 SIMカードスロットは底面に備えています。 【こんな人にオススメ】 LTEバンドは幅広い帯域に対応。 海外で現地のSIMカードを購入して使用するなど、世界各地でモバイル通信が利用できます。 また、同梱されるSIMカードで「Windows 10データプラン」を利用すれば、SIMカードを入れ替えることなく世界各地のキャリアのデータプランを購入可能。 海外出張が多いビジネスマンにオススメのモデルです。 社外や出張時にノートPCでネット通信をよく利用する方は、LTE対応のモバイルノートPCを検討してみてはいかがでしょうか。 協力:楽天市場.

次の

SIMフリーモバイルルーターのおすすめはコレ!格安SIMでポケットWiFiを使う方法

モバイル wifi ルーター sim フリー

出先や出張先でモバイルノートPCからインターネットに接続する場合、これまではモバイルWi-Fiルーターを活用するのが一般的でした。 モバイルWi-Fiルーターは月額3000円程度で契約でき、高速・大容量通信ができるのが特徴。 しかし、ルーターを常に持ち歩かねばならず、バッテリーの充電などにも気を配る必要があります。 最近ではスマートフォンを介してネットに接続する「テザリング」が人気となっていますが、こちらもスマホのバッテリーに気を配ったり、契約プランの通信制限を超えないように気を使わねばならず、手軽な反面、常用するにはやや不自由なところも。 そんななか、国内外のPCメーカーからは直接SIMカードを挿入してモバイル通信が行えるLTE対応のノートPCが登場しています。 スマホで普及しているMVNOのように、手ごろな料金で利用できる格安SIMを使えば、月1000円程度からモバイル通信が可能。 ノートPCだけで通信できるので、ルーターやスマホのバッテリーを気にする必要もありません。 今回はLTE対応の最新モバイルノートPC3モデルを紹介します。 8mm/約1. 13kg ビジネス用ノートPCとして定評のあるThinkPadシリーズの最新モバイルモデル。 前モデル「X270」よりも薄型・軽量化を果たし、より持ち歩きやすく進化しました。 また、堅牢性も高く、米国国防総省が定める調達基準「MIL-SPEC」にも準拠。 LTEモジュールを内蔵し、nano SIMカードを挿すだけでモバイル通信が利用できます。 第8世代インテル Core プロセッサー(Coffee Lake-S) 搭載。 SIMカードスロットは本体の背面にあり、手軽に抜き挿しできます(マイクロSDカードリーダー兼用)。 複数の端末でSIMカードを使い回している人には便利です。 【こんな人にオススメ】 ThinkPadシリーズの特徴であるタイピングしやすいアイソレーションタイプキーボードを搭載。 ディスプレイも目が疲れにくいノングレア(非光沢)仕様で、長時間の文字入力作業に最適です。 書類作成やテキスト入力をメイン用途で考えている人にオススメ。 5mm/約1. 024kg 12. 1型のコンパクトボディにDVDマルチドライブを搭載したビジネス向けモバイルノートPC。 シリーズ伝統のシルバーボディと天板のボンネット構造を採用し、高い堅牢性を実現。 最新の第8世代インテル Core プロセッサー(Coffee Lake-S) 搭載により、高い処理性能と省エネルギー性を両立しています。 USB Type-CはUSB PD(Power Delivery)に対応しており、USBコネクタからの給電が可能。 USB PD対応の大容量モバイルバッテリーを使って充電することもできます。 SIMカードスロットはバッテリーパックスペースにあり、基本的にはSIMカードを挿したまま使うことになります。 省電力化にも役立ちます。 CD-RやDVD-Rなどを使ったデータの受け渡しやディスクメディアの読み・書きが必要なビジネスマンに最適です。 9mm/約1. 06kg VAIO S13シリーズで初めてLTEに対応。 第7世代インテル Core プロセッサー(Kaby Lake)を搭載し、モバイルノートPCでもパワフルな性能を実現しています。 Windows 10のストアアプリからデータプランを購入して通信できる「Windows 10データプラン」対応SIMを同梱。 必要な時に必要な分だけ購入できるプリペイド型なので、無駄なくデータ通信が行えます。 本体のカラーはブラックとシルバーを用意。 キャリアアグリゲーションに対応しているので、下り最大450Mbpsの高速通信も行えます。 ほかのモデルと異なりmicro SIMなので注意が必要。 SIMカードスロットは底面に備えています。 【こんな人にオススメ】 LTEバンドは幅広い帯域に対応。 海外で現地のSIMカードを購入して使用するなど、世界各地でモバイル通信が利用できます。 また、同梱されるSIMカードで「Windows 10データプラン」を利用すれば、SIMカードを入れ替えることなく世界各地のキャリアのデータプランを購入可能。 海外出張が多いビジネスマンにオススメのモデルです。 社外や出張時にノートPCでネット通信をよく利用する方は、LTE対応のモバイルノートPCを検討してみてはいかがでしょうか。 協力:楽天市場.

次の

格安SIMのポケットWi

モバイル wifi ルーター sim フリー

パソコンやタブレット、携帯ゲーム機といったWi-Fi対応機器をインターネットに接続する際、スマートフォンのテザリング機能(インターネット共有)を使う場合があるかと思います。 しかし、スマホでテザリングを使うとバッテリーが早く減るうえ、スマホとは別回線でネット接続したい場合もあるでしょう。 固定のネット回線は引けないが、より安定的なネット接続環境が必要なら、データ通信に特化した「モバイルルーター(モバイルWi-Fiルーター)」の出番です。 今回は、大手キャリアとの契約が不要で、さまざまな格安SIM(MVNO)の料金プランを選んで使えるSIMロックフリーの「モバイルルーター」について、選び方とおすすめ製品を紹介します。 クレードルにはイーサネット(有線LAN)端子がある場合もあり、デスクトップパソコンや据え置き型ゲーム機、ネット対応の薄型テレビと有線でネット接続もできます。 このほか、パソコンなどのUSB端子に直挿しするスティックタイプのデータ通信機器もあり、ネット接続したい機器がパソコン1台ならシンプルに使えます。 ただタブレットやゲーム機などUBS端子が無い機器では使えないこともあり、製品の選択肢もかなり少なくなりました。 モバイルルーターの選び方:対応周波数、SIMカードサイズを確認 国内で販売されているSIMロックフリーのモバイルルーターは、基本的にどの携帯電話会社のSIMカードでも挿して使うことができます。 各携帯電話事業者の通信方式と周波数帯(総務省) ただ、 各社が利用している周波数とルーターの対応周波数が合っていないと、通信速度面でそのルーターの能力が最大限発揮できません。 対応周波数のチェックはLTEのBand(バンド/周波数)表記で確認できます。 もし海外利用も検討しているなら、なるべくたくさんのBandに対応しているもの、あるいは海外渡航向けとして販売されているルーターを選ぶと安心です。 注意したいのがSIMカードのサイズ。 最近のスマホはnanoSIMカードがほとんどですが、モバイルWi-FiルーターではmicroSIMカードのスロットを搭載しているモデルも少なくありません。 SIMカードのサイズ交換は手数料がかかることが多いので注意しましょう。 モバイルルーターの選び方:「最高通信速度」をチェック モバイルルーターのネット接続速度はさまざまな要素で決まります。 その1つが、4G(LTE)通信の最高速度です。 シャープが開発し、今春発売予定の「5Gモバイルルーター」,シャープが開発し、今春発売予定の「5Gモバイルルーター」 今よりもさらに高速大容量通信が可能になる、新しい通信方式の「5G」が日本でも始まります。 今後、5G対応スマホと同じく5G対応モバイルWi-Fiルーターも各メーカーから登場してくる模様で、すでにシャープから5G対応モバイルWi-Fiルーターが発表されています。 SIMフリーの「モバイルルーター」おすすめ3選 ここでは、今、購入できる4G LTEに対応したおすすめのモバイルWi-Fiルーターを3機種紹介します。 NEC「Aterm MR05LN」 2枚のSIMカードを使い分け可能 モバイルWi-Fiルーターで定評あるNECプラットフォームズ「Aterm」シリーズの最新機種です。 nanoSIMカードを2枚挿入でき、状況に応じて使い分けが可能。 使用するSIMカードの切り替えが10秒で完了するのも便利です。

次の